誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    都市

都市

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「都市」のブログを一覧表示!「都市」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「都市」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「都市」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

1173 身体痛めて情け知る 空港での心温まる話 タイへの旅(1) つい、先日タイを旅した。第2の都市といわれるチェンマイには奥さんとともに10年近くロングスティをしている友人がいる。この友人のことは後に触れることにして、今回は昔のことわざである「旅は道連れ世は情け」(旅は心世は情け、とも言う)を思い出 ... » more

「裕福な地方自治体の税収を困っている自治体に回す――。そんな政府の方針に東京、大阪、愛知、神奈川の4都府県が反発しています。都会の税収は誰のものなのでしょう?」この見出しが目にとまりました。人口集中の地域は大きな会社や工場、 ... » more
テーマ 田舎 格差 都市

1167 地球温暖化への強い警鐘 フィリピンの台風被害・COP19の比代表の演説 フィリピンを8日超大型台風30号「ヨランダ」(アジア名ハイエン))が直撃、死者は1万人を超えるという情報もある。被害が大きかったレイテ島は、東日本大震災の大津波を思い出させる惨状が広がっている。折しも、ポーランド・ワルシャワでは気候 ... » more

1165 自分史執筆のすすめ 堀淳一著「旅で出会ったアメリカ人」を読む この世の中にはさまざまな人生がある。いま、生きている人それぞれに歴史があり、何かしら他の人を惹きつける物語を持っている。昨今は、そんな自分の半生を振り返って一冊にまとめる自分史ブームのようだ。旧知の堀淳一さんから「旅で出会ったアメリカ人」と ... » more
テーマ 都市

Ain't That Good News?倒れた木
倒れた木 今日のNHK News Webの国際ニュースで、「ヨーロッパ北部が今週初め、ハリケーン級の記録的な暴風雨に見舞われた中、オランダで街路樹が倒壊して通りかかった人にあわや直撃しそうになる瞬間をカメラが捉えた」との記事が。それで、今月半 ... » more
テーマ 日常 都市 自然

10月15日、参議院の山本太郎議員が、衆参両院の中でただ一人、オリンピック推進を求める決議に対し、「うそで固められた五輪開催には賛成できない」との理由で反対しました。倫理的にも好ましく、また、脱原発よりも勇気の要る行動だと思います。ht ... » more
テーマ Social issue(社会) Technology & Design 都市

1162 鳥威(とりおどし)の季節 寒露は名ばかりの暑さ 24節気のうちの「寒露」が過ぎたばかりだ。露が冷たく感じられてくるころのことを言い、空気は澄み、夜空にさえざえと月が明るい季節(東邦出版・日本の七十二候を楽しむ、より)だという。それにしても、ここ数日、真夏が戻ったような暑さが続いている ... » more
テーマ 都市 自然 社会

以前読んだ本「都市縮小の時代」矢作弘角川oneテーマ21前回「人口減少社会の設計」の紹介したので、昔読んだ本を思い出したので書いてみよう。欧米や日本の都市で行われている縮小に向けた都市政策を紹介してあった。ヤングスタウン ... » more

サモラ・アベニューの再開発で失われゆくものたち なじんだ景色が、がくんっと変わってしまうのって、息が詰まるようだ。呼吸をするのに準備がいる。Jataツアーズで作っているタンザニアのガイドブック『カリブ タンザニア』の改訂版を来年あたり出さないと、と思っているのだけれど、ダルエスサラー ... » more
テーマ ダルエスサラーム 歴史 都市  コメント(4)

1155 あるジャーナリストの2年半を迎えての記 裏切られた被災地 「2年半前、あまりの被害の大きさに私たちはたじろいだ。犠牲者の人数もけた違いだった。しかし、この豊かな日本社会だ。ほどなく人々の生活を立て直す力があるはずだ。誰もがそう信じたが、想いは裏切られた。被災地の人々は奥歯に何かがはさまったような、 ... » more

1154 大震災から2年半の海外での事件 カッパドキアの悲劇 トルコの世界遺産、カッパドキアで旅行中の新潟大学の女子学生2人がゼミ渓谷で男に襲われ、1人が死亡、もう1人は重傷負う事件が起きた。親日的で安全な地域といわれたカッパドキアでもこんな事件があったことに驚いた人は少なくないだろう。ちょうど1年前 ... » more

今週読んだ雑誌「経営予測エイジ8月号」気になった記事を抜き出しましょう。「激流」という雑誌の7月号。「良好な商業環境の形成に関する条例」というのが静岡市でコンパクトシティを目指して10月から施行されるらしい。今年3月に可決。 ... » more

1151 追悼・遠藤正芳さん 教育への思い遥か 知人の遠藤正芳さんが8月初めに亡くなった。66年の生涯だった。もう少し早く、追悼のブログを載せたいと思っていたが、きょうになってしまった。穏やかな表情の遠藤さんを思い出しながら、このブログを書いている。以前、私は何度か遠藤さんにインタビュー ... » more
テーマ 教育 都市 社会

この前読んだ本「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ米川良夫訳河出出版よく分からない・・・、マルコポーロがフビライ汗に聞かせる空想都市の話。フビライは空想と知っているのか、それの上でマルコも続けているのか。夢見心地で読むような ... » more
テーマ 都市

東京の空、ダルエスサラームの空 熱中症と言うことばが使われるようになったのは、いつ頃からだろう。久しぶりの7月の東京はむわっとした暑さだった。ダルエスサラームの一番暑い2月でも、感じたことのないような、ねっとりしたまとわりつくような息苦しい暑さ。見渡すと、モノトーンの ... » more
テーマ ダルエスサラーム 都市 日本とタンザニア  コメント(2)

1133 ベトナム・カンボジアの旅(7)完 理想と現実は違うのだ・メコンにて思う メコン川はチベット高原が源流で、中国の雲南省―ミャンマー・ラオス国境―タイ・ラオス国境―ベトナム―カンボジアを経て南シナ海へと抜ける全長4023キロに及ぶ大河だ。以前、NHKが各国のこの流域に住む人たちを紹介する特集番組を制作したの ... » more
テーマ 歴史 都市

今週読んだ本「古代道路の謎〜奈良時代の巨大国家プロジェクト」近江俊秀祥伝社新書奈良時代の道路、駅路についての本。背景も書いてあっておもしろかった。とにかく直線だったらしい。地形関係なく直線。幅員は12m、9m、6m(都市部で ... » more
テーマ 歴史 都市 地理

1131 ベトナム・カンボジアの旅(5) ベトナムのバイク戦争 ベトナムの首都・ハノイに入り、そしてカンボジアを訪れ、さらに再びベトナムに戻り南のホーチミン(旧サイゴン)に行くと道路はものすごいバイクに占拠されていて、遠い時代の中国を思い出した。それは初めて中国を訪れた29年前の夏まで遡る。当時の中 ... » more
テーマ 歴史 都市

1130 ベトナム・カンボジアの旅(4) 東洋のモナリザの魅力に負けたマルロー 紅色砂岩を基調として造られたバンテアイ・スレイは心に残った遺跡の一つだ。アンコールワットと比べ、規模は小さいが、「東洋のモナリザ」(元上智大学長で、長い間アンコール遺跡の調査に当たった歴史学者の石澤良昭氏が命名)ともいわれる優美なデバタ ... » more
テーマ 歴史 都市

1128 ベトナム・カンボジアの旅(3) 授業料無料の日本語学校 シェムリアップでアンコールワットのガイドをしてくれたパンニャヴットさんに「どこで日本語を勉強したのですか」と聞いたら、「シェムリアップの山本学校です。授業料は無料でした」と答えがあった。昼、観光の途中に立ち寄った土産店と道路を挟んで反対側に ... » more
テーマ 歴史 都市

1127 ベトナム・カンボジアの旅(1)  アンコールワットへの夢果たせず死んだ記者 都市にはそれぞれの歴史がある。それは日本だけでなく世界中のどの都市にも当てはまる。そしてそこに住む人たちもまた、都市とともに歴史を刻んでいる。東南アジアのベトナム、カンボジアのいくつかの都市を旅した。20世紀後半まで戦火に包まれ、多くの国民 ... » more
テーマ 都市

1126 都市部のマンションにヤモリ 益虫・害虫の話 子どものころの夏の楽しみというか、遊びは近くの山に行ってクワガタを取ってきて、雄同士で戦わせることだった。クワガタの雄には、角のように見える大きな顎があり、それが武器になるのだ。クワガタに比べてカブトムシはどこにでもいて価値が低かった。慣れ ... » more

今週読んだ本「スローシティ〜世界の均質化と闘うイタリアの小さな町」島村菜津光文社新書イタリア人って自分の町に誇りを持ち、スローライフを心から楽しむ人たちの国だと思っていた。ま、そういう人もいると思うけど、そうじゃなかったんだ。大 ... » more

1122 続・旅の終わりに 被災地・気仙沼と陸前高田にて 石川と新潟の旅で私の旅人生に区切りをつけるつもりだった。だが、その直後に東日本大震災被災地への旅の話が舞い込んだ。そうして、訪ねたのが岩手県陸前高田市だった。あらためて書くまでもなく、陸前高田は大震災の津波で甚大な被害を受けた。市の発表 ... » more

1120 旅の終わりに 挫折・大震災・病と闘いながら 旅の多い生活に区切りをつけることになった。2006年12月から始まったこの生活は、旅をして人に会い、話を聞いて文章を書くのが仕事だった。これまで約100回の旅をした。初めての旅で利用したのは石川県の小松空港で最後の旅も偶然、小松空港着の飛行 ... » more

今週読んだ本「日本人と不動産〜なぜ土地に執着するのか」吉村慎治平凡社新書日本人だけなのか知らないが、所有権に対する権利意識って強いものがある。当たり前だが、それが公共の福祉に対しても同様に強いところが、問題ではないか。日本国憲法 ... » more

先週読んだ本「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン関わり、つくり、巻き込もう」紫牟田伸子フィルムアート社紫牟田さんが全部書いた訳じゃなくて、色んな人が活動を紹介している本。紫牟田さんは「シビックプライド都市のコミュニケーション ... » more

1118 「芸術そして、つながる心と心」 パリで元校長「フクシマの子どもたち」を語る ことし3月まで福島県の小学校で校長をしていた知人の宍戸仙助さんが最近パリに行き、原発事故の福島の子どもたちについて語った。元校長による、海外出前授業だ。フランスの人たちは、宍戸さんの話にどんな反応を見せたのだろうか。宍戸さんから、パリの出前 ... » more
テーマ 都市 社会

1117 ヒースロー空港のトラブル 添乗員の役割は? 添乗員付きのヨーロッパのツアー旅行に参加した仙台市の50代の男性が、イギリス・ロンドンのヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を受けたとして、ツアー元の旅行会社を相手に40万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こしたことが話題にな ... » more

前に読んだ本「都市と消費とディズニーの夢」速水健朗角川oneテーマ21サブタイトル”ショッピングモーライゼーションの時代”となってる。”イオン”や”ゆめタウン”かな。前回との関連から消費行動と居住、移動手段の変化から商店街から郊外へ ... » more

 

最終更新日: 2018/06/03 21:35

「都市」のブログ関連商品

» 「都市」のブログレビュー をもっと探す

「都市」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る