誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    怪談

怪談

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「怪談」のブログを一覧表示!「怪談」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「怪談」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「怪談」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

実際にあった怖い話9月号、読了 心霊写真コーナーがありますね。いまでは珍しいです。ラストの「黒い千羽鶴」の読後感は爽やかですね。さて次は、「HONKOWA」だ。実際にあった怖い話 2015年 09 月号 [雑誌]大都社 2015-07-24 Amazonア ... » more
テーマ 怪談

あなたが体験した怖い話9月号、読了 投稿による話と霊能者から提供される話が掲載されている。あと、長久保先生の交幽録か。ブレスレットの次は880円のネックレスを売るようになった。裏表紙に掲載されている。この値段なら、買う人も多いだろうな。PR漫画を真に受ける人はいないと ... » more
テーマ 怪談

今日きた本 新「超」怖い話3、勁文庫「超」怖い話をだしていたのはもともと勁文庫だった。だが、この出版社はなくなり、平山夢明先生が竹書房に移って「超」怖い話をだす。軽文庫の「超」怖い話シリーズは10年ぐらい前に、そろえようとして、3だけが ... » more
テーマ 怪談

おわかりいただけただろうか ところであの「おわかりいただけただろうか」でお馴染みの恐怖映像の登場人物達のその後がどうなったのかという疑問というか、興味というか、そういう思いが、毎回見るたびに残るのである。もう何年も前から繰り返し放映されている名作?恐怖映像の殆 ... » more
テーマ 雑想 怪談 夏の夜

夏の夜の束の間 庭の観葉植物は、とても元気がいい。いろんな種類の観葉植物があるが、観葉植物だから花を咲かさない。近所の住人は、我が家の庭に生えた観葉植物を「雑草」という別名で呼んでいる。色々な呼び方があるものだ。元気がいいので蚊も元気がいい ... » more
テーマ 雑想 怪談 夏の夜

毎年花火大会を開催している、京都府の宇治市では今年2015年は、花火を休止して8月8日(土)と9日(日)に、ホラーなイベントを行うそうです。http://www.kyoto-uji-kankou.or.jp ... » more

ならまちナイトカルチャー「真夏の怪談」 2015年7月23日付けならまちナイトカルチャー「真夏の怪談」古都奈良の文化財として世界遺産に登録されている元興寺で、「ならまちナイトカルチャー“真夏の怪談”」が行われます。真夏の夜に、寺内で落語と講談の「怪談話」を聞いて、おか ... » more

東京伝説冥れる街の怖い話、再・・・再読了 これ、読んであとある東京伝説が2冊か。ラストの埋めジャン、こういう遊びをする人間が幅をきかすようになるのかと思った。あと、目次読んでも内容を覚えていない。だから、読書を何度でも楽しめると。これ、1冊分の価格で豪勢なコンビニ弁 ... » more
テーマ 怪談

東京伝説溺れる街の怖い話、再・・・再読了 この東京伝説で扱われる話。女性が知らない男性に家宅侵入される。ラーメン屋の話。コンビニ店長の話。1冊に1話は女性が知らない男に家宅侵入される話あるように思う。それで引っ越したとか、実家に戻ったという結末が多い。女性が男性に家宅侵入さ ... » more
テーマ 怪談

東京伝説彷徨う街の怖い話、再読読了 この本に出演の女性は援助交際をしていたとかデリヘルで働いていたという女性が多い。作家でも男性が女性と話をするのは、そういう水商売や風俗の女性が多いのだろう。大人の男が女性と話をして、いらぬトラブルを避ける必要もあるだろう。一般女性は道で怖い ... » more
テーマ 怪談

東京伝説ゆがんだ街の怖い話、再・・・再読了 この本、10年前に出版されたんだな。女性が被害者になる話が多い。どの本もそうだな。ストーカーからの存在の誇示や一人暮らしの女性に対する侵入。それで、エロな話とはならず男が異常行動をする。そういった話が多い。次は「彷徨える ... » more
テーマ 怪談

あなたが体験した怖い話7月号、読了 表紙は本の顔であり、買ってもらうためにいろいろ趣向を凝らすのだろうと思う。この本は「祟り」とかって、おどろおどろしい言葉は表紙に書いていたが、今月号はちょっと違うな。「守護霊強化で金運を呼ぶ」とある。漫画の中の除霊法に悪霊を;食 ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話7月号、読了 この怪談雑誌こそ、怪談雑誌らしい。これこそ、怪談雑誌だ。ほんとにあった怖い話は出版元の朝日ソノラマが倒産して、朝日新聞社からの出版となりHONKOWAと誌名をかえた。勉強したいと思って怪談雑誌を買う人はいないと思うが、HONKOWA ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA7月号、読了 怪談雑誌のメインは読者体験でないかと思う。漫画家先生の体験も面白いが。闇の検証で「直江状」ってなにか勉強できたのはよかった。この漫画雑誌で看板をはるのが、玲子さんだろうか。漫画化するまゆり先生は他の雑誌にも描くが。次 ... » more
テーマ 怪談

東京伝説渇いた街の怖い話、 再再・・・読了 ゆがんだ街の怖い話と彷徨う町の怖い話をとばしてしまった。この本1冊で上等なコンビニ弁当が買えるのだよな。弁当のために本を買わなければよかったと後悔する日がくるのか?東京伝説は何度読んでも面白い。記憶力が低下したからもしれない ... » more
テーマ 怪談

東京伝説忌まわしき街の怖い話、再再・・・再読了 各作品は創作か実話かは分からないが、前書きにはテレビでニュース報道されたことが書かれていた。老人介護施設で寝たきりの人の爪をはがしたとか、産婦人科の病院が胎児を燃えるゴミにだしたとか。この本が出たのが2004年の11月。なんかおかしい事件が ... » more
テーマ 怪談

これは2回読みなおした。1回読んで、ここに書こうとして内容を忘れていたからだ。途中まで読めば、結末が思いだせるものが多いが、楽しめた。この作品の主人公はたいてい、女性だ。それで加害者はたいてい男性、のメンヘラかたまに宗教関係者。 ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA5月号、 読了 山本まゆり先生のショックレポートはコンビニ限定本で公開するようになったようだ。「ペッとの声が聞こえたら」がいつもどおり、悲しい。だけど、猫でもエイズにかかるの?芸能人のミステリアス・インタビューが「伊藤えみ」さんか。知らない ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話5月号、読了 霊能者としてテレビに出たことで、ペテン師として中傷される。それが家族にも及んだという話があった。それでテレビはやめたという。漫才師は笑いをとるために、ありえなくても面白く話を作る。霊能者は事実をもとに怖い話に脚色する、ということでも ... » more
テーマ 怪談

あなたが体験した怖い話5月号、読了 怖い話、怖い話、たいていは幽霊がでてくる話か。幽霊がでてきても体験者は怖いと思ってないことになっている話もあるが。山本まゆり先生は新連載と。HONKOWAのショックレポートは休むのか?寺尾玲子さんとなにかあったのか?あな怖に ... » more
テーマ 怪談

東京伝説狂える街の怖い話、再・・・再読了 怖いというわけでないが、「スーパーエリート」がいい味をだしている。あとは女性が主人公の話が多いな。男より女のほうが、危ない目にあうものらしい。なんかぼーってしてしまう。でも平山先生のストーリーは刺激に満ちている。調味料だけを食べ ... » more
テーマ 怪談

東京伝説うごめく街の怖い話、再・・・再読了 平山先生と角川文庫になにかがあったのか?それは知れない。だが、竹書房では東京伝説は10巻ちかくなるシリーズとなる。平易な文章だし、読んでいてストレスにならない。もう、1冊「炉辺荘のアン」を読んでいるのだが、これが読んでいては ... » more
テーマ 怪談

東京伝説 呪われた街の怖い話、読了 これはハルキ・ホラー文庫で1999年が初版だ。解説によると平山先生はその時点で600話を書いているそうだ。なら、現在は星新一先生の1001話を超えているのでないか?これは幽霊がでてこない怖い話だ。幽霊が出ないから怪談とできなかった。 ... » more
テーマ 怪談

HONKOWA3月号、読了 この雑誌は他のホラー雑誌2誌と違って、開運グッズの通販をしていない。ブレスレットは読者プレゼントにしたりしている。文庫本の魔百合のショックレポートにHONKOWAに掲載されていない書きおろしもあるのか?ぼくが掲載を忘れているのかもしれな ... » more
テーマ 怪談

怖い人@、読了 平山先生のハルキ文庫である。「〜いけない」というの3冊でて、怖い人とタイトルを変えたらしい。ポップティーンに読み切りとして書かれたものと書きおろしによるものだ。あとは「隣人悪夢」というのがでている。文章が短くて、掲載できないのが書き ... » more
テーマ 怪談

実際にあった怖い話3月号、読了 ぼくが買う怪談誌3誌のうち一番怪談雑誌らしいと思う。ラスト2話のPR漫画があやしさ満開で、怪談な感じだ。「呪魔の奪衣婆」は終わってなかったのか。今月号で最終回か。会社の社長というような金持ちならでは持ち上がる問題。第2部があったりし ... » more
テーマ 怪談

あなたが体験した怖い話3月号、読了 2015年開運作法か。おどろおどろしさを抑えているな。霊に対応するにしても、恨んだり妬んだりしない霊能者は語る。つけいる隙を作らないということだろう。漫画の再掲載が2、3作あるな。漫画家先生が原稿を落としたのか?ホラ ... » more
テーマ 怪談

百怪一首の会 百人一首を本歌として、妖怪を主人公にした狂歌百首で遊ぶ「百怪一首」なる遊びが考案され、21日夜、大阪・日本橋の「日本妖怪研究所」(亀井澄夫所長)で制作発表会が行われました。「制作できました」という発表会ではありません。「制作して、そ ... » more

ゆるしてはいけない、再読読了 ポップティーン連載ぶんに書きおろしを追加した平山先生の本である。精神病院から手紙がくるという結末はあまり使ってほしくない。統合失調症の症状は、幻聴・幻覚・妄想などだが、異常行動をする人全体が統合失調症と診断される傾向がある。病気でなけれ ... » more
テーマ 怪談

ふりむいてはいけない、読了 POPTEEN連載が19本で、書きおろしが17本か。ほとんどが霊がらみの話だな。なんかの異常者がでてくる話はなかったように思う。いや、あったか?あとは「ゆるしてはいけない」を持っている。ほんとにあったというのをセール ... » more
テーマ 怪談  コメント(1)

 

最終更新日: 2016/11/20 00:57

楽天市場のおすすめ商品

「怪談」のブログ関連商品

» 「怪談」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る