誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    陶芸

陶芸

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「陶芸」のブログを一覧表示!「陶芸」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「陶芸」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「陶芸」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

広島 有本空玄さんの珈琲碗 広島の有本空玄さんの珈琲碗です。 ... » more
テーマ 陶芸

神奈川 室伏英治さんの珈琲碗 神奈川の室伏英治さんの珈琲碗です。 ... » more
テーマ 陶芸

京 石橋裕史さんの珈琲碗 京の石橋裕史さんの珈琲碗です。 ... » more
テーマ 陶芸

京 橋本大輔さんの珈琲碗 京の橋本大輔さんの珈琲碗です。 ... » more
テーマ 陶芸

美濃 西岡悠さんの珈琲碗 美濃の西岡悠さんの珈琲碗です。 ... » more
テーマ 陶芸

そろそろ別の作業を考える   19日 そろそろ別の作業を考える19日毎日2時間散水して、別の作業に移る。節水の放送があったが、理解できなかった。高平は川から止水して、浄水施設に水を取り入れている。ダムのように水を貯めてはいない。止水しなければ ... » more
テーマ 屋久島 陶芸 料理

陶芸 106作目 「トンボの皿」 ふたたび! 毎日が30度超えの超暑い日が続いていますが、連日テレビでオリンピック見てしまい、寝不足です。なんといっても地球の裏側でのオリンピックで、なんと時差が12時間もあるんですものねぇ・・・。昨夜は、バドミントンの女子ダブルスの決勝戦で、朝 ... » more
テーマ 陶芸  コメント(4)

南部陶芸教室 テーマ作品たたらつくり 六角捻り花器 二日目 作陶完了 初日本体部分の六角捻じれ完了上手く六角形の捻じれ花瓶が出来ています。作品としては、このままで細部を仕上げて完成に持っていくことも可能ですが、2日目にすることがなくなりますので、もう少し、手を加えます。首と口縁の仕上げ ... » more
テーマ 陶芸  コメント(1)

世にも不思議な物語 時節柄、ちょっと怖い話。私が松井康成先生の陶房でお世話になっていた時のことである。松井先生は笠間市の月崇寺という浄土宗のお寺のご住職でもあり、大きな本堂、それに続く庫裏、少し離れた所に陶房があった。たしか暑さも寒さも感じ ... » more

時游窯(じゆうがま)工房お盆も陶芸
お盆も陶芸 故郷でのんびりのお盆ウィークでも皆さん工房で陶芸三昧してまーす涼しい顔であつーい想いの作品作ってます ... » more

Yokko−さん 作品投稿 黒粘土作品各種 こんにちは、お元気ですか?Yokko−sanから、新たな作品投稿がありましたので、『normanrich陶芸悠々』にアップしました。黒粘土の作品ですが、ギャラリー形式で、写真を掲載してます。是非、見て下さい。Yokko−さん ... » more
テーマ 陶芸

楽寿荘 陶友 阿部さん 花弁皿、帯留め、一輪挿し 新規投稿 久々の陶芸仲間の投稿です。阿部さん有難うございます。この他にも自慢の作品が沢山あると思いますので、今後も投稿宜しくお願いします。今年初めの干支の作品など面白いですね。この記事に追加の形で作品をアップしていきます。阿部さんプロファ ... » more
テーマ 陶芸  コメント(1)

楽寿荘 陶芸教室作品 四角捻じれ壺  本焼き Youtube動画 本焼きがあがりました。作品を見易いように動画にして見ました。見てください。四角捻じれ花瓶釉薬掛け半磁土のねじれ花瓶の素焼きがこんな感じで上がってました。陶芸教室の仲間によると、女性に見えるとか。。言ってました。釉 ... » more
テーマ 陶芸  コメント(3)

木下藤吉郎 JR中央線で新宿へ向かう時、荻窪辺りで手打ち蕎麦で有名な「本むら庵」が目に入る。20代の頃のある日の夕刻、辻先生ご夫妻を本むら庵まで車でお送りしたことがある。安部公房ご夫妻と会食とのことだった。食通の清明先生は本むら庵をよくご存 ... » more

時游窯(じゆうがま)工房真夏の窯出し
真夏の窯出し 連日35度を超えて、窯焚き・窯出しも汗だく〜でも苦労の甲斐あって、いい焼き上がりとなりました暑さと火の神様が窯に味方してくれたのかなー{%幸(チカチカ)hde ... » more

練り込み 作品 本焼き マーブル文様の練り込み練り込み作品3点を作って見ました。練り込みの分量は、全体の色調と文様をどの程度出すかによって違いますが、今回の作品は信楽の赤と白を50:50の比率で作って見ました。その理由は、陶芸教室では、土は1kg単位でしか買え ... » more
テーマ 陶芸

小物 蓋物作品本焼き完了 2週間前、紹介した釉掛け作品の本焼きが完了しました。往々にして、失望する事が多いのですが、今回は、さてどうだったか。釉掛けの時は、可愛いと言った評価が多かったですが、今回は4種類の釉薬を使ってみました。前回ブログ釉掛 ... » more
テーマ 陶芸  コメント(2)

tougei.2002勝浦も夏真っ最中!
勝浦も夏真っ最中! 海の見える場所での親子陶芸教室開催中!http://www7b.biglobe.ne.jp/~tougei-katuura/ ... » more
テーマ 親子陶芸教室 サーファー 陶芸

そば猪口 第2話 写真左は小振りな筒形のちょこで、鎌倉で買った。同じものが二つ並んでいたが、4000円と、20代の私にはそば猪口として大変高価だったので、さんざん悩んだ末にこちらの一つを買った。真ん中は「畑中」で買った。江戸初期の梅文ちょこ。12 ... » more
テーマ そば猪口 陶芸

絵付け体験の皿を本焼き らくやき体験工房の作品乾燥用棚がいっぱいになり、猛暑の中ガンバッて素焼き取りをしました。主に7月28日出張陶芸教室を実施した「すぎのこ学童クラブ」の皆様の作品です。作品点数が60点ほどあるので1,2号窯とも満杯状態の素焼き取りでした。そのあ ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

OLAFの陶芸教室参加 (’16年8月4日 陶芸教室全3回で作った作品) 今まで陶芸をしたかったが、チャンスが無かった。今回毎週火曜日全3回で陶芸作品を作る教室に参加した。さてどの様な作品が出来るか・・・◎第一回目7月12日10:00〜12:00工程:土練りと作陶初めに講師が説明を ... » more
テーマ 荒川区 陶芸 東京

陶芸 岩瀬健一 古典と現代粉引茶碗
粉引茶碗 柿傳ギャラリーでの個展に向けて、粉引茶碗に挑んでいる。これまでにも度々試みてはきた。古典にも茶碗、徳利など名品が数多い。火間の面白さが目立つが、実作してみれば素地土はもちろん、化粧土の白さや上にかける透明釉の調整など、大 ... » more
テーマ 展覧会 陶芸

陶芸の合間に工房でお茶会 8月3日午前(株)マルヰのらくやき陶芸教室が開かれた。当日は7名が参加し、抹茶茶碗やお皿など思い思いの作品つくりを楽しんだ。今回は飾り兜を作る人が3名もいて、意欲の高さに驚きました。らくやき陶芸体験の合間には世話をされる人たちがお抹茶を点て ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

柿傳ギャラリー 9月3日からの柿傳ギャラリーでの3回目の個展に向けて、暑さにめげず作陶に励んでいる。柿傳ギャラリーとのご縁は、辻清明先生の陶房にお世話になっている時からのことで、30数年来となる。その頃は、現在の柿傳の駐車場があるビルの上階にギ ... » more

時游窯(じゆうがま)工房夏休みの陶芸
夏休みの陶芸 今年は顔シーサーにドーム型ライトカバー作りが加わりこども陶芸体験に厚みが出たー焼き上がりがより楽しみ〜 ... » more

畑中商店での話 芝・巴町の骨董店、「畑中商店」で思い出に残る面白い話がある。ある時、店内を拝見した後、テーブルでお茶をごちそうになったことがある。ご主人の畑中さんは大変気さくで人を逸らさない、話の上手な方であった。当時20代の私のような若造にも、い ... » more

らくやき絵付け体験始まる 大聖寺地区まちづくり推進協議会が主催する「やってみんかいね!楽焼き絵付け体験」が8月1日から始まった。作品は10月に行われる「文化の祭典」会場で展示されることになっている。1日の初日は4名の小学生が工房を訪れ、説明を聞いた後さっそく絵付けに ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

tougei.2002「銀座で個展」について
「銀座で個展」について個展来てくれた方感謝! ... » more
テーマ 陶芸

tougei.2002銀座で個展
真夏の出張陶芸教室は汗だく 7月28日(木)加賀市内の学童クラブで出張陶芸教室を行った。38人の子供たちが思い思いの器を作るのである。まず、準備が大変38人分のロクロと粘土を運ばなければならない。ロクロは3キログラム/T個、車からおろして会場まで運ぶ。幸い今回は手伝い ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

 

最終更新日: 2017/01/09 10:58

「陶芸」のブログ関連商品

» 「陶芸」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る