誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    都市

都市

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「都市」のブログを一覧表示!「都市」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「都市」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「都市」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

1120 旅の終わりに 挫折・大震災・病と闘いながら 旅の多い生活に区切りをつけることになった。2006年12月から始まったこの生活は、旅をして人に会い、話を聞いて文章を書くのが仕事だった。これまで約100回の旅をした。初めての旅で利用したのは石川県の小松空港で最後の旅も偶然、小松空港着の飛行 ... » more

今週読んだ本「日本人と不動産〜なぜ土地に執着するのか」吉村慎治平凡社新書日本人だけなのか知らないが、所有権に対する権利意識って強いものがある。当たり前だが、それが公共の福祉に対しても同様に強いところが、問題ではないか。日本国憲法 ... » more

先週読んだ本「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン関わり、つくり、巻き込もう」紫牟田伸子フィルムアート社紫牟田さんが全部書いた訳じゃなくて、色んな人が活動を紹介している本。紫牟田さんは「シビックプライド都市のコミュニケーション ... » more

1118 「芸術そして、つながる心と心」 パリで元校長「フクシマの子どもたち」を語る ことし3月まで福島県の小学校で校長をしていた知人の宍戸仙助さんが最近パリに行き、原発事故の福島の子どもたちについて語った。元校長による、海外出前授業だ。フランスの人たちは、宍戸さんの話にどんな反応を見せたのだろうか。宍戸さんから、パリの出前 ... » more
テーマ 都市 社会

1117 ヒースロー空港のトラブル 添乗員の役割は? 添乗員付きのヨーロッパのツアー旅行に参加した仙台市の50代の男性が、イギリス・ロンドンのヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を受けたとして、ツアー元の旅行会社を相手に40万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こしたことが話題にな ... » more

前に読んだ本「都市と消費とディズニーの夢」速水健朗角川oneテーマ21サブタイトル”ショッピングモーライゼーションの時代”となってる。”イオン”や”ゆめタウン”かな。前回との関連から消費行動と居住、移動手段の変化から商店街から郊外へ ... » more

ちょっと前に読んだ本「まちづくり:デッドライン」木下斉広瀬郁日経BP基本的に商店街復活の本。どんな商店街でも復活できるというものでもない。以前読んだ「商店街はなぜ滅んだか」という本と併せて読むと商店街問題と復活の道筋が見えるかも。選 ... » more

1114 「関白」ゆかりのホテルにて 子どもの歓声戻った大洗 久しぶりに茨城・大洗を訪れた。海岸は白い波頭が目立ち、2年前のあの日(東日本大震災)のことを想像した。大洗の海岸に面する大洗シーサイドホテルに泊まった。このホテルはアマチュア野球界の神様的存在の故石井藤吉郎さん(1924〜1999)の生家が ... » more
テーマ 都市 社会

1111 トンネルを抜けると別の世界 金沢文庫・称名寺は黄菖蒲の季節 「トンネルを抜けると、全く別の世界が広がりますよ」と、金沢文庫(横浜市)の学芸員が言う通りだった。金沢文庫と隣の称名寺の間にはたしかにトンネルがあり、そこを抜けると、盛りを迎えた黄菖蒲の花が私を迎えてくれた。称名寺は、世界遺産不登録を勧 ... » more
テーマ 都市 自然

「乾杯!恐るべし」 日本酒危機の応援条例 酒造メーカー、月桂冠のホームページによると「乾杯」という習慣が一般化したのは、わが国が西洋文明を取り入れ始めた明治・大正期からだという。ビールをはじめとする洋酒も飲まれるようになり、次第に普及したが、明治末期のころの掛け声は「乾杯」ではなく ... » more

今週読んだ本「現在知郊外その危機と再生vol.1」三浦展・藤村龍至編NHKブックス別巻都市の成長過程、もしくは都市政策の変遷、経済と生活の関係性、家族構成などの変化などなど、それぞれが郊外の社会の生成に関係している。歴史の過程での産 ... » more

1101 沖縄の樹木たち 南方熊楠が愛したセンダン 沖縄に行きセンダンとコバテイシという2本の大きな木を見た。2本ともアジアの熱帯・亜熱帯に分布する高木で、私が住む首都圏では見かけない。沖縄では日常目にする植物だろうが、私にとっては珍しいものだった。それが庭の主木として植えられていた。米軍基 ... » more
テーマ 都市 自然

1100 笑いが止まらないが… 福島の原風景描いた「夕焼け小焼けで陽が昇る」 映画の「always3丁目の夕日」は、舞台設定が昭和30年代の東京・下町だった。日本が敗戦から立ち直り、復興へと歩み、経済の高度成長が始まる時代の貧しくても明るい人々が描かれている。これに対し、小泉武夫の「夕焼け小焼けで陽が昇る」(講談社文 ... » more
テーマ 都市 自然

1099 被災地陸前高田の街から 満開の桜の花の下で 東日本大震災によって死者1556人、行方不明217人(2月末の岩手県発表)と、岩手県で最大の被害が出た陸前高田市。高田の一本松の保存問題でも全国的に知られた街だ。最近、この街に住む親類(いとこ)と連絡がとれ、九死に一生を得たことを知った ... » more
テーマ 都市 自然

1095 たばこ悪者の時代の頑固な友人 米ではついに千円条例 米国最大の都市ニューヨーク市は、喫煙対策強化のために、たばこ1箱当たりの最低販売価格を10・50ドル(約1000円)にすることなどを盛り込んだ条例案を市議会に提出したという記事が先週出ていた。日本でも一時、たばこ1000円説が話題になっ ... » more

1094 手ごわい敵を抱えて 南海トラフ巨大地震、固定観念を捨てて 大げさに考えると、日本はこの巨大地震が起きたら国家が破たんし、沈没状態になってしまう―。日本の太平洋沿岸に延びる南海トラフでマグニチュード(M)9・1の地震が起きると、最悪で220兆3000億円という途方もない被害が出るという想定を国の ... » more
テーマ 災害 都市

1093 木版に書かれた子どもの夢 桑名の城跡公園にて 前回のブログで、三重県に行ったことを書いた。このうち桑名市内にある九華公園という旧桑名城跡で、珍しいものを見た。木製の比較的新しいベンチが3つあり、その横に子どもの字で将来の夢・目標を書いた木版が張られていた。詳しいことは分からないが、地元 ... » more
テーマ 歴史 都市

今週読んだ本「豊かな地域はどこがちがうのか」根本祐二ちくま新書都市経営、都市分析の本。基本的なことをデータを元に解説してあった。福岡や糸島で誰かちゃんとこの解析してるのかなあ。きっとしているだろう、きっと。思ってた印象とデー ... » more

今週読んだ本「創造都市への挑戦」佐々木雅幸岩波現代文庫ま、これも都市経営とかまち造りとかする人は必読書だ。クリエイティブ都市とかベンチマーク会議とか言ってる都市は絶対だね。副題が「産業と文化の息づく街へ」「文化芸術による都市の再興」 ... » more

1091 童心に戻った気球体験だが… 残念なルクソールの事故 エジプトの観光地、ルクソールで21人を載せた熱気球が墜落し、日本人4人を含む19人が死亡した。墜落前に気球から飛び出し(逃げたのか、爆発で飛ばされたのかは現段階では不明)、重傷を負ったパイロットの操縦ミス説が強くなっている。イスラム過激派に ... » more
テーマ ニュース 都市

1089 日本初の小児がんの夢の病院が完成 行政の無知で全面オープンに難題 神戸市中央区のポートアイランドに小児がんと闘う子どもと家族のための「夢の病院・チャイルド・ケモ・ハウス」がほぼ完成した。NPOチャイルド・ケモ・ハウスが各方面の支援を得て総工費7億円で建設した日本初の小児がん専門治療施設だ。4月からオープン ... » more
テーマ 都市 社会

1087 「雨水」は過ぎたが… 日中の雪解けはあるのか ことしの「雨水」は2月18日だった。気象予報士が判を押したように、この日のことを解説していた。24節気では、空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころのことを言い、寒さも峠を越える時期だそうだと。ところが、この冬(立春がとうに過ぎ ... » more
テーマ 都市 自然 社会

日曜日の午後、キンゴルウィラ村、ダルエスサラーム 金曜日に出発して、お米の産地、モロゴロ州のキロンベロ米の産地のイテテ村にお邪魔してきた。そのおいしい話はまたのちほど。よいお天気の日曜日、わたしたちの車は朝の6時半にイテテ村を出発。途中のフェリーでたくさん待たされる ... » more
テーマ 農村 都市 旅行

第27「ローマ人の物語〜危機と克服〜」 今週読んだ本「ローマ人の物語〜危機と克服〜」塩野七生新潮文庫全13巻の[巻に当たります。文庫なので21〜23です。皇帝でいうと第6代から13代。本も中盤だけどローマ帝国も中盤だね。あいかわらず、ローマはすごい。優秀な人が出て ... » more

第21[リベンジ] 「ルネサンス 歴史と芸術の物語」 ずっと前に読んだ本「ルネサンス歴史と芸術の物語」池上英洋光文社文書ルネサンスに限らず、出会い、融合によって新しいモノが生まれる。夢想礎石、小堀遠州、ピカソなどね。ルネサンスは簡単に言うと十字軍がイスラムにけんか売りに行って、 ... » more

1083 あなたはどこに住みたいか 巨大名古屋と戦う岐阜は? 全47全都道府県を踏破したのは3年前の2010年2月のことだった。最後になったのは鳥取県だった。この月、米子市を訪れ、全都道府県に行ったことになった。だが、県庁所在地では岐阜市と三重県津市の両市はなぜか縁がなかった。今回、愛知の旅の途中 ... » more
テーマ 歴史 都市

1082 御嶽に向かって 犬山城の天守にて このブログにリンクしている「消えがてのうたpart2」の中で、「石垣を登ったはなし」(2012年5月16日)というaostaさんの子どものころの思い出話が載っている。詩情あふれる文章と高島城(長野県諏訪市)と桜の写真は、何度見ても作者の ... » more
テーマ 都市  コメント(2)

1062 「遥かなりラオス」 頑張れノンちゃん! 2009年9月、ラオスを旅した際、お世話になった現地NGOの女性で「ノンちゃん」という愛称を持つ、庶民の味方がいた。そのノンちゃんが最近、体調を崩したと聞いた。肝臓の状態が芳しくなく、病気と闘う日々を送っている。彼女の回復を祈りながら、この ... » more
テーマ 都市 社会

1059 銃所持と核兵器保有は類似の論理 瀬戸際を歩く人類 米国が銃社会であることをクローズアップさせた悲劇が続いている。14日にはコネティカット州ニュータウンの小学校で銃乱射事件が起き、児童20人を含む26人が命を失った。犯罪に対する自己防衛、あるいは抑止力として3億人が銃を所持(07年調査の推計 ... » more

1057 一枚の写真の偉大さ 中国・イリの大河の夕陽 「夕焼雲のうつけしければ人の恋しき」と詠ったのは、放浪の俳人種田山頭火である。友人の増田逸雄氏から、シルクロードの旅で写したという、珍しい写真が送られてきた。夕日が雲に遮られて、雲の中に「王」という文字が浮かび上がっている。いず ... » more
テーマ 歴史 都市

 

最終更新日: 2016/11/23 14:07

「都市」のブログ関連商品

» 「都市」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る