誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    有栖川有栖

有栖川有栖

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「有栖川有栖」のブログを一覧表示!「有栖川有栖」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「有栖川有栖」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「有栖川有栖」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

★★★★いわゆる「作家アリス」シリーズの第一長編であり、「密室もの」である。「探偵のシリーズものの1作目」というのは、後から読むとあらが見えやすい物が多いが、この作品にその心配はない。作者が「本格」という建築物を立てる時、ロジッ ... » more

★★★★「デビュー作にはその作家の全てが顕れる」、ありふれた表現だが、この作品(デビュー作ではないが)には作者の、特に「トリック」という面での「幅広さ」が網羅されているように感じる。「アリバイトリック」に「時刻表トリック」「双子のト ... » more

★★★☆異色の短編集、海外古典の作品に同工のがあるが、それにしても「こういう手もありか」と嘆息する。(自分の場合その古典作品を読んだ直後に偶然にもこれを読んだ。こういう「奇縁」が「本格」に引きずり込まれる要因になるよな)ある地方 ... » more

★★★★前作と比べて、非常な成長がみられる。「本格」に備わるべきアイテムがそれぞれしっかりと形を持ち、物語を構築している。例えば、「動機」。そしてそれと反する心、犯人の葛藤はラストに見事に表される。或いは、「伏線」。多くはないが ... » more

★★★★「読者への挑戦」・「フーダニット」・「クローズドサークル」、プラス「青春小説」。自分のイメージする「本格推理」に限りなく重なる意匠立てであり、読んでみれば実際に「新本格推理そのもの」である。しかし、自分がこの作品に対して ... » more

★★★★★この作者は、「新本格」のスタート時から現在まで、ずっと中心を歩いている。作風は同世代のメンバーの中で一番「古典本格」に近く、多少本道を外れた作品を書く事がニュースにさえなる。そんな作者においてこの作品は、最も本格「らし ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 有栖川有栖

Stanza ignota作家小説/有栖川有栖
作家小説/有栖川有栖 作家小説 (幻冬舎文庫)幻冬舎 有栖川 有栖 ユーザレビュー:書かないでくれます? ...作家たち2001年 ...ホラーのテイストを利 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログミステリよりミステリアスな作家 ... » more
テーマ 有栖川有栖

乱鴉の島有栖川有栖目的とは違う島に間違えて渡ってしまった主人公二人。島に集う人間達から、よそよそしい扱いを受ける二人の前で、不可解な殺人事件が発生する。クローン研究の第一人者を初め、一見繋がりの無い人達がその島に集う ... » more

Stanza ignotaロシア紅茶の謎/有栖川有栖
ロシア紅茶の謎/有栖川有栖 ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)講談社 有栖川 有栖 ユーザレビュー:紅茶を飲みながら読み ...〈暗号解読〉+α、〈 ...国名シリーズ第一弾! ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ初の短編集で初の火村&アリ ... » more
テーマ 有栖川有栖

ジュリエットの悲鳴/有栖川有栖 ジュリエットの悲鳴 (角川文庫)角川書店 有栖川 有栖 ユーザレビュー:しゃれた短篇199 ...いろいろな有栖川氏1 ...異色です装丁、出して ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログスタンダードなアリバイ・ ... » more
テーマ 有栖川有栖

Stanza ignota暗い宿/有栖川有栖
暗い宿/有栖川有栖 暗い宿 (角川文庫)角川書店 有栖川 有栖 ユーザレビュー:ストロベリー・ダイキ ...雰囲気が良い火村×ア ...ホテルで犯罪200 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ様々な“宿”で起こる難事件に火村&有 ... » more
テーマ 有栖川有栖

Stanza ignotaダリの繭/有栖川有栖
ダリの繭/有栖川有栖 ダリの繭 (角川文庫―角川ミステリーコンペティション)角川書店 有栖川 有栖 ユーザレビュー:なかなか洒落ています ...ダリの繭と私の繭「繭 ...フロートカプセル有栖 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more
テーマ 有栖川有栖

46番目の密室 (講談社文庫)講談社 有栖川 有栖 ユーザレビュー:トリックは面白いが。 ...うわぁ〜〜正統派の ...記念すべき作家アリス ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ45の密室トリックを発表した ... » more
テーマ 有栖川有栖

『火村英生に捧げる犯罪』 有栖川有栖 …そんなわけで、今月は硬筆(ペン習字)にちょっとばかり力を注いでいたため、読書記録も滞りがちになりました。このへんで、まとめてつけておきましょう。火村英生に捧げる犯罪文藝春秋 有栖川 有栖 ユーザレビュー:准教授教育法の改正 ... » more

Stanza ignota朱色の研究/有栖川有栖
朱色の研究/有栖川有栖 朱色の研究 (角川文庫)角川書店 有栖川 有栖 ユーザレビュー:世界の終り。プロロー ...ちょっとがっかり…途 ...トリックの意味19 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ“2年前の未解決殺人事件を、再調 ... » more

ミステリー作家と建築士によるミステリーにおける密室についての対談集ですが一言、「濃い」。私程度のミステリー読みには高度すぎて…。でも、鍵やマンションのエレベーターの話をはじめ興味深くて目新しい内容も多く、この先、 ... » more

初の怪談集とのこと。怪談系は苦手なんだけどなぁ…と読み始めたらなんてことない有栖川有栖じゃん(当たり前)。怪談とホラーとファンタジーって、何が違うんだろう?収録の10作には「鉄道」という共通点がありながらもどれも違った雰 ... » more

月光ゲーム [有栖川有栖] 月光ゲーム有栖川有栖著者の長編処女作。英都大学のメンバーがキャンプ中に噴火に遭い、被災中に起きた連続殺人事件を描いたパニックミステリ小説。実際の普賢岳の噴火を意識してか、火砕流といった言葉も見られるが、残念ながらパニ ... » more
テーマ 有栖川有栖

双頭の悪魔 [有栖川有栖] 双頭の悪魔有栖川有栖さまざまなジャンルの芸術家達が暮らす「孤立した村」で起きた不可解な殺人事件を巡り、英都大のメンバーが活躍する物語。孤立した村で起きた殺人と、同じ時期に発生した周囲の村での殺人は、一人の人間では到底実行 ... » more
テーマ 有栖川有栖

携帯サイトに発表された短編と、雑誌掲載の中編で構成されているようです。巻末の初出一覧を気にせずに、短編とか中編とかの先入観なしで最初から読んでいくと緩急取り交ぜ、というか、良い感じで翻弄されました。表題作は、あとがき ... » more

女王国の城/有栖川有栖 わが身の至らなさも『世界がアンフェアだからだ』と自己弁護できる人任せの社会は、責任も人に投げ返す有栖川有栖『女王国の城』(東京創元社)です。『本格ミステリ・ベスト102007』(原書房)の第1位の作品。 ... » more

何と、買ってから3か月以上も温存してしまいました。よく我慢できたものだよ…と、読み終わった今になって我ながら感心。第一部の「猿の手」は雑誌掲載時に読んでいました。それが、中編×2なのに長編仕立てになって読めるとは予想 ... » more

さまざまなところで発表された作品が収録されているせいか非常に雑多なイメージのある短編集。身構えて読んでいたら軽くかわされたり、つかみどころがなかったり、雰囲気が予想できるシリーズものとはまた違った面白さがあります。既 ... » more

マジックミラー有栖川有栖実際の時刻表を使ったアリバイと、死亡時刻を操るアリバイのトリックが登場するミステリ作品。ただ、いくら実際の時刻表を使っていようと、登場人物設定が一息。双子がポコポコと登場するのはあまりにも短絡 ... » more
テーマ 有栖川有栖

ああ、やっぱり、この人の書く文章が好きだよ。複数の媒体に発表されたエッセイなのであまり興味のないテーマのものもあったけれど文字を追っていくのが、とても心地よいのです。もちろん本職(?)であるところのミステリー作品も好きな ... » more

少し前に読んだ有栖川有栖さんの「作家小説」という本はすっごく面白かったです。作家が主人公の短編集で、ミステリー、サスペンスホラー、SF、ギャグ、ラブストーリーとあらゆるジャンルの短編小説が一冊の本に収めれているすごい本で ... » more
テーマ 有栖川有栖

やっと読了。有栖川有栖「女王国の城」。ハードカバーで500ページ余りと結構な長さ。マイケル・イネス「ストップ・プレス」並?というか、何というか。まぁ、借りて読んだのだが。宗教都市・神倉のクローズド・サークルで起きた連続殺人事件。始め ... » more
テーマ D.M.ディヴァイン ミステリ 有栖川有栖

徒然ミステリかふぇ途中経過
連載中の物語は、一応、ミステリ仕立ての予定。ただし、殺人は起こらない。学園物で殺人が起こらず、手紙…となると、(特に海外)ミステリ読者には察しがつくだろう。暗示的なタイトルといい。具体的な作家については言及を避けるとして、近況報告。 ... » more
テーマ D.M.ディヴァイン ポール・アルテ 有栖川有栖  トラックバック(1)

有栖川氏の文章が好きです。視点なのか、緩急なのか、言葉の選び方なのか、どこが好きとは自分でもはっきり分からないけれどとにかく私には心地良くて、とても好き。それでもって、好きな文章を書く作家さん自身が好きなもの(ばかりでは ... » more

やっと…やっと読み終わりました。ああ…長かった(汗)。でもあとがきにもあるとおり、15年ぶりの(!)江神シリーズの新作ですからね!そらコレクションしなければ!読破しなければ!!大学3年になったアリスとマリア。大学4年で就職活動に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 16:32

「有栖川有栖」のブログ関連商品

» 「有栖川有栖」のブログレビュー をもっと探す

「有栖川有栖」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る