誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生物学

生物学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生物学」のブログを一覧表示!「生物学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生物学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生物学」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

福岡伸一『世界は分けてもわからない』の書評1:パワーズ・オブ・テンによる世界の拡大と縮小 生命・生物の仕組みや研究者のエピソードを題材にした福岡伸一の本は、科学的な内容を文学的なメタファーを駆使して解説しているので、読み物としても楽しめるところが良い。過去に、生命の本質を動的平衡性に見出した『生物と無生物のあいだ』や生物の雌雄分 ... » more

2群間の差の検定_カイ二乗検定 これから検定の具体的方法について見ていきたいと思いますが、これは統計の標準的教科書に書いてあることなので、この本「生物学の考える技術」に紹介されている技法についてのみ考えます。まずは、χ2検定なのですが、生の度数にしか使えないので、私は ... » more

T_NAKAの阿房ブログ検定の大分類
この表題の付け方があまり良くないのですが、具体的な手法ではなく、前提としての分類をしましょう。1.データセット自体の性質による分類これには次の2種類があります。・パラメトリック検定・ノンパラメトリック検定 ... » more
テーマ 統計学 生物学

検定の前に、どういう測定をするか?というのが問題です。ここで、その種類を確認しておきましょう。これには3種類あります。・名称または分類による測定・順序または順位による測定・等間隔の尺度での測定という3種ですが、一 ... » more
テーマ 統計学 生物学

前記事で「本当は差または傾向がないのに、たまたま観察したデータではそれがあるように見える確率がα」と説明しましたが、この確率をどうやって求めるんでしょうか?実はもう少し話を進めないと出てこないのですが、どうも隔靴掻痒で上手くありません。 ... » more

まず今回はこのテーマについて、この本「生物学の考える技術」に沿って述べてみます。後記事で、最近の動向を考えたいと思います。有意性の基礎とは、もし「母集団に差または傾向がない」という帰無仮説が正しいとした場合、観察されたような程度 ... » more
テーマ 統計学 生物学

いままでは、予備段階の情報から仮説を導き出す方法について述べてきましたが、今後は仮説をどのようにして検定するかという問題になります。仮説からデータ収集→確認分析を行うのですが、漠然とデータを眺めていたのでは結論が出ないでしょう。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ差と傾向(2)
ここでは「傾向」について、いままでの例について考えましょう。[例1グッピー]-------------------------------------予測1A(A):オスはメスのサイズが大きいほど、活発にディスプレーを行うことが ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ差と傾向(1)
観察ノートから出てきた仮説→予測ですが、この際「差」を予測するのか「傾向」を予測するのか?ということが問題となります。この「差と傾向」というのが分かり辛いとこの本には書いてありました。個人的にはそんなに難しいとは思えないのですが、私 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ帰無仮説
「帰無仮説」というのは統計的検定で出てくる概念なので、特に目新しいものではありませんが、この「生物学の考える技術」の中ではどういう説明をしているかを見ていきます。例えば予測 1C では「個体のディスプレーの活発さは一緒にいるオスの数 ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「コオロギ」について仮説と予測を考えます。オスのコオロギは、一緒に観察箱に入れると互いに攻撃性を示しましたが、出会いから闘争にいたるかどうかは、コオロギの数によって変化し、闘争を開始する傾向と闘争に勝つ傾向は、個体によって異なって ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「トゲウオ」について仮説と予測を考えます。この場合、トゲウオの場合、様々な行動の持続時間が個体数で変化するようであり、また、捕食するミジンコ数と大きさにも、トゲウオの個体によって違いが見られました。[例3トゲウオ]---- ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「ヒヨコ」について仮説と予測を考えます。そのいくつかは予備分析の段階で明らかになっています。[例2ヒヨコ]--------------------------観察ヒヨコをストック箱から観察箱へ出したときに、鳴き声が大きく、 ... » more
テーマ 統計学 生物学

予備分析というのは予め何が起こるのかという考えを抱かずに行うものです。しかし、今後の研究の指針となる「仮説」を立てるためには重要なものです。そこで、観察例から仮説と予測を導き出してみることにします。[例1グッピー]------- ... » more
テーマ 統計学 生物学

予備分析(4) _ 生物観察と分析 今回は、中央値とその信頼限界の計算を考えます。統計学的理由から平均値を使うのが適当でない場合があり、そういうときはこの中央値を使うようです。どういうときかというと、いわゆるノンパラメトリックというか、母集団として正規分布のようなもの ... » more
テーマ 統計学 生物学

予備分析(3) _ 生物観察と分析 今回は、平均値とその標準誤差の計算について具体例をて考えます。最初の例ですが、地域1と地域2でのイナゴの体長を調べたものという設定です。計算は地域1に関しては平均値 =AVERAGE(B2:B11)、不偏 ... » more
テーマ 統計学 生物学

どうも分かり難いです。『初等統計解析 _ 改訂版』(佐和隆光著・新曜社)などの標準的教科書には「 の標本分布の標準偏差のことを、推定値 の標準誤差という」(P147 上から 5 行目 )ということで、「予備分析(2) _ ... » more
テーマ 統計学 生物学

ここでは、統計処理として平均値とその標準誤差を求めることについて考えますが、ここで述べることは普通の数理統計学の本に書いてあることです。何故「平均値」なのか?というと、前記事の(a) 注目すべき特徴を明らかにするという目的か ... » more
テーマ 統計学 生物学

予備分析(1) _ 生物観察と分析 いままで、例1〜4までの観察ノートを見てきました。データとしてはこれが全てですが、ここからどういう分析ができるのか?ある程度あたりを付けることが必要ですね。そういうとき、このノートの内容を眺めていただけだと、イメージが湧きません。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

最後の4番目の例にいきます。コオロギの例です。[例4]--------------------------材料コオロギ(Gryllus bimaculatus)の交尾前のメスを入れたストックケージと交尾前のオスを入れたス ... » more
テーマ 統計学 生物学

3番目の例にいきます。トゲウオの例ということですが、この魚のことはよく知りません。。[例3]--------------------------材料トゲウオ(Gasterosteus aculeatus)20 〜 30 匹を ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例にいきます。ニワトリというか、ヒヨコの例です。[例2]--------------------------材料生後1日のニワトリ(Gallus gallus)の雛、30 〜 40 羽。底板が取り外しできる 60×6 ... » more
テーマ 統計学 生物学

ブルー・バックスに『生物学の考える技術』(クリス・バーナード、フランシス・ギルバート、ピーター・マクレガー著/近藤修訳)という本があるので、ちょっと読んでみようと思います。[例1]-------------------------- ... » more
テーマ 統計学 生物学

うまいなぁ…うまいうまい事件発生!
事件発生! 先日…「アンツラボ」の紹介をしました。(アリの飼育キット)それから数日後、妻からのメール…「政宗がアリンコひっくりかえした!アリンコ逃げた〜!逃げたままです」何っ!{%顔文字驚きhd ... » more

ありんこ!ありんこ! アンツラボ…昨年のクリスマスに義理の弟君からもらったアリの飼育キットです!二種類の粉末と一種類の液体、そして水を加え混ぜ混ぜ…後は電子レンジにかけます!充分に冷ました ... » more

それはまあ元々バベルの小山なんですが。 しかしこれはまるでわんこそば状態というのか。Genome: The Autobiography of a Species in 23 ChaptersFourth Estate Ltd Matt Ridley Amazonアソシ ... » more

とりあえず降雪量は峠を越えたらしい。 でも降った雪が溶けたわけではないから、まだ下手に車は動かせません。うちの地方の雪は水分を含んで重いので、アイスバーン化しなければしないで今度はタイヤがとられる。除雪ったってアスファルトが見えるまで除けてってくれるわけじゃないしねえ。 ... » more

回転猫目歴史儀英国製実物大。
実物大。 ちなみに昨日の話の続きですが。うちの猫様はカメラを天敵のごとく嫌っているので、これがせいいっぱい(笑)。猫じゃらし、というか猫様に引きちぎられたラビットファー(ついでにズタズタにされたので丸く縫い直したもの)に紐付けて玩具に ... » more
テーマ 生物学 Richard Dawkins

そしてさらにどうでもいいことを考えてみる。 (承前)多少陽が出ていようが気温1ケタ台はやはり寒いわけで、うっかりマフラーを忘れたらどうも風邪をひいたっぽい(まあそのせいばかりではないかもしれないが)。というところから、そもそも考えてみると首って微妙に弱点だらけというか、生物的 ... » more
テーマ 生物学 雑学 Richard Dawkins  コメント(5)

というか正確には「地球外生命体」ですね。という最近の話題から。いや、このたびNASAが会見を行なったんですがね。それに先立って「宇宙生物学上の発見」という声明が出たとか出ないとかで、すわ地球外生命体の発見かと様々な憶測が飛び交っ ... » more
テーマ 化学 生物学 宇宙

 

最終更新日: 2017/11/10 19:52

「生物学」のブログ関連商品

» 「生物学」のブログレビュー をもっと探す

「生物学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

寄生虫なき病 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 寄生虫なき病
文藝春秋 モイセズ ベラスケス=マノフ

ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書)
幻冬舎 田沼 靖一

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「生物学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る