誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮沢賢治

宮沢賢治

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮沢賢治」のブログを一覧表示!「宮沢賢治」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮沢賢治」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮沢賢治」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

藍葉のブログ祭りの季節
祭りの季節 8日はギャラリーに近くの白川で子供まつりが開かれ、夏らしく終日水辺ではしゃぐ子たちの姿が見られました。絵本の舞台は秋の祭り、山の神さんに収穫のお礼をするのに集いますが、夏祭りもたくさん店が出て絵のような光景が見られたでしょう。朗読は松野日出 ... » more
テーマ 絵本原画展 宮沢賢治

藍葉のブログお話のなかにどっぷり!
お話のなかにどっぷり! いつも朗読のあとは改めて絵を見ます。そうするといろんな発見があって楽しいです。今回は山男にこどもが銅貨を指の間にはさむ場面、お金をあげる人が下になっている。もらう人が見下げている。この絵、お金をささげているんですね。今日の朗読は ... » more
テーマ ものがたりの朗読 藍葉のぎゃらりー案内 宮沢賢治

お母さんと一緒の夏休みにピッタリ!絵本の世界 今日のお話は三上愛子さん、オカリナは土屋敏子さんでした。昔の祭りの話に花が咲きました。絵を見てもお話ができるくらいよく描き込まれています。くうきじゅうなんて見た事もないものが出てきます。おばあちゃんにきいてみては? ... » more
テーマ ものがたりの朗読 藍葉のぎゃらりー案内 宮沢賢治

酷暑、お見舞い申しあげます。私も日の出とともに照りつける太陽のあつさにあてられて、ブログ長いお休みをしてしまいました。覗いてくださった方にはがっかりさせてごめんなさい。7月には2つの展覧会があり、たくさんの出会いがありました。今日か ... » more
テーマ ものがたりの朗読 藍葉のぎゃらりー案内 宮沢賢治

安斉重夫展 花巻の宮沢賢治イーハトーブ館で (7月1日) 7月1日は安斉重夫展の最終日だった。鉄の作品たち。賢治の童話にちなむ造形。どれも賢治作品への共感がしっかりと伝わるものだったが、わたしが、そしてこれはSAをしてくれた阿部洋子さんも同じ考えだったが、空を自由に飛ぶ気持ちよさを形にしたもの ... » more
テーマ イーハトーブ館 宮沢賢治 安斉重夫

花巻の宮沢賢治イーハトーブ館で (7月1日) シシ踊りのシシが活躍しているポスター。一日に玄米四合とワンコソバ60杯を食べ…、というところか。この温泉もいい。これは鉛温泉の白猿の湯だとすぐわかる。イーハトーブ館玄関の山猫を使った構図は、授業初日の照井善耕先生のアイデアをぱくらせ ... » more
テーマ シシ踊り イーハトーブ館 宮沢賢治

まごだゆうのブログいわて銀河鉄道
銀河鉄道と聞いて松本零士の銀河鉄道999を思い浮かべる方が多いと思います。銀河鉄道と名の付く鉄道、バスなどが日本全国に存在するようです。お勧めは宮沢賢治の岩手(盛岡−目時間)を走る「いわて銀河鉄道」。夜遅く、この鉄道に乗 ... » more
テーマ 震災地 岩手 宮沢賢治

2001.10.20 羅須地人協会 宮沢賢治の死後、この建物は譲渡、移築されたそうです。花巻農業高校が移転・新築されるその場所に偶然にも、この建物が健在だったそうです。花巻農業高校の事務室で鍵を借りて内部を見学す ... » more

2001.10.20 宮沢賢治記念館 欅の紅葉がきれいな木立の中に記念館はあります賢治愛用のチェロ。その後には、賢治が発案したという1本の譜面台で4人が一度に見られるという弦楽四重奏に便利な譜面台が展示されていました。 ... » more

ガラス絵の宮沢賢治 朗読会2 「オイノ森と笊森,盗人森」 黒坂森の大きな岩が語ってくれた、大地と森とそこにやってきたお百姓さんたちの物語を、人間の営みの側から力強くおはなしくださったのは谷口弥生さんです。今日はおちゃめな山男の絵をおまけにつけました。月曜日と火曜日はお休みで次の朗読会は水曜日午後2 ... » more
テーマ ものがたりの朗読 藍葉のぎゃらりー案内 宮沢賢治

岩手山の麓にひろがる4つの森と人々の物語<朗読会の報告1> 宮沢賢治の童話より「狼森と笊森,盗人森」のお話。お話は竹内二三さん。森と人との心温まる交流を、森が答える声の響きを通して伝えてくださいました。太陽と昼間の星ぼしとかすかな風といっしょに聞きました。ju:彩(ゆうさい)ギャラリーでは6月は毎日 ... » more
テーマ ものがたりの朗読 藍葉のぎゃらりー案内 宮沢賢治

金子みすゞ童謡集と大震災 【神奈川新聞投稿文】震災後、繰り返し流れたACのCM「こだまでしょうか」が評判を呼び、この詩がおさめられた金子みすゞ童謡集『わたしと小鳥とすずと』が爆発的に売れているという。金子みすゞは、昭和5年、二十六歳の若さでこの世を去りました ... » more
テーマ 金子みすゞ 神奈川新聞投稿文 宮沢賢治  コメント(1)

ハナミズキの季節 昨日の雨も上がり、今日はいい天気。桜は八重桜がまだ咲き誇っているが、いまやハナミズキの季節になっている。時は移ろいでゆくものの、原発事故の収束にはかなり長い時間を有するという。人間がコントロールできない原子の世界に足を踏み入 ... » more

おひさまに空に乾杯チューリップ チューリップと言えば、宮沢賢治にチューリップの幻想(だったかな)がある。どうしても似通ったイメージで詠みたくなる。仕方ないかな。久しぶりに読み返してみようかな。好きな童話が多い。絵本に ... » more
テーマ 俳句 宮沢賢治

いま宮沢賢治が見直されているわけA 1896年(明治29)生まれの賢治は少年時代から鉱物が好きで、鉱物採集や星座、登山に夢中だったという。17歳の頃、岩手県は大凶作。25歳で(のちの)県立花巻農学校の教諭に。27歳のとき関東大震災。30歳で「本統の百姓にな ... » more

いま宮沢賢治が見直されているわけ@ 東日本大震災が物と人に大きな被害をもたらして、多くのものが、そして心が傷ついている。その心を少しでも癒し励まそうと様々な努力が続けられていて、人間の思い遣りと良心に接するたび心をうたれる今日このごろです。先日 ... » more
テーマ 地震 宮沢賢治

寺岡伸章のブログ常識の枠組みが崩壊
東北関東大震災の惨状を眼にして、宮沢賢治の「ひでりのときはなみだをながしさむさのなつはおろおろあるき」を思い出した。この10日間、私は何をしていいか「おろおろあるい」ていた。まず、こんなことが起こるはずがないと思っていたことが実際に起こって ... » more

童話作家になればよかった自利利他
いまこそ宮沢賢治の「世界ぜんたいが 幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」との言葉を胸に法華経の自利利他の精神で。みんながグスコーブドリになろう! ... » more
テーマ つぶやき 宮沢賢治 東北地方太平洋地震

本当に大切なもの 宮沢賢治「虔十(けんじゅう)公園林」 神奈川新聞「自由の声」投稿文小さな女の子がお母さんと手をつないで歩いていました。嬉しくてしょうがないという風で大きく口を開けて笑っていました。胸がきゅんとなりました。その様子を見たときに、ふと宮沢賢治の「虔(けん)十(じゅう)公園林 ... » more
テーマ 神奈川新聞投稿文 宮沢賢治  コメント(1)

SUCCUMB NOT TO THE RAIN - 1931.11.3 - 1931年11月3日は、宮沢賢治が「雨ニモマケズ」を手帳に書き留めた日だそうです。flickr:雨ニモマケズ SUCCUMB NOT TO THE RAIN - 宮沢賢治 Miyazawa Kenji (08/27/1896 - ... » more

宮沢賢治、双子の星をつれづれぶろぐ 「双子の星」の物語は、”チュンセ童子”と”ポウセ童子”の物語です。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」(新潮文庫)の一番最初の物語として登場します。二番目の物語としては、私が大好きで、あのはやぶさブログに何回も使った「よだかの星」の物語が掲載されてい ... » more

 「『銀河鉄道の夜』に思いをよせて」 まだ不十分なところもあるが、これまで、ここに書きこんできた「『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について」に少し手を加えて、HPの下記に掲載してみた。地図測量の詳しいことは、拙書『地図の科学』『地図に訊け! ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学  コメント(4)

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について 終章 これまでたどってきたことから、「野原にはあっちにもこっちにも、燐光の三角標が、うつくしく立っていたのです。遠いものは小さく、近いものは大きく、遠いものは橙や黄いろではっきりし、近いものは青白く少しかすんで、あるいは三角形、あるいは四 ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学  コメント(5)

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その7 これまで紹介してきたように、賢治の測量地図の知識は極めて高いものがある。彼は、地図測量に関する知識を、どこから獲得したのだろうか。資料によれば、彼は盛岡中学を卒業したのち、盛岡高等農林学校へ進んでいる。そして、20歳(1916( ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その6 今回は話題を測量から地図に変えて、あのカムパネルラが手にしていた、「まるい板のようになった地図」「黒曜石でできて地図」の疑問に近づいてみる。「そして、カムパネルラは、まるい板のようになった地図を、しきりにぐるぐるまわして見ていました ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その5 前回取り上げたアセチレンガスによる回光灯について補足すると、測量時にはモールス信号のように操作して作業の開始や終了の通信にも使われたから(明治41年ころ)、遠くから見れば、赤や青は無理でも、「てんでに息をつくように、ちらちらゆれたり顫(ふる ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その4 さて、最初にも記述したとおり、ここでの書き込みは単純に測量風景からの事実を追っただけのことである。もちろん、文学的意味合いと関連するものではないこと、そして私が、宮沢賢治研究者でも、熱烈な宮沢賢治ファンでないから、関連する研究書を読破しての ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その3 さて、前出の「百も千もの大小さまざまの三角標、その大きなものの上には赤い点々をうった測量旗も見え」の後半を理解するために、「測旗(測量旗)」と、関連する測量方法について紹介する。【測旗(測量旗)】国土地理院とその前身である陸地測 ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学  コメント(2)

『銀河鉄道の夜』における「三角標」と「(測量)旗」について その2 前回の説明で、三角標がどのようなものであるかが理解できたはずだ。ところで賢治は、一般者には知られることのない測量標と呼ばれる仮設の標識(測量を行なった後は撤去されるべきもの。実際、初期のころは使用した材木を撤去・払い下げることもした)を ... » more
テーマ 地図・測量 宮沢賢治 地図の科学

第1011夜 【宮沢賢治 花の図誌】 【宮沢賢治花の図誌】平凡社1991年5月29日発行松田司郎笹川弘三(写真)宮沢賢治の詩や童話にちりばめられている植物にスポットライトをあて、美しい写真とともに、わかりやすい解説をしてくれています。解説といっても、植物 ... » more
テーマ 絵本 宮沢賢治 松田司郎

 

最終更新日: 2018/05/15 04:59

「宮沢賢治」のブログ関連商品

» 「宮沢賢治」のブログレビュー をもっと探す

「宮沢賢治」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る