誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、三 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江」の中の、甲賀市教育委員会事務局歴史文化財課の小谷徳彦氏の報告「姿を現した幻の城水口岡山城」で、秀吉が天正13年(1585)4月、甲賀衆を改易処分にして、中村一氏を入封させ、水口岡山城を築城させたこと、その目 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江」の下高大輔氏の報告で、文禄4年に三成が佐和山の城主になった後、惣構にし、城郭範囲を拡大したと説明されていました。城下町に外堀・町屋・金属工房を作ったことが挙げられていました。文禄4年には秀次事件が起こり ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江」の松下浩氏の報告「関ヶ原合戦後の近江」の中で、近江に移封された徳川系大名の領地として、井伊直政の佐和山から彦根18万石、戸田一西の大津から膳所3万石が挙げられていました。両者とも最初与えられた城は廃城になりま ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江」の松下浩氏による報告「関ヶ原合戦後の近江」の中で、家康、秀頼、秀忠の昇進レースについても説明されていました。三人の序列がレジュメに表にして掲載されていましたが、関ヶ原合戦が行われた慶長5年(1600)の時点で ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江」の松下浩氏による報告「関ヶ原合戦後の近江」の中で、関ヶ原合戦後の政治動向について説明され、関ヶ原合戦後も豊臣家の影響力は依然として大きかったということについて、笠谷和比古氏の見解が紹介されていることは拙ブログ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

岡田准一さんが三成を演じる映画「関ヶ原」の8月26日の公開が待たれます。どんな姿が見られるか、いかに壮大な映画に仕上がっているか、楽しみです。もっとも、原作は司馬遼太郎氏の小説ですから、従来通りの描き方をされないか、懸念されます。家康=北政 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1870 「シンポジウム 関ヶ原合戦と近江」6 松下浩氏の報告1 徳川の近江の拠点 写真は膳所城の天守閣跡碑を3月4日に撮ったものです。膳所城跡公園の中にあります。「大津から膳所へ」の現地探訪会の際に寄りました。前述したように、かつては本丸と二の丸は橋でつながっていましたが、寛文2年(1662)の大地震によって主要部が倒壊 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江〜豊臣近江から徳川近江へ〜」の基調講演である尾下成敏氏の「豊臣政権と近江〜豊臣政権の中の家康・近江徳川領」の中で、家康が豊臣政権を支える存在だったということが指摘されていましたが、その根拠の一つとして、文禄元年 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江〜豊臣近江から徳川近江へ〜」の基調講演である尾下成敏氏の「豊臣政権と近江〜豊臣政権の中の家康・近江徳川領」の中で、徳川の在京賄料としての近江9万石がいかに破格の待遇であったのかについては、前田家は1864石、上 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、天正15年(1587)8月に佐々成政が支配する肥後で起こった一揆に際して、三成が取次として島津氏との折衝に当たったことが記されています。細川幽斎も三成と同じく島津氏の取次です。「秀吉は、島津家 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「シンポジウム関ヶ原合戦と近江〜豊臣近江から徳川近江へ〜」の基調講演である尾下成敏氏の「豊臣政権と近江〜豊臣政権の中の家康・近江徳川領」の中で、家康が小田原攻めの後、関東に転封になったその理由について、秀吉が家康を左遷させたわけではなく、家 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

5日にピアザ淡海で開かれた「シンポジウム関ヶ原合戦と近江〜豊臣近江から徳川近江へ〜」を聴きに行きました。二日続いての大津行きになります。10時半から休憩をはさんで午後4時半まで開かれましたが、密度濃い内容でしたし、新たな知見がいろいろと得 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1863 「現地探訪 大津から膳所へ」2 三成が繋がれたいちょうの木・膳所城の遺構 写真は和田神社の表門を4日の「近江城郭」の現地探訪の際に撮ったものです。この表門は膳所藩の藩校である遵義堂の表門を移築したものですが、この和田神社には、拙ブログでも以前に紹介したように三成ゆかりのいちょうの木があります。関ヶ原の戦いの後、捕 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1862 「現地探訪 大津から膳所へ」1 大津城外堀跡・中堀跡・本丸跡 写真は大津城の外堀石垣とおぼしきところを3月4日に撮ったものです。連続講座「近江の城郭」の第五回の現地探訪で、大津城跡と膳所城跡をめぐって来ましたが、この石垣は当時のものではなく、後で作られたものだと、案内・説明役の滋賀県教育委員会の松下浩 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、「天正15年(1587)6月25日には、三成は細川幽斎とともに、上洛のため博多まで北上してきた島津義久を訪ね」、「ほどなく義久をともなって西上し、6月29日に下関を経て、7月10日に堺へ到着した ... » more
テーマ 歴史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、「秀吉は6月19日付でいわゆる『伴天連(バテレン)追放令』の発令を行なうが、これへの三成の直接的関与についても詳らかではない」と指摘されています。「バテレン追放令」については、山本博文氏の「天 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成が博多町割り奉行を務めたことについて、疑義が呈せられています。すなわち、「博多復興を期した町割り奉行として、長束正家・小西行長・滝川雄利・山崎片家らの名が確認されるものの、三成の関与に ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(サンライズ出版)の中で記されている、九州攻めの際の三成の行動の続きです。「三成はその後も伊集院忠棟とともに大口進軍の指揮をとる。24日には曽木(そぎ)に至り、川内川の渡河地点あたりに達している」「また、三成は細 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、三 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正15(1587)5月8日に島津義久が秀吉に降伏した後も、「いまだ不穏な動きをみせる島津歳久(義久三弟)を抑えるため、三成は19日に島津家家老の伊集院忠棟(九州平定ののち剃髪して『幸侃』【こう ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正15年(1587)の九州攻めの際、「陣中見舞いをうけた三成は、この陣中から堺南北惣中に礼を述べ、戦況を報じている(大日本古文書『島津家文書』1196号)」と記されています。三成は天正16 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

2月17日付の朝日新聞夕刊の文化欄に掲載された「海北友松(かいほうゆうしょう)の自筆受領書発見」と題する記事ですが、4月11日から京都国立博物館で始まる「海北友松展」の案内も兼ねています。この受領書も展示されます。三成と関わりの深い人物だけ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

2月17日付の朝日新聞夕刊の文化欄に「海北友松(かいほうゆうしょう)の自筆受領書発見」と題する記事が掲載されていました。妙心寺で発見され、「同寺に納めた屏風の制作料についての書状で」、「受領書には友松の自筆で『お気遣いいただき、屏風を制作 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、九州攻めの際の「秀吉の行軍はきわめて悠然としたものであった」と記され、その理由として「西下にことよせて主不在の宇喜多領および毛利領を親しく監察し、とりわけ毛利家に対しては圧力をかけておく必要があ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、九州攻めに関して、天正15年(1587)2月17日付の筑前国上座郡の土豪の宝珠山隆倍に宛てた三成書状が取り上げられ、その現代語訳が掲載されています。「仰っしゃるように、これまで書状をやりとりす ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正14年12月3日付の多賀谷重経宛の秀吉書状の内容が記されていますが、次のようなものです。「石田三成に対する書状を披見した。関東・奥羽の惣無事のことをこのたび家康に指示したので、異議を差し ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、織 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、天正14年(1586)5月16日付の直江兼続宛木村吉清・石田三成・増田長盛連署状が取り上げられ、現代語訳も掲載されて、その書状の内容について次のようにまとめられています。すなわち、「三成らは秀 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、石 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2017/11/01 10:39

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る