誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    哲学・思想

哲学・思想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「哲学・思想」のブログを一覧表示!「哲学・思想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「哲学・思想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「哲学・思想」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

『反哲学入門』木田元 『来るべき蜂起』不可視委員会 このところ本ブログを訪れてくれる人が増えていてとても嬉しいです。御礼を言います、ありがとうございます。残念ながら「ブログ気持玉」もコメントも殆ど貰えてないのですが、唯一例外が『鴎外の恋舞姫エリスの真実』の回で、「気持玉」を6個も頂き ... » more
テーマ 哲学・思想

憂鬱な日々くじらと生きる太地町
くじらと生きる太地町 和歌山県太地町を訪問しました。その理由は、過日のブログ「クジラの缶詰など」と「シーシェパードはKKKと同じだ」をお読みいただければお分かりになると思います。そう、要約すれば、「私はクジラを食べたいわけではない ... » more

昔、南の島の王が「文明国」に招かれて人々の慌ただしい暮らしぶりを見て帰国し、「『文明国』には我々の知らない『仕事』というものがあり、何が楽しいのか全員が朝から晩までそれをやっている」と言ったとか言わなかったとか。自らと家族の生活の糧 ... » more
テーマ 哲学・思想

フリーノート漫画による教えと名言
漫画による教えと名言 一部の偏見だと思うが、漫画って小説とかよりも格下に見られがちなところがある。私としては、漫画も小説も同じだと思うんですけどね・・・ただ単純に文字だけで伝えるか、絵を入れて伝えるかの違いだけだと思うんですよ ... » more

サイトマップに対する考え方 ブログで記事が増えてくると、過去の記事を見たくても検索するのに時間がかかりますね。正直カテゴリーもあるし、大丈夫だろうという気持ちがありました。でも、よくよく考えてみると、カテゴリーから探すのも結構面倒ですよ ... » more

フリーノート見てもらうことの美学
見てもらうことを意識するとちょっとでも良くしようと頑張れる。今だからこそそのことの意味がわかるような気がします。ブログもそれが当てはまる。人に見てもらうことを前提としてブログ書いているので、わからないことは、 ... » more
テーマ 哲学・思想

フリーノート褒めることの重要さ!!
これは、私に初めてアフィリエイトを教えてくれた恩師の受け売りだが、人間って厳しくされるよりも褒められた方が力が出るみたいです。私も褒められた方が伸びるタイプで、会社員時代やバイト時代、いつもけなされてきた。どんなに頑 ... » more
テーマ 哲学・思想

フリーノート新しい習慣とその恩恵
皆さんこんばんは。まさやんです。ブログをはじめてから、いろんな方にお声をいただくようになり、楽しい日々を過ごしています。とはいうものの・・・ブログを本格的にはじめるまで、私自身、どん底を体験し、苦しい毎日 ... » more
テーマ 哲学・思想

フリーノート駅伝とお正月
我が家では、お正月は必ず、ニューイヤー駅伝・箱根駅伝をテレビで観戦するという、伝統行事があります。だから、朝起きて、ニューイヤー駅伝を家族で観出したとき、お正月が来たことを意識します。朝食にお餅を焼いて、 ... » more

フリーノート目標とモチベーション
以前、目標設定とモチベーションに関して、哲学めいたものを聞いた記憶があります。このブログも、お蔭様で、1000アクセスまでもう一歩まで来ました。もちろんアクセス数を、稼ぐ為だけにやっているわけではないけれど、 ... » more
テーマ 哲学・思想

フリーノート失敗は成功の元
以前から、仕事で、失敗するとすごく怒られます。もちろんミスをしている以上、怒られるのは当たり前でしょう。それゆえなのか、この時代は、何故かミスの擦り付け合いをしていることが目立っているような気がします。特に、会社 ... » more
テーマ 哲学・思想

私は、昔から作文とか苦手やったので、文章能力は乏しいと思ってます。もちろん、ブログである以上文字で、気持ちを伝えなければいけないわけで、多少なりとも、文章能力は必要なのでしょう。ですが、私は、事実ブログでわずかで ... » more
テーマ 哲学・思想

岩佐茂編『マルクスの構想力』をぼちぼち読んでいます。明石英人「疎外論とイデオロギー」は、『ドイツ・イデオロギー』からの読解で、マルクス・エンゲルスの共同作業であったものの主にマルクス部分を読み解いています。あらためて『ドイツ・イデオロギ ... » more

高村是懿著『ヘーゲル「小論理学」を読む』(1)を読み終わりました。少しメモを残しておきます。「このように哲学はその発展を経験的科学に負いながらも、目前にあるものおよび経験された事実をそのままに是認するのではなく、諸科学の内容に思惟の ... » more

反時代的考察の白眉、上野俊哉『思想家の自伝を読む』(平凡社新書) 上野俊哉『思想家の自伝を読む』(平凡社新書、2010年)ネットの世界が外に開かれていくのと同じぐらいに自閉しているのを見るのはたやすい。自己語り、自分探し、独り言としか思えない言葉が溢れている。そうした現代社会でこそ、あ ... » more

植民地的近代を生きた知識人、屋嘉比収『〈近代沖縄〉の知識人ーー島袋全発の軌跡』吉川弘文館 屋嘉比収『〈近代沖縄〉の知識人ーー島袋全発の軌跡』吉川弘文館、2010年前回紹介の、『沖縄戦、米軍占領史を学びなおす』(世織書房)の著者、屋嘉比収氏の、むしろ本領というべき沖縄思想史の仕事。二冊併せてぜひ読んでほしいと思いま ... » more
テーマ 植民地主義 沖縄・琉球 哲学・思想

上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店 上山安敏『ブーバーとショーレム――ユダヤの思想とその運命』岩波書店、2009年先日初めて、あるシンポジウムで著者にお目にかかりました。ご高齢にもかかわらず、というか、年齢を感じさせない、旺盛な学究心と執筆力に感服しました。 ... » more
テーマ ユダヤ教/ユダヤ人 パレスチナ/イスラエル 哲学・思想

『南方熊楠・萃点の思想』 鶴見和子 著 幼い頃から私達郷里の人間にとって南方熊楠は誇りであり、憧れであった。彼が修めた学問の分野は民俗学、人類学、社会学、歴史学、心理学、宗教学といった人文・社会科学から、植物学、生物学、動物学といった自然科学まで幅広い分野に渡る。しかも語 ... » more

『吉本隆明 語る 〜沈黙から芸術まで〜』 NHKのETV特集アンコールで『吉本隆明語る〜沈黙から芸術まで〜』を観た。糸井重里が司会進行をし、吉本隆明が自己の半生と自己の言語論について語るというものだが、以前に放送したときは、「何だ、学生運動あがりのコピー屋で女優のヒモと、時 ... » more
テーマ 哲学・思想

マンガ老荘の思想 (講談社プラスアルファ文庫)講談社 蔡 志忠 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ『自由な精神の逍遙』(荘子)『無為自然』(老子)老荘思想初心者にオススメの一冊【感謝】 ... » more
テーマ 哲学・思想

昨日、このブログを整理していて気づいたことがあります。小林多喜二を語るブログなのに、主催者である私の記事が一番多喜二のことに触れていない、ということです。う〜ん、これは少し変かなと思ってしまいました。どうも私の関心は現代にありすぎるため、政 ... » more

私が哲学の勉強しているのを知ったアキオちゃんから、『プロメテウス小説マルクス・エンゲルスの生涯』全16巻をプレゼントしていただけるとの嬉しいコメントをいただきました。マルクス・エンゲルスの哲学を学ぶにあたって、この小説は最良の入門書ですね。 ... » more

最近忙しくて皆さんのコメントに十分返事できなくてごめんなさい。土曜日はハンドマイク持ってスポット演説にビラ配り、日曜日は成長する子ども達が服が小さくなって着るものないからと買い物、月曜日は集会参加、火曜日は会議で終わった後に飲み過ぎ(?)、 ... » more

「なぜ人を殺してはいけないのですか」という若者からの問いに多くの大人は衝撃を受けた。今も、この問いを取り上げた書が出版される。本書は、「現代批判の哲学」シリーズとして2001年に出版された。このシリーズの著者は様々な分野の人たちであ ... » more

西洋の科学について論じられた本は多いが、東洋の科学を論じた書は少ない。本書は、西洋だけでなく、東洋の科学の歴史・理論を研究しようとした書といえる。東洋の科学のすべて、また意義や評価など、十分に論じられ、かつ研究されてはいないが、その研究 ... » more

人間の不平等はいつから始まったのか。いま、格差社会が社会問題になっているが、不平等の起源を問うことはこの格差を解消するために、重要な鍵となるかもしれない。本書は、1753年のアカデミー懸賞論文、「人々の間における不平等の起源はなんで ... » more

マーク・トウェインといえばどの作品が有名なのだろうか。『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』は今も読まれているのだろうか。『トム・ソーヤーの冒険』では脇役だった浮浪児ハック。ハックが主人公になることによって、同じ『冒険』ものでありながら ... » more

ルソーの『社会契約論』『人間不平等起源論』を読み解き、「現代の科学的社会主義の到達点にたって、ルソーを再評価してみようよう」とする試みの書。ルソーの人間論、人民主権論の主張を現代の視点から解いているため、新鮮でインパクトのある内容に仕上 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/25 23:07

「哲学・思想」のブログ関連商品

» 「哲学・思想」のブログレビュー をもっと探す

「哲学・思想」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る