誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中山七里

中山七里

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中山七里」のブログを一覧表示!「中山七里」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中山七里」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中山七里」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

追憶の夜想曲 シリーズ二作目にしてここまで踏み込むか、という驚き。怖いもの見たさの御子柴シリーズ第二弾!…は、やっぱりすごかった。『追憶の夜想曲(ノクターン)』中山七里(講談社文庫)前作は、いきなり主人公が死体を遺棄している場面で ... » more
テーマ 中山七里

贖罪の奏鳴曲 本を開いて一ページ目、いきなり主人公が死体を遺棄しているとんでもないシーンから物語は始まる。『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山七里(講談社文庫)ショッキングな遺棄現場の光景、生々しい死体の描写に引きずられるようにして読み進む。 ... » more
テーマ 中山七里

【週末に読みたいこの1冊】  「ハーメルンの誘拐魔」中山七里著(KADOKAWA 1600円+税) 週末に読みたいこの1冊「ハーメルンの誘拐魔」中山七里著(KADOKAWA 1600円+税)日刊ゲンダイ2016年2月27日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/17614 ... » more
テーマ 週末に読みたいこの1 ハーメルンの誘拐魔 中山七里

「ハーメルンの誘拐魔」 中山七里著(KADOKAWA 1,728円税込) 「ハーメルンの誘拐魔」 中山七里著(KADOKAWA1,728円税込)【内容情報】(出版社より)障害を抱える15歳の少女が誘拐された。現場には「ハーメルンの笛吹き男」を描いた絵はがきが残されていた……。警視庁捜査一課 ... » more
テーマ ハーメルンの誘拐魔 中山七里 小説

中山七里の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 著作リスト 中山七里

中山七里(なかやましちり)さんの「さよならドビュッシー」を読みました。感想。面白かったです。音楽やクラシックには詳しくありませんが、ピアノの演奏シーンなどは、迫力がありました。あとがきかどこだかで、スポ根+ミステ ... » more

贖罪の奏鳴曲 [中山七里] 贖罪の奏鳴曲中山七里新進気鋭の著者が放つ、長編ミステリ主人公の弁護士「御子柴礼司」が、世間の注目を集める保険金殺人事件の国選弁護人として活躍する物語。法廷では百戦錬磨の御子柴だが、金にならない上に負け戦とも思える事件 ... » more

連続殺人鬼 カエル男 [中山七里] 連続殺人鬼 カエル男中山七里ふざけたタイトルからは想像出来ないサイコ&バイオレンスミステリー。扱うテーマも重く、気軽に読み始めると圧倒されることになる。埼玉の飯能署管轄で起こる連続殺人事件。いずれも同じ人間とは思えな ... » more

おやすみラフマニノフ [中山七里] おやすみラフマニノフ中山七里「さよならドビュッシー」の姉妹作とも言える作品。音大に通う主人公の晶は、仕送りを絶たれて高額な学費を滞納してしまう。どうにも埒が明かない状況で、降って湧いたコンサートのオーディション。晶は ... » more
テーマ 中山七里

さよならドビュッシー [中山七里] さよならドビュッシー中山七里2010年のこのミス大賞作。16歳にして資産家の祖父と従兄弟のルシアと共に火事に合い、全身に火傷を負ってしまった主人公の遥。ピアノの実力を買われて特待生として進学した高校でも、その特別扱い ... » more
テーマ 中山七里

『要介護探偵の事件簿』の次はこの『おやすみラフマニノフ』。『さよならドビュッシー』を差し置いてもう完全に逆行して読んでいます。逆行はしているものの、それなりに楽しめているので良しということで、というか全く問題なし。 ... » more

このミスに載っていた「要介護探偵の快走」が面白かったので1冊にまとまるのを楽しみにしていました。ミステリーとしての目新しさはあまりなかったものの何といっても玄太郎氏のキャラクターがよろしい。ちょっと困った爺さんだけど、筋の通 ... » more

『さよならドビュッシー』中山七里 音楽根性もの(?)ミステリの傑作です。最近、本の仕入はブックオフからばかりで、新刊はハードカバー、新書はもとより、文庫もあまり買わなくなってしまいました。しかし、この『さよならドビュッシー』は、“ブックオフ落ち”までは待 ... » more

『おやすみラフマニノフ』 中山七里 このミス大賞の『さよならドビュッシー』のシリーズ化されたもの。すると、探偵役はシリーズ通して岬先生か。ところどころ、『さよならドビュッシー』での出来事に触れられているところも。主人公は城戸晶、愛知音大ヴィルトゥオーゾ科で学ぶが、経済 ... » more

『さよならドビュッシー』 中山七里 このミス大賞受賞作。作者は男性だったか(汗)まあ言われてみればちらっとそういう感じもしたけど(生理云々のところ…ネタバレになる?)主人公の香月遥は、資産家一族の生まれで、音高の特待生。しかし、火事で祖父と従姉妹のルシアを失い、自身も ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 10:25

「中山七里」のブログ関連商品

» 「中山七里」のブログレビュー をもっと探す

「中山七里」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る