誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生物学

生物学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生物学」のブログを一覧表示!「生物学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生物学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生物学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

脳内のセロトニンによる“精神の安定(安らぎ)・不安定(攻撃性)”と“男女の嫉妬感情の違い” 快楽を追求して不快を避けようとする精神分析でいう『快楽原則』は、脳の機能的には大脳辺縁系の視床下部や海馬(長期記憶中枢)に由来するとも言えますが、サル・ラットの電極を用いた動物実験では、視床下部近くの快感中枢を刺激しつづけると、電極刺激を得 ... » more

S.フロイトの精神分析の“エス”と進化生物学の“生存・生殖本能”が生み出す暴力(争い)の問題 進化心理学では人間の行動と心理は、『突然変異・遺伝子保存・遺伝子頻度(ばらつき)を前提とする自然選択』の結果として段階的に形成されてきたと考えますが、進化論・進化心理学の前提にあるのは、人間も動物(哺乳類)の一種であるという事実認識でしょう ... » more
テーマ 思想哲学 生物学 精神分析  トラックバック(1)

“自然主義の競争原理”と“リアリスト(現実主義)・イデアリスト(理想主義):人は争いをやめないか? 経験主義の哲学者や社会科学者、フェミニストには、人間の行動や欲求を規定するソフトウェアは『社会・環境・教育』といった外部要因の総体が作り上げていると仮定する人が多く、どちらかというと『自然・本能』の影響を軽視しています。更に、それら自然・進 ... » more

“男らしさ・女らしさ”のジェンダーは環境・教育で決まるのか2:性差を巡る生物学と社会科学 平均的に見る限り、女性は男性のように『身体的な闘争』に適した頑健な身体構造を持っておらず(それが近代の法治主義国家ではそれほど役に立たない強さだとしても)、やはり腕力・体力では男性のほうが優位にあって、『戦争・暴力・競争』においては女性より ... » more

“男らしさ・女らしさ”のジェンダーは環境・教育で決まるのか1:自然の摂理の模範化と人の幸せ 人間社会も中世・近世までは現在と比べれば、より『自然界の摂理』に近い冷徹な仕組みや上下関係の秩序を持っており、弱者(身分的・経済的・健康的な劣位者)であることの不利益や被害は相当に大きなものでしたが、前述したように近代化の進展や倫理感覚(共 ... » more

“自然・本能”と“人為・文化”によって規定される人の行動2:福祉国家と自然界、優生学の誘惑 1929年の世界恐慌(大恐慌)の『暗黒の木曜日』の後には、各国の経済が行き詰まりを見せて悲惨な第二次世界大戦も勃発しましたが、戦後は冷戦構造と順調な経済成長によって先進国の人類はかつてないほどに『人権(個人の権利・自由)』を尊重するようにな ... » more

“自然・本能”と“人為・文化”によって規定される人の行動1:強者と弱者の倫理的な相対化 人間の行動や感情が何によって規定されるのかについて、19〜20世紀には遺伝要因と環境要因のどちらが優位かを巡って『氏か育ちか論争』が展開されましたが、現在では生得的な遺伝要因と学習的な環境要因との輻輳説(積上げ説)や相互作用説が通説になって ... » more

『地球環境論入門』(松信八十男著、サイエンス社)を読んでいたら、標題の説明が書いてありました。面白いので転記しておきます。================================================カ ... » more

そういえば先日から。 オリンパスの多額の損失隠しが発覚して株価暴落、株式上場廃止の瀬戸際にまでいってしまっているというんですが、オリンパスってそんなに赤字だったのか?というのが正直な感想。一眼レフの「PEN」とか、ヒットしていたような気がするんですが。そ ... » more
テーマ 生物学 洋書

うまいなぁ…うまいうまい虫達も…
虫達も… めっきり寒くなりました!ガレージに「ショウリョウバッタ」君を発見!漢字では「精霊蝗虫」と書くみたいです!残念ながら冬は越せない様で秋の恋の季節で卵で子孫を残します!精霊の様なバッタ ... » more

うまいなぁ…うまいうまい変な植物!
変な植物! 妻と散歩がてら買い物に出たときの事…道路脇に無造作に生える雑草と思わしき植物を発見!高さは人の背丈程でしょうか…?いつもなら何も気にせず通り過ぎる所…どうしても腑に落ちない点が1つ!Z型に曲がった花の部分!{%顔文字驚きhd ... » more

というわけで(どういうわけで?)今年も始まりました、毎年恒例ノーベル賞の発表。まずトップを切っての医学・生理学賞は人体が外からの感染に対して戦う免疫システムについての研究で、アメリカのBruce Beutler 氏、ルクセンブルク( ... » more
テーマ その他 生物学

別にそのためにやったというわけではない(笑)。 うちの猫様は毛皮の色が黒っぽいので、夜は特に暗がりに潜んでいると同化してどこにいるんだかわからなくなることが多くて、よく反射板でも背中にくくりつけておくかと冗談を言っているわけなんですが。こういう暗闇で光る猫様なら、暗がりで ... » more
テーマ 生物学

本書がベストセラーになってからいったい何年が過ぎたのだろう(笑)世間が忘れたころに読むベストセラーというのもなかなか良いものです堅苦しい専門書かなと思ったらそうでもなく現代生物学の流れを素人にもわかりやすく説明してくれる良書 ... » more
テーマ 生物学

T_NAKAの阿房ブログ予測を検定する
今回の記事は当たり前といえばその通りですが、いろいろ検討することがあるということを示しました。さて、ここら辺で、「生物学の考える技術」は一応終わりとします。不足の部分もありますが、それは専門書に譲ることにしましょう。「生物学(特に生 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ仮説検定の落とし穴
仮説検定の落とし穴 今回は表題の落とし穴について見ていきたいと思います。・交絡要因交絡:研究の対象に選んだ要因が、他の要因と密接に相関しているときに生じる影響例)目的:マウスの体が大きいほど、寄生虫の数が多いかどうか?を調べる。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

前回までスペアマンの順位相関を見てきましたが、この後この本では、例の「コウノトリと赤ちゃんの出生数」を話を出して「疑似相関」を説明しています。これって本当か?という疑問があります。まず、この本「生物学の考える技術」での記述を引用して ... » more
テーマ 統計学 生物学

傾向の検定_スペアマンの順位相関 本来は2×2の分散分析etc.「2階層の群の有意性検定」という話題があるのですが、きりがないので別の機会に見ていきたいです。さて、少し先を急いで「スペアマンの順位相関」を言及したいと思います(次が線形回帰ですがこれも有名なので割愛します)。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群以上の間の検定_1×Nのカイ二乗検定 データ値が度数の形をしている場合に限っては、2群の場合と同様に、各群の合計に対してカイ二乗検定を行うことができます。解析方法を例題を使って見ていきます。[例題]===========================臨床微生物 ... » more
テーマ 統計学 生物学

それは先祖が同じならどっちつかずのものもいると思うんですが。 という最近の話題から。これ、ぱっと見て一体何だと思います?この絵は中国の研究チームが発見したニワトリサイズの新種の恐竜「Xiaotingia 」の想像図なのだそうだ。えっ、恐竜?と思った方もいるでしょう。トサカといい羽根 ... » more
テーマ 生物学 雑学

「ノンパラメトリックな一元配置の分散分析」の続きです。ノンパラメトリックな一元配置の分散分析の手順(続き)5.群の平均が特定の順位になると指定する、具体的予測のための統計量を計算する。予測された平均が最も小さいも ... » more
テーマ 統計学 生物学

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学以前、流行ったサイエンスのオススメの一冊です。生物はサイズ(体重)によって、生物が感じる時間の早さが異なるということである。それに起因して、種の性質、特性も個別に変化していくと ... » more
テーマ 生物学

2群以上の間の検定_一元配置の分散分析(2) 前記事の例題を「ノンパラメトリックな一元配置の分散分析」で検定してみます。ノンパラメトリックな一元配置の分散分析の手順1.データは i 番目の群が ni 個のデータ値を含むものとする。例:においては、 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群以上の間の検定_一元配置の分散分析(1) 群の数は2つ以上になった場合の有意差検定について見ていきます。2つ以上になっても、一対ごとに2群の比較検定を行えばよいではないか?という考えもあるでしょうが、それをやると、測定誤差・バックグランドノイズの影響で、誤った判断をする確率が増えま ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群間の差の検定_マン・ホイットニーのU検定(2) では、この本の本文に掲載されている例を元に手順をみていきたいと思います。この例についての解析結果は載っていないので正しいかどうかは明確ではありません。私の計算なのでそのように扱って下さい。例:マン・ホイットニ ... » more
テーマ 統計学 生物学

保護色ってことはないだろうし。 イギリス人のイタズラということでもなさそうです。という本日は最近の話題から。え〜と、もしかして昆虫類が苦手という人がいたらのっけからごめんなさい。私は何しろうちが田舎なもので、わりと昆虫も爬虫類も両生類も、毒持ってて危険 ... » more
テーマ 生物学  コメント(2)

福岡伸一『世界は分けてもわからない』の書評4:ラッカーとスペクター、科学界が見たいと思った絵 アメリカのコーネル大学の生化学者エフレイム・ラッカーは、細胞のエネルギー代謝の研究に関する第一人者であり、細胞内でエネルギーとして使われるATP(アデノシン三リン酸)を合成するATP合成酵素の発見という大きな功績を成し遂げていた。ラッカーは ... » more

2群間の差の検定_マン・ホイットニーのU検定(1) 私は工業系技術者なのでパラメトリック検定については一応知識はあるんですが、ノンパラメトリック検定というのは良く知らないんです。よって、Wikipediaを調べることから始めます。=========================== ... » more
テーマ 統計学 生物学

福岡伸一『世界は分けてもわからない』の書評3:秩序の構築と崩壊を説明するエントロピー増大原則 写真家の渡辺剛さんの作品『Border and Sight』で事物の境界線の曖昧さを示して、『TRANSPLANT』で事物の可塑性や交換可能性を示唆しながら臓器移植の考察を進めていくのだが、『第6章細胞のなかの墓場』では科学的な要素還元主義 ... » more

福岡伸一『世界は分けてもわからない』の書評2:マップラバーとマップヘイターの対照的な行動原則 大気中に漂っている微生物やモノ・身体に付着した微生物の増殖活動によって、食物の腐敗現象が起こりますが、人類は微生物による腐敗現象を抑制する化学物質として『防腐剤・保存料』を発明した。本書では、サンドイッチ・弁当などに使われるポピュラーな保存 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/10 19:52

「生物学」のブログ関連商品

» 「生物学」のブログレビュー をもっと探す

「生物学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

寄生虫なき病 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 寄生虫なき病
文藝春秋 モイセズ ベラスケス=マノフ

ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎 (幻冬舎新書)
幻冬舎 田沼 靖一

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「生物学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る