誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮沢賢治

宮沢賢治

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮沢賢治」のブログを一覧表示!「宮沢賢治」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮沢賢治」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮沢賢治」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

生成変化---強度に、植物に、微塵になること (哲学コラム) ひとがある触発を受け、心の奥底のひそかな繋がりに動かされるとき、ひとは何か見知らぬものに生成変化を遂げているのではないだろうか。宮沢賢治の「告別」という詩はこんな言葉からはじまる。「おまへのバスの三連音…中略…/その純朴 ... » more
テーマ 哲学コラム ドゥルーズ 宮沢賢治

科学博物館で観る賢治ワールド〜石の世界と宮沢賢治展 @ 国立科学博物館【三位一体節後1】 今度の日曜日(6月22日、三位一体節後第1日曜日)のカンタータは、 第1年巻の、BWV75、 第2年巻の、BWV20、 後期の名作、BWV39、 の3曲。今週から、1年の後半、夏〜秋のシーズンが始まり、三 ... » more

《宮沢賢治 修羅の誕生》 宮沢賢治学会・京都セミナー 参加御礼 宮沢賢治学会・京都セミナー2014《宮沢賢治修羅の誕生》にご参加下さったみなさま、まことに有り難うございました。市原の草たちそして黒田の百年桜 ... » more
テーマ 草木成仏 京都セミナー 宮沢賢治

《宮沢賢治の修羅 ノート11 梅原猛の『地獄の思想』》 梅原猛の『地獄の思想』の中には、宮沢賢治を論じた章がある。「第十章修羅の世界を超えて(宮沢賢治)」がそれだ。今宮沢賢治について何を論じるべきかということを考える場合、欠かすことの出来ない一冊である。宮沢賢治学会・京都セミナー ... » more

《宮沢賢治の修羅 ノート10 「春と修羅」》 詩「春と修羅」の作品紹介と若干の注。春と修羅(mental sketch modified)心象のはひいろはがねからあけびのつるはくもにからまりのばらのやぶや腐植の湿地いちめんのい ... » more
テーマ 修羅 春と修羅 宮沢賢治

管見宮沢賢治のテキストにおける「修羅」の語の初出は、先に「ノート4」で紹介した、書簡165、大正9年6-7月のものである。これは自分自身のいらだちや怒りに修羅を見、それを修羅と名づけたものである。このいらだちや怒りの姿は、「春と修羅」に ... » more

宮沢賢治の最初期の童話作品を紹介しておきたい。「蜘蛛となめくぢと狸」は賢治の処女作の童話で、大正七(1918)年八月に家族に読んできかせたものであるという。以下のテキストを、天沢退二郎は、このとき家族に読みきかせたものに幾らか推敲を加え ... » more
テーマ 蜘蛛となめくぢと狸 修羅 宮沢賢治

童話『二十六夜』は、賢治仏教の骨子を示した作品に見える。ここで語られている教えを、わたしは賢治仏教と呼んでみたい誘惑に駆られる。末尾の二十六夜の月とともに来迎した「疾翔大力に主人公が救い取られるさまは、衆生が阿弥陀仏に摂取されるさまに似 ... » more
テーマ 「二十六夜」 修羅 宮沢賢治

私が「修羅成仏の作法」と名づけたい宮沢賢治のテキストはこれだ。このテキストを、「ノート5」に上げた「病血熱すと雖も」のわが修羅の心身を仏国土たらしめるために賢治が見出した作法と考えたいのである。『雨ニモマケズ』手帳の、93頁・94頁に記 ... » more
テーマ 修羅 宮沢賢治 成仏

《宮沢賢治の修羅 ノート5 修羅の成仏2》 宮沢賢治のいわゆる『雨ニモマケズ手帳』の中の「病血熱すと雖も」(昭和六(1927)年)で始まる詩を紹介する。ここには「修羅の成仏」という問題の最も核心的な問題が、自らの三重の熱悩のたなだなかでリアルに把握され、恨み怒るみずか ... » more

《宮沢賢治の修羅 ノート4 修羅の成仏》 三十三間堂のさくら大正9(1920)年6〜7月に書かれたとみなされる書簡165の中で宮沢賢治は自分のある経験を称して「人間の世界の修羅の成仏」と呼んでいる。この言葉はしかし何を意味しているのだろう?まずその資料を紹介する ... » more
テーマ 京都セミナー 修羅 宮沢賢治  トラックバック(1)

《賢治の阿修羅像 興福寺/三十三間堂》(宮沢賢治の修羅 ノート3) 大正5(1916)年3月25日、修学旅行で奈良に来ていた盛岡高等農林学校農学科二年生一行は、この日午前10時まで、奈良の名所見物のための自由行動を許されていたことが森川修一郎の報告から分かる(『新校本全集』第14巻)。宿とした東大寺転害 ... » more
テーマ 京都セミナー 修羅 宮沢賢治  トラックバック(1)

《宮沢賢治の修羅 ノート2 賢治の基本姿勢》 わたしは保阪嘉内あての大正十四(1925)年6月25日の書簡に、宮沢賢治の思想の基本姿勢が示されていると考えている。以下はその手紙の全文である(下線は引用者)。>お手紙ありがたうございました>来春はわたくしも教師 ... » more
テーマ 修羅 宮沢賢治 宮沢賢治学会

宮沢賢治学会・京都セミナー2014《宮沢賢治−修羅の誕生》の案内 宮沢賢治の修羅、それは京都・関西の力(学問・文化・哲学)と東北・岩手の力(学問・言葉・生活)が交叉する場所。ここにかつて修羅が生れ、今ここにまことの火花が生まれる。主催宮沢賢治学会イーハトーブセンター主管宮沢 ... » more
テーマ 京都セミナー 宮沢賢治 宮沢賢治学会

『春と修羅』の中に出て来る「修羅」は以下であろう。「春と修羅」よりa.心象のはひいろはがねからあけびのつるはくもにからまりのばらのやぶや腐蝕の湿地いちめんのいちめんの諂曲模様(v.1-4) ... » more
テーマ 修羅 春と修羅 宮沢賢治  トラックバック(1)

宮澤家では関西弁を使っていたのではないだろうか?それも多分、京・近江のあたりの言葉を。---そう、ここで宮澤家と言っているのは、宮沢賢治の家では、ということだ。それが自然に出てしまうことがあるようだ。ほんとうは、賢治の「歌」の使 ... » more
テーマ 京ことば 宮沢賢治 雪渡り

平澤信一の「銀河鉄道の方へ」 平澤信一の論文「銀河鉄道の方へ」(『宮沢賢治《遷移》の詩学』2008所収)には大変感心した。それは宮沢賢治の思考において、目に見えないものとしての「あまの川の水」についての想念が、初期の童謡「あまの川」(1921)から、晩年 ... » more
テーマ 文学 平澤信一 宮沢賢治

なかとしの思い蜜入りりんご
蜜入りりんご 今年も知り合いの方から「宮沢賢治の里」の蜜入りりんごをいただきました。岩手県花巻市、宮沢賢治の里の照井りんご園の「蜜入り完熟りんご」です。りんごの木を1本買いされているとのことです。食卓に置かれた蜜をたっぷり含んだりんごを見 ... » more
テーマ 照井りんご園 蜜入りりんご 宮沢賢治  コメント(1)

《風の誘い…》 「風立ちぬ」、このフレーズが今年再びひとびとの耳に立ち返ってきた。宮崎駿の作品の名として。その前はきっと堀辰雄の作品だった。源を探ればどちらもポール・ヴァレリーの詩「海辺の墓地」の一行にゆきつく。Le vent ... » more
テーマ 風立ちぬ ヴァレリー 宮沢賢治

『銀河鉄道の夜』第一次稿ノート(1) 不思議と同じ方向を向いているススキたち『銀河鉄道の夜』には1924年頃に成立したと思われる鉛筆書きの15枚の自筆下書稿が現存しているという。それについて若干の気付いた点を記しておきたい。思うにこの第一次稿にはこの物語の元 ... » more
テーマ 文学研究 銀河鉄道の夜 宮沢賢治

シューマン、ドビュッシー、そしてルソー(チェブ&賢治も)登場〜音楽&美術ミステリ【三位一体節後17】 今度の日曜日(9月22日)は、三位一体節後第17日曜日。カンタータは、おそらく第1年巻のBWV148、第2年巻(コラールカンタータ)BWV114、後期のBWV47、の3曲。過去記事はこちら↓ ... » more
テーマ アンリ・ルソー 読書 宮沢賢治  コメント(2)

今年の哲学のスクーリング授業ではじめて取上げたものに宮沢賢治の『祭の晩』という作品がある。この作品は贈与の問題のクリティカルなところ、深くまた危険なところを無意識のうちに的確に示しているように見える。その危険なところというのは主人公の亮 ... » more
テーマ 贈与論 哲学コラム 宮沢賢治

環境文化論・花巻 7月6日舟遊び 今年は「環境文化論・花巻」の授業で、二日目の自由見学のオプションとして「北上川の舟遊び」のメニューを加えた。これは一昨年、情報を得て試したところ、大変面白く、世界観が変わる気持ちがしたので、今回取り入れたものだ。結果は大変よかったように ... » more
テーマ 京都造形芸術大学 宮沢賢治 北上川  トラックバック(1)

花巻 花巻空港に着いた。花巻は少し蒸し暑かった。はじめに、いつものように、高橋美雄さんのお宅に寄せていただいた。いつもこれがうれしい。冷たい麦茶を出していただいて、世間話などをしていた。去年が、おうかがいできなかったので、変化が目につ ... » more
テーマ 花巻 イギリス海岸 宮沢賢治

「よだかの星」 某大型小売り店を歩いていたら「よだかの星」という菓子があった。さすが花巻、と思って買ってみた。ホテルにもどって見ると、<まだらな姿と至純な心、その鳥の風趣にちなむ銘菓です>と説明がある。 ... » more
テーマ 花巻 宮沢賢治 よだかの星

《去年なめとこ山で》 どんな装備が必要かを確かめたくて、去年の写真を引っ張り出していたが、長袖+αで大丈夫そうだ。案内をしてくれてる高橋さんは、さすがに首から何かが入らないように、タオルできちんと襟首をふさいでいる。去年は7月9日の登山だった。今年は ... » more
テーマ 花巻 なめとこ山 宮沢賢治

元治元年1864年、今の静岡県富士市に生まれた笠井信一は、江戸、明治、大正、昭和を生きた官僚であり、政治家であった。昭和4年1929年没。この官選知事の足跡を今日から辿ってみたい。私は地方行政マンOBとして,中央官僚であるが笠井信一 ... » more
テーマ 岩手軽便鉄道 笠井信一 宮沢賢治

宮沢賢治というと、まず不思議な縁を感じる。大学生の頃、『春と修羅』は読み、『風の又三郎』などそれなりに読み、それなりに好印象はもっていたが、しかしそれほどの関心を持っていたわけではなかった。それで、京大短歌会のある後輩から、彼は宮沢賢治 ... » more
テーマ 喜多弘樹 短歌 宮沢賢治

春の文学散歩・東京での賢治の足跡を訪ねる〜銀河鉄道の夜シリーズ特別編 前回に引き続き、賢治関係の記事です。少し前に、東京における賢治の足跡をたずねた時の記録。賢治の最高の天才が刻印されている、「注文の多い料理店」の諸作品をはじめとする初期童話のほとんどすべて、い ... » more

見事映像化された映像化困難作品〜銀河鉄道の夜シリーズ特別編(スカイツリー夜景写真付)【聖霊降臨節】 今度の日曜日(5月19日)から3日間、聖霊降臨節です。質・量ともに、復活節と並ぶほどのカンタータがそろっています。こちらの一言コメント付カンタータ一覧表を参考に、初夏のさわやかなカンタータの数々を楽しみましょう!↓ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 12:44

「宮沢賢治」のブログ関連商品

» 「宮沢賢治」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る