誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    Culture

Culture

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「Culture」のブログを一覧表示!「Culture」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「Culture」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「Culture」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

土曜日は、先週に続きママ友との飲み会。今回は、娘(9歳)を妊娠中に知り合った育児サークルのメンバーだ。おおむね10歳くらい若いメンバーたちとジャニーズの話題になり、「私は光GENJI世代だ」とか「私は少年隊だな」と皆が言うなか、私は ... » more

米国でトヨタの販売店は、特大の星条旗を掲げているという。これは、以前当ブログでご紹介した『謎の1セント硬貨』(講談社・刊)の中の第2章「巨大な星条旗」で、著者の向井万起男氏が指摘した話の受け売りだ。向井万起男氏は、そのことに気づいて ... » more
テーマ Book Culture

今夜も「コロンボ」 昨夜は娘を寝かせた後、安いワインを開け、BS2で「刑事コロンボ」シリーズ中の傑作『別れのワイン』を観賞。子どもの頃、この作品を視てワインの奥深さを知り、「絶対、ワインの味のわかる大人になろう」と心に決めたほどインパクトのあった作品。ワインを ... » more
テーマ Daily Life Culture

キムタクではない「ギャツビー」のお話 J・Dサリンジャー氏が亡くなったという。『ライ麦畑でつかまえて』で、アメリカ文学界で時代の寵児としてもてはやされた彼だが、1965年以後、表舞台に立つことはないままひっそり消えて行った。サリンジャー氏の名前は、つい一昨日、調べ物をし ... » more

セルフプロモーションの天才 昨日は、届いたばかりのマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』のDVDを鑑賞。「彼はどれだけストイックだったんだ!」と唖然とさせられる息のつまるような緊迫したリハーサル風景。冒頭のダンサーのオーデション・シーンだけでも、現代版『コ ... » more
テーマ Book Culture

友人のパントマイマーさん♀から聞いた話だ。昨年、彼女の仕事仲間が、な、なんと、あの北村一輝さまのもとに腹話術の演技指導に呼ばれたという。何度か指導で接したときの一輝さまは、とても紳士的で優しく、「いい香りがした」そうだ。そして最終日 ... » more
テーマ Daily Life Culture

おもしろすぎてびっくり。大げさじゃなく、本当にこんな感じだと思う。少なくとも、アメリカと日本はそうだと思う。まじおもしろいわ! ... » more
テーマ Culture

素晴らしい年の幕開けを願ったものの、現実は最悪。今日がどう最悪だったかは、思い出すのも嫌だ。絶対に忘れることはできないけれど、心の奥底に封印しなければやっていけない。本当に腹立たしく情けないが、私の心に平安を・・・。一人で遅い夕食を ... » more
テーマ Daily Life Culture

大みそか。友人のお嬢さんが紅白歌合戦に出演するとのことで、久しぶりに紅白を視て、そのままなんとなくテレビをつけている。スーザン・ボイルはよかったし、永ちゃんが登場するとはびっくりした。その間に石井 vs吉田戦や魔裟斗戦もちらちらと観 ... » more
テーマ Daily Life Culture

最近、友達運が絶好調。日曜日(20日)は、ママ友からプライベートなサロンコンサートにお招きいただいて、家族3人で聞きに行ってきた。そのママ友は、娘(8歳)が小学校に入って初めて仲良くなったお友達のお母さま。若くて(なんと10歳年下! ... » more
テーマ Daily Life Culture

娘(8歳)が受講している歌とミュージカル・コーラスの発表会があった。今回は、キッズクラスの保護者たちはスタッフとして駆り出されることになった。何せこのクラスの受講者のほとんどが、大きなステージに立つ経験は何やかやと10回を超えている。楽 ... » more
テーマ Daily Life Culture

元の仕事仲間とのランチ会で盛り上がった余韻の残る中、今度は大学時代の友人からメールが届いた。「ブログに私のこと『元バリキャリの良妻賢母』って書いてくれているの見たけど、肝心なことが抜けてたわよ。『美人』って書いてないじゃないの!ホホッ」 ... » more
テーマ Daily Life Culture

なこぴんのラズベリーな毎日ぷち逃避行
ぷち逃避行 今日は、夕方から娘(8歳)のキッズ・ミュージカルの発表会のリハーサルに出かけた。先生は、小学校以来の親友である「ピンクのうさぎちゃん」だ。今回は、スタッフとして照明の裏方を手伝うことになったので、娘の出演パートだけでなく、娘のリハの終わ ... » more
テーマ Daily Life Culture Eric Carmen

私はたぶん、死ぬ時は心房細動か心筋梗塞、あるいは脳梗塞かだろうな、などと思う今日この頃。女優の故・太地喜和子さんが自動車事故で亡くなった時、親しく交流があったというピーコさんが語ったコメントが頭をよぎる。「喜和子はね、人間はいつ ... » more

ここ3週間ほどの平均睡眠時間は3時間。朝までほとんど寝られない日もあるから、さすがにかなりぐったりきている。その原因として考えられるのが、「低周波騒音」だ。この夏、我が家の寝室に面した壁際に、隣家がエアコンの室外機を設置した。それ以 ... » more

昨夜は、小学校時代の同窓会があった。同窓生の「ピンクのうさぎちゃん」のボージョレ・コンサートを鑑賞した後、食事会という同窓会史上初のコラボ企画を提案。「事前準備担当幹事」としてなすべきことはきっちり済ませたので、当日の仕切りはすべて「当 ... » more
テーマ Daily Life Culture

ここ2、3週間ほどよく眠れていない。2、3時間眠ると、あとは目が覚めて明け方までうつらうつらしている状態。メンタル面もむちゃくちゃテンションが下がっている。そんな中、昨日はダンナの用事で池袋に買い物に出た。行先は、T百貨店の中に ... » more
テーマ Daily Life Culture

以前、このブログに「さえない一日」というタイトルで駄文を書いたところ、思わぬ反響が寄せられたことは後日、「二日酔いで分析調査を公表!」で触れた。この中で興味を持ったのは、「膠括嘘」というキーワードでなされた検索の多さである。「米米CLU ... » more
テーマ Culture

今年のボージョレはいいと前評判はかなり高かったので、大いに期待していたが、その期待は裏切られることはなかった。素晴らしい出来栄えだ!昨夜、珍しく早めに帰ってきたダンナが「1日遅れだけど、ボージョレ開けてみようよ ... » more
テーマ Food &Drink Culture

一昨日は午後2時過ぎ、「天皇即位20年を祝う記念式典」のテレビ中継を鑑賞。堤剛氏、樫本大進氏、小山実稚恵氏の演奏は、まったくもって見事なものだった。魂をぶつけるような熱演を、音楽好きの皇后陛下はさぞやお喜びになったことだろう。夜は、ニュ ... » more
テーマ Topics Culture  コメント(2)

インフルエンザの病み上がりとあって昨日、一昨日は娘と、まったり過ごす。ふだんはほとんどバラエティー番組を観ない私だが、一昨日はお気に入りの俳優・阿部サダヲさんが『東京フレンドパークU』に出るというので、つい観てしまった。どんくさいイメー ... » more
テーマ Topics Daily Life Culture

昨日は、娘(8歳)が日本舞踊を習い始めたご縁で「邦楽と舞踊のつどい」を鑑賞。歌舞音曲が打ち揃って舞台に上がることは珍しいそうで、実に華やか。中でも、藤間侑祐輔さんの、艶やかで華のある『屋敷娘』は絶品だった「文化の秋 ... » more
テーマ Topics Daily Life Culture

過日、娘(8歳)の学校の子ども会のイベントである映画鑑賞会に参加し、地元の公民館で『ちびまる子ちゃん〜私の好きな歌〜』という映画を観てきた。内容は、ちびまる子ちゃんが絵描きのお姉さんと知り合い、お姉さんが恋人との結婚か、絵描きとしての夢 ... » more
テーマ Daily Life Culture

私は、妙に直感力が働くタチらしい。妊娠中に病院主催の母親学級に行ったとき、「お腹の赤ちゃんのことをイメージしてみましょう」といわれ、目を閉じたら男の子か女の子かもわからない段階で「アルプスの少女ハイジ」がぴょこぴょこ楽しそうに跳ねている ... » more
テーマ Book Food &Drink Culture

シルバーウィークに、奈良県の吉野山に行ってきた。吉野山といえば、修験道の聖地であり、歌人西行が暮らし、頼朝の追手から身を隠した源義経が逃げ込んだ地。 さらには、南朝の行宮が置かれ、後醍醐天皇が悲憤の最期を遂げた地でもあり、 歴史好きとし ... » more
テーマ Daily Life Culture

各国の「ハンサム&美女観」の違いを考える 昨夜のNHK『クローズアップ現代』は、最新のがん治療法の紹介だったが、冒頭シーンには驚かされた。9月に膵臓がんで亡くなったパトリック・スウェイジ氏の代表作『ゴースト』の中の輝いていた頃の映像と、パパラッチのものらしき闘病中のやつれた姿を映し ... » more
テーマ Culture Eric Carmen

先日、大学時代の友人にこのブログの宣伝メールを流したら、「読んだよ〜おもしろかったよ〜」という嬉しい電話をもらった。他にもメールで感想を伝えてくれた同世代の友人が何人もいたのは、とてもありがたいことだ。しかし、「始めたからには人気ブロガ ... » more
テーマ Daily Life Culture

元同級生(♂)のブログを覗いてみたら、「亀井静香に似ていると言われた」という書き込みがあった。それはいくらなんでもあんまりだろうと思い、お見舞い(というか、半分冷やかし?)のメールを入れた。彼は「そんなに似ているわけじゃないですよ!似て ... » more
テーマ Daily Life Culture

加藤和彦氏の自死に思う「虚無」 10月17日の加藤和彦氏自死の報には驚かされた。知的でスタイリッシュ。尖鋭にして寛容。それでいて、嫌みのない穏やかな紳士。安井かずみ氏との大人できらびらかな夫婦像は、私たち世代にとってまさに憧れだった。盟友のきたやま ... » more
テーマ Topics Book Culture

昨夜はオペレッタ座の『リーベ・クロスター』(Aキャスト版)を鑑賞。とにかく「素晴らしかった!」の一言に尽きる。笑いの中に泣かせどころあり。全員二期会会員の実力に裏打ちされた絶品の歌唱力で歌い上げる加賀清孝氏書き下ろしのアリアの数々は美しく、 ... » more
テーマ Daily Life Culture

 

最終更新日: 2017/01/17 00:48

「Culture」のブログ関連商品

» 「Culture」のブログレビュー をもっと探す

「Culture」ブログのユーザランキング

Le Cafe Kotoh 1 位.
Le Cafe Kotoh

テーマのトップに戻る