誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ベルリン

ベルリン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ベルリン」のブログを一覧表示!「ベルリン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ベルリン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ベルリン」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

立秋 & 世界陸上(ベルリン) 立秋とは良く言ったもので、8月の4〜6日は本当に暑くて参りましたが、7日の立秋から、ガクンとその暑さも落ち着いた様に感じます。とは言っても、まだまだ暑いですが。何て言うのかな・・・風が気持ちよく感じたり、夜、寝苦しく ... » more

巡回しているベルリン関係のブログで、地下鉄55番線が開通したというエントリーを読んだ。ブランデンブルク門直下――ベルリンの壁のほぼ真下――に駅があるという、20年以上前の東西分断状況下では考えられない路線が誕生したのだっ ... » more

ドイツ・ベルリンのホテルの朝食! 今回はドイツ・ベルリンのホテルの朝食を紹介します。宿泊したのは、ベルリンの「Gate Hotel」!首都で、都市部にもかかわらず、中級クラスのホテルが1泊1万円もしないのがうれしい。(ホテル代が安くなった分、うまいも ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 9 ドイツ ベルリン観光 ブランデンブルク門近くから、バスに乗り込み、西に移動目指したのはカイザー・ヴィルヘルム教会1943年の大戦時、空襲で破壊された姿を修復せずにそのまま残してあります。その横には、新しく建てられた、八角形のかわった教会が ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 8 ドイツ ベルリン観光 何故か、前回のブログがうまく公開されてなくスペイン旅行と時間が合いませんが、気にしないでいきましょうアレキサンダー広場から博物館の島に移動してペルガモン博物館のに到着またしても、工事中で、全 ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 7 ドイツ ベルリン観光 テレビ塔や、世界時計のある広場からちょっと移動するとすぐに見えてくるのが赤の市庁舎ですなかなか、珍しい色の建物でしたで、またすぐ近くにはニコライ教会これまた、ちょっと変わった感じの建物これで、この近辺の観 ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 6 ドイツ 市内 今日は1日ベルリン観光です天気は快晴気分も晴れやかてな感じで最初に訪れたのはドイツドームそしてコンツェルトハウス・ベルリンとフランスドームこの広場 ... » more

2008 夏休み 3000キロの旅 5 ドイツ ベルリンの壁 今回の旅の最大の目的地へ行く為、ドレスデンから北上します目的地はベルリン住んでる街から、国を2つ越えて、やっと到着到着時刻が夕方なので、観光は明日にする事にしてホテルチェックイン後、 ... » more

世界ツアー中のマドンナ、ベルリンのオリンピックスタジアムで公演 世界ツアー中のマドンナ、ベルリンのオリンピックスタジアムで公演【8月29日 AFP】世界ツアー「スティッキー&スウィート・ ツアー(Sticky and Sweet Tour)」中の米歌手、マドンナ(Madonna) ... » more
テーマ マドンナ ベルリン ワールドツアー

巡回しているこちらで、ベルリンに牛丼屋が開店したということを知った。生卵の代わりに温泉卵というのは、生卵を食うのは日本人だけということなのだろうと想像。うれしいのは納得できるお値段ということである。これまで短期間の旅行中 ... » more

プロイセンの伝統のオペラ ベルリン州立歌劇場 友人とオペラの話題となった。彼は、今は経済的問題もあり、オペラを楽しむ機会は少ないが、海外出張の機会を利用してウィーンなどでオペラを堪能したことは忘れられないという。最近は、東欧の引っ越し公演が価格が手ごろなので、ネットを利用して安めの ... » more

【第四十五夜】 ベルリン植物園 わたしが一週間のシベリア鉄道の旅を終えて、ベルリンに到着した経緯についてはもうすでに述べておいた。ここでは、短かった最初のベルリン滞在の際の、小さな想い出について述べてみたい。そのころのベルリンは東西を壁に隔てられていたのはご存知の ... » more
テーマ シナ体験 ベルリン 東京  コメント(2)

[承前]フィルハーモニーでベルリン・フィルを最後に聴いたのは2003年の大晦日“ジルヴェスターコンサート”である。毎年テーマがあって、この時は“ラヴェルとガーシュイン”だった。指揮はサー・サイモン・ラトル。ベルリ ... » more

[承前]1998年から3年した2001年6月にベルリンフィルの定期に行った。最初の予定ではクルト・ザンデルリンクが指揮をすることになっていたのだが、残念ながらキャンセルとなってしまった。ザンデルリンクは翌2002年に引退 ... » more

[承前]定期2回目のプログラムはすっきりしたもので、ブラームスのヴァイオリン協奏曲とエルガーの交響曲第1番というもの。指揮は、サー・ロジャー・ノリントン、ヴァイオリン独奏はナイジェル・ケネディ。実はというか、密かに楽 ... » more

[承前]この時の滞在で定期演奏会に2度出かけた。どちらも、3日ある定期演奏会のうちの初日に行っている。一つはアバドが振った盛りだくさんのプログラムで、最初『フィガロの結婚』序曲、続いてモーツァルトのクラリネット協奏曲 ... » more

[承前]と心配するほどのこともなく目指す座席にたどり着き、開演を待つ。この日の弦楽器配置はいささかというかかなり変わっていて、ヴィオラが第一ヴァイオリンのところに位置し、第一ヴァイオリンがヴィオラの隣という配置である。現 ... » more

[承前]というわけで寒風吹きすさぶブランデンブルク門からタクシー頼みでやっとフィルハーモニーにたどり着いた。この日、演奏会形式の『トリスタンとイゾルデ』の公演は、定期演奏会ではなく“特別演奏会”と呼ばれるもので、続々 ... » more

[承前]1998年11月末、初めてベルリンの地に降り立った。東西を隔てていた壁が開いて10年足らず、壁があったポツダム広場のあたりは再開発が進められていたが建物のほとんどは未完成で、赤い外装の“インフォボックス”という、 ... » more

ベルリンを訪れたのは1998年以来4回。本拠地のフィルハーモニーでベルリン・フィルの演奏会を聴いたのは延べ5回である。1998年の11月末に長めの休暇が取れることになったので、長年の懸案だったベルリンへの旅が実現した。目的は ... » more

1月9日(水)午後からセルジ・ポントワーズ大でCのプロジェ・ペルソネルに参加。なかなかよい発表だった。1月10日(木)IUFMのCHと昼の約束。関係者を二人紹介してもらう。3月に発表予定のIUFMの原稿をCTに送る。1月 ... » more

国の内外を問わず1989年という年は様々な出来事があった。日本では天皇が崩御し、元号が昭和から平成に変わっている。手塚治虫、美空ひばり、カラヤンといった“昭和”を象徴する人達が逝去している。日本のバブル経済が頂点に達し、崩壊 ... » more

ビールな日々ベルリンのビール(3)
ベルリンのビール(3) ベルリンで飲んだビール〈3〉ですMeinekestr(マイネケ通り)にある「マイネケ」というビアレストランです。ガイドブックに載っていたお店。観光客と地元客が入り混じって盛り上がっているお店で、女性ス ... » more

ビールな日々ベルリンのビール(2)
ベルリンのビール(2) こたつでビール、が旨い季節になりました。もうすぐ、冷蔵庫に入れなくてもビールの適温な季節がやってきます。ベルリンで飲んだビール〈2〉です。ベルリンへ行ったのに!バイエルン料理と地ビールのレストランへ行きました ... » more

ビールな日々ベルリンのビール(1)
ベルリンのビール(1) ポツダム広場あるベルリンの富士山と言われているらしい「ソニーセンター」内の「リンデンブロイ」というブロイハウス(ビアレストラン)で旅の第一日目に飲んだビールです。ヴァイツェンは南ドイツのビールですが、地ビ ... » more

外来のオペラ公演で『モーゼとアロン』が出るのは、1970年のベルリン・ドイツ・オペラ以来のことである。あらかじめ懸念したとおりに、音楽も舞台も十全に受け留められたとは思えないが、それでもあれこれ考えは巡らした。あちこ ... » more

モーツァルトのオペラを観るのはいつ以来だろうかというくらい、本当に久々のような気がする。先週土曜日は最終上演だった。前述したように、いつもの開演に先立つアナウンスが長々と続き、客席もやれやれという雰囲気を和らげるかのように、 ... » more

日本でおなじみの“開演に先立ちまして……”をレチタティーヴォに見立てて、アナウンスが終わるや通奏低音の終止形をサラリと奏でたチェンバロ奏者(Rupert Dussmann)GJ!《オペラのトピックス一覧》 ... » more

今日はオペラだ!ベルリン国立歌劇場日本公演『ドン・ジョヴァンニ』を東京文化会館で観る。あれやこれやの御託は後日。《オペラのトピックス一覧》 ... » more

ベルリンの闇と社会主義ブルー 1985年にソ連共産党書記長に就任したゴルバチョフが、いったいどういう男で何をしでかすかまだ不明なころ、わたしは北京発の国際列車に乗り込みシベリア経由でベルリンへ向かった。それがわたしの一年ほどの短いシナ滞在の締めくくりであった。そ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 02:14

「ベルリン」のブログ関連商品

» 「ベルリン」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る