誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江川卓

江川卓

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「江川卓」のブログを一覧表示!「江川卓」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「江川卓」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「江川卓」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「真実の一球 怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか」松井優史著(竹書房 1,500円) 「真実の一球怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか」松井優史著(竹書房1,500円)真実の一球―怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか竹書房 松井 優史 Amazonアソシエイト by 真実の一球 [ ... » more

高校野球時代からノーヒットノーランや完全試合、奪三振記録などを残した江川卓投手は「怪物江川」と呼ばれる逸材だった。その彼が、法政大学4年生の時にドラフト会議でクラウンライターライオンズに1位指名されるが拒否。その後アメリカに留学し、翌年のド ... » more

後ろ盾失った江川の巨人監督は? 人情厚い渡辺会長どうする?・・・ZAKZAK 後ろ盾失った江川の巨人監督は?人情厚い渡辺会長どうする?http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110426/bbl1104261136000-n1.htmZAKZAK201 ... » more
テーマ ZAKZAK 野球 江川卓

連日熱戦の続く夏の甲子園…。Number 759号「甲子園涙の名勝負 神を見た夏。」40頁。甲子園最高投手は誰か。…「江川。格別」確かに…桑田よりも…松坂よりも…田中将よりも…ダントツ江川。記事を読むとホントに凄いピッチ ... » more

涙 見逃した方 8/1再放送必見 20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説 江川西本 小谷奥野 いろんなドラマ、人間模様があったのですね。20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影 封印された涙の理由http://www.tbs.co.jp/rival09/シンクロ小谷実可子と奥野史子巨人エース江川卓と西本聖 ... » more
テーマ ライバル伝説 光と影 江川卓 小谷実可子  トラックバック(1)

The japanese life 江川卓さん
江川卓さん 江川卓さんは憧れのピッチャーでした。プロに入ってからは、一発屋とか言われ、いいピッチングをしながらもホームランを打たれることをよく指摘されていました。江川さんはまっすぐ(直球)とカーブを主体としたピッチング。その ... » more
テーマ 作新学園 江川卓 巨人

江川卓 『ドストエフスキー』ドストエフスキーと直接向き合う人のために 新書版で「ドストエフスキー」と表題されていればこれはドストエフスキーのひととなりをを概説したもので、これからその作品群を読み始める人のためのいわば入門書かと思われがちである。あるいは一般教養として、この世界史的な文豪をちょとかじっておこ ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦12 若者たちが企てた「革命」とは? ペテルブルグから少し距離のある地方の県庁所在地で若者たちは「革命」の烽火をあげることを意図するのであるが、はじめに通読した限りではだれがなんのためになにをしたのかががアタマに入りませんでした。そこでこの骨格だけは整理しておく必要がありま ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦11 宗教論4 巻頭に付せられているもう一つのエピグラフはプーシキンの詩です。どうあがいてもわだちは見えぬ道踏み迷うたぞなんとしょう?悪霊め(オニめ)に憑かれて荒野のなかを堂々めぐりする羽目か………………………あまたの悪霊め ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦10 宗教論3 スラブ民族にも10世紀ぐらいまでは日本民族と同じようなカミサマがいました。ただスラブ民族は9世紀以前には文字を持たなかったためにこういう神話が記録としては残っていないようです。神殿があって、雷神ペルーン、家畜と富の神ベーレス、太 ... » more

ドストエフスキー 『悪霊』への挑戦6 時代背景<革命運動>2 こうした反政府思想の広範なたかまりの中で文壇デビューまもない20代のドストエフスキーが直接巻き込まれた政府による弾圧事件がありました。ペトラシェフスキー事件です。外務省翻訳官・ペトラシェフスキーの家に若いインテリゲンチャが集まっ ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦5 時代背景<革命運動>1 ロシアの革命思想といえばせいぜい20世紀初頭のボルシェビキ政権を樹立したマルクスレーニン主義を思いつく程度だから、その前夜にあたるこの当時の反政府思想にいたってはまるで見当もつかない。ところがこの小説ではいろいろな登場人物がいろいろ ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦4 時代背景<農奴解放令> 物語は1869年の秋から冬にかけてロシアのある地方都市とその郊外にあるスクヴォレ−シニキという領地を舞台に展開する。この大領地を所有者し、地方政治にも強い影響力を持つ資産家がスタヴローギン家の女主人ワルワーラ夫人である。この地方都市でワ ... » more

ドストエフスキー『悪霊』への挑戦3 腹を固めて読みましょう3 イーゲルさんからこんなコメントをいただきました。ブログ村経由で辿りついたイーゲルと申します。『悪霊』は9度目の挑戦でようやく一周読んだ程度、もう「ナナカマド以下」という位置づけで息切れしながら読みました。私が読んだのは新潮文庫版 ... » more

『罪と罰』の入門書? 江川卓 『謎解き「罪と罰」』 著者は他界されているがロシア文学翻訳の権威で訳書にドストエフスキー『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』ソルジェニーツィン『イワン・デニーソヴィチの一日』パステルナーク『ドクトル・ジバゴ』など多数ある。この書は帯に「難しいと思っていま ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 04:29

「江川卓」のブログ関連商品

» 「江川卓」のブログレビュー をもっと探す

「江川卓」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る