誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ひろさちや

ひろさちや

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ひろさちや」のブログを一覧表示!「ひろさちや」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ひろさちや」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ひろさちや」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

空飛ぶじゅうたんのように空中に浮かぶ空居天(くうごてん)。そこには弥勒菩薩(みろくぼさつ)との感動的な出会いが待っている。全ジャンル一覧宿泊施設一覧ランキング市場 書籍売上ランキング ... » more
テーマ ひろさちや

誤審がないように慎重に審議を重ねるためです。方法も書類審査から始まって、ネコやヘビ秤などがみなさんの生前の行為のデータ分析のために使われます。もし、審査の結果指定された行先に不服があれば、さらに以後三回の再審を受けることができます。 ... » more
テーマ ひろさちや

休むところもない徒歩旅行ですので、七日目ごとに一区間として、区間ごとに一息つく中継点が設けられています。冥途コースにおいては、この中継点が入国管理事務所の役割もかねています。そこでは、みなさんの生前の所業を記したパスポートを拝見させ ... » more
テーマ ひろさちや

行き先別とは1.天上界行き2.ふたたび人間界行き3.阿修羅界行き4.畜生界行き5.餓鬼界行き6.地獄界行きです。途中の審査はみなさん一人ひとりが、これらの行き先のうちどこへ行ったらよいかを決めるためのものなの ... » more
テーマ ひろさちや

全員そろって49日間の冥途の旅から始まる。このコースが終わると、次に3つのコースを選択できる。すなわち<地獄めぐり><天上界めぐり><天地間めぐり>のいずれかである。しかし、<極楽めぐり>の客となるには、人工衛星で宇宙へ飛びださなけ ... » more
テーマ ひろさちや

冥途の旅にあたって、どんな食べものをどれくらい持っていったらよいだろうか。四十九日もの旅なので、かなり大量の食糧を持っていかなければ困りはしないか、と心配される方も多いようです。結論からいえば、食べものの用意はいっさい必要ありま ... » more
テーマ ひろさちや

商品化された人間は奴隷である。「しょせん人生は無意味」という思想から始まる人生論こそ、人生に自信をつけてくれる。 1人間は商品ではありません2欲望の奴隷になるな!3生き甲斐なんていらない4未来は神仏におまかせ5この世 ... » more
テーマ ひろさちや

冥途コースへの出発は、まずテープカットから始まります。といっても、この場合、みなさんに切ってもらうのは、この世との絆です。その際、多少の苦痛がともないますが、仏教では、それは”マルマン”が切れるからだ、と考えられてきました。マル ... » more
テーマ ひろさちや

この川を渡らなければなりません。ある人とっては、三途の川渡りは冥途の旅での最大の難所になるでしょう。渡る場所は三ヶ所あります。古くからのガイドブックにもこう記されています。「渡る所に三有り。一には山水瀬(さんすいせ)、二には江深 ... » more
テーマ ひろさちや あるでないで

この川を渡らなければなりません。ある人とっては、三途の川渡りは冥途の旅での最大の難所になるでしょう。渡る場所は三ヶ所あります。古くからのガイドブックにもこう記されています。「渡る所に三有り。一には山水瀬(さんすいせ)、二には江深 ... » more
テーマ ひろさちや

独り合点してもらっては困ります。橋を渡れるのは、ごく限られた人のみです。きびしい資格審査があるのです。橋を渡る通行券がもらえるのは、善人だけです。といっても、とびきり上等の善人は、まえに述べたように、特別快速コースで極楽行きですから ... » more
テーマ ひろさちや

これにも2コースあります。浅瀬渡りと濁流渡りです。どちらを渡るかは、前世で働いた悪行の質と量によって決定されます。ここにも、因果応報という仏教の基本原理が貫かれているのです。もうおわかりでしょうが、三途の川という名前の由来は、このよ ... » more
テーマ ひろさちや

みなさんが川を渡ってくるのを待ち受けています。二人の名は、懸衣翁(けんねおう)と懸衣嫗(けんねう)といいます。懸衣嫗は、また俗に奪衣婆(だつえば)とも呼ばれています。読んで字のごとく、冥途の旅人から衣服をはぎ取ることが彼女の役割なの ... » more
テーマ ひろさちや

いままでなじんだ世界とはまったくちがう冥途にきたことを実感するからです。娑婆(しゃば)の観光名所ならば、そんな場所によく「見返りの松」などという呼称の木が植わっているものです。三途の川の対岸には、松ならぬ”衣領樹(えりょうじゅ)”と ... » more
テーマ ひろさちや

室町時代以降の伝承によると、三途の川に渡し舟が出現します。どうやら死後の世界も、それなりの近代化がされているようです。この三途の川の渡し賃が六文だったのです。この相場はむかしからずっと変わらないようです。死者をだびに付すとき、そ ... » more
テーマ ひろさちや

この運賃基準は、仏教の六道輪廻という考え方からきているようです。これについては、あとで説明しますが、死後に六つの世界があるという思想です。ひとつの世界ごとに一文ずつというわけです。しかし、みなさんの行先はどこかひとつです。それに、六 ... » more
テーマ ひろさちや

現世と来世との境に川が流れているという伝承は世界のあちこちにある。ギリシャ神話ではスティクス川と呼ばれる。この川岸にはカロンという老人の渡し守がいて、死者の魂を舟に乗せて対岸に渡す。渡し賃は一オロボス。北欧神話ではヨルの川で、き ... » more
テーマ ひろさちや

地獄を生きぬく魔法の言葉観音さま
観音さま 15人が綴る、観音さまの相。珠玉の仏教随筆集。 命の不思議に向き合う(玄侑宗久)円空の仏さまを見ましたか(早坂暁)観音さまと一つになる(奈良康明)『観音経』のメッセージ(ひろさちや)観音さまに見守られて生きてきました ... » more
テーマ ひろさちや

■書籍■書き込み式「般若心経」練習帳 初めてでもすぐに“写経”が楽しめる! 「般若心経」をタイトルと9つの段落に分け、意味のまとまりごとに解説と練習を付ける。ボールペンでも小筆でも、筆記用具を選ばず、すぐに書き始められる練習帳。コピーして使えば何度でも練習できる。本書は『般若心経』をタイトルと9つの段落 ... » more
テーマ ひろさちや

日常語からわかる仏教入門 仏教が日本に伝来したのは、6世紀の半ばです。仏教は、日本人の伝統信仰である神道と融合し、すっかり日本化しました。…その意味で仏教は日本文化そのものになっています。仏教のことばが日本語そのものになっています。だから逆に、日本語になった仏教のこ ... » more
テーマ ひろさちや

地獄を生きぬく魔法の言葉ウソの論理
ウソの論理 なぜ人はウソをつくのか?ウソも信じればマコトになるのか?心理・宗教・哲学・動物・統計学など多角的な視点から、世にはびこる様々なウソの構造を見きわめ、人がウソをついてしまう背景やウソがウソを生むメカニズムを解き明かす。宗教研究の大家が、かつて ... » more
テーマ ひろさちや

往生極楽のはなし 「厭離穢土、欣求浄土」『往生要集』を著した源信から始まった念仏信仰の系譜を辿る。 プロローグ往生極楽院の阿弥陀仏第1章平安時代の極楽浄土の教え第2章恵心僧都源信と『往生要集』第3章末法時代の到来第4章極楽世界から来た ... » more
テーマ ひろさちや

くよくよしない! 人生を自在に生きる知恵。ヒントは「宗教力」にあり。 第1章「宗教って何だろう」第2章「日本人を考えてみよう」第3章「いまを生きる」第4章「組織とは何か」第5章「子供たちを救え」第6章「異文化を知ろう」第7章「 ... » more
テーマ ひろさちや

あるがままに生きよ 勝ち組でも負け組でも人は幸せに生きられる。心安らかに日々を過ごすための仏教の智慧。 第1章あなたという種に花が咲く第2章あなただからできる仕事がある第3章幸せの方程式が解ける第4章だれもがいちばん自由になれる第5章あ ... » more
テーマ ひろさちや

地獄を生きぬく魔法の言葉公案解答集
公案解答集 アメリカでベストセラーになったTheSoundoftheOneHand(『片手の音』)をひろさちや氏が初翻訳。門外不出の禁断の書(現代相似禅評論)を、現代語で初公開。 序文禅公案を学ぶ1二大公案2雑則3本則百四十四則の公 ... » more
テーマ ひろさちや

ブッダは何を教えたのか 仏教の開祖であり、偉大なる思想家であるゴータマ・ブッダ。ゴータマ・ブッダは、どのような問題意識を持ち、その問題とどのように取り組み、どう解決していったのか。「弱肉強食」や「老・病・死」への問題意識から、「四諦」「八正道」「十二縁起」の教えに ... » more
テーマ ひろさちや

地獄を生きぬく魔法の言葉信仰の発見
信仰の発見 日本人の宗教観とは?15人の論客による語りおろし。 信仰をもつことの意義(瀬戸内寂聴)いのちの営みから生まれ甦る穏やかな宗教心(立松和平)日本的「感ずる宗教」の可能性(山折哲雄)宗教心から信仰に至る道(加賀乙彦)指導 ... » more
テーマ ひろさちや

仏教が教える老いを楽しむヒント 「どう生きたっていい」と思うと楽になる!ひろさちやが贈る“60パーセント”の人生論。 1章「あるがまま」にこそ幸せがある2章もうこれ以上、世間に遠慮しない3章会社も仕事も自分のためにある4章「持たない自由」を楽しむ暮らし ... » more
テーマ ひろさちや

こころの羅針盤(コンパス) 日々の暮らしを、贅沢に、こころ豊かに生きるための、三十人三十様の智恵。芸術に携わる人生の先達たちの声。 最初の質問(長田弘)春の憂鬱(川上弘美)雨とフラダンス(田口ランディ)ロールキャベツを遠く離れて(村上春樹)コノ ... » more
テーマ ひろさちや

「現世地獄」を生きる智慧 なぜ人は幸せになれないのでしょうか。心の苦しみを消すことができないのでしょうか?私たちはいつのまにか、自分の心を地獄にしてしまいました。競争原理に毒されたいまの日本で、楽しく心豊に生きる秘訣を、宗教思想家ひろさちやが、わかりやすくときあかし ... » more
テーマ ひろさちや

 

最終更新日: 2016/11/20 10:30

「ひろさちや」のブログ関連商品

» 「ひろさちや」のブログレビュー をもっと探す

「ひろさちや」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る