誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    天声人語

天声人語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「天声人語」のブログを一覧表示!「天声人語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「天声人語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「天声人語」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

昭和20年12月10日「世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セム」とは終戦の大詔の冒頭に見える所である。臨時議会の経過は、果たして政治経済文化の諸分野において、非常の措置が着々と進められつつある実証を示しているで ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年12月09日山下奉文大将に下された死刑の宣告は敗戦この方、連合国によって告発せられた数多き戦犯容疑者に対する最初の判決として内外に注目すべき波紋を巻き起こしている。東条大将に睨まれて南方の第一線に追いやられ、帰朝してもついに参 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年12月08日ここに四度十二月八日を迎えて誰か無限の感慨に打たれないものがあろう。真珠湾攻撃は米国上下に対する不意討ちであったと共に、日本国民の大部分にとっても紛う方なき不意討ちであった。それは米国の背中に匕首を擬するもので ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語  トラックバック(1)

昭和20年12月03日満洲に相打つ国府軍と共産軍との姿は、統一途上にある中国の悲劇であるが、その双方に日本の敗残兵が加はつてゐるといふ話ほど、戦敗日本にとつて悲惨な事柄はない▼一説によれば共産軍に加はる日本軍隊はその数約五万、酒井中将を ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年12月02日中国側がマツクアーサー司令部に提出した戦争犯罪日本人の名簿は、近く公表せられる筈だが、人数はわずかに十余名を出でぬと伝へられる▼大元帥としての天皇を含む三百余名に上ると噂せられたのに比べて、思ひ切つて控目に止められ ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語  トラックバック(1)

昭和20年11月25日宮内省官制の第二次改革が発表せられ、即日その実施を見る▼宮中顧問官の廃止、内記部の親切その他、若干斧鍼の跡が認められるが、今後は宮相と侍従長との任務が著るしく重くなる▼後継内閣首班の奏●(せん)といふ重大事は別に何 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年11月19日生鮮食糧品の公定価格と配給統制とをどうするかについては、前内閣も●々持て余した観があり、連合国側の意見と国民の台所とを睨み合せながら、未解決のまヽ後退りして了つたが、その窮屈な枠も愈々二十日を期して撤去せられる▼結 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年11月11日八月の三十日、マツクアーサー元帥が日本に上陸した時、「我々は一戦を交へる用意をしてゐたのだ」とは米第八軍司令アイケルバーガー将軍の米紙「星条旗」(十一月十日附)に公表する所であるが、さしもの用意も単に用意たるに止ま ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年11月10日メルボルン放送によれば中国側からマックアーサー元帥あてに提出せらるべき日本の戦争犯罪人名簿には、実に三百名に上る人々が挙げられ、これを繞って漂う空気にはきわめて容易ならぬものがあることが察せられる。思うに八月十五日 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

意訳:白状するけど、我々朝日新聞は二合三勺だけでなんか暮らしていなかったぞ。昭和20年11月05日復興院の総裁と副総裁とが決つて、焦土日本から新生日本への一歩がやつと踏出されることになつた▼法制局長官に北京飯店の持主として世間を ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月31日復興院が誕生することとなつた。内閣の課題としては、憲法改正問題、議会制度の改編の問題等、一連の政治問題のほかに、食糧政策、インフレ防止等喫緊の議案件がある。復興計画は、これら議案件に比べると、やヽ第二次的の感がある ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月28日「納得のゆく政治」という言葉が出来て来た。納得のゆく政治が戦時非常施策を行う上に要求されたが、事実は、それに反して、あらゆる場合に、納得のゆかぬ政治が横行した。いな、納得のゆかぬ政治の横行したがため、「納得のゆく政 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月26日大衆運動というと、すぐに取り締まりとか、抑圧とかいった方面のことのみに捉われて、いかにこれを健全に行わしむべきかの助長的方面を考えないのが官僚の態度であった。明治の自由民権運動このかた思想的政治的の大衆運動は、翼賛 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月18日桑畑ほど、そのときどきの都合で、あるひは邪険にあるひは大切に取扱はれるものはない▼麦の増産のため、大量の桑園整理が行はれるかと思ふと、今度は、生糸の生産確保のため、桑園減段措置の撤回となつた▼桑園面積は昭和五年六月 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月17日「財閥」が、●●政治の重要項目として俄に世人の関心を集めつヽある▼日本に、一個人の創始に●り、一家族、同族人の専制的経営のもとに発達し来つた財閥なるものが存することは敢て説明を必要としないであらう▼日本の法人企業の ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月11日思想政治警察の廃止に伴つて、これまで「奇怪な謎」とされてゐた事件が、次々に国民の前に明らかにされてゆく▼三木事件の後、最近報道されたホーリネス教会事件にせよ、中央公論、改造事件にせよ、左翼思想家の獄中談にせよ、それ ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語  トラックバック(1)

昭和20年10月07日東久邇宮内閣突然の退陣は遺憾であるが、この内閣は既に一通りの仕事をなしとげたといつていヽ▼首相宮自らの御発言にもある通り、終戦事務は一段落した▼連合軍の進駐、陸海軍人の復員が、さしたる紛議を見ずして一応完了した▼陸 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年10月06日マツクアーサー最高司令部は、たヾ冷厳に、ホワイト・ハウスで決定された『降伏後の日本に関する米国の最初の政策』いはゆる日本管理政策が示す根本指針に従つて、諸般の施策を実行しつヽある、といふのほかはない▼日本管理政策中 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月18日米軍進駐とともに、駅や街頭に、ローマ字の駅名とか英語の道案内が現れるようになった。戦争中は、横文字は敵国の言葉だというので、ローマ字の駅名も無くなり、街からも欧米式な店のなど次第に消えて行った。さらに、学校の英 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語  トラックバック(1)

意訳:戦争前、日本の学徒と婦人はバカだった。昭和20年09月16日敗北に帰した今次の戦争で、いろいろと喪うところ多かったのは、万やむを得ないことだ。が、一方、この戦争によって、得るところ、学び得たことも、すくなくない。学徒が ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月15日日本が科学戦に負け、これに対する反省から、今後大いに科学を振興して、世界文化に貢献しなければならぬといふことが、終戦とヽもに唱へられてゐる▼文部省でも、科学教育局を新設し、前田文相は、最近の放送や参宮途上において、 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月13日連合軍は、われに対して『精神的武装解除』を求めてゐる、といはれる。▼軍国的教育、宣伝その他国民指導理念の如きは、もちろん、この精神的武装の範疇に入れられる▼さらに、広く解釈して、連合軍は、日本に在来存してゐる国家理 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月12日アメリカの進駐軍は、たった二日間で、よこはまの桟橋から、厚木の飛行場まで、ガソリン油送管をひいてしまった。代々木練兵場の幕営にしても、一夜のうちに機械力を駆使して、街路が出来、キャンプが設営され、井戸が掘られ、浄水 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月11日大東亜の各地域に在住するわが居留民が、●●●る情勢と、不安な空気の●●●、いかに対応し●●●●切に気遣はれるのであるが、今までの諸報道によると、●●とも大体平●に帰してゐるやうである▼満洲では、ソ連軍の進攻のため、 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月09日新党結成を繞る議会人各派の動きは、臨時議会開会を、契機として果然、活潑化して来た。かくして如何なる新政党が生れるか、世人の関心は、更生新党が如何なる相貌実体を具へるものかに繋れる▼もし、かりにも、旧態 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

昭和20年09月08日戦争中、お茶坊主政治家なるものが跋扈したという人があった。すると、文芸家にも、お茶坊主がいた、という声が出た。このお茶坊主という意味は、ときの動向に対して無批判に阿付し、もって生活の方便とするものを指称したものと解 ... » more
テーマ 嘉地隆一 天声人語

平成19年10月09日何事につけても中国の歴史や故事はスケールが大きい。親孝行ひとつ見てもなかなかのものだ。古今の孝行話を集めた『二十四孝』には、身をなげうって親に尽くす孝行息子らが顔を並べる。 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年09月16日作家の永井荷風は、死の前日まで、時勢に背を向け、それでいて確かな時代への目は変わらなかった。盛り場や色街を徘徊しながら、中国への侵略を「長期戦争に窮し果て、俄に名目を変じて聖戦と称する無意味の語を用い出した」と見通 ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年08月30日南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島は、中国やベトナムなどが領有を主張して、紛争の海と呼ばれてきた。中国がこだわるのは、ここで高級食材の「ツバメの巣」がとれるからだと聞いたことがある。足が4本のものは机以外、飛ぶもの ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

平成19年08月17日思い出したのは、本紙の声欄で大分市の女子中学生、小沢●(●は王へんに「争」、じょう)さんの投書を読んだからだ。●さんは中国福建省で育ち、3年前に母親らと日本に来た。向こうでは夏には水不足になり、日に何度も井戸の水を ... » more
テーマ 天声人語 福島申二・冨永格

 

最終更新日: 2016/11/20 14:51

「天声人語」のブログ関連商品

» 「天声人語」のブログレビュー をもっと探す

「天声人語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る