誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三島由紀夫

三島由紀夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「三島由紀夫」のブログを一覧表示!「三島由紀夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「三島由紀夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「三島由紀夫」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

一日一編「葡萄パン」 三島由紀夫
「葡萄パン」 三島由紀夫 最近なにかと話題のi-padですが、弱点を発見しました。それは、盗まれる心配をしなくてはならないということです。少し広めの喫茶店で、i-padを使い読書をキメていたとします。テーブルには、氷が溶けて薄まったアイスコー ... » more

三島由紀夫著・雨の中の噴水 「雨の中の噴水」・三島由紀夫著(講談社/三島由紀夫短編全集6)( 魔法瓶 ) 昭和37年1月・「文藝春秋」川瀬は会社の出張でロスアンジェルスに半年滞在して日本に帰るところであったが、二三日サンフランシスコで遊んでからにした。 ... » more

三島由紀夫著・にっぽん製 「にっぽん製」・三島由紀夫著(角川文庫)柔道界では一本を取るよりポイントを稼ぐのが流行りだそうで、それもルールであるから別に悪いとは言わないが、やっぱり格闘技は憎いあいつをたたきのめして勝つのが正道ではなかろうか。私は見るだけの人で ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・金閣寺
三島由紀夫著・金閣寺 「金閣寺」・三島由紀夫著(新潮文庫)金閣寺は昭和25年夏、寺僧によって放火され焼失した。これは歴史上の事実である。文化財を焼く行為は異常なもので、私は焼かれた事実よりも、なぜ寺僧が金閣寺を焼かなければならなかったか、異常な行為をさせ ... » more

第242号 7月17日土 わが師 折口信夫。加藤守雄、を読む9. 【土曜日【禍】壇】三宮マクド二階の早朝に、がらんどうならば淡路マクド二階を思ふきのふ送りしシャープペンシルひと揃へは、けふ子どもらの手に触るるらんか……十五歳と十二歳にダイソーに佳き物なければ、足を延ばしハン ... » more
テーマ わが師折口信夫 三島由紀夫 折口信夫

第241号 7月16日金 わが師 折口信夫。加藤守雄、を読む8. 【金曜日【禍】壇】満員。のマクド二階に仁王立ち、デジカメ連写すカ・イ・カ・ンとて…かわが部屋に十四時間ぶり。かへりたればごきぶりと蟻らがご機嫌であつた金曜日二十二時過ぎマクドなるの、をみなの脚のことごとくが長/ナ ... » more
テーマ ウィトゲンシュタイン 三島由紀夫 折口信夫

第240号 7月15日木 三島由紀夫が見た折口信夫の顔 【三島由紀夫が見た折口信夫の顔】写真はヒトの顔をいちおうの外観をわりと忠実に記録、するといえども、ある言葉の前には完全に無力である。…と、思わされたのが三島由紀夫の言葉である。Wikipedia で折口信夫をサーフィンしていて、 ... » more
テーマ 写真の顔 三島由紀夫 折口信夫  コメント(4)

三島由紀夫著・新恋愛講座 「新恋愛講座」・三島由紀夫著(ちくま文庫)雑誌「明星」(昭和30年12号より31年12号)に連載されたエッセイである。「不道徳教育講座」の系統に属する作品であるが、同著ほどウィットに富んでいない。むしろ三島独特の視点があまりなく、一 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・白蟻の巣
三島由紀夫著・白蟻の巣 「白蟻の巣」・三島由紀夫著(昭和31年新潮社刊・新潮文庫「熱帯樹」)三幕の戯曲。複雑な三角関係にある二組の夫婦の姦通劇。ブラジルはリンス郊外にある珈琲園主・刈屋義郎宅での話である。刈屋義郎・妙子夫婦と刈屋の運転手をしている百島健次と ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・お嬢さん
三島由紀夫著・お嬢さん 「お嬢さん」・三島由紀夫著(角川文庫)今年は三島没後四十年だそうで、考えてみれば早いものである。もちろん私は三島が自決した年には生まれていたが、三島由紀夫という人を知ったのもこの時であった。あと十年で著作権が切れる。そのとき漱石みた ... » more

いついつまでも久々のお宝探し。
久々のお宝探し。 逗マリのフリマをあとにして、全く予定もしていなかったのに、ブックオフへ行ってみようと思った。私のお気に入りのブックオフです。そしたら・・・私を待っていてくれました〜。そろってしまいました(笑顔)春の雪と奔馬は神田の古本屋さんとブ ... » more

近代能楽集より「葵上」「卒塔婆小町」 ルテアトル銀座、4月6日、18:30開演、初日。作:三島由紀夫、演出・美術・出演:美輪明宏出演:岩田知幸、江上真悟、城月美穂、高森ゆり子、ほか。:あのさあ。:なに。:ロビーでテイクアウトのマグロ丼食べないでく ... » more

第90号 2月16日10年  ウィトゲンシュタインの第1行目  1.The World is All この年に成り果てたるはいまさらにははの乳房なし枝豆を吸へおやゆびとなか指に摘み豆さやにくちびる当てては吸ふてをりしよ弘井文子はははなるひとの乳の甘きにほひ憶えてをりける、いふもThe World is All ... » more
テーマ 写真の顔 ウィトゲンシュタイン 三島由紀夫

マルジナリア三島由紀夫著・複雑な彼
三島由紀夫著・複雑な彼 「複雑な彼」・三島由紀夫著(角川文庫)[ 本文より解説/「複雑な彼」のモデル]世の中には、あの人以外はあり得ない、あの人の代役は存在しない、という事項は、ままあります。今回は三島由紀夫の「複雑な彼」で、じつはだいぶ長く三島が ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・朝の純愛
短編集「女 神」・三島由紀夫著(新潮文庫)(朝の純愛) 昭和40年「三熊野詣」(新潮社)に収録≪ 今度の四篇をまとめたのは、ほぼ同時期に書かれ、共通のテーマを持ってゐるからである。この集は、私の今までの全作品のうちで、もつと ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・女 神
三島由紀夫著・女 神 短編集「女 神」・三島由紀夫著(新潮文庫)(女 神) 昭和30年文藝春秋社刊美の客体はいつも女性で、鑑賞するのはいつも男性で古今東西不変の法則である。恋人を容姿のみでなく内面までも自分の理想の女性に仕立て上げたい欲望は、とりわけ ... » more

今日11月25日は『憂国忌』です。三島由紀夫がなくなった日です。三島の辞世は:『散るをいとう世にも人にもさきがけて散るこそ花と吹く小夜嵐』昭和45年(1970年)11月25日AP11時ごろ、三島と『楯の会 ... » more
テーマ 短歌 周易ごよみ 三島由紀夫

マルジナリア三島由紀夫著・反貞女大学
三島由紀夫著・反貞女大学 「反貞女大学」・三島由紀夫著(ちくま文庫)オーッ、寒むといつもなら家に転がりこんだとたんに口に出す季節ですが、今年はどうも暖冬で日中の外出は上着が邪魔なくらい暖かい。そうは言っても、季節は季節でそろそろ街の居酒屋には遠慮がちに忘年会 ... » more

椎根 和著・平凡パンチの三島由紀夫 「平凡パンチの三島由紀夫」・椎根 和著(新潮文庫)1位・三島由紀夫2位・三船敏郎3位・伊丹十三4位・石原慎太郎5位・加山雄三以下、6位・石原裕次郎、7位・西郷輝彦、8位・長嶋茂雄、9位・市川染五郎(現・松本幸 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・禁 色
三島由紀夫著・禁 色 「禁 色」・三島由紀夫著(新潮文庫)三島由紀夫にとって不利な状況は整備されつつある。この人が男色家か、そうでないかは昔から議論されてきたことではあるが、福島次郎の「剣と寒紅」によって決定的に男色家と位置づけられる勢いである。三島の手 ... » more

e-x-m-sプラシーボ !!
プラシーボ !! 知人に勧められてプラシーボを聞く。図書館のホームページを検索するとデビュー盤しか在庫してない。とりあえずそれは借りることにして。ジャケットに惹かれてMEDS('06)を、Tシャツに釣られてBATTLE FOR THE SUN('09 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・三熊野詣
自選短編集「殉 教」・三島由紀夫(新潮文庫)(三熊野詣) 昭和40年1月・「新潮」神経質で、冷たい金属光沢を放ち、そいつはいつでも人を寄せ付けない険しさを持っている。先端は鋭利でどんな微細なものでも楽々と挟むことが可能だ。使用方 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・ス タ ア
三島由紀夫著・ス タ ア 自選短編集「殉教」・三島由紀夫著(新潮文庫)(殉 教) 昭和21年4月・「丹 頂」旧制中学(高校)の寮でよくある話だ。こういう事件は今でいう”いじめ”なのだろうが、寮の伝統儀式とでも云うのか、久米正雄の「学生時代」にもあった。い ... » more

「軽王子と衣通姫」・三島由紀夫著(新潮文庫「殉教」より)十代小説の系譜を引く作品。昭和22年4月「群像」、同年11月作品集「岬にての物語」に収録。三島由紀夫、22歳の作。三島の自選短編集の第三巻「殉教」に収録。他に十代小説は、自 ... » more

ザ・テンプターズ / 忘れ得ぬ君。 GSを聞いていた高校生が全共闘大学生になった!三島VS東大 作詞:松崎由治/作曲:松崎由治 2'52"1967.10.25発売ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを [DVD]東宝 2007-10-26 ユーザレビュー:テンプターズと聖ミカ ...ショーケンの意外な一 ...ショーケン ... » more

村松英子著・三島由紀夫 追想のうた 「三島由紀夫 追想のうた ― 女優として育てられて」・村松英子著(阪急コミュニケーションズ)三島由紀夫は遺作評論・「小説とは何か」で「舞良戸」(まひらいど)を例にとって、この言葉が理解できない読者は自分の小説を読む権利がないと豪語し ... » more

三島由紀夫著・ドナルド・キーン氏宛の97通 「三島由紀夫 未発表書簡ドナルド・キーン氏宛の97通」(中央公論社)≪ あるアメリカ人で、私あての手紙の結びの名を、「魅死魔幽鬼夫様」と書いてくる人があります。これは、必ず彼が気分のよいときで、陽気で、ふざけたいようなときには、こう ... » more

三島由紀夫著・岬にての物語 「岬にての物語」・三島由紀夫著(新潮文庫)(苧菟と瑪耶)「花ざかりの森」/昭和19年10月・七丈書院版10代小説の一つ。場所は中世の北欧か、少年(苧菟)の恋物語り。苧菟は少女(瑪耶)に一目ぼれした。が、瑪耶は実在しているのか ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・音 楽
三島由紀夫著・音 楽 「音 楽」・三島由紀夫著(新潮文庫)何が彼女をそうさせたか ? まったく不可解な話である。精神科医・汐見和順氏は日比谷で診療所を開いているが、ある日、年の頃は二十四、五で真っ赤なコートを着た美形の女・弓川麗子が診察にやってきた。以下 ... » more

三島由紀夫著・薔薇と海賊 「薔薇と海賊」・三島由紀夫著(昭和33年・新潮社/新潮文庫「熱帯樹」)登場人物楓阿里子(37才)・童話作家楓千恵子(19才)・阿里子の娘楓重政(45才)・阿里子の夫楓重巳(39才)・重政の弟松山帝一( ... » more

 

最終更新日: 2017/06/11 17:50

「三島由紀夫」のブログ関連商品

» 「三島由紀夫」のブログレビュー をもっと探す

「三島由紀夫」ブログのユーザランキング

完璧な卵 1 位.
完璧な卵
e-x-m-s 2 位.
e-x-m-s

テーマのトップに戻る