誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カンボジア

カンボジア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「カンボジア」のブログを一覧表示!「カンボジア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「カンボジア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「カンボジア」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

宮古は明日から3月いっぱい20℃以上の予報 家内、カンボジアを旅する(5のA)ー「大プリア・カン」 3月1日(火)晴れ最高気温17℃最低気温13℃北東の風海上風速15m今朝、久しぶりに日の出を見た。”AccuWeather.com”によれば、宮古は明日より3月いっぱい最高気温が20℃以上の日が続くとの予報を ... » more

失敗は成功の元ー燻製作り 家内、カンボジアを旅する(5の@)ー「大プリア・カン」に到着するまで 2月27日(土)曇りのち雨最高気温22℃最低気温17℃南東の風海上風速11m一昨日は上野のNさん宅で、いつもの燻製づくりを楽しむ。落ちたサーモン参加者の1人が試みにサーモンを吊るしたところ、下に落ちてしま ... » more

家内、カンボジアを旅する(4)ーコンポントムの市場探検 2月25日(木)曇りのち晴れ最高気温17℃最低気温15℃北東の風海上風速15m『』内は家内の言葉です。3日目『コンポントムのホテルの窓から 昨日露店が並んでいた場所に、バイクで引っ張ったリヤカ ... » more

ぐてんぐてんー「ジュウルクニツ」 家内、カンボジアを旅する(3のA)ーサンポール・プレイ・クック 2月24日(水)雨のち曇り最高気温18℃最低気温16℃北東の風Kさんご先祖のお墓の前昨日、宮古は「16日祭(ジュウルクニツ)」。※16日祭(ジュウルクニツ)→「旧暦1月16日に行われる行事で、 正月元旦が生きてい ... » more

家内、カンボジアを旅する(3の@)ーコンポントムの露店など サツマイモが小さな可愛い花を咲かせたよ 2月23日(火)曇りのち雨最高気温21℃最低気温20℃南風のち北風海上風速17m「」内は家内の言葉です2日目「トンレサップ川に架かるカンボジア日本友好橋を渡って国道6号を北西に進みます。※トンレサ ... » more

家内、カンボジアを旅する(2)ー旧正月、国立博物館の見学など 2月21日(日)晴れ最高気温19℃最低気温15℃北風のち北東の風海上風速15m「」内は家内の言葉です。2日目「プノンペンでは観光せず、国立博物館の見学のみです。ホテル出発が7時40分そんなに早く行 ... » more

家内、カンボジアを旅する(1)ー首都プノンペン 2月20日(土)曇りのち雨最高気温20℃最低気温17℃北風海上風速17mGoogle様よりお借りしました。家内が実姉と7泊9日(2/6〜2/14)の旅程で、カンボジアを旅してきた。カンボジアと聞き、当初、狂気のポ ... » more

1月18日放送の「世界丸見えテレビ特捜部」で、カンボジアのアキラさんが取り上げられた。【地雷除去にたった一人で挑んだ男】勇気と集中力で、地雷を素手で撤去するというまさに神業の持ち主がいるという。誰から教わることもなく、独学で始め ... » more
テーマ カンボジア

カンボジアM 自分用お土産(最終号) 長い間、カンボジア旅行記にお付き合い頂き有難うございましたアンコールワットのマグネット冷蔵庫に張り付けていますが素敵でしょう! ... » more

シェムリアップbU トンレサップ湖とお土産 (最終号) 最終号になります。東南アジア最大の湖とお土産いろいろをご覧くださいませ教会と小学校に物売りの舟ヒマラヤ山脈の雪解け水が大河メコンへ流れ各地に降るス ... » more

ミモザ カンボジアL トンレサップ湖
カンボジアL トンレサップ湖 東南アジア最大の湖トンレサップ湖クルーズでの観光をしてきました船乗り場と乗船した船ヒマラヤ山脈の雪解け水が大河メコンへ流れ各地に降るスコールを吸収し蓄積された大 ... » more

ミモザ カンボジアK 南国の花々
カンボジアK 南国の花々 ホテルの庭園は広大でいろいろな花が咲き乱れていました水連ホテル内のあちこちに飾られていて最初見た時には着物地で作られた作り物だと思いましたが・・・ホテルの池でこのような ... » more

シェムリアップbT アンコールワット第3回廊と壁画 アンコールワットの中でも第3回廊だけは上ることが出来ました。壁画と合わせてご覧くださいませ第3回廊王だけが入ることが許されていた神聖な場所です。 ... » more

カンボジアJ ホテルメリディアンアンコール 毎回宿泊ホテルでの食事でしたが今回はメディアンホテルでのランチにしましたセットメニューワンプレートにご飯・カレー・スープ・サラダ・春巻きがまとめて乗っていますね{ ... » more

カンボジアI アンコールワット第3回廊 アンコールワットの記事が前後になりました。アンコールワットでは第3回廊だけは見る事が出来ました王だけが入ることが許されていた神聖な場所だったそうです。第3回廊に上りますが ... » more

シェムリアップbS (郊外の遺跡とアプサラダンス) シェムリアップ郊外にある遺跡2か所と古典舞踊のアプサラダンスをご覧くださいませパンテアイサレム遺跡バンテアイサレムは(サムレ族の砦)という意味を持つ寺 ... » more

カンボジアH アフタヌーンティーとランチ ホテルでのアフタヌーンティとランチはボリュームがあって美味しく頂きましたアフタヌーンティーセット3段に盛られたサンドイッチやケーキは甘さ控えめで美 ... » more

カンボジアGパンテアイスレイ遺跡とパンテアイサムレ遺跡 シェムリアップから車で1時間の所に(東洋のモナリザ)と呼ばれている女神様がいました(東洋のモナリザ)と呼ばれている女神さまは有名です。あまりにも距離が遠くて拡大しましたが ... » more

シェムリアップbR (アンコールトム) アンコールトムは(大きな都)を意味しバイヨン寺院を中心に12qの城壁に囲まれていましたチケット売り場まず、こちらで3日間利用可能のチケットを購入します。最初に係りの人が写 ... » more

ミモザ カンボジアF ホテルモーニング
カンボジアF ホテルモーニング ホテルモーニングにはたくさんの品数があり目で楽しみながら良く味わいました朝食の定番(クイティウ)ツルツルと喉ごしのよい米粉の麺です。さっぱり薄味の豚骨スープにスダチを絞っ ... » more

カンボジアE アプサラダンスショー鑑賞 カンボジアが誇るクメール文化の華(アプサラの踊り)を堪能してきましたアプサラダンス9世紀頃に生まれた、この宮廷舞踊はアンコール遺跡のレリー ... » more

シェムリアップbQ (アンコールワットの朝・昼・夕の姿) 深い密林の中に残された寺院都市アンコールワットの朝・昼・夕の姿をご覧くださいませ朝日テレビや雑誌で見たアンコールワットの朝日早朝5時過ぎには写真 ... » more

カンボジアDアンコールパレス リゾート アンド スパ アンコールワット滞在中連泊したホテルです。広い敷地に広い庭園くつろぐ事が出来ましたホテルの看板クメール文字で書かれていますね。よく見るとクメール文字は絵画的に見えて ... » more

ミモザ カンボジアC タプロム
カンボジアC タプロム ガジュマルの巨木が神秘的な寺院でしたガジュマルの巨木ジャヤバルマン7世が、母の菩樹寺として建立した。ガジュマルの巨木が遺跡に絡みつき現在も発見当時の姿を ... » more

シェムリアップの旅(bP) 日本からカンボジアまでの直行便はなく、ベトナムでの乗継でしたシェムリアップ国際空港とカンボジア航空新しくてカンボジア風の建物は素敵でしょう!シェムリアップ国際空 ... » more

カンボジアBアンコールトム(王宮周辺) 王宮は木造であったために、その跡は残っていませんでしたピミアナカス空中回廊を意味し、3層からなるピラミッド型の遺跡です。搭にはナーギー神という9頭のへびが宿っていまし ... » more

カンボジアAアンコールトム(バイヨン寺院・バプーオン) アンコールトムは(大きな都)を意味し、バイヨン寺院を中心に12qの城壁に囲まれていました四面仏が並ぶバイヨン寺院遺跡内のあちこちに面白いアングルが隠れていました。王の ... » more

カンボジア@アンコールワットの朝日と夕日 深い密林の中に残された寺院都市アンコールワットの朝日と夕日をご覧くださいませ早朝5時には朝日を見る場所へ暗くて懐中電灯を照らしながら目的地へ着きました ... » more

成田→ホーチミン→シェムリアップ 成田→ホーチミン→シェムリアップの順に・・・写真は逆にシェムリアップ→ホーチミン→成田の順にUPしますねシェムリアップ国際空港(カンボジア)カンボジア航空のマー ... » more

「アンコール・ワットへのみち」展でアンコール王朝の石像彫刻は日本にも関係があることを学びました 昨年、カンボジアのシェムリアップで訪れたアンコール国立博物館。充実した展示作品のようでしたが、限られた時間の中で、展示解説は外国語でよくわからず理解できなかったことが多くて、鑑賞した後にはモヤモヤしたものが残っていました。今回、京都 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/11 12:56

「カンボジア」のブログ関連商品

» 「カンボジア」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る