誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    怪談

怪談

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「怪談」のブログを一覧表示!「怪談」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「怪談」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「怪談」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

雑想 心の風景 Heartscape霊感有る無し
霊感有る無し *****怪談ついでに…霊感のある人、ない人、あっても気づかない人、あろうがなかろうが興味のない人、ま、いろいろいるらしいが私は霊感というものが全くないので、霊というものが出たとしてもどういう風に見えるのか想像がつかない。今 ... » more

鬼談百景 全国的に、残暑が厳しいざんしょ!つかみはOK?タコイカ町は、立秋以来、最高気温は27℃台ですね。 ... » more

bit life1bit present  奇奇怪怪な独り言
1bit present  奇奇怪怪な独り言 蒸し暑いこの季節・・・皆様、いかがお過ごしでしょうか・・・お盆でございます・・・ちょいちょい話題に出しておりますが、私は、怪談、UFO、都市伝説 etc...奇奇怪怪な事が好きなんでござい ... » more

実際にあった怖い話9月号、読了 この雑誌でも心霊体験の募集をしているけど、創作が多い。霊能者からの話というのも怪しい。しかし、憑依されていたのを説得しましたというだけで面白い話なるわけがないしね。永久保先生はHONKOWAでは僧侶の話を書いていましたが、実 ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA9月号、読了 表紙がおしゃれな感じですね。ほとんどが漫画家先生の体験談やエッセイ的な漫画だ。永久保先生の「霊験修法曼荼羅」は単行本がでるのですか。いつものHONKOWAですね。次は「実際にあった怖い話」をいってみよう。HONKOW ... » more
テーマ 怪談

*****怪談で思い出したが豊橋にも心霊スポットの噂のある場所がある。県境の峠道で、車が一台通れる程度の両脇には草木が生い茂り、昼なお暗く、一人で歩くには少し心細さを感じる旧街道。だんだんと登りがきつくなる頃に一本のトンネルが通 ... » more

雑想 心の風景 Heartscape幽霊の日
*****洗濯待ちでアイスコーヒーを飲みながら一服。みそ汁を飲みながら一服、とか麺つゆを飲みながら一服、場合によっては長ネギかじりながら一服でもいいのだが、やっぱりアイスコーヒーを飲みながら一服ってのが一番いい。連日のうだるよう ... » more

今日きた本 HONKOWA、実際にあった怖い話、あなたが体験した怖い話、それぞれが9月号だ。3誌とも表紙に人形をつかっている。ライバル誌どうし、しのぎを削って研究しているのだろうか?HONKOWAはおしゃれな感じだ。あなたが体験した怖い ... » more
テーマ 怪談  コメント(8)

今日買った本 HONKOWA7月号を書店へ行って買った。今年になってから、オカルト漫画雑誌は買ってなかった。身近で怖いことがあったのを気がついたからだろうか。こういう話って自分と無関係だから楽しめるのだろう。闇の検証は西行か。ぼくは歴史をろくに勉 ... » more
テーマ 怪談

「超」怖い話А、再読 竹書房がこのシリーズを始めたのは2003年か。「А」は「アー」と読ませるらしい。ギリシャ文字なのか。ショートショートに分類されると思う。星新一とかのと違うのは、それを霊のせいにできたりすることだ。昔から難しいと思うのだが、シ ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

Parasol食べる
一度どうして蜘蛛が嫌いなのか訊いたことがある。加奈子さんはどうしても訊きたいのかともったいぶったあと、いや、後悔するぞとも言っていたような気がするが、ともかくあぐらをかいて語り始めた。クーラーのない夜のアパートの一室は座っているだけ ... » more
テーマ 師匠シリーズ 怪談

ぷひぷひ探検隊おまわりさん
おまわりさん 一昔前、下に示すような「おまわりさん」の等身大人形が街角に置いてあった記憶がある。が・・・・・・気がつくとほとんど見かけなくなった。時折みかける「おまわりさん」はこんな状態になっています。塗装が剥がれ、若干斜めに立っている。 ... » more
テーマ 怪談

冬は怪談の季節 なのがグローバル的にスタンダード、な気がする。『首ざぶとん』朱雀門 出角川ホラー文庫真冬の読書はさすがに年齢的にきつくなってきたが、12月に入ってから読んだ本の中では、コレが一番、良い読書だった気がする。4篇の、中編集(長さはマ ... » more
テーマ 読書 ホラー 怪談

実際にあった怖い話1月号、読了 明らかに体験談でない創作の話が2作以上あるな。こういう雑誌の肝は実際にあったということにあると思うが。だが、他の2誌もその要素を重視しなくなったようだ。面白い体験談がこなくなったということかもしれない。霊能者による数珠などが通販されてい ... » more
テーマ 怪談  コメント(6)

あなたが体験した怖い話1月号、読了 今年の年齢と西暦の生年の下2ケタを足すと11か111になる。不思議だ。来年がアセンションしないといけない年なのか。子孫や子供に祟る動物虐待か。動物にも人にも念というものがあるよな。宗教というのは、そういう念を管理するためにあるのかもしれ ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

酒呑んで暴言なう また「不適切発言」だ。発言の内容について言えば、そりゃあ不適切だろう。何かバカっぽいし。居酒屋で、嫌な上司の愚痴とかならともかく、おのれの職のデリケートな部分を話題にするというのも、社会人としてどうなの、という気もする。しかし、前の ... » more

HONKOWA1月号、読了 読者体験談の「高射砲塔」が興味深かった。どうやって、生活できているのって、感じの人だが。次は、あなたが体験した怖い話1月号だ。HONKOWA (ホンコワ) 2012年 01月号 [雑誌]朝日新聞出版 2011-11-24 Ama ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

増刊あなたが体験した怖い話vol.6、読了 「怨念の連鎖」の中絶予定の胎児を一つ目で書いているのには驚いた。よくそういう表現をするものだ。怖いという表現にも奇形で怖いという表現は控えるべきだと思うが。ウルトラマンの怪獣を考えるにあたって、円谷さんが奇形を使うのはよした。それが、例外な ... » more
テーマ 怪談  コメント(7)

今日きた本 HONKOWA1月号あなたが体験した怖い話1月号実際にあった怖い話1月号増刊号をまだ読んでいない。HONKOWA (ホンコワ) 2012年 01月号 [雑誌]朝日新聞出版 2011-11-24 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

今日きた本 増刊あなたが体験した怖い話vol..6、だ。「堕胎」「破談」などという文字が踊り、怨女特集である。これは増刊は偶数月に発売されるのだが、忘れていたので今月アマゾンに注文した。怪談漫画雑誌は女性誌ということになってしまったのか ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

「超」怖い話Τ(タウ)、読了 怪談本を読んでいると悪いものを呼ぶということがあるかもしれない。3日ほど、風邪でふせっていた。発熱はなかったのにめまいがひどかった。のっぺらぼうとか古典的な話が現在でも流れるのか。さ〜て次は、「超」怖い話、怪罪だ。「超」 ... » more
テーマ 怪談  コメント(4)

「超」怖い話煤A読了 「超」怖い話系では、霊界とか守護霊とかの話にはならないな。そういう存在ってないのかもしれないが。幽霊とかが出るというより、なにかの意思のような働いたというものが多いように思う。「ジャポニカ」の肝試しで頭の怪我に参加者があったとか。しかし ... » more
テーマ 怪談  コメント(8)

恐怖箱 臨怪、読了 パソコンが故障してネットが長いことできなかった。↑は数日前に読み終わっていた。怖いというより奇妙な結末なものが多いな。怖いって、ことで文章を作るのも難しいのだな。現在、読んでいるのは「超」怖い話狽ニ【図解】相対性理論と量子論、だ ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

あなたが体験した怖い話11月号、読了 あな怖のぶんか社と実怖の大都社は系列会社でないと思うが、巻末に霊能者のPR漫画を掲載している。どちらかがどちらかを真似たのだろうか?霊能者らしい人が漫画の監修をしているのも似ている。そして今号の第1特集が「人気芸人のゾッとする話」だ。で ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話11月号、読了 あいかわらず、自称霊能者からの話がメインだ。そして、ティーバーティーを参加費1万円で開いているらしい。特殊能力者と会うということを考えると高いのか安いのかわからない。読んでいて、なにかを売りつけるわけでもないらしい。企画者もまったくの善意で ... » more
テーマ 怪談  コメント(5)

HONKOWA11月号、読了 闇の検証、戦国呪術バトルで歴史の勉強をする。HONKOWAと名を変えて、この雑誌はぱっと見でなんの雑誌かわからないよな。それで、最初に闇の検証で歴史の勉強となる。値段を上げたのは売れないからだろうか?実際にあった怖い話のほう ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

モボとイクサと「新青年」 『パノラマニア十蘭』久生十蘭河出文庫『アンドロギュノスの裔渡辺 温全集』渡辺 温創元推理文庫『女霊は誘う文豪怪談傑作選・昭和篇』東 雅夫=編ちくま文庫急な、タメのない場面転換で秋が来たため、どうも思ったように読書が進まない。体調 ... » more

恐怖箱 籠目、読了 収録の作品が非常に読みやすい。読み進むにストレスが少ない長さなのがいい。著者の鳥飼誠先生はショートショートの才能があると思う。実話系怪談はだいたいショートショートであるが、鳥飼先生は怪談に限らず、星新一先生の再来と言われることになる ... » more
テーマ 怪談  コメント(7)

宙出版の「実話夏休みの怪談」 宙(あおぞら)出版は主に、主婦向けの雑誌を出している出版社だ。これは平成18年にでたもので、仕事で回収したものだ。「ほんとに怖い嫁姑」の増刊号としてでたものだ。5年ぐらい前って、ホラーブームがすたれてきた頃だろうか?この本はどう ... » more
テーマ 怪談  コメント(3)

こないだの土曜日、夏に恒例の「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011」がテレビで放映されていましたね本当にあった心霊体験を再現ドラマで紹介するという、ワクワクするような触れ込みでしたが ... » more

 

最終更新日: 2016/11/20 00:57

楽天市場のおすすめ商品

「怪談」のブログ関連商品

» 「怪談」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る