誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    天声人語

天声人語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「天声人語」のブログを一覧表示!「天声人語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「天声人語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「天声人語」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

昭和21年10月30日マ司令部の天然資源課技術顧問アケルマン氏は、日本人の生活程度向上の一助となるべき要素として、道路の改良を指摘してゐる。急所をついた示唆だ▼欧米諸国はいふに及ばず、英領、仏領、蘭領など、南方諸地域を歩いてみても、驚く ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月17日十日以来重々しい空気にとざされてゐた夕張は、百三十時間にして朗色を取返したといふ。北海道炭鉱の争議は妥結に到達したのである。喜ぶべきことだ▼この百三十時間の経過を辿つてみると、解決のテコとなつたものが、双方の歩み寄 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月15日正倉院御物がこの二十一日から十一月九日まで奈良帝室博物館で公開される。公開はこれが三度目で、二千六百年には、上野の博物館で、明治八年には奈良博覧会で展観した。奈良の時は、三百種、約千点を東大寺の大仏殿とその廻廊に八 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月14日国民食糧安定対策調査会が設けられて、米食中心の日本人の食生活を検討するという。米、味噌、醤油は日本人の食卓の大宗だったが、いつまでもこれに執着しておられぬことは、今度の食糧難を通じて、骨身にこたえてわかったはずだ。 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月10日人間に情熱がなければ、木石とえらぶところがない。情熱は行動を推進する動力であつて、人間になくてならぬ要素である▼しかし情熱が、行動の推進力として、その効果を発揮するには、まづ一定の目的への行動の方針が最も冷静な思慮 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語  トラックバック(1)

昭和21年10月06日この秋の美術展をみて誰しも感ずることは、色彩の貧しいことであろう。あのどんよりした、感覚のにぶい絵具では、いい絵が生まれるわけがない。オヤッと思って、たまたま目をみはらせるのは、絵のうまさよりも、材料としての絵具の ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月05日厄日も無事に過ぎ、秋落ちの心配も解消して、豊作をことほぐやうに、村祭りの太鼓の音が、のどかに野面を渡つてゐる。今年の豊作は、もう国民の常識になつてゐる▼それなのに、農家の収量予想は、この常識を裏切つてあまりにも低い ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月04日ナチが政権を握つた前後のドイツの有様は、今思ひ出しても面をそむけたくなる。そこには野蛮な感情だけがあつて、冷静な判断や理性は●にするほどもなかつた▼●学も文豪も非ナチ的なるが故に祖国を追はれ、貴重な萬巻の書籍は非ナ ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月02日終戦から今年度末に至る貿易見込額によると、主食と肥料が、輸入総額の半分を突破してゐる。生きるためには食はねばならないのだから、致し方がない▼絶対絶命のこの輸入を可能ならしめるため、活溌な輸出が起らねばならぬことはも ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月29日一つには連合国軍の占領費支弁を助け、一つには日本の自活を促進する見地から、米国は日本繊維工業の復興に大きな期待をかけてゐるといふ▼特に、かつて産業界の花形だつた紡績業が、再び時代の要求に応じて、花形に返り咲かうとし ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月27日九月に入つてから、バーンズ米国務長官、ウオーレス前米商務長官およびチヤーチル前英首相の演説、そしてソ連スターリン議長の声明など、世界政局の大立物によつて、活溌に外交意見が表明された▼一部には、固まりかけた平和の基礎 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月26日社会党は、その政策に大改訂を加へ、二十四日、これを公表した。政治、外交、財政、経済、労働、●●、社会、青年、婦人、教育、文化の十一部門、百三項目にのぼるばう大なものである▼各項目について一々検討する余裕はないが、● ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月25日日●事変から太平洋戦争の過程にかけて、幾百万の日本人は、大挙して海を渡り、集団的に異民族と接触したが、この経験は、日本人は異民族の信頼をかち得るには、あまりに欠くところの多いことを教へた▼そのころ出先では、軍人、軍 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月23日アメリカ人が日本のスポーツをみて奇異に感ずるのは、敗けた選手が泣くことだといふ。勝敗にあまりこだはりすぎるのぢやないか。それでは本当のスポーツマンシツプぢやない、といふ▼試合をみてゐると、選手がひたひにしわをよせて ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

現代人の行動を環境のせゐにするのは問題である。なさねばならぬことは、社会の秩序をとりかへすことである。昭和21年09月21日終戦後一年一ケ月だといふのに、殺ばつ陰惨な事件は一向跡を絶たない。十九日には、国鉄田町駅で、一乗客が改札 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月16日連合軍司令部によつて、わが国の医者の素質の低さが、指摘された結果、医学制度の改正と、国家試験制度の採用が決定された。この措置は、たしかに医者の素質を高くする根本の一つである▼素質のよくなることは、ただちに、日本の医 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月08日 新憲法の口語体の文章も初めの翻訳調にくらべて非常によくなったが、まだむずかしい字がよほど残っている。たとえば福祉、隷従、払拭、威嚇、享受、拷問、弾劾、報酬、遵守、虜などである。国語審議会の常用漢字も、憲法にある字 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月04日降伏調印一周年のマ元帥声明は、いろいろ考えさせられる哲学的内容をもっている。日本民族に対する一つの哲学的考察であり、急変した日本一年間の文明批評として、味わってみるべきものだ。同時に日本の軍人や政治家からは、かつて ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年09月03日今後五ケ年間に、耕地を百五十万町歩ふやして七百五十万町歩にし、米を七千万石、麦を三千二百万石獲らうといふことが復興国土五ケ年計画案の中に示されてゐる▼このうち新開墾が、北海道、東北地方と九州方面で百四万六千町歩とな ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月30日「毎日新聞」の投書欄に「顛落するまで」という闇の女の告白がでている。満州から引き揚げた二十一歳の身寄りのない女性。待合の女中に世話されたが、いやなことを強要されて飛び出す。上野駅の地下道を寝所に就職口を探すが、二日 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月24日靖国の妻、という言葉があった。戦死者未亡人のことだが、この言葉の中には、宿命的に英霊の妻だという封建的な神秘主義がひそんでいる。日本では、夫に死に別れた未亡人は、きびしい家族主義にはばまれて、一体に再婚できない風習 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月18日汝は自由党総裁に就任しても自分の都合で辞めはせぬか。汝は煩雑な党務を見てゆけるか。と自由党幹部連が念を押すのも相手が相手だけに尤もな話ではあるが、妙な話でもある。総裁として総裁として責任ある行動をとるつもりだ、との ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月15日一年前の八月十五日は、旧い日本を防空壕の中に埋葬した日であった。古い哲学、古い国家観、古い世界観も、飛行機や大砲の残骸と共に、穴の中に埋めてしまう、その出発の日であった。国民は、臣道実践の制服をぬぎ、八紘一宇の ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月10日四つの島の中に閉ぢこめられ、窓のあかない満員電車さながらに、息苦しひ思ひをしてゐる今の日本に、南氷洋の捕鯨がゆるされたことは、一●の涼風が吹きぬけた感じである▼過ぐる日の悪夢の南方圏をはるかに突きぬけて、あきらめて ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年08月03日かつて或る中国人が日本にきて、山の頂まで耕してあるのをみていった。「耕して天に到る、これ貧なる乎」。また別の中国人がきて、山頂に畑の或る風景をみて驚いたが、その日本人観は少しちがっていた。「耕して天に到る、これ勤勉 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年07月29日戦勝国ではあるが、英帝国の苦悶は想像に余りある。インド、エヂプト、パレスチナと問題はたえない。労働党政府が、伝統的な英国人の『政治的天才』をどんな風に発揮するか▼本年四月下旬、ロンドンで英帝国の首相会議が、五週間に ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年07月28日孟子に『惻隠の心』といふ一節がある。幼児が井戸におちようとするのをみれば、人はあはれみの心を起してこれを助ける。それは親にお礼をいつてもらはうとか、人命救助の名誉を求めようとかの気持でなく、人間天賦の心の発動だ、と ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年07月27日南京大虐殺事件は、当時世界中にかくれもないことであった。ただ日本の民衆だけが、この事実から耳目をうばわれ、信ずる父や子や夫や同胞たちがね悪虐不倫をかさねつつあるのも知らず、勝った勝ったと内地では旗行列が行われていた ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年07月25日『世界中の人々よきけ、いよいよ十字路にきた』これはビキニにおける第一回の原子爆弾投下の瞬間に、放送された言葉であつた。十字路作戦とは、作戦はよけいにしても、いみじくも名づけたものである。『十字路』の言葉は、たしかに ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年07月23日ヤミ市は、ある意味で、今の日本の縮図ともいへる。敗戦日本の一つの闇の象徴でもある。われわれの食生活から、ヤミを取去つたら、あと何割が非ヤミであるか、すこぶる疑問だ。それほどヤミは、国民生活を広汎に侵蝕してゐる▼ヤミ ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

 

最終更新日: 2016/11/20 14:51

「天声人語」のブログ関連商品

» 「天声人語」のブログレビュー をもっと探す

「天声人語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る