誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ジェフリー・ディーヴァー

ジェフリー・ディーヴァー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ジェフリー・ディーヴァー」のブログを一覧表示!「ジェフリー・ディーヴァー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ジェフリー・ディーヴァー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ジェフリー・ディーヴァー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「限界点」 ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳(文藝春秋 2,160円税込) 「限界点」 ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳(文藝春秋2,160円税込)ドンデン返しの魔術師が送り出す究極のサスペンス!凄腕の殺し屋の手から標的を守るのが私のミッションだ。巧妙な計画で襲い来る敵の裏をかき、反 ... » more

【北上次郎のこれが面白極上本だ!】  「限界点」ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳(文藝春秋) 北上次郎のこれが面白極上本だ! 「限界点」ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳(文藝春秋2000円+税)日刊ゲンダイ2015年3月27日「限界点」 ジェフリー・ディーヴァー著、土屋晃訳(文藝春秋2,160円税込) ... » more
テーマ 限界点 北上次郎のこれが面白極上本だ! ジェフリー・ディーヴァー

ジェフリー・ディーヴァー 『バーニング・ワイヤー』 おなじみリンカーン・ライム 今回の趣向を楽しみに ジェフリー・ディーヴァーのお家芸だ。そして本著はリンカーン・ライムシリーズの第9作にあたるそうだ。ところでわたしはJ・ディーヴァーをどれだけ読んでいただろう?1999年1月ボーン.コレクター※2000年3月静寂の ... » more

「007 白紙委任状」ジェフリー・ディーヴァー 007 もちろんあのジェームズ・ボンドです。それをあのジェフリー・ディーバーが!!!!ボンド!すごい!!かっこいい!!セクシー!!たまりません。おすすめです。 ... » more

青い虚空/ジェフリー・ディーヴァー 護身術のHPを主宰するシリコン・ヴァレーの有名女性が惨殺死体で発見された。警察は周辺捜査からハッカーの犯行と断定。コンピュータ犯罪課のアンダーソン刑事は容疑者特定のため服役中の天才ハッカー、ジレットに協力を要請する。ゲー ... » more

死を誘うロケ地 / シャロウ・グレイブス (ジェフリー・ディーヴァー) 満足度2.5★★☆ハヤカワ・ミステリ文庫原題SHALLOW GRAVES翻訳飛田野裕子初出版1992年(改訂版1993年)読んだ回数1回+1回★ ハヤカワ・ミステリ文庫−裏表紙の紹介文ロケ ... » more
テーマ 読書 ジョン・ペラムシリーズ ジェフリー・ディーヴァー

其・我・流・行 マイブーム2題 最近のマイブームを紹介しちゃいます 其の壱 推理小 ... » more

ジェフリー・ディーヴァー 『007 白紙委任状』 リンカーン・ライムの捜査手法でボンドが凶悪犯に迫る 僕は大学生だったが、『007は殺しの番号』を家庭教師先の坊やと渋谷の東急文化会館で観たときの、これまでの映画にはなかった新鮮なインパクトを忘れられない。あのダンディズムとセクシャルな美女とのからみ、大仕掛けで荒唐無稽な大陰謀と闘うハードなバ ... » more

「ロードサイド・クロス」ジェフリー・ディーヴァー ロードサイドクロスとは道端に置かれた十字架。事故を悼んで供えられるものだが、それは殺人予告だった。被害者はネットいじめに加担した少女達。やがてターゲットはサイトの投稿者や運営者にまで。キネクシスと呼ばれるボディランゲージ ... » more

ジェフリー・ディーヴァーの著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。本棚の画像をクリックすると、Amazonへ、本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。★の色は私の満足度で、 ... » more
テーマ 著作リスト ジェフリー・ディーヴァー

汚れた街のシンデレラ (ジェフリー・ディーヴァー) 満足度2.5★★☆ハヤカワ・ミステリ文庫原題MANHATTAN IS MY BEAT翻訳飛田野裕子初出版1989年読んだ回数2回★ ハヤカワ・ミステリ文庫−裏表紙の紹介文一日中ビデ ... » more
テーマ ルーンシリーズ 読書 ジェフリー・ディーヴァー

「ソウル・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー リンカーン・ライムシリーズの最新作です。殺人を犯し、欲しいものを手に入れる犯人。犯人は膨大な電子データをあやつり、被害者の情報を入手する。その一方で犯人に仕立て上げる人物の情報も入手する。そして事件の証拠を犯人役 ... » more

ジェフリー・ディーヴァー 『ソウル・コレクター』 毎度おなじみリンカーン・ライムシリーズの今回は? 毎度おなじみ、あのリンカーン・ライムシリーズだ。毎度おなじみであるから、いささか食傷気味なのだが、ついつい手が出る柿の種みたいなところで今回も手に取った次第。このシリーズだが、シリーズごとに生み出される超人的な知能をもつ犯罪 ... » more

みなさん、本は読みますか?俺は、結構読むんですよ通勤時に本がないと電車に乗るのが嫌ですね。漫画でも文庫本でもいいから何か読む物がないとダメですね・・・ジェフリーディーヴァーって作家知ってるかな?「ボーンコレク ... » more

ジェフリー・ディーヴァー 『スリーピング・ドール』  あの『ウォッチメイカー』、キャサリン・ダンスが ジェフリー・ディーヴァーの作品はどれも追いつ追われつのパターンは似ているのだが、それぞれに独自の趣向を凝らしてついつい手を出してみたくなる魅力がある。この最新作もいつもの疾走感と新たな工夫を楽しもうと読み始めた。カルトを率い、8年前に一 ... » more

ジェフリー・ディーヴァー 『ウォッチメイカー』 食傷気味だが「このミス」第一位かと手にとった またまたライムシリーズか、と食傷気味になりながらもついつい手にとってしまう。さて今回の作品のできばえは?と、このシリーズ、そこまで新機軸が期待できる魅力がある。ジェフリー・ディーヴァーはたしかなストーリーテラーなのだ。これは第7弾だそう ... » more

「「怪人二十面相」江戸川乱歩著」について懐かしいですね。このシリーズは戦後はたしか雑誌「少年」に連載されていました。おもいだすなぁ。茨城県は霞ヶ浦に近い江戸崎町。周囲は肥沃な田園が広がる小さな町。今でこそ「江戸崎まんじゅ ... » more

03/06/21ジェフリー・ディーヴァー『石の猿』 リンカーン・ライムシリーズ第4作目の出来映えは? 第1作は「四股麻痺科学捜査官・ライムとNY市警の女巡査・サックスが明かす異常殺人事件の謎」『ボーン・コレクター』。第2作は「棺おけの前で踊る死神の刺青をした連続殺人鬼を追うライムとサックス」『コフィン・ダンサー』。この二つの作品 ... » more

2002年3月12日 ちょっと期待はずれの「静寂の叫び」 ジェフリ−・ディーヴァーの「ボーンコレクター」以前の作品なのですね、これは。聾学校の生徒と教員を乗せたバスが脱獄囚にのっとられ、廃屋同然の食肉工場に監禁。FBI危機管理チームが人質解放に向けて交渉を開始する。全体の構想はいいんですが ... » more
テーマ 海外ミステリー ジェフリー・ディーヴァー

2001年11月3日ジェフリー・ディーヴァー「エンプティー・チェア」 リンカーン・ライムシリーズ第三作目のできばえは?「四股麻痺科学捜査官とNY市警の女巡査が明かす異常殺人事件の謎ボーン・コレクター」「棺おけの前で踊る死神の刺青をした連続殺人鬼を追うライムとサックスコフィン・ダンサー」に続くご ... » more

2000年9月24日 ハラハラドキドキはやはり面白い ジェフリー・ディーヴァーの翻訳が目立っています。「ボーンコレクター」がうまい出来上がりでしたからですね。「悪魔の涙」もボンコレに比肩する魅力がありました。「静寂の叫び」はボンコレ以前の作品で私としては「凄み」に今ひとつの感がありましたが ... » more
テーマ スチュワート・ウッズ 海外ミステリー ジェフリー・ディーヴァー  トラックバック(1)

リアルタイム 新刊書紹介ジェフリー・ディーヴァー『魔術師(イリュージョニスト)』 お待ちかねニューヨークへの帰還やはりライムとアメリアの捜査は都市型犯罪がよろしい四股麻痺であるベッド・ディテクティヴの捜査は頭脳的推理ばかりではない。膨大なデータベースを縦横に駆使し、警察の組織力を思いのままに動員する。犯罪現場 ... » more

リンカーン・ライムシリーズ第5弾。今回、ライムが対するのは、まさしく魔術師のようなイリュージョニスト。ディーヴァーもイリュージョニストさながらに読書をだまそうとさまざまな技巧をこらす。おなじみのどんでん返しにつぐどんでん返しも健在。科学捜査 ... » more

2000年3月18日 ちょっと期待はずれの「静寂の叫び」 ジェフリ−・ディーヴァーの「ボーンコレクター」以前の作品なのですね、これは。全体の構想はいいんですが。途中、何度か退屈してしまうところがありました。凶悪な脱獄囚やテロリストが集団の人質を取って立て籠もる。その救出活動を描くス ... » more
テーマ 海外ミステリー ジェフリー・ディーヴァー 冒険小説

一風変わった名探偵として、アームチェア・ディテクティプ、つまり安楽椅子探偵というのがあります。もともとは、安楽椅子にゆったりと腰をおろし、人から事件に関する話を聞きながら、ずばりと事件のなぞを推理をする名探偵のことです。しかし、実際に安 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 15:49

「ジェフリー・ディーヴァー」のブログ関連商品

» 「ジェフリー・ディーヴァー」のブログレビュー をもっと探す

「ジェフリー・ディーヴァー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る