誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    AOR

AOR

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「AOR」のブログを一覧表示!「AOR」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「AOR」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「AOR」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

80年代までだったら、タバコのCMポスターなっていてもおかしくないほど、クールでシンプルなアルバム・ジャケット・デザインは、あまりにも格好良すぎます(現在でも充分通用するかも)そんなクールなアルバム・ジャケットとは裏腹に、ヘンリーの ... » more
テーマ 洋楽 AOR

A.O.R紳士録【デュオ・グライド】サンフォード&タウンゼンド まあこれはA.O.Rに分類するよりもブルー・アイド・ソウルに入るのかもしれないけど、今日紹介した3組の中では俺はいちばん好きだな。参加メンバーはデビッド・ハンゲイト、ジェフ・ポーカロ、デビッド・ペイチ、ビル・ペインなどTOTO周辺の人脈が多 ... » more
テーマ 洋楽 AOR サンフォード&タウンゼンド  コメント(2)

A.O.R紳士録【Pages】ペイジズ 81年リリースの3作目。なんでも、ペイジズの最高傑作といわれている作品だそうだ。※その前二枚は俺は未聴。プロデュースはジェイ・グレイドン。77年に五人組のバンドとしてスタート。ファースト、セカンドと進むごとにメンバー・チェンジを繰り返し ... » more
テーマ 洋楽 ロック AOR

A.O.R紳士録【アナザー・ナイト】ウィルソン・ブラザーズ ブログ[Mango Island]のmangohboyさんが最近紹介していたウィルソン・ブラザーズの唯一作【アナザー・ナイト】。79年リリース。俺が手に入れたのはワーナーの[Foeer Young]シリーズの一枚として出されたもの。 ... » more

A.O.R紳士録【セレブレート・ミー・ホーム】ケニー・ロギンス 80年代以降のロギンスしか知らない人にとっては『フット・ルース』や『デンジャー・ゾーン』のイメージが強いだろうが、俺ら70年代のケニー・ロギンスを知るものにとっては、やはりロギンス&メッシーナ時代のアーシーでカントリー色の強い音楽性を持った ... » more
テーマ ロック ケニー・ロギンス AOR

A.O.R紳士録【マネキン】マーク・ジョーダン 77年リリース。プロデュースはスティーヴ・カッツ。参加ミュージシャンはラリー・カールトン、ステイーヴ・ルカサー(ギター)、チャック・レイニー、ジム・ハンゲイト(ベース)、ジェイ・ワインディング、ドナルド・フェイゲン、ポール・グリフィン、デビ ... » more
テーマ 洋楽 AOR マーク・ジョーダン  コメント(4)

人一倍寒さに弱い私にとって地獄のような季節が到来してきました。今朝は休日と言う事も有って。布団から中々出られずウダウダしていたら、妻に叩き起こされる事に…そして朝食を済ませ、暖房器を背に電気炬燵で丸まっていると、妻から ”あ ... » more
テーマ 洋楽 AOR

昨日は、今年最後の定期検診の日。ここ一月、疲れが取れ難く、何となく”ヤバイかな?”なんて思いながら病院へ。結果は?”案ずるは生むが易し”の諺通り、何も問題はなかった。ただ、少し血圧が低いとの事。まぁ〜!何にせよ良かった。 ... » more
テーマ 洋楽 健康 AOR

オーリアンズの中心的存在だったジョン・ホール。バンド自体がこれからと云う時に、音楽的相違から彼は脱退をしてしまう。本作は、そんなジョンの3枚目のソロ・アルバムにあたる「POWER」(79年)フュージョンやレゲエのリズ ... » more
テーマ 洋楽 AOR

A.O.R紳士録【パートナーズ・イン・クライム】ルパート・ホームズ ルパート・ホームズについてはそれほど詳しくはない。ただ、このアルバムから大ヒットした『エスケイプ』と『ヒム』は聞き覚えがある。『エスケイプ』は特にラジオでよくかかっていたので印象深い。で、今回初めてアルバムを入手していろいろ聴いてみたら ... » more

ボズ・スキャッグスの発表したアルバムの中で、名盤中の名盤と称されるのが 「SILK DEGREES」このアルバムは、AORの最高峰の作品としてだけではなく、ボズの名前を広く万人に知らしめる事にもなりました。しかし、私的には ... » more
テーマ 洋楽 ロック AOR

A&M傘下にあった。トミー・リュピュマーのレーベル会社ホライズンでソロ・デビューしたのも係わらず。レーベル会社の閉鎖。新たにワーナーと契約し、2ndアルバムを発表したものの全く売れず。即、契約打ち切りの憂き目にあい悶々とした日々を送っていた ... » more
テーマ 洋楽 AOR

今日は、妻と午前中に私の両親のお墓詣りを済ませ。その足で買い物に出掛け昼食をイタリアンでと、ちょっとしたプチ贅沢な気分を味わう。そのお陰か、妻の機嫌の良い事。3連休の中日、少しは妻孝行が出来たようです(苦笑)こんな穏やかな日に心地よ ... » more
テーマ 洋楽 AOR

アナザー・タウン「PHOTOGLO / PHOTOGLO」
何の情報方も無く、黒字に紫色のネオン風にPHOTOGLOと印刷されたジャケットに惹かれ、フォトグロのこのデビュー・アルバムを購入した事を今も忘れてはいません。ハイトーン・ヴォイスの彼の歌声はハートウォームにして、何処かそこはかとない ... » more
テーマ 洋楽 AOR

私がアナログ盤やCDの両方を買い損ねていたのが、トム・スノウの3枚目のアルバム 「HUNGRY NIGHTS」(80) アナログ盤はともかく、CDリイシューされた時には購入を後回しにしていたら、いつの間にか廃盤となり地団駄を踏んだ思い出があ ... » more
テーマ 洋楽 AOR

マイケル・フランクス マイケル・フランクスまた記憶に燻るアーティストの1人です。ポップス大好き!ヒットソング大好き!だった僕は苦手意識のまま大人になってようやくこの味がわかってきたのさッ(^。^)y-.。o ... » more
テーマ 80年代 AOR M

[80's洋楽グラフィティ1982編]【フル・ムーン】ラーセン=フェイトン・バンド 日本表記では[ラーセン=フェイトン・バンド]となっているが、原題では【フル・ムーン・フィーチャリング・ニール・ラーセン・アンド・バズィー・フェイトン】。つまりこれは前作[ラーセン=フェイトン・バンド]名義ではなくて[フル・ムーン]のアル ... » more
テーマ ニール・ラーセン フュージョン AOR

キープ・ザ・フレイム / クレイグ・ランク カラッとした空かと思われるのだが、今住むマンションは外壁工事中のため外の様子はおぼろげにしか分からない。おそらくこのジャケのような澄んだ空なんだろう。もう五月だもんな。どんな雲が出てるんだろうか。と、家に籠りながら想像中 ... » more
テーマ 音楽 AOR  コメント(2)

神に誓って / フランキー・ヴァリ 飽きたわけではなく気乗りがしなくて更新途絶えてました。というのも本が増え、これも積み重ねているので、シングル盤の箱を取り出すのが面倒くさかったから。来年引っ越しが決まっているので今更整理する気にもなれません。一番 ... » more
テーマ 音楽 AOR

ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)/ Jojo 1980年リリース「We're All Alone」をはじめ、さまざまなヒット曲持つAOR界の大御所。この白スーツのPV、Jojoともう1本「You Can Have Me Anytime」があるが ... » more
テーマ 80年代洋楽 AOR

グローヴァー・ワシントンJr./ Just the Two of Us 1980年リリースサックスプレーヤー"Grover Washington, Jr."がゲストボーカル"Bill Withers(ビル・ウィザース)を迎えて大ヒットさせた邦題「クリスタルの恋人たち」Wi ... » more
テーマ 80年代洋楽 AOR

[ロック黄金期1979編]タイガー・イン・ザ・レイン/マイケル・フランクス ちょうどこの当時はフュージョン・ブームなんつうのもあって、A.O.Rもよく聴いた。たいていフュージョンやソウル系のスタジオ・ミュージシャンがバッキングについていて、楽曲がよく練られているものが多かった。マイケル・フランクスもファース ... » more
テーマ 洋楽 マイケル・フランクス AOR  コメント(3)

ボビー・コールドウェル(Bobby Caldwell) / 風のシルエット 1978年リリースWhat You Won't Do For LoveAORの代表曲とも言えるこの曲。後続の曲はタバコのCMで大ブレイクしましたね。かっこいいなー{%ピンクハート ... » more
テーマ 70年代洋楽 AOR

AORの帝王、ボズ・スキャッグスは、AORでイメージされる音楽性よりも、ちょっと黒いサウンドが特徴ですよね。ただR&BやSOULやブルーズっていうのは、やはりアフリカン・アメリカンの方達には敵わないんじゃないかと思います。 ... » more
テーマ AOR

ジノ・ヴァネリ (Gino Vannelli) / Brother to Brother 1978年リリースカナダの音楽一家の中に産まれ歌唱力も楽曲センスも抜群結構なイケメンだけどダンスがイマイチ・・・ ... » more
テーマ AOR 70年代邦楽

ジョージ・ベンソン(George Benson) / Turn your love around 1981年リリースこの頃はもう既にギターを持っていない・・・歌いたかったのね。あんなにギターうまいのに。顔もだいぶ違うぞ・・・鼻筋が通ってらっしゃる。このビデオの動きがなんだか不自然で(笑)でもで ... » more
テーマ 80年代洋楽 AOR

 ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen) / The Nightfly 1982年リリースSteely Dan解散後のソロ一発目がこんな歴史的名盤に。語るまでもない、捨て曲のないアルバム。なにより当時、このジャケットに惚れてしまいました・・・PVになっているのは「NEW FR ... » more
テーマ 80年代洋楽 AOR

AORバー店主の優雅な日常AORカレンダー
AORカレンダー 知る人ぞ知る関西のカルト教団ならぬ楽団、Osaka AOR Project。http://homepage3.nifty.com/osaka_aor_project/top_index.html元工作員さんが数名在籍して ... » more
テーマ AOR  コメント(2)

武道館にAOR3人男揃い踏み 遅きに失した感もありますが、いちおうこちらにも書き残しておきます。たしか発表になって前売りが始まったのが7月?そのときは「まだまだ先だな〜」なんて思ってましたが、あっという間にその日が、という感じでしたね。 ... » more
テーマ AOR  コメント(4)

久しブリにAOR系のライヴへ… これはまた渋い組み合わせで来日してくれたものです。COTTON CLUB での、Bruce Gaitsch、Janey Clewer &Marc Jordan。このご夫婦とMarc は ... » more
テーマ AOR  コメント(2)

 

最終更新日: 2016/11/20 09:34

「AOR」のブログ関連商品

» 「AOR」のブログレビュー をもっと探す

「AOR」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

Twin Sons of Different Mothers の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Twin Sons of Different Mothers
Sony Dan Fogelberg

ストレンジャー・イン・パラダイス(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ストレンジャー・イン・パラダイス(紙ジャケット仕様)
SMJ ドウェイン・フォード

Photoglo の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Photoglo
Celeste ジム・フォトグロ

Fool in Love with You の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Fool in Love with You
Celeste ジム・フォトグロ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る