誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    怪談

怪談

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「怪談」のブログを一覧表示!「怪談」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「怪談」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「怪談」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

雑想 心の風景 Heartscape眼前に迫る顔
眼前に迫る顔 夜、トイレで、ふと窓の外に視線が行くことがある。本来そこは生垣だったり、隣の家の壁だったりするはずで、昼間、ガスの検針のおばちゃんが通る以外、決して人は立ち入らないなはずの場所なのに、真っ暗な窓の外からぼんやりと人の顔が浮き出て見え ... » more
テーマ 本当にあった怖い話 怪談

あなたが体験した怖い話9月号、読了 山本まゆり先生登場。ファンの取り込みを図ったか?れいこさんとみっちゃんは伏字で紹介か。霊能者までHONKOWAからの移籍を狙うわけではないらしい。表紙がおどろおどろしい単語を表示しなくなったな。「悪霊」という単語があるが。あなた ... » more
テーマ 怪談  コメント(3)

実際にあったこわい話9月号、読了 出版社はいい本を出していればいいのにと思うが、この本はブレスレットの販売に力を入れているな。実際にあった〜という誌名だが、漫画の創作と思われるものが多いな。漫画家さんも一生懸命仕事をしているのですね。次は「あなたが体験した怖い話」だ ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA9月号、読了 オーラドローイングを連載していた氷室さんが、20年以上前は漫画を描いていた氷室先生と同一人物だとは知らなかった。覚えているような名前だとは思っていたが。読者体験レポートが「心霊通信」特集か。ケータイがでてくる話があるけど、パソにちな ... » more
テーマ 怪談

今日きた本 竹書房の「超」怖い話Ω、これでギリシャ文字シリーズは終了。今日、コンビニで買ったのが、週刊ポスト。ニート問題を扱っていることから先週号も買ったが。「超」怖い話 Ω (竹書房文庫)竹書房 松村進吉 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 怪談  コメント(7)

雑想 心の風景 Heartscape幽霊の日
幽霊の日 目が覚めると同時に体中にまとわりつくような湿気を感じる。気持ちまでも湿気てくる。べとついた床板を雑巾でからぶきすると、少しは気分もさっぱりする。こんな日は怪談映画でも見て、冷や汗でもかきたい気分。今日は「幽霊の日」。 ... » more
テーマ 冷や汗 怪談

小野不由美 『残穢』 山本周五郎賞を受賞できるホラーとはどんなものかと興味があった。 小野不由美の作品は二作読んでいる。『屍鬼』は現代の寒村を舞台にした作品であったが、日本の民俗信仰にはなかった吸血鬼伝説、ゾンビ伝説を大胆に取り込み、当時は新機軸の「ホラー」として充分に楽しめた。その後、2001年に読んだ、 『黒 ... » more

スーさんコーナー 本日のお題は「怪談」です。楽しいですよ。 スーさんコーナー本日のお題は「怪談」です。雨のシトシトと降る深夜、ひとりの美しい女性がタクシーに乗り青山墓地迄行くように頼んだそうです。青山墓地に到着して、運転手が後ろを振り返ると ... » more
テーマ 川柳 水彩画 怪談

「超」怖い話怪儡、読了 1作が目次にない。これはわざとだらしい。記憶力がおちて、内容を覚えていなかったりする。傀儡といえば、操り人形のことだが、作者は自分が操られていると表現したかったのか?もう1読してみよう。「超」怖い話 怪儡 (竹書 ... » more
テーマ 怪談  コメント(5)

あなたが体験した怖い話7月号、読了 みんな一生懸命、お仕事をしている。読者からのお手紙からのものと霊能者の体験などで、構成されているのである。だけど、明らかに創作だとわかるものは創作だと断るべきでないか?実際に手紙があったとしてもそれが事実か創作は判断は難しいだろう。 ... » more

「超」怖い話Φ、読了 これでΩを入手すれば、ギリシャ文字シリーズはコンプリートだ。幽霊がみえることが、妄想性統合失調症か。霊と精神病の関係は難しいね。これは、一度書いたのだけどな。どこかで処理を間違えたらしい。漫画を読むのがつらくなってき ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話7月号、読了 これは、たいして売れないだろうと思われる正当的なオカルト漫画雑誌である。漫画で描いていたが、パワーストーンのブレスレットって本当に霊能者が作っているのか?「呪魔の奪衣婆」は体験談なのか。弟さんの壊れっぷりが最高ですね。なぜ、 ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA7月号、読了 「妖怪ファイル」というのに、小さいおじさんというのがでてくる。29年ぐらい前、走るばあさんというのを聞いてことがあるが。「闇の検証」は霊的な話にならないな。「オカルト万華鏡」の自爆テロ希望者獲得に死んだら天国にいけるといっているのは昔か ... » more

今日きた本 HONKOWA7月号実際にあった怖い話7月号あなたが体験した怖い話7月号アスキーPC7月号。アスキーPCから読んでしまいましょう。架空の猟奇事件で狂ったふりをしている人間の分析を皆様でしてみましょう。当ブログのコ ... » more

「極」怖い話 遺託、読了 テレポテーションする位牌、死者との約束守るべしという訴えですね。この本でジャケ買いする人はいないだろう。6人の人から話を伺ったという内容ですね。「極」怖い話シリーズだけでなく、加藤一先生は「弩」怖い話シリーズも作っている ... » more
テーマ 怪談

今日きた本 「超」怖い話Φ「超」怖い話怪儡ギリシャ文字シリーズはΩがでれば終了か?仕事上、入手した本もあって、読みたい本はたくさんある。現在読んでいるのは「極」怖い話遺託。竹書房さんのいうところの「極」と「超」の違い ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

「超」怖い話怪罪、読了 久田樹生先生による単著である。6人の体験者の体験をまとめたものだ。BLになってしまっているのもある。超ー1怪グランプリは今年、開かれたのだろうか?メールがきてないが。ある程度書き手が集まったからよくなったのかな。次に読むは「極」 ... » more

「超」怖い話Ψ、読了 「超」怖い話ナンバーズはΩ(オメガ」で終わりらしい。ギリシャ文字って、Аで始まってΩで終わるのか。竹書房のこのナンバーズは著者が複数いる。それは加藤先生が編集しているようだ。ナンバーズでなく、怪歴と怪記とか名前をつけているのは著者が ... » more
テーマ 怪談  コメント(3)

あなたが体験した怖い話5月号、読了 3誌のうちでこれが一番、怪談雑誌らしくしているだろう。いつのまにか、心霊写真のコーナーがなくなった。いつからなくなったのだろ?読者からの投稿をもとにした話もあるが、漫画家や霊能者の体験談の方が多い。出版物はみんな10 ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

実際にあった怖い話5月号、読了 地味な雑誌である。これでこそオカルト雑誌か。ラストの占いとブレスレットの漫画で、必死になっていますね。みんな、仕事を一生懸命しているのですね。パワーストーンをブレスレットにしたものが8800円ですか。以前までは3万円ぐらいしてい ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA5月号、読了 おしゃれな感じな怪談雑誌である。今月号は読者体験が6話もあるな。次は実際にあった怖い話だ。HONKOWA (ホンコワ) 2013年 05月号 [雑誌]朝日新聞出版 2013-03-23 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 怪談

「超」怖い話Χ(カイ)、読了 実話怪談というのはショートが基本だろう。というか実話となるとそう長くならないのだろう。ホラースポットを巡っての怪談というのはけっこうある。ラストの「廃業」はそうだ。鏡の世界からの使者か?この本は寝る前に1話ずつ読んでいっていた。 ... » more
テーマ 怪談  コメント(2)

あなたが体験した怖い話3月号、読了 まゆり先生が「マユリーナのダイエット格闘記」を掲載。これはホラーでないだろう。霊能者によるうちあけ話、あるいは創作と体験記の漫画化で構成されている。しかし、実話というワードがなくなったな。吉本の芸人さんが参加か。以前からよく ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

実際にあった怖い話3月号、読了 「柏谷コッコのひとり百物語」で開運ブレスレットを出している。実怖ではブレスレットを売っているのに。霊能者をうさんぐさく書いているが、よくその原稿がとおったな。実怖では開運ブレスレットを販売しているだけでなく、霊能者による「心霊実怖女 ... » more

HONKOWA3月号、読了 「逆霊」が印象に残った。昔は長男が相続の総取りだったわけだが、その弟で兄が死ねば田畑は自分のものだと、死んでから鬼になるという話だ。こうなると、供養は不能で封じこめるか消滅させるしかないらしい。霊能者がでてくると霊に対して、淨霊するとか ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話11月号、読了 霊能師寶珠淨霊ファイルの真理弥ちゃんはかわいい。次号の続編が楽しみ。世間から隔離される病院に入院していたせいで、読めなかった。オカルトな漫画本は持ち込めないのだ。そして、細かい字が読めなくなった。小さい字の相談や怪談は読んでない ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

HONKOWA11月号、読了 表紙のセンターの「魔百合の恐怖報告書」のタイトルが興味を惹く。オカルトものだからといって、怖い話ばかりでないのだが。看板霊能者の寺尾玲子さんが今月も頑張る。この雑誌って女性誌に分類されるのか?そういう区分はないと思うが。伊藤三巳華先生の ... » more
テーマ 怪談

珈琲の渦を見てゐる寅彦忌 有馬朗人 まあ、何とか、かろうじて、「秋」…か?2ヶ月以上猛暑が続いたせいか、何だか全身に疲労感が残っている。たまに「報道ステーション」とか観ると、世間全体がこの疲労感というか、徒労感に包まれたニュースばかりな気がして来るから不思議なモノだ。 ... » more

シンゾー君のおなか ポンポン痛いって生徒会長を辞めたシンゾー君が、また学級委員長になりました。ひでえクラスだぜ。……そんな、小学校でも有得なかった状況。『現代怪談実話傑作選私は幽霊を見た』東 雅夫=編MF文庫ダ・ヴィンチ今年は何故か夏に怪談本を ... » more

あなたが体験した怖い話9月号、読了 おどろおどろさを売りにする雑誌である。幽霊が出るからって、怖い話ばかりでない。しかし、この雑誌はなにか祟りになるような話が多いな。アフィリを貼るが「気味悪い」と思われるような表紙のコピーである。「ほんとにあった怖い話」はこのおど ... » more
テーマ 怪談  コメント(10)

 

最終更新日: 2016/11/20 00:57

楽天市場のおすすめ商品

「怪談」のブログ関連商品

» 「怪談」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る