誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドームハウス

ドームハウス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドームハウス」のブログを一覧表示!「ドームハウス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドームハウス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドームハウス」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

Edge Of The Woods1.森を見る
現場は森の中。まずは、敷地を読みます。その土地にしかない良さを引き出してやる計画が大切です。風、光、土壌、植生、周りの敷地の状態、時間と共に周囲がどう変化していくかの予測が大切です。特に、後々手を入れる事ができない周囲の森の ... » more

Edge Of The Woods11.パネルのサイズ
11.パネルのサイズ ドームパネルをどれくらいの大きさにすれば良いのか。合理的で無駄の少ないドーム構造とはいえ、つくり方によっては無駄だらけになってしまいます。それは、全てのパーツが三角形から構成されているため、四角い合板からパーツを揃えたときに、三角の ... » more

10.パネル方式か、鳥籠方式か ジオデシックドームをつくるには、2つの方法があります。一つは、地面で軸材を三角に組み、そこに合板を張ったパネルを、先に必要な枚数だけ作っておく。面として出来上がっている三角パネル同士をつなぎ合わせながら、立体に組み上げる方法。も ... » more

Edge Of The Woods9.ドームの軸組設計
9.ドームの軸組設計 丸い屋根のジオデシックドームですが、実際は三角の平面によって構成されています。二等辺三角形の頂点を中心とするように、6個の三角を連ねたものが、ドームを構成している一部分にあります。正三角形が6つ集まると、その中心の角度は60°x6で ... » more

Edge Of The Woods8.吹き抜けの在り方
8.吹き抜けの在り方 天井の高い吹き抜け空間をつくる場合、広いことだけを考えるべきではありません。特殊な用途が無く、リビングのようにあくまでも居室として使うのであれば、その空間へのアプローチや、吹き抜けとその周囲との関係性が大切になってきます。 ... » more

7.ドームの屋根に四角い躯体 プランニング方法として、各部屋の機能をよく考えた上で、四角い部屋に入れるべきものは四角い躯体の中に。円い天井や、吹き抜けの大空間が似合う部屋はドームの下へ、と分けて考えるべきだと言う話を「構造美と機能美」の中でしました。今度は四角い躯体 ... » more

6.フラー博士の発明じゃないの!? ジオデシックドームは、フラー博士の発明じゃない!?衝撃的な文面をみつけました。愛読書に、ロイド・カーン氏の「DOMEBOOK 2」と、「SHELTER シェルター」という本があります。これによると、バックミンスタ ... » more

Edge Of The Woods5.構造美と機能美
5.構造美と機能美 ドームの1階周辺に出っ張った三角や台形の箱がよくくっついているのは、ユニットバスやトイレ、台所など、主には設備が絡む空間が、丸い壁には向かない、若しくは、丸い平面に対して、造りにくいところに原因があります。四角いユニットバスをドームの中 ... » more

4.ドームハウスのデザイン 世界のドームハウス、特にジオデシックドームの現場や写真を調べてみました。しかしどれも余り美しいとは言い難いものが多く感じられ、どのようにデザインすれば良いのか、それが設計時点での課題となりました。どこまでも丸く、壁も屋根もごちゃ混ぜです ... » more

Edge Of The Woods3.ドームの構造
3.ドームの構造 三角のパネルがどうして強いのか。三角を連ねた構造を、トラス構造といいます。鉄橋や鉄塔などに良く使われている構造です。全ての材(三角パネルの周りの三辺の材)が、常に圧縮材となり、ひっぱられたり、曲げられたりする事がなく、また、どの ... » more

2.ジオデシックドームって? 一風変わった、不思議な家であるドームハウスですが、そのデザインや構造はとても合理的で無駄が無く、驚くほどの強度を持った建築です。その丸い屋根は、2種類の三角形のパネルから構成され、2種類の三角パネルは、たった3種類の辺から造ることが出来 ... » more

1.ジオデシックドームの歴史 1950年代から60年代、バックミンスター・フラー博士によって考案された球形建築をフラードーム、ジオデシックドーム、ドームハウスと呼んでいます。柱や梁が無いため、骨組みに使われる材料が、建築全体の費用からするとわずか20%にしか満たない ... » more

棟上も間近か、Kさんのドーム・ハウス 屋久島は湯泊でドーム・ハウスを建築中の友人Kさんを陣中見舞いした。前回、梁の組み立てのときにお邪魔して以来である。あれから3週間以上経った。どうなったであろうか。好天気が続いたので、かなり作業が進んだようだ。すでに1階(の天 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 15:14

「ドームハウス」のブログ関連商品

» 「ドームハウス」のブログレビュー をもっと探す

「ドームハウス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る