誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドイツ文学

ドイツ文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドイツ文学」のブログを一覧表示!「ドイツ文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドイツ文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドイツ文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今日、右隣りで話している人びとの声が、聞こえてきて、なんと、二回、別の集団が、作家の「ヘッセ」というのを耳にした。あの『車輪の下』のヘッセである(読んだことはないが)。これはかなり低い確率だろう。ヘッセを読めというメッセージなのか。 ... » more

magnoria「リルケ研究」
昨年の黒の会のつどいに、ドイツ文学者の神品芳夫先生がお見えになっていました。神品先生は「同時代」の同人ではありませんが、「同時代」を一歩下がって身守ってくださっているような存在なのだそうです。神品先生は長身で威厳があり、眼光鋭く、まるで高い ... » more
テーマ ドイツ 片山敏彦・高田博厚 ドイツ文学  トラックバック(1)

人は理性的に生きるものなのでしょうか?本来、情念的なものなのでしょうか?僕は、当然、前者だと思っていました。しかし、この本を読んで、木っ端微塵にその考えを打ち砕かれたように感じました。婚約や結婚さえ超えて、心と心が深 ... » more

重さの調べ ― リルケ ボクの好きなドイツの詩人リルケに、『形象詩集Das Buch der Bilder』という詩集があります。「あこがれ」や「少女」をうたったロマン的な<青春詩人>(それでも後年の個性はみてとれますが)から、生と死、そして「ものDing」を凝視 ... » more
テーマ 文学 リルケ ドイツ文学  コメント(3)

至福の調べ ― リルケ 別項(「孤独の調べ」)で触れたように、死の前年、1925年の10月にリルケは遺書を認め、小さな一編の詩を墓碑銘として指定しました。悲願の『ドゥイノ悲歌』と、その副産物である『オルフォイスのソネット』という、2大傑作をものした1922年の後半 ... » more
テーマ 至福の調べ リルケ ドイツ文学  コメント(2) トラックバック(1)

別れの調べ ― ミニョン ゲーテの有名な詩に、一連の「ミニョンの歌Lieder Mignons」があります。これは、ドイツロマン主義のバイブルと言えるゲーテの小説『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』の登場人物ミニョンが作中で歌っているものです。ミニョンの歌は全部で ... » more
テーマ ゲーテ ドイツ文学 別れの調べ

別れの調べ ― ニーチェ 人間は、離れ難い盟友または同志となったと思っても、信ずるところや求めるものの違いによって、訣別せざるを得ないことがあります。ヴェルレーヌとランボー、ユングとフロイト、フッサールとハイデガー、レーニンとトロツキー、あるいはいま話題のカストロと ... » more
テーマ 思想史 ドイツ文学 別れの調べ

孤独の調べ ― リルケ バシュラールの『蝋燭の炎』(別項参照)では、文学作品から多くの引用をしながら、蝋燭をめぐる夢想について語られていますが、ドイツの詩人リルケにはほとんど言及されていません。しかし、次のような詩をみると、どうしてバシュラールが目をつけなかったの ... » more
テーマ リルケ 孤独の調べ ドイツ文学  トラックバック(1)

別れの調べ ― リルケ 当然ながら、歳を重ねるごとに、体験した別れの数は増えていきます。小さな別れ、大きな別れ、生き別れ、死に別れ… ボクの好きなドイツの詩人でライナー・マリア・リルケReiner Maria Rilkeという人がいます。独特な感性で多くの詩や ... » more
テーマ リルケ ドイツ文学 別れの調べ  トラックバック(1)

なぜか、このところ文庫でフランツ・カフカが脚光を浴びています。もともとカフカは日本では非常に人気の高い作家で、翻訳も古くからたくさんあるのですが、ここにきて光文社古典新訳文庫で『変身』が訳され、ちくま文庫の短編全集全3巻も完結しました。 ... » more
テーマ 光文社古典新訳文庫 カフカ ドイツ文学

聖天祭の午後、大学生アンゼルムスは醜い物売りの老婆のりんごや菓子のかごに飛び込んでしまった。逃げるアンゼルムスの背中にむかって老婆が叫ぶ。「そうさ、走ってゆけー走るんだ、悪魔の餓鬼めーもうすぐガラスに閉じこめられるんだからねーガラスの中に! ... » more
テーマ 怪奇と幻想 ドイツ文学

「夢小説」の主人公は医師フリドリン。仕事も家庭生活も充実しているように見えるが、妻のアルベルティーネとは倦怠期にあり、お互いに若いころ好きだった者の話などを告白して傷つけ合っている。ある夜、友人のピアニストから不思議な秘密クラブの話を耳にし ... » more
テーマ 怪奇と幻想 ドイツ文学  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/20 12:42

楽天市場のおすすめ商品

「ドイツ文学」のブログ関連商品

» 「ドイツ文学」のブログレビュー をもっと探す

「ドイツ文学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る