誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    セカンドライフ

セカンドライフ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: ネットサービス
類似テーマ: セカンドライフ Second Life
テーマ「セカンドライフ」のブログを一覧表示!「セカンドライフ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「セカンドライフ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「セカンドライフ」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

電子タバコが以外に流行っててビックリ!! 電子タバコ専門通販ECSもう結構始めている人もいて「え?今?」って思っている人も居るかも知れないですが・・・。私的には全然最近の話なので載せまぁ〜すなんの雑誌か?新聞か?TVで見たのか本気で忘れ ... » more

金はかけずに、時間は豪華に!?かける非日常のJR大回り乗車。先週はとうとう行かずじまい。結構庭いじりが多かったせいか。今日は銚子方面に行ってきました。新松戸ー(常磐線)-我孫子ー(成田線)-成田ー(成田線)-松岸ー(総武本線 ... » more
テーマ JR一筆書 鉄道 セカンドライフ

セカンドライフの有意義な!?過ごし方JR一筆書をそろそろまたしたくてうずうずしてきた。新松戸ー南浦和ー大宮ー川越ー高麗川ー八王子(又は拝島)-立川ー川崎ー東京ー蘇我ー千葉ー秋葉原ー上野ー松戸ー馬橋なんてのはどうかな八 ... » more
テーマ JR一筆書 セカンドライフ JR大回り乗車

命日も決めたら効果! 母が過去帳を見ながら言うのです。誰々と誰々は24日、誰々と誰々は26日、お父さん(連れ合い)は27日、みんな近いのよね。誰々と誰々は幾日、誰々と誰々は幾日。何か縁があるのかしたね。きっとあるのよ。そういうことは後からの意味づけだとし ... » more

あらら、月日の経つのは夢のうち まるっと一ヵ月半ブログの更新をしてなかったんですね〜アララです。桜見物は近場のおらが町を散歩しながら今年は済ましちゃいましたが、ついでに町内の名前のついていない坂で7本の桜がそれぞれにきれいだったので「さくら坂」と名づけました。4月 ... » more

[SL] 海よ〜 おれの 海よ〜 GW も終わりですなうわああああああんんなのでヨットを買ってみました。小さいので、手ごろサイズですが、ちょっと高かったす。せっかくかったので、乗ってみたところ操縦方法がわからな ... » more

[SL] こんなこととか、あんなこととか。。。 レッツゴーセカンドライフ!!ということで、ブログをサボってFFもサボって旅行日記もサボって!!!こんなことしていました。お家の建て直しですっセカンドライフはモノを作るのが楽しいので、つ ... » more

油絵 北海道を描く 油絵北海道を描くハリストス正教会(函館)F3(273×220) ... » more

油絵 大地聡明・北海道を描く 油絵大地聡明・サンライズ摩周サンライズ・摩周F4(333×248) ... » more

Second Life Japan10 SIMの消滅・・ スパイスボックスのJapan Islands SIM群が今日で消えます。。2007/12の第二次募集に当選して、1024sqmを無償で借りる事ができました。少し思い出話を書いてみます・・それなりに立派な自宅を置いたものの、天井が低く ... » more
テーマ Second Life

油絵 SLを描く・完成しました 油絵SLを描く油絵咆哮・SLC62−3号機F15(625×530)製作開始から一ヶ月余りやっと完成を見ることができましたSLC62−31988年(昭63)通称函館山線と呼ばれる函館本線の山越え区間小樽〜ニセコ ... » more

油絵 北の鉄路を描く 北の鉄路油絵北の鉄路を描く・春陽日高路F15(652×530)北の鉄路・日高線=苫小牧〜様似間の枝線、富内線を走るキハ、富内線はすでに廃線になっている。 ... » more

WAC20周年の催しを手伝って 14日のバレンタインデーに、田町の女性しごと館で開催されたWAC(ワンダフル・エージング・クラブ)の20周年の催しを手伝ってきました。20年ですから、20年前にワンダフル・エージングの活動を始められた方も20年経ったわけですからご高齢の ... » more

油絵 サラブレットを描く 油絵サラブレットを描く優駿の親子馬F6(409×318)夏になると日高方面に馬のスケッチに出かけますが、親子3頭でくつろぐ姿は余り見かけることが出来ません実際本当の親子かは定かではありませんが、私にはそう見えた・それでよし・ ... » more

[SL] マイホームは上空 2000m ねむいっっこんにちはただいまセカンドライフで、自宅ちまちまと作っています!!バスルームテラス外観。。。まあ、仕切りがないとか、部屋がないとか壁がないとか、窓がな ... » more

油絵 サラブレットを描く 油絵サラブレットを描くシンフォニーF10(530×455) ... » more

油絵 SLを描く 油絵SLC62−3号機を描く加筆4回目ですF15号(652×530)で描いております ... » more

未完作品 SLを描く SLを描く未完作品加筆3回目冬季間は絵の具の乾きが遅く悩みの種でもありますこの作品もいつ完成を見ることでしょうか。 ... » more

油絵 北海道を描く 油絵北の鳥獣類を描く共鳴(丹頂鶴)F20(727×606)今日、網走で流氷初日を観測したらしい、これは昨年より15日遅く平年より14日遅いらしいこれは暖冬のせいか、北風のせいかはわからないが、年々遅くなってきているのは事 ... » more

セカンドライフ 油絵未完成作品群
未完成作品群 未完成作品の山?冬季は乾燥が遅く次々と筆を入れることが出来ない、次第に連作連作となっていく仕方の無い事だが10枚以上の未完の作品を抱えている、一筆入れてから乾燥までゆうに一ヶ月?はかかる、早く夏にならないかな〜。 ... » more

私の画材道具・W 画材道具キャンバス張り器・&くぎ抜き・トンカチキャンバスは殆ど自分で張っております、特に既製品の大作用は張りが弱く制作後たるむ事が多々あります。小品は既製キャンバスを使う事もあります。買い置きの筆類 ... » more

セカンドライフ 油絵私の画材道具・V
私の画材道具・V 画材道具・V手作りキャビネット使い勝手を考えてキャビネット作って使っています引き出し上段は各種絵の具下段は黄色と赤系の絵の具を入れています下段には大作用の地塗り専用絵の具20号シューブ他画溶液の保管場所。買い ... » more

セカンドライフ 油絵私の画材道具・U
私の画材道具・U 画材道具・いろいろ絵の具搾り出し機?こんな名前だったかな?便利物で重宝していますイーゼルは作品に応じて二基同時使用しております、いずれも30年来の年代物です。ローラーは大小二つ使い分けております。 ... » more

セカンドライフ 油絵私の画材道具
私の画材道具 画材道具・油絵の具油絵の具はクサカベ9号、さらには6号のミノーも同時に使用しております溶き油はクサカベ・テレピン、ポピーオイルを製作過程に応じて配分しております、又少量のシッカチーフを混入しております。パレッ ... » more

私の好きな焼き物 土と炎の伝統美。備前焼最近良いものと手に入れました、備前焼作家鈴木美基作コーヒーカップ&ソーサ備前焼作家・鈴木美基作受け皿は角皿で仕上げ、皿じたい単品としても使えますね、和菓子を乗っけてコーヒーをいただく実用的で若手 ... » more

油絵 花・色いろを描く 油絵花・色いろを描くブルーモーメント彩・感(コスモス)F3(373×220)花はコスモスを中心に多様に描いております ... » more

寒中お見舞い申し上げます 寒中お見舞い申し上げます寒椿F4(333×248)大寒とはいえ、日中はプラスの気温が続いているこの頃の札幌近郊です、生活する側からは暖冬はありがたい限りですが、札幌の冬の一大イベント雪祭り、只今雪祭りの制作準備中です ... » more

音好庵W氏宅にむかう(その2)
W氏宅にむかう(その2) 友人Wのマンションの一室に向かったのだ。この日は、彼に招かれ、そのご夫妻を中心に6人が集まった。マンションの所有する1戸を会員制文庫、私設図書館にするという。そのオープンを前にして、祝いの鍋を囲んだ。 ... » more

油絵 サラブレットを描く 優駿美F3(273×220)馬はサラブレットを中心に描いております何故赤い馬?ある夏の日の夕方、夕陽を見ようと近郊の山へ出かけサンセットを待っていると、前方に放牧されていた馬が現れその馬が夕陽と重なり真っ赤に ... » more

油絵 北の鉄路を描く 油絵北の鉄路を描く北の鉄路函館本線・塩谷海岸遠望F6(409×318)小樽と仁木をを結ぶ通称フルーツ街道塩谷海岸を見下ろすことができるスッポト下を函館本線が走っている ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 01:34

「セカンドライフ」のブログ関連商品

» 「セカンドライフ」のブログレビュー をもっと探す

「セカンドライフ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る