誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    勝海舟

勝海舟

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「勝海舟」のブログを一覧表示!「勝海舟」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「勝海舟」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「勝海舟」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

(前回からの続き)「敬する心」に基づく道徳を形成するには、「敬」の対象を正しい価値観に基づいて選出する必要があります。道徳というものには、それを主張する人にとって都合の良い価値観が埋め込まれていることがしばしばあるため、表面上は正しそうに思 ... » more

今日1月21日は、江戸城無血開城の勝海舟が亡くなった日です。明治32年〔1899年〕の今日、77歳で亡くなったそうです。江戸城無血開城の山場は、慶應4年〔1868〕3月13日14日の両日です。征東軍総督参謀の西郷隆盛 ... » more
テーマ 周易ごよみ 歴史 勝海舟

今日1月13日は『咸臨丸出航記念日』だそうです。安政七年〔1860年〕の今日、正月十三日咸臨丸が桑港〔サンフランシスコ〕に向けて品川沖を出航した日です。艦長は三十八才の勝海舟、ほかに軍艦奉行木村摂津守、福沢諭吉、ジョ ... » more
テーマ 周易ごよみ 易の基礎知識 勝海舟

好評だったNHK大河ドラマも終演間近ですが、江戸開城のクライマックスをむかえるにあたり、触れておきたい人物がいます。薩摩藩士、益満休之助です。益満休之進とも言います。海音寺潮五郎さんの大長編史伝『西郷隆盛』を読んでいて、印象に残る人物は数々 ... » more
テーマ 山岡鉄舟 益満休之助 勝海舟

このブログは本来、海音寺潮五郎さんの作品の存在とその魅力をアピールするためのものです。その目的から相当に逸脱してまで、日本の道徳問題をテーマに書き続けてきたのは、あまりにも日本の将来が憂慮されるからです。日本人が道徳心をなくしつつある状況で ... » more

竹下塾の塾生の皆さん「儲かって」いますか!そうですか、儲かっていますね!竹下塾では近代日本の礎を築いた、幕末の志士たちの目線になってご自分の夢・ビジョンをつかめるように、しっかりと皆さんを支援しています。あな ... » more
テーマ 自己啓蒙 坂本龍馬 勝海舟

本来、日本人は非常に強い宗教心を持った民族でした。それが、「文明開化の音がする」明治期にいたり、そういった宗教心や伝統を重んじる心は固陋だとして、否定する動きが起こりました。その中で、日本人の心から宗教心を奪い去るために決定的な働きをした人 ... » more

ようやく塾長の登場です。塾とはもちろん、慶應義塾のこと。塾長とはすなわち、福沢諭吉です。この一連の投稿は福沢諭吉批判につながる予定なのですが、福沢諭吉批判と言えば、何といっても勝海舟に登場して貰わなければならないでしょう。海舟は独特のユーモ ... » more

道徳の問題を考えていくと、どうしても宗教の問題に突き当たらざるを得ないと思います。私は自分なりに、この「宗教」という答えに行き着くことを恐れていました。なぜなら私は何の宗教も信じていないからです。日本人特有と言われる「無宗教」ですね。たぶん ... » more

NHK大河ドラマの「篤姫」。私はあまり見ていませんが、桜田門外の変も過ぎ、おそらく江戸城無血開城をクライマックスとして年末に向けて盛り上がって行くのだと思います。江戸城無血開城の立て役者は前にも話題にした通り、西郷隆盛、勝海舟、山岡鉄舟とい ... » more

海音寺潮五郎さんの代表作『武将列伝』では、取り上げる人物を年代順に並べてあります。その最後を飾るのが「勝海舟」です。幕末の「三舟」、もしくは「四舟」とひとくくりに呼ばれることもある勝海舟(勝麟太郎)ですが、知名度の高さ、果たした役割の大きさ ... » more

私は海音寺潮五郎さんの『幕末動乱の男たち』に収録されている「山岡鉄舟」が好きです。これまで山岡鉄舟のことはこの作品をはじめとして、海音寺潮五郎さんの作品(他には『江戸開城』など)を通してしか知りませんでしたが、海音寺潮五郎さんの作品を読み尽 ... » more
テーマ 山岡鉄舟 勝海舟 井上馨  コメント(2)

勝海舟と献血 自慢できることは何一つない私ですが、献血だけはするよう、日頃努めております。写真は献血30回記念に頂いたものです。現在39回目。断られるまで献血だけは更新していゆきます。ところで献血と勝海舟が何故、繋がるのかお話します。 ... » more
テーマ 献血 勝海舟

すっかりご無沙汰しています。色々と思い悩むところがあり、ブログを書くのが滞っていました。もう止めてしまおうかとも思ったのですが、やはり海音寺潮五郎さんとその作品が好きなので、細々とでも続けていくことにしました。何度も繰り返し述べてい ... » more

先日、海音寺潮五郎記念館の主催する文化講演会が都内で開催されました。作家の北原亞以子さんが「幕末の人達」と題してお話され、私も友人を誘って参加してきました。土方歳三と勝海舟の関わりを中心にした内容で初めて聞く話が多く、非常に面白かったです。 ... » more

海音寺潮五郎さんが西郷隆盛のことを、日本史上最高の英雄として、最も高く評価しているのは、このブログを読んでいるみなさんなら良くご存知のことと思います。その西郷隆盛の生涯の中で、クライマックスの一つが江戸城無血開城を実現したことだと思いますが ... » more

海音寺潮五郎さんに『乱世の英雄』という作品がありますが、その「あとがき」で海音寺さんが気になる文章を書いています。小説を書く作業と比較して、史話や史論を随筆風に書くことの方が楽しいと述べているのですが、小説の創作は新しい別世界を築き ... » more

できの悪い子をよくする時、悪いところを叱るよりも良いところを誉めるのが教育の常道である。だから、「日本はアジア侵略への反省が足りない、平和への熱意が見られない。」と嘆く、あるいは悪罵する平和教育者は、「日本にも元々、平和的な性格がある。」と ... » more
テーマ 対立を回避する日本語 日本歴史の中の平和的性格 勝海舟

海音寺潮五郎さんの『武将列伝』に「勝海舟」が収録されていることは以前このBlogでも紹介していますが、昨日ふと見直したところ、『さむらいの本懐』(書いていてイヤになりますが、これも絶版)にも別の「勝海舟」が収録されています。時期的に ... » more

最近、ようやく手に入れた「武将列伝(6)」ですが、ネットで検索してみると勝海舟など、必ずしも"武将"という表現がしっくりこない人物が収録されていることをもって本書を批判するような論調がありましたが、それは的を射ていません。海音寺潮五 ... » more

男谷精一郎は名前は男性的だが、やることはど〜よ? ●●●●●★●問題:寛政から幕末まで生きた男谷精一郎(おだにせいいちろう)という人物がいます。彼は何で有名になったのでしょうか?□剣術が強かったので□高野長英を助けたので□桜田門外の変で活躍したテロリストだったので(答 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 15:27

楽天市場のおすすめ商品

「勝海舟」のブログ関連商品

» 「勝海舟」のブログレビュー をもっと探す

「勝海舟」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る