誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    帝王切開

帝王切開

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「帝王切開」のブログを一覧表示!「帝王切開」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「帝王切開」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「帝王切開」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

・帝王切開後の母体の回復には、適切な鎮痛剤を見つけることが重要である。本研究の目的は、帝王切開を受けた女性のクモ膜下モルヒネとフェンタニルの鎮痛効果を比較することであった。・本無作為化非盲式並行群対照試験では、該当参加者は 占領され ... » more
テーマ くも膜下フェンタニル くも膜下モルヒネ 帝王切開

・インピーダンス・カルジオグラフィ(ICG)は、連続的な血行動態モニタリングのための非侵襲的なツールである。本研究の目的は、待機的帝王切開を受ける健康な患者で、フェンタニルを併用したレボブピバカイン 6mg(GL6) vs 8mg(GL8) ... » more
テーマ 帝王切開 インピーダンス・カルジオグラフィ

・エフェドリンは、α-およびβ-アドレナリン作動性受容体に対する刺激作用のために、帝王切開に際しての脊椎麻酔時に、母体血圧を維持するための第一選択薬として従来考えられていた。ノルエピネフリンは、弱いβ-アドレナリンと強力なα-アドレナリン受 ... » more
テーマ ノルエピネフリン 帝王切開 エフェドリン

・術後疼痛(POP)の治療における最近の進歩により、手術患者の生活の質が向上している。本研究の目的は、同様のな外科手術後の患者と比較して、帝王切開後の患者における POP 管理の質を分析することであった。・これは、大学病院で同等の腹 ... » more
テーマ 術後疼痛 帝王切開

・著者らは、手術室到着から執刀までの時間間隔に影響する要因を調査するために、帝王切開を受ける女性について 5 年間の後ろ向き的コホート研究を行った。・Cox 比例ハザード回帰モデルを用いて、カテゴリー 1 の帝王切開について、時間事 ... » more
テーマ 新生児転帰 帝王切開

・生理学的に腹腔内圧(IAP)が高くて身長が低い患者では、一定量のブピバカインを投与した後、脊椎麻酔の頭側への広がりが大きいことがしばしば観察される。そこで、著者らは本前向き研究を計画して、IAP と脊柱の長さ(VCL)が帝王切開を受ける妊 ... » more
テーマ 脊椎麻酔 帝王切開

・全身麻酔中、子癇前症の患者の気管挿管は、交感神経系の刺激とカテコールアミン放出を引き起こし、母体および新生児の合併症につながる可能性がある。研究の目的は、子癇前症患者の気管挿管に対するストレス反応と循環動態反応の両方を軽減することだある。 ... » more
テーマ 子癇前症 帝王切開 デキスメデトミジン

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、帝王切開分娩を受けた女性の脊椎麻酔後に最もよく認識される合併症の 1 つである。本研究は、ヨルダンで帝王切開を受ける女性における PDPH の発生率とその関連リスク要因を調査することを目的としていた。 ... » more
テーマ 硬膜穿刺後頭痛 帝王切開

・ペンシルポイント針のベーベルの向きが帝王切開脊椎麻酔での等比重ロピバカインとフェンタニルの有効量の中央値(ED50)に及ぼす影響に関するエビンデスはほとんどない。・この前向き二重盲式順次割り当て研究では、脊髄硬膜外麻酔を併用した帝 ... » more
テーマ ペンシルポイント針 帝王切開

<ハイライト>・デキサメタゾンが帝王切開後のオピオイド消費量に及ぼす影響について検討した。・オピオイド使用および疼痛スコアは、帝王切開後 12 時間で減少した。・デキサメタゾンは、投与後 24 時間のオピオイド使用と疼痛スコアを ... » more
テーマ デキサメタゾン 帝王切開

・硫酸マグネシウムとミダゾラムは、クモ膜下および硬膜外経路を介して局所麻酔薬の補助薬として使用され、ブロックの質を高め、術後鎮痛を延長する。本研究では、待機的帝王切開術を受ける子癇前症患者の脊髄硬膜外法の一部として硬膜外投与の等張ロピバカイ ... » more
テーマ 帝王切開 クモ膜下硫酸マグネシウム クモ膜下ミダゾラム

・妊娠関連の開腹術は重要な介入であるが、文献では小規模の症例対照研究または単一施設研究に限られている。著者らは、高所得国における重度急性母体合併症(SAMM)に関連した産後開腹術の全国発生率を特定し、出産後開腹術のリスクが出産様式によって異 ... » more
テーマ 開腹術 帝王切開

・子宮平滑筋腫は、よく見られる良性腫瘍であり、妊娠や周術期の様々な合併症のリスク因子である。周産期出血は、母体死亡を引き起こす可能性のある最も重大な合併症である。平滑筋腫と周産期出血の関係が示されているが、帝王切開後の大量出血の予知因子とし ... » more
テーマ 大量出血 子宮筋腫 帝王切開

<ハイライト>・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症は、妊産婦ではよく見られる。・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症の正確なメカニズムは不明である。・モルヒネと 5-ヒドロキシトリプタミン受容体との相互作用が重要な役割を果たしている可能性があ ... » more
テーマ クモ膜下モルヒネ 掻痒症 帝王切開

<ハイライト>・本研究では、帝王切開分娩中の腹腔内クロロプロカインの使用について記載している。・腹腔内クロロプロカインは、脊柱管ブロックの補助剤として投与した。・32 人の患者に平均投与量 11.8 mg/kg のクロロプロカイ ... » more
テーマ 腹腔内散布 帝王切開 クロロプロカイン

<ハイライト>・血小板数の低い女性は、出産のために神経ブロックから除外されることがある。・全身麻酔率は、血小板数の低い女性で高くなる。・血小板数が 100,000/μL 未満の女性のうち、308 回の脊柱管ブロックについてのデー ... » more
テーマ 帝王切開 血小板数

<ハイライト>・本研究では、150μg のクモ膜下モルヒネ後の軽度の酸素飽和度低下が一般的であった。・酸素飽和度低下は、クモ膜下モルヒネ投与の 4〜8 時間後に最も頻繁に発生した。・肥満とベルリンアンケート陽性は、軽度の酸素飽和 ... » more
テーマ クモ膜下モルヒネ 脊椎麻酔 帝王切開

・研究の目的は、小腸閉塞の発生率に及ぼす帝王切開の関連性を評価することである。・著者らは、英国臨床診療研究データリンクを用いて、1998 年から 2007 年に、初回生存出産した全女性の住民ベースのコホートを作成した。女性は 201 ... » more
テーマ 小腸閉塞 帝王切開

・脊椎麻酔後血圧低下は、帝王切開分娩時のよく見られるな母体合併症である。妊娠子宮による大動静脈の圧迫は、脊椎麻酔後低血圧症の促進因子として想定されてきた。くも膜下ブロック(SAB)後の母体心拍出量を改善する上での左傾斜位の役割は不明である。 ... » more
テーマ 側方傾斜 帝王切開

・帝王切開脊椎麻酔後の低血圧はよく見られる。それは嘔気嘔吐、胎児アシドーシスと関連している。フェニレフリンに関するこれまでの研究では、肥満患者は除外されていた。著者らは、脊椎麻酔誘発性低血圧の治療のためにボーラス投与を受けた患者と比較して、 ... » more
テーマ 帝王切開 フェニレフリン

・研究の目的は、帝王切開患者で鎮痛効果のための静脈内マグネシウムの使用に関するエビデンスを要約することであった。帝王切開後痛には、効果的な鎮痛が必要である。マグネシウムは、N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬とカルシウムチャンネルブロ ... » more
テーマ 硫酸マグネシウム 帝王切開

・ノルエピネフリンは、帝王切開分娩に際しての脊椎麻酔中、血圧を維持するためのフェニレフリンの代替薬としての可能性がが研究されており、妊婦の心拍数と心拍出量の低下が少ないという利点を有している。しかしながら、これらの 2 種類の昇圧剤の相対的 ... » more
テーマ ノルエピネフリン 帝王切開 フェニレフリン  トラックバック(1)

・動物実験からのエビデンスによれば、全身麻酔薬は、動物の発達中の脳では、用量依存的に神経変性を誘発しる。これは血液 S100βの測定によって確実に決定され得るが、この相関はヒトにおいては依然として不明である。著者らは、帝王切開中に、硬膜外麻 ... » more
テーマ S100β 帝王切開

・脊椎麻酔は低血圧のリスクを伴う。著者らは、脈波変動指標および灌流指数が母体の容量状態を評価し、帝王切開後の脊椎麻酔後に低血圧を発症する高リスク患者を特定できると仮定した。・待機的帝王切開分娩を受ける 50 人の患者が登録された。全 ... » more
テーマ 脈波変動指標 脊椎麻酔誘発性低血圧 帝王切開

・酸素濃度 35-40% の母体吸入は、胎児の酸素分圧に有意な影響を及ぼさず、60-100% は母体と胎児の高酸素血症を生じ、フリーラジカル活性が増加させた。帝王切開(CS)中の、母体の 50% 酸素吸入が、胎児酸素化、酸素化ストレス、総抗 ... » more
テーマ 酸素吸入 帝王切開

・帝王切開分娩(CD)は、産後感染のリスクを 5〜20 倍増加させる。手術部位感染(SSI)の予防は、予防的抗生物質投与の目標である。本研究は、抗生物質予防投与の最適タイミングを評価し、胎盤関門を通過する抗生物質の量を評価するために行った。 ... » more

・米国女性の肥満の割合は増加し続けており、肥満は帝王切開分娩後の手術部位感染(SSI)リスクの増加と関連している。帝王切開分娩を受けるこの高リスク集団における最適な周術期抗生物質予防処方は不明である。研究の目的は、帝王切開分娩後 48 時間 ... » more
テーマ 手術部位感染 肥満 帝王切開

・帝王切開分娩(CS)に際して、陣痛用の硬膜外鎮痛(ELA)から手術用の硬膜外麻酔(ESA)への転用はしばしばうまく行かず、術中疼痛みをもたらす。脊椎麻酔(SA)は、ESA よりも緻密な知覚ブロックを提供する可能性がある。この前向き非盲式平 ... » more
テーマ 硬膜が無痛分娩 帝王切開

・全身麻酔導入中のオピオイドの投与は、産科麻酔における課題である。本研究の目的は、待機的帝王切開手術で生まれた新生児の 1 分と 5 分 Apgar スコアに及ぼす全身麻酔導入前の静脈内フェンタニルの効果を調査することであった。・イ ... » more
テーマ フェンタニル 帝王切開

・オピオイド併用脊椎麻酔下での帝王切開後の掻痒の発生率は、50%〜100% の範囲と高い。掻痒は予防するのが難しい。しかしながら、ペンタゾシンは有効な治療であることが示されている。それにもかかわらず、掻痒感に対するペンタゾシンの予防効果は明 ... » more
テーマ クモ膜下モルヒネ ペンタゾシン 帝王切開

 

最終更新日: 2018/05/06 12:43

「帝王切開」のブログ関連商品

» 「帝王切開」のブログレビュー をもっと探す

「帝王切開」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る