誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伝統

伝統

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伝統」のブログを一覧表示!「伝統」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伝統」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伝統」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

トルコ系、ムスリム系の市民の葬儀に関連する習慣のその二です。(10)トルコ系のHair(善行、慈善)*についてちなみに、次の点に留意すると興味深いものがある。すなわち、トルコ人が行う全てのHairは、全て自分のためだ、と言うこと ... » more

今回からは、2回に分けて、葬儀関連の習慣を扱います。3.トルコ系の葬儀関連の習慣(1)最初の措置ある家から死亡者が出た時、家人たち(domashnite)の最初の義務は、同人が死亡した部屋の中央にrahat dyushek* ... » more

さて、ブルガリア在住のトルコ系市民の出産関連の習慣の最後、その四です。(11)子供の成長に関わる習慣(ア)乳歯トルコ系の母親たちは、子供(rozhba)の最初に抜けた乳歯を、自宅の瓦の上に投げるという習慣がある・・・この際 ... » more

さて、引き続き、トルコ系、ムスリム系ブル市民の冠婚葬祭の出産関連のその三です。(9)出産後に関する習慣、儀礼(ア)産後51日間の母親の禁忌と7日目の子供の名前の公表産婦は、出産後51日間は、家の庭から外には出ないし、他の授乳 ... » more

前回に引き続き、トルコ系の出産関連のその二です。(7)AkikaのKurban料理関連の儀礼、習慣(ア)屠殺に際する儀礼母親は、子供を庭に連れ出し、子供の顔を東に向ける…東とは、メッカ市にある聖なるモスク「カーバ神殿」の所在 ... » more

さて、トルコ系・シーア派、そして時折Pomakというムスリム系のブル市民の間に見られる冠婚葬祭についてご紹介しています。これまでに、結婚関連で2回ご紹介しました。今回は、出産関連の習慣、伝統等です。結構この項も長いので、幾つかに分けま ... » more

今回は、前回に引き続き、トルコ系ブル市民の結婚に関連する習慣、伝統などに関するその二です。著者は、冠婚葬祭の項の最初に、「現代式」を中心として記述する、と書いていましたが、結局は、伝統、即ち昔の習慣を中心として記述されています。ここの点 ... » more

さて、いよいよブルの少数民族としては最大のトルコ系の冠婚葬祭に関してご紹介します。今回は、結婚関連の習慣で、その一です。W.トルコ系の冠婚葬祭本項については、前回のユダヤ系の項目が、原文で10ページだったのに比し、全体で23 ... » more

西郷隆盛皇室の秘儀中の秘儀 大嘗祭
皇室の秘儀中の秘儀 大嘗祭 ここのところ、ブログの更新を怠っているが、執筆活動を休止しているわけではない。現在、数年前に書き始めた「皇室と『論語』」の仕上げで手一杯で、ブログの更新まで手が廻らないからである。「皇室と『論語』」は、このブログに書き始めた ... » more
テーマ 国体 伝統 皇室

今回は、在ブルガリアユダヤ系市民たちの冠婚葬祭のその二です。出産と葬儀に関わる部分です。4.出産関連の習慣と儀礼(1)男性優位社会ユダヤ教は男性の優位性(特権)を容認していると言われる。従って、ユダヤ人社会では、男子の誕 ... » more

前回で、アルメニア系の冠婚葬祭は完結したので、次いで在ブルガリアのユダヤ系市民の間の冠婚葬祭に移ります。ユダヤ系は、アルメニア系の2倍の情報量のため、2回に分けてご紹介します。V.在ブル・ユダヤ人の冠婚葬祭1.ブルにおけるユダヤ ... » more

今回は、在ブルガリア・アルメニア系市民の間における冠婚葬祭をご紹介します。U.在ブル・アルメニア人の冠婚葬祭★前書き結婚、洗礼、葬儀に関わる家庭内の儀礼について解説していくのだが、本書ではこれらに関して、主として現代における ... » more

葬儀のその二です。(8)精進落とし(Pomen)儀礼(ア)埋葬当夜夜になると、一番近しい親戚、友人たちが、家に、「精進落とし(pomen)」のために集まってくる。この精進落としの席に座る前には、絶対事前に手を洗う。最 ... » more

さて、ブル人の冠婚葬祭の中で、今回は葬儀に関連する諸習慣を扱います。少し長いので、2回に分けます。今回は、その一です。6.葬儀に関連する諸習慣(Pogrebalni obichai)(1)人間の死に関連する歴史の逸話と諺(ア ... » more

今回は、ブル人の冠婚葬祭の中で、洗礼と歩き初めに関わる伝統、習慣などをご紹介します。4.洗礼(Krqshtavane)(1)伝統的な儀礼その昔は、新生児の洗礼儀礼は産後3日目、或は1週間後に行われたし、一番遅くとも40日以内 ... » more

さて、前回で結婚式関連を終えたので、次に出産関連の習慣に移る。今回は、1回でこの項目を完了する。3.出産関連の習慣(Obichai pri Novorodeno)(1)由来全ての新しく創設された家庭では、自らの子孫を創造 ... » more

ブル人の冠婚葬祭につき、今回は結婚式関連の慣習の最後の項です。まず、昔日本人移民の間で多く存在した「写真婚」に似た、とはいえ、より悲惨な、外国の現地にはいかずに、親元で「労働力」としてこき使われた上に、子息が出稼ぎから戻らない間に、娘が ... » more

さて、ブルガリア主要民族集団である、東方正教会系信者のブル人の結婚式をご紹介しています。今回は、その三です。当初の想定では、その三で終わる予定でしたが、実は長文故に「その四」まで立てることとしました。(12)現代版の結婚式( ... » more

さて、ブル人の冠婚葬祭の中で、結婚式に関しての記述が詳細を極めています。今回は、その二です。(6)花嫁の整髪儀礼花嫁の実家での結婚式準備の習慣の一つとしては、彼女の髪を梳(くしけず)ることと、髪を編み上げることも入っていた。昔は ... » more

さて、ブルガリア国内の各エスニック集団の冠婚葬祭をこれから扱っていくのですが、まず主要民族であるブルガリア人(オーソドックス・クリスチャン)の冠婚葬祭が詳述されています。最初に詳述されているのが、結婚式で、やはり冠婚葬祭の中でも一番の花 ... » more

ブルガリア研究室ブル人の冠婚葬祭
さて、これまで1月以来、ブルガリア在住の各エスニック集団ごとに、主として「祝祭日を中心に、その伝統的な信仰、生活形態、行事」などを見てきました。以上を、Elena Ognyanova著『ブルガリアにおける伝統と祭日』(03年出版)の第1部と ... » more

さて、いよいよジプシーの祭日に関しての、最後の項です。8月以降年末までですが、ジプシー祭日として注目されるのは、8月の2件のみのようです。9.8月2日:Ilinden(Sveti Iliya Grqmotvorets=聖エリヤ、雷の ... » more

今回は、4--5月の祭日4件を取り上げます。5.4月8日:Mezhdunaroden den na tsiganite(国際ロマの日)(1)由来4月8日、ブルのジプシーたちは、ますます国際ロマの日を祝うようになってきている。 ... » more

今回は、1--2月にかけての4件の祭日を扱います。2.1月21日:Babin Den(産婆・助産婦の日)(1)由来1月21日、tsiganite tsotsomani –pqtuvashti matrapazi( ... » more

さて、ジプシーの祭日としては、もちろん最初に位置付けられるのが新年ですが、ブル正教会は自由化後グレゴリー歴で祭日を決めるようになった(EU基準のクリスチャン行事とするため)のに対し、ジプシー社会は今でもユリウス暦を使うという。従って新年も ... » more

歴史好きの旅行好き京都葵祭り
京都葵祭り 京都に二泊三日で葵祭りを見ながらの観光に出かけた。 I went on a three-day-trip to Kyoto to see Aoi-matsuri and some local sights. 葵祭りは下賀茂神社と ... » more
テーマ 歴史 伝統

前書きの後半部です。ブル・ジプシーに関して、更に概要を説明しています。(4)社会主義政権が、移動生活形態を禁止:定住化が促進された(ア)1958年の政令で、移動生活を禁止1958年、ブルの社会主義政権は、10月17日付の閣僚 ... » more

さて、少しずつ翻訳しています。今回から在ブル・ジプシー社会における祭日の項(第V部)の「前書き」部分をご紹介します。前書きは、前半、後半の2回に分けます。V.在ブルガリア・ジプシー社会の祭日★前書き(1)ジプシーのバルカン半 ... » more

皇居東御苑ボランティアガイド&神田祭 2ヵ月ぶりのボランティアガイド。ドイツのケルンからの若いゲストを案内した。彼は昨年10月から日本の大学でデザインの勉強をしているということで、日本語を少し話すことができた。ドイツは好きな国なので、時々ドイツについて聞きながら東御苑を案内 ... » more
テーマ 歴史 伝統

思想問題としての開国、そして文明開化 (その一) 西洋諸国への「開国」は「外圧」によって強いられたものだ。従来、しばしばそう語られてきた。一時声高に「攘夷」を叫んで徳川政権を苦しめ、その後一転して「開国」を容認した明治新政府の指導者にとっても、それが自己正当化しやすい物語だったから ... » more

 

最終更新日: 2018/05/21 15:03

「伝統」のブログ関連商品

» 「伝統」のブログレビュー をもっと探す

「伝統」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る