誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    時の流れ

時の流れ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「時の流れ」のブログを一覧表示!「時の流れ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「時の流れ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「時の流れ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

袖擦りあうも他生の縁131 〜伝える! 伝わる! 伝えたい!〜 先日、歌劇ビジューのショーを久しぶりに見に行きました。歌劇ビジューは、OSK日本歌劇団(近鉄系旧OSK)が2003年に解散したので、その時のトップスター那月峻さんと日本歌劇学校で同期だった恋香うつるさん、彼女は既に退団し色々な場 ... » more
テーマ 継続は力 歌劇 時の流れ

ぶちょーの憂鬱大学今昔物語
最近、併設の病院に見舞いに行くことがあって、超久しぶりに母校の大学キャンパスを訪れた。私の通った大学が、私が入学した当時に新設された学校で、建物も敷地も全て新しいものであった。しかし、それから30年近く経過した。訪れたのも15年ぶり ... » more

ちいちゃんのブログ私の歌舞伎鑑賞
私の歌舞伎鑑賞 8時半に出て、歌舞伎座へ着いたら10時前。約束の時間より30分速かったけれど、このごろ電車は人身事故などで遅れることが多いので、1台前の30分早いバスにした。約束の時間になっても横浜の友人H.n子さんが来ない。「電車が動かないの。違うルー ... » more

私の「物」語りーその4ー 二枚のTシャツは、現役時代に、文化祭時、その学校で初めて担任した学年の、2年生クラスで揃えたものと、その後、生徒会指導部として文化祭の企画運営に関わっていた時に、生徒会 ... » more

私の「物」語り ーその2− 私が手にしたこれまでの携帯電話です。今では「ガラケイ」と呼ばれる、レトロな「携帯電話」ばかりです。早くにスマホにしたい・・・とは思いつつ、今日まで「ガラケイ」愛用者です。子供たちから、「通話とメールだけな ... » more

雛人形も片付けて・・・デパートでは、もう5月人形が飾られて・・・・・ 朝から雨のお天気で、気温はそれほど低くはないのですが、何か肌寒く感じます・・・昨日はいい御天気で、お雛様を片付けるのには最良でした・・・・眼面しく、ひな祭りの翌日に、片付けるなんて・・・・いつもと違いま ... » more

今日も元気だ偶然
テレビを観ていたら、母の実家と父の実家付近のニュースを続けて放映していたので偶然に驚いた。因島の隣の小さな島、生名島では中学校が廃校になるニュース、福岡県の遠賀川では鯉のぼりの風景のニュースだった。生名島は私の生まれたところでも ... » more
テーマ 時の流れ

今日も元気だ4月4日
3:30起床妹の誕生日だ。誕生直後のことを覚えている、あれから、もう孫ができる歳月が流れている、歳をとるわけだ。歯医者予定北海道の家が空いたから、暖かくなったら数ヶ月住んで、家の手入れをしようかなー、予約すれば飛行機も片道1 ... » more
テーマ 日常 時の流れ

アットランダム通信
新聞に城山三郎氏の若い頃の詩「旗」が掲載されていました。旗振るな/旗振らすな/旗伏せよ/旗たため/社旗も校旗も/国々の旗もひとみなひとり/ひとりには/ひとつの命旗伏せよ/旗たため限りあるいのちのために特攻要員 ... » more
テーマ 俳句 戦後60年 時の流れ  コメント(1)

「イデオロギーは終わった」「歴史の終焉」「近代文学の終わり」といったような言い方が、大塚英志氏の『物語消滅論」には、散見しますが、こういう言い方は、多くの言論人もしています。しかし、それは、「〜は終わった」と考える人もいるということで、生活 ... » more
テーマ 俳句 戦後60年 時の流れ

アットランダム通信CM文化と靖国神社
荒川静香選手の金メダルは、彼女の気持ちと無関係に、今後の彼女の収入大きく作用するようです。それが消費社会というものです。大塚英志氏の指摘によれば、八○年代の女性向けCMのベースにはフェミニズムがあるようです。こういう観点からすれば、『戦後6 ... » more
テーマ 俳句 戦後60年 時の流れ

アットランダム通信一行五○万円
ずいぶん昔、コピーライターについて、調べたことがあります。一九○○年、アメリカの広告代理店N・W・エイヤー&サンのコピー部創設によって専門職として定着しました。日本では戦前、広告文案家とかアドライターとか呼ばれていましたが、戦後、商品の生産 ... » more
テーマ 俳句 戦後60年 時の流れ

アットランダム通信ゾンビ
北田暁大著「嗤う日本のナショナリズム」からの引用を続けます。「この一連の儀式のなかで森が特異な身体性をメンバーによって承認・付与され、『自己否定』を『総括』へと昇華させることに成功した、……注目すべまは、森以外の人物の総括で貰い泣きが漏 ... » more
テーマ 俳句 戦後60年 時の流れ

 

最終更新日: 2016/11/20 01:53

「時の流れ」のブログ関連商品

» 「時の流れ」のブログレビュー をもっと探す

「時の流れ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る