誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    都市

都市

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「都市」のブログを一覧表示!「都市」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「都市」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「都市」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

1082 御嶽に向かって 犬山城の天守にて このブログにリンクしている「消えがてのうたpart2」の中で、「石垣を登ったはなし」(2012年5月16日)というaostaさんの子どものころの思い出話が載っている。詩情あふれる文章と高島城(長野県諏訪市)と桜の写真は、何度見ても作者の ... » more
テーマ 都市  コメント(2)

1062 「遥かなりラオス」 頑張れノンちゃん! 2009年9月、ラオスを旅した際、お世話になった現地NGOの女性で「ノンちゃん」という愛称を持つ、庶民の味方がいた。そのノンちゃんが最近、体調を崩したと聞いた。肝臓の状態が芳しくなく、病気と闘う日々を送っている。彼女の回復を祈りながら、この ... » more
テーマ 都市 社会

1059 銃所持と核兵器保有は類似の論理 瀬戸際を歩く人類 米国が銃社会であることをクローズアップさせた悲劇が続いている。14日にはコネティカット州ニュータウンの小学校で銃乱射事件が起き、児童20人を含む26人が命を失った。犯罪に対する自己防衛、あるいは抑止力として3億人が銃を所持(07年調査の推計 ... » more

1057 一枚の写真の偉大さ 中国・イリの大河の夕陽 「夕焼雲のうつけしければ人の恋しき」と詠ったのは、放浪の俳人種田山頭火である。友人の増田逸雄氏から、シルクロードの旅で写したという、珍しい写真が送られてきた。夕日が雲に遮られて、雲の中に「王」という文字が浮かび上がっている。いず ... » more
テーマ 歴史 都市

1056 知恵と独創性と躍動感と 「TOKYOオリンピック物語」 「『宗谷』の昭和史」に続き、ノンフィクション作品を読んだ。昨年、東日本大震災発生直前に発売になった「TOKYOオリンピック物語」(野地秩嘉著、小学館)だ。震災直後に購入したのだが、当時は茫然自失状態にあり、手に取ることなく本棚の片隅に放置し ... » more
テーマ 歴史 都市

1055 大槻3代を生んだ一関 復興見守る世界遺産・平泉中尊寺 岩手県の平泉がユネスコの世界遺産(文化)になったのは、東日本大震災直後の2011年6月26日だった。日本の文化遺産では12番目の登録だ。もちろん、被災地東北では初の文化遺産登録である。その中心となるのが中尊寺であり、中でも金色堂だ。過去 ... » more
テーマ 震災 都市

1047 城下町・関宿にて 終戦処理の鈴木貫太郎ゆかりの町 関宿という地名を知っている人は、歴史好きなのかもしれない。関宿は1590年(天正18年)に松平康元(徳川家康の異父弟)が2万石で城主になって以来、23代にわたって譜代大名が配置された城下町である。江戸時代は、由緒ある藩だった。それから時 ... » more
テーマ 歴史 都市

1042 被災地・女川で出会った若者 会社やめ被災地支援に没頭 東日本大震災の被災地では、勤めていた会社をやめ復興支援のために働いている人が少なくない。宮城県の女川で出会った小松洋介さん(30)もその一人だった。彼は現在、民間の任意団体・女川町復興連絡協議会戦略室で、被災した事業者や、新しく事業を興 ... » more
テーマ 都市 自然

1041 被災地にて・石巻2 文人が見た日和山からの風景 東日本大震災で、一番被害が大きかったのは宮城県石巻市だ。震災後、幾度となくこの街を訪れながら、中心部を一望することができる日和山公園に行く機会に恵まれなかった。先週末、その機会がようやくやってきた。標高が56メートルという丘陵地の公園が ... » more
テーマ 都市 自然

今週読んだ本「深読みフェルメール」朽木ゆり子福岡伸一朝日新書フェルメール、人気ですねえ。まあ、何となく良いもんねえ。左からの光。九国に「真珠の首飾りの少女」が来てるというので読んでみようと。この本を読んだ結果としてオランダに ... » more
テーマ 絵画 芸術 都市

1029 オリオン舞い立つ 流れ星を見た夜 日曜(10月21日)の午後10時過ぎ、夜空を見上げた。オリオン座流星群の流れ星を見ることができるかもしれないというニュースがあり、家族みんなで外へ出た。10月も下旬に入ったとはいえ、まだそう寒くはない。40分ほど頑張って1つの流れ星を見 ... » more
テーマ 都市 自然 社会

今週読んだ本「ローマ人の物語〜悪名高き皇帝たち〜」塩野七生新潮文庫全13巻(文庫版で43巻)、これは文庫版なので17巻〜20巻にあたります。相当、長編だね。でも、おもしろい。まちづくりに携わる人や政治に携わる人は必読書だろう。政治、 ... » more
テーマ 政治 都市

1028 除染作業の公園で 寒露の季節に 二十四節季の「寒露」(ことしは10月8日)が過ぎ、朝夕の散歩にはシャツの上に薄いジャンパーを羽織らないと肌寒さを感じるようになった。宮城の被災地に入る前に福島県郡山市に行った。風が冷たく、市内を歩いていると背中がつい丸くなる。午前10時 ... » more

1027 東日本大震災被災地にて 自然の脅威を乗り越えて 宮城県の石巻、女川という東日本大震災の被災地にも時が流れ、あれから1年7カ月が過ぎた。被災地はどのように変化しているのだろうか。天童荒太の「静人日記悼む人U」をかばんにしのばせて被災地へ出向いた。被災地に立って、日本の隅々まで歩いた民俗 ... » more
テーマ 都市 自然

神田川 今昔 臭うかな? あなたは〜もう〜忘れたかしら赤い手ぬぐい・・・・というフレーズ。伊勢正三の神田川。これからお見せする神田川のちょうど真ん中の年ぐらいに大ヒット。やや同じ画角のつもり。1957年の神田川 ... » more

1025 トルコの小さな物語(8) 音楽家には鬼門のフランクフルト 税関に芸術は通じない時代なのか 海外を旅したことは、そう多くはない。テロ、ハイジャック、密輸防止のためとは分かっているが、空港での検査はやはり不愉快だ。スリランカのコロンボ空港(正式名称・バンダラナイケ国際空港)では、税関職員を装った(あるいは税関職員かもしれない)男 ... » more
テーマ 芸術 都市

昔読んだ本「都市の本質とゆくえ〜J・ジェイコブズと考える〜」宮崎洋司玉川英則鹿島出版会「アメリカ大都市の死と再生」というとっても有名な本を書いたジャーナリストであって、建築の専門家(ルイス・マンフォード)やニューヨーク土木部長( ... » more

DINKSだらだらメモ第4 「階級都市」
今週読んだ本「階級都市」橋本健二ちくま新書今週は都市内の居住地区間の格差の話でした。読んで時間がたつと忘れるね、中身。忙しくて、読んでからちょっと時間がたつだけでもうあやふや。すでに次の本を読んでいることもあるんだろうけど、 ... » more

1023 トルコの小さな物語(6) イスタンブールの街角で 2020年の夏のオリンピック開催に立候補し、第1次選考で東京、マドリードともに残ったのが、トルコのイスタンブールだ。同じ年に行われるサッカーの欧州選手権の開催地としても名乗りを上げているが、都市としての潜在能力があると評価されており、東 ... » more
テーマ 歴史 都市

レトロ 綺麗だった隅田川と桜と渡し 古き良き時代?明治の頃の隅田川、桜、渡しの風景水辺がもっと人と近いところにあります今では遠いね安全を守る高潮堤で人が近づけない水辺のテラスは人工的で硬い ... » more

1020 トルコの小さな物語(3) 簡易ウォシュレットもある古代遺跡  米国の小さな町を舞台にした映画で、もたいまさこがほとんどセリフなしという難役に挑んだ「トイレット」(ウォシュレットのトイレが舞台装置に使われた)を思い出したのは、保存状態のよさで世界屈指といわれる古代ギリシャ・ローマ時代の「エフェソス遺 ... » more
テーマ 歴史 都市

1019 トルコの小さな物語(2) 独立の父は大のアルコール好き  トルコの独立の父といわれ、国民に敬愛されているのがムスタファ・ケマルである。「トルコの父」を意味する「アタチェルク」と呼ばれる英雄だ。彼は、第一次大戦でドイツと同盟し敗北、占領下に置かれた祖国の独立戦争を指導し、1923年10月、現在の ... » more
テーマ 歴史 都市

1018 トルコの小さな物語 (1) 悠久の歴史と大自然の営みと  アジアとヨーロッパを結ぶ位置にあり、枝分かれしたシルクロードの1本の最終地点といわれるトルコを旅した。面積は日本の倍近い78万580平方キロ、人口は7500万人というこの国は、様々な顔を持っている。悠久の歴史とスケールの大きな自然を交互に見 ... » more

DINKSだらだらメモ第3-1 「都市の論理」
今週読んだ本「都市の論理」藤田弘夫中公新書そもそも、このメモを始めようと思ったのは、まちづくり、都市、コミュニティといった自分の商売上、避けられない分野の知識を得ようとして結構な数の本を読んでいたんだけれど、振り返って殆ど憶えて ... » more

日本語の「アート」には、相反する二つの意味があります。一つは art の和訳。もう一つは、いい加減さを正当化して世渡りするための方便。世間にある「アート」は残念ながら後者が多数派。特にアートの後に「イベント」「ワークショップ」が付く ... » more
テーマ Social issue(社会) Art 都市

川の灯台 夜を照らす 今では川は真っ暗闇。 大阪、大川の夜の常夜灯。夜の水辺のアクセントとなっています。昔は船が通るのに、夜は目印がありませんでした。信号もない時代は常夜灯が目印でした。舟運が行われていた江戸時代は常夜灯が夜 ... » more

1014 福島の現状は 原発事故から子どもを守る闘い続ける知人 東日本大震災から1年半が過ぎたが、復興は牛の歩みよりも遅いと感じる。特に天災に加え原発事故という人災に見舞われた福島は深刻さを増している。そんな中で、地域にホットスポットを抱える北部の伊達市が小学生を対象に教育の場を一時県外に置く「移動 ... » more
テーマ 都市 社会

1012 ああフェルメールよ 残暑の中の絵画展にて  日本人のフェルメール(ヨハネス・フェルメール、オランダ、1632−1675)好きは相当なものだと思う。「真珠の耳飾りの少女」と「真珠の耳飾りの女」(こちらもパンフには少女とあったが)という2つの作品が展示された上野の森にある東京都美術館 ... » more

1010 運転手の絶妙の解説 これぞプロ 仙台を走る「るーぷる」 東日本大震災で被災した仙台市だが、1年半が過ぎて街は以前と変わらにほどにぎわっている。JR仙台駅も、市内も多くの人が屈託ない表情で歩いている。以前、仙台に住んでいた。仙台は、札幌とともに私にとっては第2の故郷だからこの街の変化に関心があ ... » more
テーマ 歴史 都市

1007 山頭火と高倉健 映画「あなたへ」を見て思うさまざまな人生 「このみちやいくたりゆきしわれはけふゆく」(注=筆者。この道は、多くの人々や人生が行き交っている。私はその人生をきょうも歩いている)作者は放浪の俳人といわれ、無季自由律俳句(句の中に季語を入れない)で知られる種田山頭火である ... » more
テーマ 映画 都市

 

最終更新日: 2017/05/25 13:08

「都市」のブログ関連商品

» 「都市」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る