誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    天声人語

天声人語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「天声人語」のブログを一覧表示!「天声人語」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「天声人語」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「天声人語」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

昭和22年03月04日日本にきている英国特派員の座談会が、「アサヒニュース」の近刊号にのっている。「タイムズ」のホーレー氏が、英国の生活が食物も燃料も娯楽も十分なく、何の色彩もないものだと述べたあとで、「ロイター」のパロー氏がこういって ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年03月03日マ元帥が米陸軍省に提出したメツセージの中で、お金のことが書いてある。日本の生存に必要な食糧や緊急物資の供給は、将来その代金を請求するわけで、救済は慈善ではない。慎重に考慮すれば米国の納税者はこの処置によつて一ドルた ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月28日東京裁判における清瀬氏の冒頭陳述をきいて、米特派員は『一九四〇年ごろの空気の中にいるようだ』と印象を語つている。またある外国特派員は、こう言った。自分は清瀬氏の陳述や、廿六名の被告が何を言おうと興味はもたない。傍聴 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語  トラックバック(1)

昭和22年02月25日コロンビア大学総長代理の読みあげたマ元帥の書簡の中には、アジア人の間に平和のうちに人道主義をしみこませる必要が力説されている、と米国電報は報じている▼日本人が国際的に人道主義を無視した事実は、極東裁判の過程に気恥か ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月24日外客誘致を目標に、観光事業や、要塞地帯の歓楽境へのぬりかえなどが、しきりにもくろまれている。日本では一般に、観光事業とは景色を見せるものだと考えらている。またキャバレーやゴルフ・コース、ダンスホールなどの歓楽施設を ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月19日このごろ正確なものは、まず天気予報であろう。夕刻には雨と予報されれば、朝晴れていてもコーモリを持参して損をすることはない。数日前の東京地方の大雪も、降るという予報も、晴れるという時刻も、実にピッタリと合った。戦争中 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月17日ダンスが非常に盛んな風潮になってきた。それには二つの流れがある。一つはダンスホールのダンスで、もう一つは職場のダンスである。ダンスホールでは十回のチケットが六十円ぐらいで、一回踊るたびに一枚ずつ渡したのではシケてる ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月15日今は耐乏生活をしなければならぬ時であることはいうまでもない。敗戦後の日本の現状を、良心的に認識する者は、たれしもその心構えはもつている。しかし『主食のない耐乏生活』などというものはあり得ない。それは生命の脅威であつ ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月14日こゝ十数年間、日本の文化人のペン先は、帝国主義的に曲つていた。曲らぬペン先を使う文化人には物を書くことが許されなかつた▼詩人も評論家も小説家も、多かれ少なかれ、時流にさおさした。だから文化人だけが、どうにもならなか ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月11日漁村の改革が、対日理事会でとりあげられている。ことに封建的な漁業権の問題が、マナ板の上にのつている▼今でこそ漁村には新円がなつており、国民学校出たてのチンピラでも、クラス会に数百円の会費を出す有様のようだがついこの ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月08日一八七八年フランス国歌として採用された「マルセイエーズ」は、フランス革命のさなか、一七九二年につくられたものである。高く新しい理想に血を踊らした当時のフランス国民の向影がしのばれる▼関東大震災で、生活の中心を失つて ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年02月05日米の遅配は、東京の十日前後をはじめ、全国の各大都市とも慢性的になっている。農村の旧正月やゼネスト気構えでおくれた事情もあろうが、副食物のひどい騰貴とともに、国民の生活を苦しめている。一升七十円のヤミ値でも、うどんや ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月18日公然の秘密とされていた諸官庁のいわゆる会議用タバコの正体が、全国専売局職組中●委によつて明るみに出されている▼全国のタバコ需要者が約二千万、一人一本の割で頭をはねたのが、この会議用タバコだというのだから、生やさしい ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月16日ひろし・ぬやま氏の詩に、冬の網走刑務所で、窓を左にして風船はりをしていると左の腕にツララが下がり、右を窓にすると右肩に霜がおりる、という意味のがある。三木清、戸坂潤氏らは、皮膚病の手当てができないで腎臓炎になり獄中 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月14日戦争中、店の●子や郵便局の窓口の女事務員などが、突つけんどんで不親切で高飛車で、ひどく面くらわされることがあつたものだ。あの陰惨な空●を呼吸していては、といえばそれまでだが、不愉快の限りであつた▼終戦後国民の物質的 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月07日この正月は、日の丸をかかげた風景をほとんど見かけなかつた。戦災で国旗を失つた家々だけでなく、焼けない街でも同様だつた。都会でも田舎でも、なべて日章旗は姿をけしている。国旗をかゝげないこの国民心理は、ほりさげて考えて ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月06日婦人代議士が一挙に三十九名もでたことは、外国では大変もてはやされてさながら日本民主化の象徴であるかのように好評だつた。が正直なところ、過分のおほめにこそばゆい感があつた。美人投票といつては失礼かもしれぬが、投票心理 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和22年01月04日わが国の国歌、君が代はいい歌であった。明治以来の国民感情も、このメロディの中に育まれてきたといってよい。しかしもう改訂の時期に達したのではなかろうか。この歌詞は「古今集」からきているが、明治二年に軍楽隊教官の英 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語  トラックバック(2)

昭和21年12月28日追はぎにハダカにされた話、配給もらいの不在中、空巣にごつそりやられた話、事務所でオーバーをとられた話など、師走の話題は社会不安でもちきりだ▼警察の犯罪検挙率はなかなかよいそうだが強盗殺人などの大物第一主義で、いわゆ ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年12月17日ベンジャミン・フランクリンが死んだ時、ミラボーはフランスの国民議会で「古代人ならば、この偉大なる天才を神としてまつったであろう」といったそうだ。それは今から一世紀半も前の話である。ところが現代の日本では、護国神 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年12月11日石坂洋次郎氏の小説『若い人』の中で、女学校の一教師が『視学官殿の御訓示がその年々にちがうので大いに迷う』と質問する一節がある。視学官は破顔一笑して『その悩みは我々も同じだ。早い話が、文部大臣が●れば教育方針も一変す ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月30日今の物価で、五百円の枠内で食ってゆかれるとはとうてい考えられない。民間では、五百円以上の給料封鎖払いが守られていないことは、公然の秘密である。しかし官庁では、これだけは厳重に守られている。それなのに役人はどうして暮 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月25日スポーツの興隆はめざましいものがある。政界、財界、言論界などの追放のあらしをよそに、スポーツはすくすくと明るく伸びている。スポーツをはヾむものは、食糧と運動具だつた。食糧の方はどうやらよくなつたが、運動具の方は、ス ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月22日ヘルマン・ヘッセもトーマス・マンもドイツには住んでいないがドイツ人には違いない。ノーベル文学賞が戦争の勝敗をこえて今度ヘッセに贈られたことはうれしい。が、同じ敗戦国でありながらドイツの精神界にはゲーテという大山脈が ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月18日松の木はもっとも日本的な美しさをもった植物である。黒松は雄々しく頼もしいし、赤松はこまやかな情趣をもつ。老松は古典的な美を構成しているし、若松、小松は優しく美しい。「松の木の日本」といってもよい。その松がこのご ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月17日探偵小説的なものは、日本にも古く江戸時代からあつたといふ。明治に入つて、英米物の翻訳翻案が流行し、ことに二十世紀の初頭以後、時勢の推移に応ずる消長はあつたが、とにかく相当の隆盛を見た▼探偵小説の歴史としては、さほど ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月13日正倉院の展観は二十二日間に十五万人きたという。三十二点の品物に一日七千人も群がったのでは、心ある人に研究的な鑑賞ができたとは思われない。開放はよいが、短期間に人数の多いのを誇るお祭り騒ぎになっては、意味がない、常時 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月10日日本人は、物ごとにハツキリした意見をもち、かつそれを表現することは一般に不得手である。長い間の言論抑圧で自由な口をふさがれ、言論統制で右へならへにならされてきたのだから、無理もない▼終戦後、言論は大いに盛んになつた ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年11月08日多分に軍国●を帯びてゐた修身、形式的な●目の羅列に終始したかの観のあつた修身は、科目の中から追放され、これに代つて、国民学校と中等学校に、新しく公民教育が課せられる▼まだ出来上つた教師用●をのぞく機会がないが、本さ ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

昭和21年10月31日普通教育普及の度からいふと日本は世界有数の国である。殊に、学齢兒童の就学歩合などは、累年悠に九割九分以上の高率を示してゐる。官公立国民学校数を見ても、決して欧米諸国に劣らない▼さらに進んで、教育刷新委員会が、普通教 ... » more
テーマ 荒垣秀雄 天声人語

 

最終更新日: 2016/11/20 14:51

「天声人語」のブログ関連商品

» 「天声人語」のブログレビュー をもっと探す

「天声人語」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る