誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宇江佐真理

宇江佐真理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宇江佐真理」のブログを一覧表示!「宇江佐真理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宇江佐真理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宇江佐真理」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

宇江佐真理さんを悼む 函館在住の時代小説作家・宇江佐真理さんが、11月7日にご逝去されました。享年66歳でした。宇江佐さんが、文壇にデビューしたのが1995年ですから、わずか20年の文筆生活でした。その間に、60冊以上の本を世に送り出して ... » more

ふくろうの読書記録訃報
今日の新聞で知ったけど、宇江佐真理さんが亡くなったって、66歳という若さで。ショックです。「竃河岸」が遺作になったのでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。 ... » more

ふくろうの読書記録新刊書予約
今日、宇江佐真理の「竃河岸」を予約したら、昨日発行日で、図書館は休みだったのに、順番は8番目だって。人気があるんですねー。入手は遅くなりそうです。 ... » more
テーマ 宇江佐真理

『昨日みた夢』宇江佐真理 宇江佐真理の『昨日みた夢』(2014年7月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<今日も「きまり屋」には、奉公人を雇いたい者、雇われたい者がひきもきらずやって来る。それでも、面倒が起きると助っ人として駆り出され ... » more
テーマ 宇江佐真理

『昨日のまこと、今日のうそ』宇江佐真理 宇江佐真理の『昨日のまこと、今日のうそ』(2014年9月刊)を読みました。読書メーターによると、<伊三次が直面する、息子や弟子の転機。 不破龍之進ときいとの間に長男が生まれ、伊三次一家も祝いのムードに包まれる。一 ... » more
テーマ 宇江佐真理

『名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理 宇江佐真理の『名もなき日々を髪結い伊三次捕物余話』(2013年11月刊)を読みました。BOOKデータによると、<伊三次の息子、伊与太は有名な絵師のもとに弟子入りが叶い、ますます修業に力が入る。一方、伊与太が秘かに想う ... » more
テーマ 宇江佐真理

『高砂』宇江佐真理 宇江佐真理の『高砂』(2013年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<四人の子持ちで飲んだくれの畳職人、小普請組の武家に嫁いだ大工の娘、幼い頃から見世を支えた口入れ屋の若お内儀…倖せの感じ方は十人十色。懸命 ... » more

『雪まろげ 古手屋喜十為事覚え』宇江佐真理 宇江佐真理の『雪まろげ古手屋喜十為事覚え』(2013年10月刊)を読みました。BOOKデータによると、<これでまた、一緒にうまい酒が飲める――心やすらぐ人情捕物帳、第二弾! 浅草・田原町で小さな古着屋を営む喜十。北町 ... » more
テーマ 宇江佐真理

『糸車』宇江佐真理 宇江佐真理の『糸車』(2013年2月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<江戸・深川で独り暮らしをするお絹は、3年前までは蝦夷松前藩の家老の妻だった。お絹は商いを通じて町の人々と親交を深めるうちに、行方不明の ... » more
テーマ 宇江佐真理

『君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理 宇江佐真理の『君を乗せる舟髪結い伊三次捕物余話』(2005年3月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<伊三次が仕える不破友之進の息子、龍之介が元服して見習い同心に。同じ頃、江戸の町には、乱暴狼藉を繰り返す無頼 ... » more

『明日のことは知らず 髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理 宇江佐真理の『明日のことは知らず髪結い伊三次捕物余話』(2012年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<息子・伊与太が慕う相手は松前藩主のお屋敷勤めに。一方、弟子の九兵衛には思いもよらぬ縁談が持ち上がる。若 ... » more

『酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁』宇江佐真理 宇江佐真理の『酒田さ行ぐさげ日本橋人情横丁』(2011年1月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<日本橋の廻船問屋の番頭・栄助の前に、以前同じ店で働いていた権助が現れた。権助が庄内酒田の出店の主になったと聞い ... » more

『夜鳴きめし屋』宇江佐真理 宇江佐真理の『夜鳴きめし屋』(2012年3月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<本所五間堀の「鳳来堂」。若主の長五郎が調えた美味い酒と肴、そして親譲りの心意気に惹かれてまたひとり、今宵も暖簾をくぐる…。傷つ ... » more

『通りゃんせ』宇江佐真理 宇江佐真理の『通りゃんせ』(2010年10月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<気を失った25歳のサラリーマン・大森連は、介抱してくれた時次郎とさなの兄妹から今は天明6年だと告げられる。驚きながらも江戸時代 ... » more

『古手屋喜十為事覚え』宇江佐真理 宇江佐真理の『古手屋喜十為事覚え』(2011年10月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<お江戸浅草で古着屋を営む喜十。女房のおそめとのんびり暮らしていたいのに、何の因果か北町奉行所隠密廻り同心の上遠野平蔵 ... » more

『心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理 宇江佐真理の『心に吹く風髪結い伊三次捕物余話』(2011年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<一人息子の伊与太が修業先をとびだし、家に戻ってきた。心配する伊三次とお文をよそに、奉行所で人相書きを始めるが ... » more

こりゃま日記「君を乗せる船」ほか
「君を乗せる船」.宇江佐 真理の髪結い伊三次捕物余話シリーズ「君を乗せる船」「雨を見たか」を読んだ。これで現在まで刊行されたこのシリーズは全部読んだことになると思う。ま、あれこれ思うこともあったが楽しませてもらった。続編がでれば ... » more

宇江佐「紫紺のつばめ」ほか 『紫紺のつばめ』『黒く塗れ』を読んだ。この2冊はよかった。ただ、このシリーズ(髪結い伊左次捕物余話)は、刊行順の番号がない。不便だ。それから、現在発刊の中の最新作?『今日を刻む時計』を一日遅れで読んだ。この巻は、さほどいいで ... » more

『幻の声』宇江佐真理の秀作前の宇江佐批評をちょっと訂正する必要を感じた。『幻の声』に収録された5編のシリーズ短編は、それぞれみな佳作、秀作というべきものだと思う。どれも読み応えがある。思えば、宇江佐真理は、人情ものを書かせて ... » more

こりゃま日記宇江佐真理「幻の声」
宇江佐真理「幻の声」 『幻の声』の「幻の声」宇江佐真理のデヴュー作?「幻の声」を読んだ。なるほど、佳作と言うべき作品。大きな期待がよせられたことが今でも理解できる。宇江佐は、これ以降「髪結い伊佐次捕物余話」シリーズを書く。3、4冊読んだ。「余話」 ... » more

江戸時代へタイムトラベル「通りゃんせ」 『通りゃんせ』宇江佐真理の本宇江佐真理の本が目についたので、つづけて読むことにした。『通りゃんせ』は、現代から江戸時代へ、意図せずにタイムトラベルした若者の物語。なんというか、中途半端な作品としか言いようがない。タイ ... » more

宇江佐真理「十日えびす」 江戸庶民の人情で泣かせる江戸下町で生きる人々。そのありそうでありそうな「現代」的情話。どこかできいたことがある「おさわがせ」女。なるようになる…と、自分にいいきかせながら、生きにくい世をひたすら耐えて生きようとする人々。 ... » more

『雨を見たか 髪結い伊三次捕物夜話』 宇江佐真理 「髪結い伊三次シリーズ」第7弾。八丁堀純情派は本所無頼派を探索し続ける。なんとなく、「八丁堀純情派」の方をメインにしてNHKの時代劇枠でドラマ化したりして、なんて思ったり。「薄氷」伊三次が不破のところで打ち合わせをした後、家 ... » more

『君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物夜話』 宇江佐真理 「髪結い伊三次シリーズ」第6弾。監物と美雨が結婚したり、龍之介が元服・出仕したり、伊与太が疱瘡にかかったり、とけっこういろいろなことが起こっている。「妖刀」迷信深い道具屋の一風堂・越前屋のところにもちこまれた刀は、いわくありげな ... » more

幻の声・紫紺のつばめ 髪結い伊三次捕物余話 /宇江佐真理 江戸の市井の話は好きだ。江戸時代は町人の時代だと思う。着流しに町人髷は、紋付袴の武家より数段艶っぽいと勝手に想像する。武家のご新造さんの華やかな着物や簪も良いが、縞 ... » more

主人公の琴は、北町奉行所臨時廻り同心・高岡靫負の妻でしたが、靫負が暗殺されたので、琴は、長男の健之丞の承認のもと、家を飛び出して絵師の修行をしていた次男の賀太郎の家で生活することになりました。市井で見聞きしたことを、琴は日記に付けていきます ... » more

月9春風ぞ吹く/宇江佐真理/新潮文庫
春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る五郎太は幼馴染みの紀乃を嫁にもらう条件として御番入りを果たす事を心に決める。その為には先ず大試業を通り、そして学問吟味に合格しなければならない。文茶屋「ほおずき」の主人伝吉とは同い年で代書のアルバイトをし ... » more

無事、これ名馬  宇江佐真理 新潮社 私と相方の友人でやっている「おいしい本箱」というサイトは一応若い人を対象にしています。本を読むということが、今の若い人たちのなんだかしんどい状況のちょっとでも手助けになれば、という気持ちからはじめたものだからです。そのサイトの ... » more

小普請組の村椿五郎太・二十五歳が代書の仕事をしながら関わる出来事を横糸に、幼なじみの紀乃と祝言を挙げるために紀乃の父から課された、学問吟味の試験を突破して御番入りがかなうかどうか、を縦糸として、話が進みます。言うまでもなく、「小普請組」 ... » more

夫に先立たれ、息子が「出来ちゃった婚」したため家にいづらくなり、吉原でお針子として働いているおとせを中心にした短編の連作です。読みきりではありますが、おとせと凧助は、とか、喜蝶と筆吉は、とか、そちらの人間関係がどうなって行くかという方にも興 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 11:41

楽天市場のおすすめ商品

「宇江佐真理」のブログ関連商品

» 「宇江佐真理」のブログレビュー をもっと探す

「宇江佐真理」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る