誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    天声人語

天声人語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「天声人語」のブログを一覧表示!「天声人語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「天声人語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「天声人語」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

平成19年08月04日双葉山は後援者に「我、いまだ木鶏たりえず」と電報を打ったという。木鶏は、中国の故事で、最強の闘鶏のたとえ。木彫りの鶏さながらに、動じることなく勝負に臨む。無心の境地をあらわす言葉だ。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年07月30日水を庶民に、為政者を舟になぞらえたのは、中国の思想家の荀子だ。「水はすなわち舟を載せ、水はすなわち舟を覆す」 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年07月14日中国製の飲食品をめぐり、味以前の不祥事が続いている。中国は食材の大輸出国である。中国政府には、低きに流さぬ堰を求めたい。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年07月01日香港が中国に返されて、きょうで10年になる。2割の水が入れ替わった計算にしては、それ以上の中国化らしい。中国政府を意識するメディアは自己規制に傾き、香港人による自治を意味する「港人治港」の展望も心細い。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年06月14日相変わらずの「天然信仰」だ。99.5%を占める養殖ものが日本人の腹を満たす。その一部を担う欧州産稚魚の取引が規制される。そんなニュースが先日届いた。欧州の稚魚は中国で育てられ、「中国産」と表示されて日本の食卓にのぼ ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年06月02日清新に響くしこ名は、大鵬と柏戸が覇を競った柏鵬時代にちなむ。周囲はずばり「柏鵬」と考えたが、少し遠慮して木偏をはずしたそうだ。「鵬」は中国の古典「荘子」に描かれた、ひと飛び九万里の伝説の鳥。名前負けしなかったのは、 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年05月31日中国で食用になるところを地元の僧侶に救われたウミガメ。3000キロ離れた小笠原諸島まで泳ぎ着き、卵を産んだ。「しばらく保護して産卵を見守り、8月上旬をめどに海に返したい」と、小笠原海洋センターの山口真名美所長。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年04月30日欧米や中国の新学年は9月に始まるが、違う国も多い。ケニアは1月、豪州は1月下旬から2月、韓国は3月、そして日本。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年04月13日中国の温家宝首相の国会演説を聞き、「威ありて猛からず」を思った。中国国内では、気さくな人柄がメディアによって広まり、「平民総理」の愛称がある。小泉前首相の靖国神社参拝などで日中間には分厚い氷が張っていた。日中はまだ ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年04月12日あの「なんとか還元水」の疑惑はどうなってしまったのだろう。統一地方選や、中国の温家宝首相来日の陰に隠れて、松岡農水相は頬被りを決め込むつもりなのか。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年03月27日この春「蛍の光」は何回歌われたのだろう。苦学を表す蛍雪は貧しくて灯油を欠き、蛍の光や雪あかりを頼りに書を読んだ中国の故事による。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成19年03月21日原発の事故をテーマにした米国映画に「チャイナ・シンドローム」があった。この題名は、原発が制御不能になって暴走し、どろどろに溶けた炉心が地球を貫いて米国の反対側の中国に達するという意味から来ている。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成19年03月10日原告側は、旧日本軍による中国・重慶への大爆撃などが米軍の作戦に影響を与えた点についても責任を問う考えだという。空襲を受けた記憶を持つ国や街は、日本や中国に限らない。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成19年03月05日日本人は品種改良に明け暮れ、中国人は青いペンキを買いに走った。そのまんまの話が中国から届いた。中国では、国際オリンピック委員会が五輪候補地の視察に訪れた01年冬にも、北京市内の枯れ草がたちまち緑になった。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成19年02月11日中村さんは98年から4年間、チベット仏教を学ぶため中国青海省の民族師範学校に留学した。「漢学教師」は「中国語の先生」とは違う、などと互いの文化、風土を行きつ戻りつ、全体の3割まで訳した。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成19年01月21日せんぼんよしこ監督(78)は中国の大連で生まれ、香川京子さんの演じる「老いた女生徒」と同じ時代を生きてきた。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年12月03日「最初は儒学を教える学校だと誤解されました」。中国大使館の1等書記官で、「孔子学院」に関する仕事を担当している胡志平さんはそう話す。孔子学院は、中国政府が国家プロジェクトとして世界各国で始めた、中国語を教える教育機 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語  トラックバック(1)

平成18年12月02日日本の敗戦の混乱の中で、中国に残された子供たちを「中国残留日本人孤児」と呼ぶことが多い。孤児を育てた中国の養父母の一人の言葉だ(『異国の父母』岩波書店)。中国で置き去りにされた人たちを、再び置き去りにしてはなるまい ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年11月20日ネギや花の生産で知られる深谷市は、ずっと前に映画館が消えていた。竹石さんは生協を辞め、NPO法人をつくった。狙いは商店街の空き店舗だ。市が再開発のため買い取った銀行の建物を貸してくれた。02年7月、深谷シネマが生ま ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年11月10日古代の中国に馬謖という武将が居た。ラムズフェルド氏については、以前から、おごりともとれる姿勢が指摘されていた。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年11月01日夜道で虫が鳴いていた。頭上から聞こえてくる。虫の音は足元からと思っていたが、「アオマツムシ」だという。明治時代に東京で鳴き声が確認され、中国から輸入された木に付いてきたと伝えられる。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年10月27日20世紀の初頭に生まれた飛行機が無差別爆撃に使われ、おびただしい市民が殺されてきた。独軍によるスペイン・ゲルニカへの爆撃から、旧日本軍による中国の重慶、連合国側による独・ドレスデン、日本へのじゅうたん爆撃、そして原 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年10月25日「維民所止」は「維れ民の止まる所」と読む。中国最古の詩集『詩経』の一節だ。清の時代、科挙の予備試験にこの題を出した人が、罪に問われた。当時の皇帝は雍正帝だった。「維」の字は「雍」の字の首をはね、「止」は「正」の首を ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年09月28日「事上磨錬」。中国・明の儒学者、王陽明のこの言葉が、佐藤栄佐久氏の座右の銘だという。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年08月26日冥王星が惑星の仲間から外されることが決まった。「降格」なのだろうか。芳しいことだ。因みに『冥王星』の訳名は神話に基づき、著者が提案したもので……。この訳名は、中国でも使われている。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年08月20日今年春、会った中国人のビジネスマンが、リチウムイオン電池の話をしていた。中国製を欧州に売り込むため、ドイツに販売会社をつくったが、品質面などで日本製の壁が厚く、苦戦しているとぼやいていた。中国や韓国製の追い上げを受 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年07月26日古の紙についての記述は、中国の『後漢書』に出てくる。竹簡や絹布を使っていたが、簡は重く、絹は高い。それで、蔡倫という人が工夫し、樹皮や麻くず、ぼろ布、漁網を用いて紙をつくった。帝に奏上した年は、西暦の105年にあた ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年07月06日「金日成同志は、『以民為天』を座右の銘とし、常に人民と共にあって」との一節もある。中国の古書に「王は民を以って天と為し、民は食を以って天と為す」とあるという。「つまり、古来より、為政者にとって最重要課題は、『国民を ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年03月07日20世紀は「戦争と革命の世紀」とも言われた。中国は「鉄のカーテン」演説の3年後に革命で生まれた。人口13億余に達したその国が今、世界から注目されている。中国は日本と一衣帯水の地にある。しっかり向き合っていければいい ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

平成18年03月02日中国残留婦人らが国の責任を問うた訴訟で、東京地裁は政治的責務の怠慢があったことを認めつつも請求を退けた。 ... » more
テーマ 高橋郁男 天声人語

 

最終更新日: 2016/11/20 14:51

「天声人語」のブログ関連商品

» 「天声人語」のブログレビュー をもっと探す

「天声人語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る