誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    良寛

良寛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「良寛」のブログを一覧表示!「良寛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「良寛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「良寛」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

八王寺だより「日本海」吟行会2
「日本海」吟行会2 和島村の髏寺に、良寛と弟由之の墓が並んで建っています。良寛の墓弟由之の墓 ... » more
テーマ 和歌 文学 良寛

八王寺だより「日本海」吟行会1
「日本海」吟行会1 10月18日、19日、短歌結社「日本海」では良寛探訪の吟行会を行いました。長岡を出発し、与板に寄り、塩入(しおのり)峠で良寛の歌碑を見ました。(画面をクリックすると拡大します。)塩入の坂は名のみになりにけり行く人偲べ万代までに良寛 ... » more
テーマ 短歌 文学 良寛

村上まで快適なドライブ平成15年10月27日、鶴岡の藤沢周平ゆかりの地を見終わって、10時前新潟県出雲崎町へ向けて発つ。国道沿いの道の駅温海というところで20分ぐらい仮眠する。11時頃新潟県にはいる。国道7号が内陸部にはいるところで、海 ... » more
テーマ 出雲崎 新潟県 良寛

良寛 M  五合庵・・・追記 前の日記で、書ききれたなかったことを書かせていただく。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 先に発表した『五合庵』の中で、 普賢院は、国上寺の住職が兼務していたと書いたが、万元(バンゲン)が、宝永〜正徳年間に、住職を務めていた ... » more
テーマ 良寛

良寛 L 五合庵の隣には、寺が建っていたこと知っていますか? 良寛の 通説では、“良寛は40歳にて五合庵に住みはじめ、59歳の時、乙子神社に移り住む”となっている。つまり、この庵に、約20年住んでいたことになっている。だが本当は、時々は、不在のときもあったのだ。この当時、五合庵は国上寺(コ ... » more
テーマ 良寛

良寛 K 伊能忠敬の測量日記に良寛の実家、橘屋が載っている。 西暦1802年10月25日、26日(和歴、享和2年9月29日、30日)伊能忠敬は、出雲崎に止宿している。止宿先は、良寛の生家である橘屋(名主・本陣をつとめていた。)である。当主は、代々世襲名を名乗っている。世襲名は新左衛門。屋号は、 ... » more
テーマ 良寛

良寛・・・J出奔した日、光照寺には、行っていない。 良寛の幼名は栄蔵。元服後は文孝であるが、わかりやすく良寛と書かせていただく。ブログのはじめの方の記事にも書いたが、以南と言うのは義理の父親の名前である。新津の新次郎(新津の桂家四代目・誉章)が実父であることを頭に入れておいてほしい。 ... » more
テーマ 良寛

炎のクリエイター日記さくら
さくら テレビでしかお目にかからないが、「お花見の場所取り」を、新人さんが夜通し寝袋で頑張っている。この界隈では、まず見られない都会の光景で、新人担当の初回ビッグプロジェクトだとは解っているものの、少し可哀想にも思う。諸先輩が、自分達の新人 ... » more

時雨亭往還散る桜 残る桜も 散る桜
散る桜 残る桜も 散る桜 「誰の俳句?」「良寛さんの辞世」「知らなかった…」富国強兵を国是とした不幸な時代から、ずっと人口に膾炙され続けたこの句も、現代ではその作者さえ知らずにいる人も多いのだろう。また一年、季節が巡り ... » more
テーマ 親友 良寛

時雨亭往還生涯懶立身 騰々任天真
生涯懶立身 騰々任天真 生涯懶立身 騰々任天真嚢中三升米爐邊一束薪誰問迷悟跡何知名利塵夜雨草庵裡雙脚等間伸道元禅師の影響を受けた良寛だが、己を見つめ、己の分をわきまえた、心和む良寛の漢詩だ。野望や野心など ... » more
テーマ 古典文学 中年の主張 良寛

良寛の母おのぶは、佐渡相川の橘屋から嫁いだことを、書いたが、この橘屋は出雲崎の橘屋と、どういう関係なのか・・とか・・そのころの時代背景を書いてみる。天文11年(1542年)佐渡では、銀山発見され、金穿り(かなほり)、山師、商人が集ま ... » more
テーマ 良寛

良寛は円通寺を去った後、諸国を行脚している。その当時の話を探してみた。紀野一義氏の随想から・・抜粋させてもらう。良寛が、足繁く通った解良(けら)家十三代栄重(よししげ)は、良寛禅師奇話を、書いている。その ... » more
テーマ 良寛

今日1月6日は、あの良寛さんが亡くなった日です。貞心尼によると、天保二年の今日、雪の降りしきる越後の夕べに、「なやみもなく眠るが如く」亡くなったそうです。◇良寛さんと貞心尼との初めての出会いの歌は:はじめてあひ見奉り ... » more
テーマ 周易ごよみ 蕪村と漱石 良寛

最近はやりの言葉・・ロハス。ロハスとは・・yhoo辞書によると健康で持続可能な社会を志向するライフスタイルの意///良寛は、ロハスな人生の先駆者であると言ったジャーナリストがいた。確かにそうかもしれない・・し ... » more
テーマ 良寛

良寛・・Aの内容をさらに詳しく書かせていただく。『良寛の母おのぶ』磯部欣三著良寛の母親のことは、この本に集約されている。・・・少し内容を紹介させていただく。良寛の母親の神諡と仏諡は神諡・・秀比米命 ... » more
テーマ 良寛

いろいろな書物に良寛のことが取り上げられている、その中の特に印象深い文章を紹介したい。東京書籍・日本の仙人たち(老荘神仙思想の世界)大星光史著この本の中に良寛のことが載っている。・・無邪気な心をもっている ... » more
テーマ 良寛

良寛・・・D良寛はどう描かれたか・・・・ 江戸時代に『良寛禅師奇話』(リョウカンゼジキワ)という良寛の伝記がだされている。解良栄重(ケラヨシシゲ)という儒学者が書いた。この栄重の父親は良寛を尊敬し、又お世話する人でもあった。栄重はこの父親から、いろいろと良寛に、まつ ... » more
テーマ 良寛

良寛・・・C出生年のこと 田中圭一先生の『良寛の実像』から、以下要点。母おのぶと新津から来た新次郎と夫婦になったのは、1750年(寛延三年)おのぶは、1751年(宝暦元年)佐渡へ里帰りをしている。そして・・・・・・・・・・・宝暦四年には、与板の新 ... » more
テーマ 良寛

良寛の実父の実家である桂家の史料を田中圭一先生が調べた結果、次のことがわかった。桂家四代め誉章(良寛の実父新次郎)は、桂家三代目誉春のお手かけの子供であった。それで新次郎は出雲崎の橘家に婿に行った。ところがである・・ ... » more
テーマ 良寛

@でご紹介した田中圭一先生の著書“良寛の実像”の中に、すべて書かれているので、あえて、要点だけご紹介する。田中圭一先生と磯部欣三氏が以下の文章を発見した。・・・・・・・・・・・・佐渡国略記(相川町町年寄伊藤三右衛門が ... » more
テーマ 良寛

良寛・・@出生の秘密・・・・ ある時、子供に『良寛さんは何をした人なの?』と質問された。私はとっさに答えられなかった。『そうねえ〜書とか、歌とか・・今度、本を読んでみようね』と、これが精いっぱいだった。子供向けの本には、それこそ、父親のこと母親のこと ... » more
テーマ 良寛

”天使のサラダ” 庭隅の天使「小布施(おぶせ)」のフラワーガーデンのレストランに「父の日ランチ?」に出かけた。フラワーガーデンに続く芝生の庭に小さな天使像が置かれていた。首都圏から高速道で訪れる、小布施町は長野県の小さな観光スポットだ。おもにご夫 ... » more
テーマ 詩吟 余生 良寛

今日1月6日は、あの良寛さんが亡くなった日です。貞心尼によると、天保二年の今日、雪の降りしきる越後の夕べに、「なやみもなく眠るが如く」亡くなったそうです。◇良寛さんと貞心尼との初めての出会いの歌は:はじめてあひ見奉り ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 良寛

新潟の旅 E 出雲崎 良寛記念館ほか 食事をするお店が一軒だけで、普通のラーメン屋さん・・かと思ったら、出てきたたっぷり青海苔をのせたラーメン。麺がかくれてしまったいます。腹ごしらえをした後は切通しをエッチラと登って良寛記念館へ前庭には五合庵を模して建て ... » more

新潟の旅 D 出雲崎 出雲崎には2度目の訪問。前に来た時は列車を降りてバスで10分ほどの村落へ向かったが、今回はその逆、良寛堂のバス停に降りる。道の駅などもあって人が多い。佐渡島を正面に見て良寛さんが座っている。生家橘屋の敷地跡に立つお堂。良 ... » more

新潟の旅 @良寛を訪ねて 良寛さんの史跡をめぐって旅に出た。低気圧の通り過ぎるのを一日待って出かけたが、やはり一日目は雨。燕三条から長岡、さらに二駅乗って雨の中を歩くこと1時間、やってきたのは福島の貞心庵。良寛の晩年、その人柄に惹かれて足繁く通い、死をみ ... » more

風の良寛 (文春文庫)僕の夢は「世界中のすべての方が幸せに暮らすことです!」あなたから愛と笑顔を広げよう!☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありがとうございます。今日もすべてに感謝 ... » more
テーマ こころ 良寛 幸せ

愛語 道元 道元の愛語を書いてみました。恐れ多いが、好きな箴言。詳細はこちらにも良寛さんのが特にすばらしい。 ... » more
テーマ 愛語 良寛

ムツゴロウくん良寛さんの絵葉書
良寛さんの絵葉書 友人から良寛さんの絵葉書が来たので、「良寛」について少し調べてみた。良寛の絵葉書良寛(りょうかん宝暦8年10月2日(1758年11月2日) - 天保2年1月6日(1831年2月18日))は江戸時代の曹洞宗の僧侶、歌人 ... » more
テーマ 良寛  コメント(6)

秋田がらくた箱良寛様
今はまっている。例えば如何にして誠の道にかなひなむ千とせのうちにひと日なりとも ... » more
テーマ 癒し 良寛

 

最終更新日: 2016/12/06 23:45

「良寛」のブログ関連商品

» 「良寛」のブログレビュー をもっと探す

「良寛」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る