誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自己啓発

自己啓発

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自己啓発」のブログを一覧表示!「自己啓発」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自己啓発」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自己啓発」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

教員による不祥事が、新聞の記事にならない日がないという程、頻繁に起きているように感じます。教員は、人を育てるという立場上、注目されることは仕方がありません。でも、人を育てることに遣り甲斐を感じ、多くの教員がこのプレッシャーを ... » more

書籍、検証「イスラム国」人質事件:朝日新聞取材班(岩波書店、2015)を図書館で偶然目にした。朝日の記事がよかったと感じた岩波書店の方から出版を持ちかけたのが、出版のきっかけのようである。今日はその本の紹介です。本の構成は、プロローグ ... » more
テーマ IS人質事件 自己啓発

ディーン・Wが訊いた。「あなたはこの前の講義で、他人によく思われようと努めるのは偽りだとおっしゃいました。あと数分しかないんですが、この点をもう一度説明していただけませんか?」答えーーー「よい印象を与えなかったというのはどこ ... » more

スーパーマインドの教え何が愛なのか
他の人びととの幸せな生活とはなにか?それは他の人々が自発的に、おのずと、あなたの仲間となったときに生じる。人間関係の幸せはすべてこれである。報酬や脅かしの約束は、機会があれば反抗しようとする奴隷を創りだすだけだ。 ... » more

薬剤師のアル・Hは、彼自身の精神的な成熟のレベルがどんなふうに他の人々との関係に影響するのかを知りたいと言った。答えーーー「・・・・弱さというものはどうしても他の人々に嗅ぎつけられ、利用されてしまうものです。あなたは自分はこ ... » more
テーマ 読書 自己啓発

他人から受けいれられないではやっていけない人は、まだいくつかの誤った考えのもとに暮らしているのだ。そうした人は、自我をくすぐる賑やかな交際や、自信ありげな他の人々からのはげましの言葉などに、まだ価値があると思っている。彼はま ... » more
テーマ 読書 自己啓発

覚醒は闇夜の灯である。覚醒していない人の状態とはどういうものであろうか?彼は、自分が知らないのだということに気がつかない。彼は覚めていない。だから自分が覚めていないことに気がつかない。そして迷っているから、同 ... » more
テーマ 読書 自己啓発

学習経験が豊かになるについて、子どもの言葉も多くなっていきます。この言葉の獲得が、世界を広げていきます。 子どもの言葉が豊かになると、親としてとても嬉しくなるのではないでしょうか。 子どもと対等に話ができるようになると会話も弾み ... » more

スーパーマインドの教え他人の見かた
他人の悪さや弱点を、それも彼らにとっては必要なことだと見るのはよくない。むしろ、あなたが自分に与えたと同じ自己覚醒の機会を彼らに与えてやるべきである。これはセンチメンタルなものでもなく、ありもしない誠実さを、彼らにあるとして ... » more
テーマ 読書 自己啓発

私たちは、いろいろな言葉を投げかけています。相手にとってその言葉が、どれだけ影響を与えているのか、あまり意識せずに使っていることが多いと思います。この言葉をもっと意識し、意図的に使えるようになると言葉が効果的に働くことは、間違いありませ ... » more

スーパーマインドの教え敵意とは?
「敵意」というものの理解が助けになる。敵意とは、自分自身と、直視することが恐い自分自身についての事実とのあいだに障壁を立てようとする血迷った試みである。しかし敵意は寸毫も彼自身を守ってはくれない。そもそも敵意とは、そ ... » more
テーマ 読書 自己啓発

出来事があるとそれに反応し、いろいろな感情が湧き上がります。この感情をいつまでも引きずっていると、次に起きる出来事に様々な影響を与えます。気持ちの切り替えを早くすることは、感情をうまくコントロールできることにつながります。例 ... » more

他人と出会うとき、あなたにはその人達が正しいか間違っているかは分からないのだ。ただ、注意深く相手を観察しておればよい。相手がネガティブな人格特性を暴露するかどうか、おし隠された敵意、自己賞讃を表すかどうか、あるいはそれとない ... » more
テーマ 読書 自己啓発

スーパーマインドの教え真に善なる人
もともと善い人は善いことをしようと目論んで駆けまわるのではない。彼自身の善性が善を行うのであって、どこへいこうとおのずと善を行うことにならざるを得ないのである。だがこのことに気づく人は少ない。善性を具えた人は、自分が ... » more
テーマ 読書 自己啓発

いやぁ〜、今日は何もない良い一日だね。何もないのは素晴らしいことだよ。これがまさしく「足るを知る」だね。だけど、なんだか納得いかないのはなぜかねぇ。「足るを知る」って良く言うけど、「足らぬを知る」から、諦めで「足るを知る ... » more

偽りの自己感覚は誤った責任感を荷重し、それはまた自分の「道徳規範」に則って生きてはいないといった罪の意識を生みだす。このダイナマイト製造工場に起こりやすいもうひとつの幻想は、自分が実際他の人々のために善いことができるという幻想である ... » more
テーマ 読書 自己啓発

私は、心を豊かにしようと様々な体験をします。自分の世界を広げ、多くの人と関わりをもちながら、努力しています。しかし、最近思うのですが、体験から何を学ぶかは、自分次第だということです。自分の枠でもって、何を学ぶかを決めていると ... » more

スーパーマインドの教えあなたの義務
他人の問題を自分のこととすべきではない。誰かがあなたに向かって無礼を働いたとしても、なんで心を乱すことがあろうか?他人が狼狽し動顚したとき、自分もその責任を負って狼狽し動顚しなければならないことが ... » more
テーマ 読書 自己啓発

あなたよ、あなた自身の監督人であれ。あなたは自分で自分の責任をとらなければならない。自己責任に徹した人は、自分だけの力で山頂に登った人に似ている。彼は他人にたよらず、他人の意見に従わなかった。だが、あくまで草の生えた低地にい ... » more
テーマ 読書 自己啓発

慣れてくると、当たり前にしてしまうことがあります。子どもを見る目もそうです。「あの子は、こんな子だ。」「こんないいところがある。」「ここは、もう少し努力しないといけないな。」などと考えることがあります。長く関わるとその思い込みも ... » more

たいていの人は、怒った人に出会うと、自分でも怒ってしまうか、相手を宥めて(なだめて)怒りをしずめようとする。どちらも誤った反応である。賢い人なら、なぜ他人の怒りが自分にこうした反応を起こさせるままに自分は委せるのか、その訳を理解しよ ... » more
テーマ 読書 自己啓発

人間のいざこざがどうして起こるのか理解するためには、人間の本性を深く調べてみなければならない。他の方法ではダメである。何かを隠している人たちは、たとえば「平和委員会」の設置といった代替手段を提案するが、そんなものは意味がない。 ... » more
テーマ 読書 自己啓発

子どもは、大人と比べると、体験が少なく、語彙も豊かではありません。そのため、至らない事がたくさんあります。そのため、対等に接することは難しいと思われがちです。話をするときでも、言葉を選んで噛み砕いてわかりやすく話そうと努力する人もいます ... » more

もうすぐ2月です。学級経営の仕上げの時期になります。この1年間に子どもたちと関わり、子どもたちにどんな力をつけたのだろうと振り返り、次年度の準備を始める重要な時期でもあります。「わかること」と「できること」とは異なります。 ... » more

子どもが勉強をしている時、時々、漢字の書き順を間違えたり、計算ミスをしたりする姿を発見することがあります。そんな時、どのような言葉かけをされますか?間違っているので正さなければなりません。そこで、「それ、違っているよ。」と言 ... » more

先日、雪が降り、その雪解けのために、屋根にはしごをかけ、はしごに登り屋根に水をまきました。(一面太陽光発電なので、除雪して太陽に当てたかったのです。)その時、はしごがずれ、はしごの上からベランダに落ちました。2.5mほどの高さから上 ... » more

地域の住民として、月に1度の挨拶運動で、校門の前に立つ機会があります。挨拶を返してくる子もいれば、挨拶を返せない子もいます。挨拶は、コミュニケーションにとってとても大事なものです。これは、社会人になっても必要になります。 ... » more

3学期は、1年間のまとめの時期となります。1年間の子どもとの関わりも最後になります。 この1年間で子どもたちがどれほど成長したのか振り返り、次の学年につなぐ大切な時期になります。 1年間の成長は、子どもの変化として現れますが ... » more

私たちは、自分の道を究めるために、自分を磨きます。磨くためには、余分なものをそぎ落として光輝くようにします。見た姿が光って見えますが、自分の道を究める場合は、表面だけでなく、その内面さえも磨かれていきますから、深い理解が伴ってい ... » more

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。毎年思いますが、1月1日が迎えられるのは本当にありがたいです!前年がどうであれ、ここで仕切り直し! ... » more
テーマ ワークショップ等 自己啓発

 

最終更新日: 2016/12/03 17:31

「自己啓発」のブログ関連商品

» 「自己啓発」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る