誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    陶芸

陶芸

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「陶芸」のブログを一覧表示!「陶芸」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「陶芸」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「陶芸」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

師走の朝に窯出しを 年末年始の催しに使いたくなる器が勢揃いお酒を冷やしたり、飲んだり、オードブルを盛ったりと窯から皆さんの想いが湧き出しました{%うれ ... » more

YouTube動画 ”ブーツ型鉛筆立て” 南部陶芸教室 今日は楽寿荘の陶芸教室。テーマ作品としては、お雛様。先生のサンプルと説明書を皆さん見ながら作品を作ってました。今日は何となく、陶芸よりもゴルフの日と言う感じで、陶芸教室に行こうか迷ったんですが結局は行くことに。ゴルフの調子が ... » more
テーマ 陶芸 ブログ

たたら作り ”Boots風 鉛筆立て” 今日は、長い間作って見たかった作品の紹介です。陶芸教室では、必ず誰かが作る定番みたいになってますね。こんな作品。Yokkoさんが入手した説明書を見て、型紙を拡大コピーして作りました。たたらで、赤粘土の5mmの板を作り、型紙をあて切り ... » more

らくやきマーカーで絵付け ずっと前に陶芸の絵付けで失敗した皿をらくやきマーカーで絵付けをして直しました。便利ですね。捨てないでいてよかった! ... » more
テーマ 陶芸

Yokkoさん投稿 Yokkoの陶芸びより ”刳り貫き 花入”初体験 今日も朝から、大忙し。自転車でフル回転。”北風吹き抜く寒い朝も。こころ一つで温かくなる”と、吉永小百合のあの青春時代のような思いを巡らせて。。。。(このくだり、ノーマンの編集)このブログのくり貫き技法の動画を見て、私も”刳り貫き”に ... » more

時游窯(じゆうがま)工房師走も陶芸
師走も陶芸 師走と言うだけで慌ただしい今日この頃でも、会員の皆さんは世間と隔絶して陶芸三昧集中の成果が形に現れてます〜 ... » more

OLAFの陶芸教室参加 (’17年12月2日 冬バージョンの角皿) 今回も区が主催してくれる陶芸教室に参加する事が出来た。夏バージョンの酒器セットで片口を作ったが、今度は秋冬バージョンの酒器セットに挑戦することにした。片口が終わったのでおつまみ用の角皿を作成することにした。@工程:土練りと作 ... » more
テーマ 荒川区 陶芸 東京

保育園での親子陶芸教室 12月2日(土)加賀市河南町にある新生保育園で保護者も参加して楽焼き陶芸教室が行われた。昨年に続いての実施となり、25名の園児と保護者が皿やカップなど自由に作陶を楽しんだ。模様を張り付けたり、ハート型のお皿や鉢もありバラエティーに富んだ作品 ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

焼き物徒然草 生徒作品
生徒作品 ... » more
テーマ 陶芸  コメント(1)

焼き物徒然草 作陶
作陶 ... » more
テーマ 陶芸

2017 12月 常滑関係 陶展予定 201712月陶展予定いよいよ12月!!2017もあと一ヶ月来年に想いをはせて、有終の美を飾る展示を!!★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 【 常滑市内分 】≪ギャラリーce ... » more
テーマ 常滑 陶芸

【個展訪問】=雨上がりの朝=「中村洋子」陶展 =雨上がりの朝=「中村洋子」陶展11月10日(金)〜21日(火)≪ギャラリー鬼無里≫ (知多市)https://loco.yahoo.co.jp/place/g--7rxRWOCDdw/ ... » more
テーマ 常滑 陶芸

時游窯(じゆうがま)工房10回目を迎え
10回目を迎え 工房設立17年、作陶展も10回を数え日々の教室が随分賑やかになりました皆さんと毎年作る干支の置物もバラエティーに富んでます今日の賑わいを、明日もワンちゃんと共に待って ... » more

「重ね猫餅」はいかが? 〜日本橋三越本店5階 栗原あり 埼玉県鴻巣市の陶芸作家 栗原ありの作品販売が始まりました。日本橋三越本店! ・・・ (スゴイ スゴイ)詳しくは、逃猫舎お近くの方、どうぞお立ち寄りくださ ... » more
テーマ 健康 陶芸

内覧会(来年の干支) 今年も来年の干支(戌)の置物良い年が来ますようにと願いつつ製作しました犬と一緒に暮らしているだけに、顔の表情に思い入れが・・・いよいよ明日から作 ... » more

【個展訪問】ー小春日和 犬日和ー 「たかはしさだこ」陶展 ー小春日和犬日和ー「たかはしさだこ」陶展11月10日(金)〜20日(月)≪ギャラリーcera≫ (常滑駅前観光案内所)http://www.tokoname-kankou.net/cera/ ... » more
テーマ 常滑 陶芸

【個展訪問】=地平線=「松永圭太」個展 =地平線=「松永圭太」個展11月11日(土)〜25日(土) ≪atelir&gallery creava≫(金沢)http://longstreet.jp/pg33.html一年ぶりの金沢 ... » more
テーマ 陶芸

焼魚専用長皿を考える 昨日の教室での出来事。焼魚用の皿を作りたい方がおられた。こういう場合はA5版位の紙の大きさが型にしやすいよという。ただしこれは切り身用。鮭とか鰆・鰤もええなあ。あと、鯵や鰯くらいの干物もいけますよねえ。すると秋刀魚をのせ ... » more
テーマ 陶芸

内覧会(イッチン青磁釉の器) イッチン模様に青磁釉を掛けたイッチン青磁釉の器たち器の表面の凸凹で滑りにくく持ち易いでーす ... » more
テーマ 土いじり 陶芸

アトリエ月彩制作の記闇に飛ぶ
闇に飛ぶ 深夜に湯船に浸かっていたら昼間よりも外の音がよく聞こえてくる。終電の駅から出ていく音。やんちゃなバイクの過ぎ去っていく音。救急車や消防車はやや緊張して耳を澄ます。酔っぱらいの話し声は聞き取れないけど笑ってしまう。など、風 ... » more
テーマ 陶芸

内覧会(カオリンマット釉の器) 朝鮮カオリンを主原料にしたカオリンマット釉の器たちお皿の縁やカップ側面のディンプル模様に下絵の具を施して釉調に変化を出してまーすどれも洋風の器に ... » more

久しぶりの陶芸作品 今朝は寒かったですね。やっぱり、ストーブの前がいいよね。 最近、怠けている陶芸作品が出来上がりました。フルーツ入れです。勇ましいヒョウのつもりだったのですが、首がうつむき情けない感じになってし ... » more

内覧会(チタン結晶釉の器) 酸化チタンを発色剤に調合したチタン結晶釉の器たち還元が強く掛かったものは淡い紫を呈して妖艶な感じ〜そして最新作は、更に瑠璃釉を流し掛けした器で、斑模様が何とも言え ... » more

内覧会(釉彩の器) 今週末の作陶展の準備、真っ最中展示が完了したエリアからこっそり内覧瑠璃釉、スカイブルー釉、青磁釉の三色を掛け分けた釉彩の器たちそして、最新作は ... » more

鉄絵 絵付け 織部風皿 鉄絵の豆知識 陶芸絵付けと絵画の違いは、焼成と言うプロセスの違いがあります。下絵付けは、絵付けをしてから1230度などの高温で焼成をしますから、昔から、余り多くの絵具はありません。代表的な絵付けと言えば、高温に強い弁柄(鉄)や呉須(コバルト)しかなかった ... » more

アトリエ月彩制作の記戌だらけ
戌だらけ 月1回の京田辺にてのお教室。先月あたりから干支の置物を作り始める。来年は戌。いぬは身近な動物だし干支作りでは楽なほうだと思ってたけど皆さん苦心されていた。だいたい普段は食器や花器を作っているのに手捻りでとなると手 ... » more
テーマ 陶芸

時游窯(じゆうがま)工房国立新美術館へ
国立新美術館へ 昨日はグループ展の搬入の合間に日展見学たっぷり目の保養をさせて頂きましたー今回のグループ展には戌の置物等々新作多めに並べてまーすただ日展見た後だと、見 ... » more
テーマ 土いじり 陶芸

つぎはぎでぐるぐる デイサービスといえば。夙川のデイにはもう5年になるかなあ。2カ月に1回しかないのでそんなに行ってる感じはしないけど。一昨年くらいからは作業所から木津川市内のデイにも足を運んでいる。ここも年に3〜4回しか行ってない。回は少 ... » more
テーマ 陶芸

時游窯(じゆうがま)工房極めてます
極めてます イッチン模様も鎬模様も把っ手や口縁の造形も極めれば使い易くてお洒落な器になります皆さん用の美極めたり ... » more

らくやき体験工房保育園の親子で窯入れ
保育園の親子で窯入れ 11月11日(土)午前、加賀市立庄保育園年長組さんの親子窯入れが行われました。8月23日に作った抹茶碗と小皿に釉薬を掛けたり、絵を描いたりするのです。年長組7名の保護者も参加して行われ、好みの釉薬を掛けたり、霧吹きで違う色の釉薬を吹き付けた ... » more
テーマ 加賀市大聖寺 50代以上のblog 陶芸

 

最終更新日: 2017/12/12 04:47

「陶芸」のブログ関連商品

» 「陶芸」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る