誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ベルリン

ベルリン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ベルリン」のブログを一覧表示!「ベルリン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ベルリン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ベルリン」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

天使も大きくて 北のドイツの首飾り・184 ドイツ,ベルリン。大聖堂の上からの景色を楽しんでいます。結構広いんですね。いや,大聖堂自体がでっかいですからね。すれ違うのもやっと・・・っていうような教会も多いですから・・・。ブロンズ像の天使もそばで見ると,大人より ... » more

Domからの展望 北のドイツの首飾り・183 ドイツ,ベルリン。大聖堂の上から,ベルリンの街を見渡してみましょう。270段の階段ですか?疲れます。薄っすら汗もかきます。でも,この景色が見られますから。シュプレー川に遊覧船。たくさんお客さんが乗っていますね。 ... » more

調べに包まれて 北のドイツの首飾り・182 ドイツ,ベルリンの大聖堂。堂内に入った途端,外の喧騒から切り離されます。次の瞬間にパイプオルガンの調べに包まれます。ちょうど演奏が始まるところ。銀色のパイプが輝いています。ステンドグラス,紫色のような大理石の柱,金色の装 ... » more

見上げて 北のドイツの首飾り・181 ドイツ,ベルリン大聖堂。正面の入口。見上げてしまいます。入ったらまた,見上げてしまいます。SELIG SIND・・・幸いなるかな・・・みたいに訳すのかな。堂内にはパイプオルガンの調べが流れています。外の喧騒と一瞬 ... » more

大聖堂へ 北のドイツの首飾り・180 ドイツ,ベルリン大聖堂。ウンター・デン・リンデン通りをどんどん東へ進んで,シュプレー川にかかるシュロス橋まで来ました。すでに大聖堂は遠くからも見えていたのですが,いよいよすぐそばまでやってきました。近づきすぎるとカメラでとらえる ... » more

橋の上から 北のドイツの首飾り・179 ドイツ,ベルリン。ウンター・デン・リンデン通りも東の端までやってきました。橋があります。シュプレー川に架かるシュロス橋です。橋を渡ってしまうと,博物館島です。次の写真の左の方が「島」です。面白い欄干ですね。そんなに古いもので ... » more

大王 北のドイツの首飾り・178 ドイツ,ベルリン。第3代プロイセン王フリードリヒ2世(Friedrich II.)の像。大王(Friedrich der Große)まで付けて功績を讃えられている人物だけあって,台座にも像をあしらった立派なもの。ウンター・ ... » more

オペラ劇場前 北のドイツの首飾り・177 ドイツ,ベルリン,ウンター・デン・リンデン通り。市バスを国立オペラ劇場前のバス停で降りましょう。後ろの薄いピンク色の建物はゲルマン歴史博物館。あ,その向こうに薄っすらとテレビ塔が見えていますね。で,今,バスを降りたバス停 ... » more

ウンター・デン・リンデンを 北のドイツの首飾り・176 ドイツ,ベルリン。ブランデンブルク門から東へ伸びる通り,ウンター・デン・リンデン通りを進みましょう。英語にしたら,Under the Linden,ボダイジュの下通りでいいのかな?。この通りは,ウンター・デン・リンデン通りと ... » more

取り戻す 北のドイツの首飾り・175 ドイツ,ベルリン,ブランデンブルク門。「壁」が崩壊して20年目にここを訪れることができました。門から東へ伸びているのが,ウンター・デン・リンデン通り。(写真手前側)今は,通りの真ん中がフェンスで囲ってあって,工事現場のようです。 ... » more

ブランデンブルク門へ 北のドイツの首飾り・174 ドイツ,ベルリン。ブランデンブルク門です。門はフェンスで囲ってあって,門の真ん中をくぐることはできません。工事中みたいですね。2009年8月開催のベルリン世界陸上に関連した工事なのでしょうか。でも,これがブランデンブルク ... » more

あっけなく 北のドイツの首飾り・173 ドイツ,ベルリン。市バスに乗って東へ進みましょう。ブライトシャイト広場のバス停から100番のバスに乗ります。100番と200番のバスは観光ポイントをつないで走ってくれる二階建てバス。戦勝記念塔を過ぎて,大統領官邸を過ぎて,・ ... » more

広場に泉 北のドイツの首飾り・172 ドイツ,ベルリン。Zoo駅の近くブライトシャイト広場があります。広場の真ん中あたりには,戦争で破壊されたままの姿をとどめるカイザー・ヴィルヘルム記念教会があって,「世界の泉」っていう噴水があって,大勢の人でにぎわっています。これ ... » more

ブライトシャイト広場 北のドイツの首飾り・171 ドイツ,ベルリン。荷物を置いて,身軽になって,街を見て回りましょう。タウエンティゼン通りは真ん中に広い緑地があります。どんどん西へ向かっていけば,カイザー・ヴィルヘルム記念教会。(Gedachniskirche)戦争で破壊さ ... » more

ヴィッテンベルク広場から 北のドイツの首飾り・170 ドイツ,ベルリン。今夜はヴィッテンベルク広場に面したペンションに泊まります。部屋の窓から広場が見えます。正面に見えている建物がさっきの地下鉄の駅です。直線距離だったら,こんなに近かったのですね。広場に露店が並んでいま ... » more

広場を一回り 北のドイツの首飾り・169 ドイツ,ベルリン。今夜の宿泊は,「ペンション・クラシック」で。確か,ヴィッテンベルク広場に面して,広場の北側にあるはず。広場がペンションの前庭みたいになっているはず。今,広場には市場が開かれていて,おいしそうなにおいがしたり ... » more

ヴィッテンべルク広場駅,地上へ 北のドイツの首飾り・168 ドイツ,ベルリン。地下鉄ヴィッテンベルク広場駅。地上は明るいですね。最初に目に入る大きな建物は・・・デパート,KaDeWe(カーデーヴェー)。どっしりとでかい!ヴィッテンベルク広場駅は,その名の通り,広場の地下にあり ... » more

Zooツォー駅から 北のドイツの首飾り・167 ドイツ,ベルリン。Sバーンをツォー(動物園)駅で降りて・・・さて,今度はUバーン(地下鉄)で・・・地下の駅の壁に動物の絵。たった一駅なんだけど・・・Wittenberg(ヴィッテンブルク)広場駅へ。ベルリンの公共 ... » more

ベルリン中央駅 北のドイツの首飾り・165 ドイツの首都,ベルリン。「壁」の崩壊後20年目にして,初めて訪れます。ベルリン中央駅に定刻,13:15到着。新しい駅です。大きいです。ここからSバーンに乗りかえて,ホテルの最寄り駅まで行きますよ。でも,駅が大 ... » more

「ホロコースト記念碑」 「ブランデンブルグ門」 その3   ホロコースト記念碑(旧ヒトラー総統官邸跡)ブランデンブルグ門からポツダム広場につながる大通りは、「ベルリンの壁」が走る「東西冷戦・分断の象徴」だった。壁の崩壊後、ポツダム広場の修復後も、この一帯だけは荒地のままにずっと放置されていた ... » more
テーマ ベルリン

今日11月9日は、1989年にベルリンの壁が開放されて20年という日である。東欧ドミノ“最大の象徴”としての位置付けがされているわけだが、それに至るまでにもライプツィヒの聖ニコライ教会で行なわれた“平和の祈り”に引き続き ... » more

「ポツダム広場」の盛衰と「チェックポイント・チャーリー」 その2 「ポツダム広場」の盛衰ベルリンにて、「ポツダム広場」の名前がついたのは、1831年のことである。当初は六本の道路が交差しているだけだったが、1838年に鉄道の駅が造られると、ベルリンの中心地として急速に発展した。交通量は増すいっ ... » more

「ベルリンの壁」崩壊から23年 その1 1989年11月9日夜、東西ベルリンの人たちは歓喜と興奮に包まれていた。分断の象徴だった壁が東欧革命の流れで、ついに開放されたのだ。「ベルリンの壁」、1961年8月13日、日曜日の朝、ベルリン市民は街が分断されていることに気がついた ... » more
テーマ ベルリン

「ベルリン・ノワール」テア・ドルンほか 小津 薫=訳 扶桑社 10年近くも積んであった本。ドイツ・ベルリン在住の作家5人によるアンソロジーである。〔壁〕崩壊から10年後のベルリンを舞台としたノワール小説が5編。〈東〉が3人、〈西〉が2人ということだが、日本で読んでもその違いが明快にわかると ... » more

読話§素顔のベルリン[下]見立ててみた [承前]この人が書いた『素顔のベルリン〜過去と未来が交錯する12のエリアガイド〜』についてもう一回。ベルリンの今を描き出したエリア分けについて、私見であるという前提で、東京のどのエリアとオーバーラップできるものか無謀なる ... » more

読話§素顔のベルリン[中]重心は“東” [承前]『素顔のベルリン〜過去と未来が交錯する12のエリアガイド〜』について引き続き。ものした人はこちら。さてこのガイドブックであるが、旧来のガイドブックと決定的に違うのはエリア分けとその順序である。ありきたりの ... » more

読話§素顔のベルリン[上]気合のほど 『素顔のベルリン〜過去と未来が交錯する12のエリアガイド〜』というベルリンガイドブックである。書いたのはこの人で、気合の入った一冊を楽しんだ。ツアーでベルリンを――ベルリンに限らないが――訪れるグループはお仕着せの観 ... » more

前にも書いたことがありそうだが、台北のショッピングセンター地下にあるフードコートを眺めていて思い出したので簡単に触れてみる。“日本食が恋しい”部族に属しているが、10日間ほどの旅行で日本食を食べに行くということを暗黙で戒めて ... » more

ベルリン・マラソンのコースの説明を見ていたら、数年前旅行で見たあたりをグルグルまわるコースらしい。で、めずらしくも最初から最後まで観戦となったしだい。私も、朝の散歩が気持ちよかったのを記憶しているが、ティアーガルテンでジョギングとは ... » more

壁話§マラソン〜ベルリン世界陸上〜 勝敗がどうなるのかとは別に、ベルリンで開催中の世界陸上のマラソン中継を楽しんでいる。毎年開催されている“ベルリンマラソン”とはコース設定がまったく違うのだ。↓スタート&ゴール地点(写真はイメージです)世界陸上のコース ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 02:14

「ベルリン」のブログ関連商品

» 「ベルリン」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る