誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夢枕獏

夢枕獏

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「夢枕獏」のブログを一覧表示!「夢枕獏」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夢枕獏」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夢枕獏」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

第1379夜 【ちいさな おおきなき】 【ちいさなおおきなき】小学館2015年7月27日発行作=夢枕獏絵=山村浩二小さな小さな小さな芽を見つけたのは、アリでした。そのアリよりも小さな芽でした。それが、さあどうだどうだどうだどうだどう ... » more
テーマ 絵本 山村浩二 夢枕獏

陰陽師 醍醐ノ巻 未だしつこく真田の余韻を引きずっておりますが…(とうとう戯曲本まで買ってしまったという重症っぷり)陰陽師シリーズ11弾いきます!『陰陽師醍醐ノ巻』夢枕獏(文春文庫)最近ホント平和なんですってば。そろそろアクティブ ... » more
テーマ 夢枕獏

陰陽師 天鼓ノ巻 久しぶりの陰陽師。神がいて鬼がいて、業があり呪いがあり。琵琶の音、笛の音。そして、季節ごとに趣を変える庭を愛でながら酒を飲む仲良し二人組。そんないつもの風景が嬉しい。『陰陽師天鼓ノ巻』夢枕獏(文春文庫)本書の ... » more
テーマ 夢枕獏

今日のオススメ本 : 『陰陽師 酔月の巻』 夢枕獏 時は、魑魅魍魎(ちみもうりょう、って凄い漢字だねw)が跋扈(ばっこ)する平安時代。陰陽師・安倍晴明と、貴族にして笛の名手・源博雅の名コンビの活躍を描く人気シリーズも今年で25周年。小説としては12作目となります。 ... » more

読みに読む! 二日で4冊 本の虫 沙門空海、唐の国にて鬼と宴す全4巻夢枕獏(角川文庫)なんとまあ、書くのに17年もかかったそうな話の内容も壮大だけど、気の長さも壮大すぎ自分{%ライオンweb ... » more
テーマ 密教 夢枕獏

夢枕獏 『大江戸釣客伝 上下』 若き日の英一蝶、宝井其角が破天荒に遊ぶ元禄の世界 夢枕獏といえばいつごろだったろうか、「魔獣狩りシリーズ」をおおいに楽しんで読んでいた時期があった。当時は菊地秀行の「魔界都市シリーズ」も発刊されるたびに読んだ。もうすこし前には平井和正「ウルフガイシリーズ」が面白かった。これらはSF的伝 ... » more

2チャンネルのスレで獏文体改変の面白いのみつけたので貼ってみます271 :水先案名無い人 :2005/06/25(土) 21:38:22 ID:BIoYN5A+0すまない――。 つくづく不器用だと思う。 人はすぐ「自 ... » more

ネットを巡回してたら、面白い文を見つけたので紹介します。夢枕獏のガイドライン4っより転載このスレ落ちてるのよね……バラエティ定番のアレを夢枕獏文体で。「押すなよ!」 双眸にこわいものを宿らせて男が叫ぶ。 ... » more

『愛しのベティ 魔物語 アモン・サーガ』のチラシ 『アモン・サーガ愛しのベティ 魔物語 (1986年7月19日公開)』ココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw検索・画像お持ち帰りの方は特にwにほんブログ村いつもクリックありがとう♪『魔物語 愛し ... » more
テーマ 小池一夫 天野喜孝 夢枕獏  コメント(3)

陰陽師 夜光杯ノ巻 今日は、大好きなこのシリーズ。おんみょーじだおんみょーじだ、わーいわーい♪いつもそう思いながら読み始める陰陽師。「ゆこう」「ゆこう」「そういうことになった」という定番のセリフが嬉しい。水戸黄門もビック ... » more
テーマ 夢枕獏

明日はもっと変わり者黄石公の犬
実に久しぶりに新刊がでましたよ。闇狩り師シリーズ。帯によると、21年ぶりの新刊ということで、前巻が出た時に生まれた子が成人するどころか、就活で苦労するぐらいにまで成長する月日が流れちゃいましたねえ。キマイラシリーズといい、実に筆が進 ... » more
テーマ 夢枕獏

前にNHKの番組でいろいろな人物について語ったものを本にまとめたものです。一緒に酒を飲んで楽しい人かどうかという観点で人物を評価するのもおもしろいのですが、一人の人物に光を当てて、その魅力を引き出す感じがひしひしと伝わってきてよい本でし ... » more

陰陽師 瀧夜叉姫 (下)  事件と関係者が出そろい、いよいよ本格的に晴明が動き出す!『陰陽師 瀧夜叉姫 (下)』夢枕獏(文春文庫)そもそもの発端は「平将門の乱」。それから二十年、今は亡き平将門を蘇らせようと企む人物がいるというのだ。将門を蘇らせ ... » more
テーマ 夢枕獏

陰陽師 瀧夜叉姫 (上) このシリーズにしては珍しく長編。9月に出たばかりのシリーズ文庫最新刊です。ひゃっほう♪『陰陽師瀧夜叉姫(上)』夢枕獏(文春文庫)短編だといつもだいたいパターンは決まっていて、晴明と博雅が、晴明の屋敷で庭を眺めながらまった ... » more
テーマ 夢枕獏

陰陽師 夜光杯ノ巻  夢枕獏 晴明の呪、博雅の笛が京の闇に響くとき―若き陰陽師・安倍晴明と雅楽の名手 ・源博雅が龍神、幽鬼、獄卒、怨霊たちが引き起こす怪事件を鮮やかに解決する大人気シリーズ。「月琴姫」「花占の女」「竜神祭」「月突法師」「無呪」「蚓喰法師」「食客下郎」「魔 ... » more
テーマ 夢枕獏

陰陽師 太極の巻 しんしんと雪が降りてくる。天から降りてきた雪で庭は、一面、白い。優しい雪であった。雪はあらゆるものの上に降り積もり、地上の何もかもを、清浄な天の白で覆ってゆく。いいですね…。情景が一瞬で立ち現 ... » more
テーマ 夢枕獏

人間の小さいおっちゃんとしては、へたれ深町の不用意な一言が悔やまれてならない。それだけでなく、途中で助けられてるし、、せめて、この2つがなければ。。と意味がないとは分かりつつ考えてしまう。まあしかし、最後の深町のエベレスト登 ... » more
テーマ 夢枕獏 谷口ジロー た行の作家

この4巻くらいからシリアスになってきます。神々の山嶺(いただき) (4)出版社/著者からの内容紹介エヴェレスト北東稜で、ジョージ・マロリーの遺体に遭遇した羽生丈二。しかし発見されたカメラの中に、フィルムは存在しなかった。 ... » more
テーマ 夢枕獏 谷口ジロー た行の作家  トラックバック(1)

3巻目です。今までマンガのいい所ばかりを書きましたが、3冊目になってエピソードの強弱がないというか、あっけなく話が進んでしまうなと感じます。岸の妹の誘拐なんて、マンガではさっと読んでしまったけど、小説版では読んでるほうがへこんだ覚え ... » more
テーマ 夢枕獏 谷口ジロー た行の作家

第二巻です。読み応えがあります。ただ、グランドジョラスからの生還時の絵は顔が凍っています。絵に助けられ絵で冷める。まあ、マンガだし。。昨日のゴルフ練習のせいか、夕方のバスケのせいか全身が筋肉痛です。おまけに一日ずっと眠い ... » more
テーマ 夢枕獏 谷口ジロー た行の作家

Book offで見つからなかったので購入しました。コミックにしては内容が濃くて、読み応えがあります。そして何より絵があるっていいな〜ヒマラヤの写真集を見てもよく分からなかった状況がよく分かります。大きいほう(愛蔵版)を買え ... » more
テーマ 夢枕獏 谷口ジロー た行の作家

おっちゃんの備忘録神々の山嶺〈下〉
秋休み世界一周旅行などあり、上を読んでから時間が経ってしまった。最後の羽生の手記はしびれました。マンガ版を古本屋で探さなきゃ。。森田勝・長谷川恒男の伝記、新田次郎の孤高の人も図書館予約済神々の山嶺〈下〉 (集英社 ... » more

おっちゃんの備忘録神々の山嶺〈上〉
昼から飲んでいた酒が抜けたのか、こんな時間にまたまた目が覚める。眠れないというか早起きしすぎという感覚です。こんなときは読書が一番なのですが、(下)は会社においてきた。。代わりに森見登美彦の「きつねのはなし」を読みます。 ... » more

ことぶき猫玉日記小説のリズム。
昨日に引き続き、「百鬼夜行抄」絡み・BS絡み。作家の夢枕獏さんが、「あしたのジョー」「百鬼夜行抄」の2作品共に「BSマンガ夜話」で取り上げられた時、ゲスト出演してて、ソフトな語り口で熱いファンぶりを披露してくれた。刊行のひど ... » more
テーマ 漫画 夢枕獏 百鬼夜行抄  コメント(1)

陰陽師 生成り姫  夢枕獏 本当に久しぶりに『陰陽師』を読みました。以前四巻目まで読んだところで中断していたのですが、子供と行った学園祭の古本市で50円で売っていたので、つい『太極ノ巻』と二冊を購入してしまいました。ところが読み始めてみるとなにやら違和感が・・・・ ... » more
テーマ マンガ 夢枕獏

これも短編集。中でも「羊の宇宙」は秀逸!ある老物理学者(20世紀最高の物理学者…ユダヤ人のね。彼の理論が無ければ、原爆は作られませんでした)が、羊飼いの少年と宇宙の話を展開します。もちろんフィクションですけれどね。難しい数式も理 ... » more
テーマ 鳥葬の山 読書 夢枕獏

あらゆるものを螺旋として捉え、それを集め求める螺旋蒐集家は、新宿のとあるビルに、現実には存在しない螺旋階段を幻視した。一方、肺を病む岩手の詩人は、北上高地の斜面に、彼にしか見えない巨大なオウム貝の幻を見た。それぞれの螺旋にひきこまれ ... » more

映画にもなりましたし、ドラマにもなったしで知らない人はいないでしょう。「陰陽師」=安倍晴明。今では常識ですよね。しかしこの本の初版が発行された頃には、まだまだ「陰陽師」も知名度は低かったように思います。今でこそ、様々な作家の方が ... » more

ちょっとぞっとする…ブラックな短編集です。自分に対して笑わない姉に「微笑」を送る少年。自分の気に入らない人間に「ころぼっくり」を送る少年。少女と少年の秘密の遊び……。中でも「髑髏盃(カバーラ)」は、実際に夢枕氏がヒマラヤで体 ... » more
テーマ 読書 夢枕獏

「あ、この人ビョーキ」と思ったのだそうだ、筆者夢枕獏氏は…萩原朔太郎の詩を初めて読んだときに。私も思った。「あ、この人ビョーキ…いってもうてるわ(嘆息)」と。「月に吠える」、「青猫」…どれをとっても、常人の目では捕らえきれない、まさ ... » more
テーマ 腐りゆく天使 読書 夢枕獏

 

最終更新日: 2016/11/20 12:41

「夢枕獏」のブログ関連商品

» 「夢枕獏」のブログレビュー をもっと探す

「夢枕獏」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る