誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

石田三成の実像1749  関ヶ原合戦祭 山本耕史さんのトークイベント2 三成の極端な台詞 写真は15日に行なわれた関ヶ原合戦祭の山本耕史さんのトークイベントの様子を撮ったものです。司会者は歴ドルの小栗さくらさんです。小栗さんが、ネットによる「真田丸」の好きな人物ランキングで、第一回でも第二回でも石田三成が第一位に選ばれている ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

石田三成の実像1748 関ヶ原合戦祭 山本耕史さんのトークイベント1 三成の扮装で登場・武者行列も 写真は関ヶ原合戦祭2016の際の、石田三成隊の一行を撮ったものです。中央に座っているのは、「真田丸」で三成を演じた山本耕史さんです。写真が鮮明でないのが残念ですが、写真を撮るためにずらりと並んでいたので、一度しか写せませんでした。この ... » more

新潟鋼鉄総帥のブログ高田本覚寺
石田三成が。関ヶ原で生き延び。墓が。高田本覚寺にある伝説。昨今の。戦国ブームでも。誰も知らないような話。ついつい。歴史ロマンの。風に当たりたくなり。上越へ。ライブでは来てるが。 ... » more
テーマ 上越 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い(本戦)をどのように考えるべきかー拙著に対する藤本正行氏による御批判への反論ー」(愛知中世城郭研究会発行の『愛城研報告第20号』所載)の中で、藤本氏が(慶長5年)9月17日付の吉川広家自筆書状案の引用箇所について意訳 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い(本戦)をどのように考えるべきかー拙著に対する藤本正行氏による御批判への反論ー」(愛知中世城郭研究会発行の『愛城研報告第20号』所載)の中で、「山中」を「ある特定の呼び名と限定的に考える必要はな」く、「関ヶ原の戦闘も ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い(本戦)をどのように考えるべきかー拙著に対する藤本正行氏による御批判への反論ー」(愛知中世城郭研究会発行の『愛城研報告第20号』所載)の中で、慶長5年9月15日付の伊達政宗宛徳川家康書状をめぐって、藤本氏は「石田軍が ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

白峰旬氏から玉稿を多数ご恵贈賜りました。この場を借りて厚くお礼を申し上げます。このうち、愛知中世城郭研究会発行の「愛城研報告第20号」に発表された「関ヶ原の戦い(本戦)をどのように考えるべきかー拙著に対する藤本正行氏による御批判への反論 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

大河ドラマ「真田丸」第40回「幸村」は、信繁が流されていた九度山に、明石全登、さらには片桐且元が現れて、大坂入城を促し、信繁は最初は断るものの、きりに勧められ、秀吉をはじめ、今まで関わってきた人々の姿(そのなかには三成や信繁の姿もありました ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

「センゴク 一統記 」1巻(以前書き忘れたこと) センゴク一統記(1) (ヤンマガKCスペシャル)講談社 2012-10-05 宮下 英樹 Amazonアソシエイト by 第三部にあたる一統記1巻で、毛利攻めの続き、高松城水攻めの始まりですが、以前第二部の天正記で、書き忘れ ... » more
テーマ 漫画の感想 石田三成

9月29日付の朝日新聞に掲載された「三谷幸喜のありふれた生活796」の「次は砂漠かジャングルで」の中で、大河ドラマ「真田丸」で関ヶ原の戦いがほとんど描かれなかったことについて、述べられています。「主人公の真田信繁が見たり聞いたりした事以 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

大河ドラマ「真田丸」では、真田信幸が、関ヶ原の戦いの後、家康に昌幸の「幸」の字を捨てるように言われ、「信之」に名前を改めるという描き方がされていました。この点について、丸島和洋氏の「真田四代と信繁」(平凡社新書)には、「慶長5年(160 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

このような辺境駄文ブログでも、気持ち玉やコメント、トラバックして下さる方もいて、ありがたく思っております。ここが嫌い「真田丸」シリーズは、かなりビクビクしながら書き込んでましたが、共感して下さった方もいるようで、ありがとうございます ... » more

大阪歴史博物館で開かれている「真田丸」展で、三成関係のものが何点か展示されていました。関ヶ原関連のものが主であり、慶長5年8月5日付真田昌幸・信幸・信繁宛の三成書状、前田幹雄氏が描いた三成の肖像画、内府ちがいの条々(三成の名は記されていませ ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

大阪歴史博物館で2日に開かれた、木土博成氏の講演「真田丸」で、年不詳の7月28日付の西山左京宛の真田信之書状が取り上げられ、原文、釈文が史料に載っています。特に原文は用紙1枚に印刷され、上下2段に書かれた書状を真ん中で折って、さらにそれをい ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

2日に大阪歴史博物館で学芸員の木土博成氏による講演「真田丸」が開かれましたが、高野山の蓮華定院所蔵の年不詳の6月23日付の、左京宛の信繁書状が取り上げられていました。この書状は、大河ドラマ「真田丸」第39回「歳月」の「真田丸紀行」でも少し紹 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

2日に大阪歴史博物館で学芸員の木土博成氏による講演「真田丸」が開かれ、抽選で当たったので行ってきました。大阪府教職員互助組合が主催するもので、木土氏の話によると、2倍近い倍率だったそうです。それで選ばれたのはラッキーでした。もっとも、「真田 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

佐竹義宣の弟の宣家は亀田藩の藩主になりますが、その経緯について、佐々木裕三氏の「顕性院・御田の方」書について次のように記されています。「数年後、佐竹家に家督継承問題が発生。秀忠の指名により亀田藩藩主の岩城義隆(佐竹義宣の甥)が久保田藩藩 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

真田信繁と秀次の娘(隆清院)の間に生まれた「直」(御田の方)ですが、佐々木裕三氏の「顕性院・御田の方」の「御田の方年譜」の中で、慶長9年(1604)に生まれたと記されています。とすれば、当然、九度山に流された信繁に一緒に暮らしたことになりま ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

「真田丸」では、真田信繁は秀次の娘を側室にしたものの、ルソン助左衛門を通じてルソンに逃すという描き方がされ、その後の姿については今のところ描かれていません。実際は、信繁と秀次の娘の間には「おたあ」という女子が生まれ、彼女は後に佐竹義宣の ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

石田三成の実像1739 旅行記81東北12 石田重成が落ち延びて暮らした津軽の深味・八幡宮・屋敷跡 写真は津軽の深味八幡宮の鳥居を9月18日に撮ったものです。奥に拝殿があり、三成の次男の子孫である杉山家関係のものがいろいろと展示されていました。前にも拙ブログ記事で述べたように、三成の孫に当たる吉成が、蝦夷地出陣の時に使ったと思われる陣幕 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

愚痴駄文は終わりと前回言っておきながら何ですが、もう一回だけ。ほとんど単なる繰り返しですが。「真田丸」嫌いが高じて、終いには今作を好きな人攻撃みたいな感じになってしまって、それは良くない、とは分かってはいるのです。好きな人は ... » more

石田三成の実像1738 旅行記80東北11 長勝寺の三門・強力なリーダーシップを発揮した津軽信義 写真は長勝寺の三門を18日に撮ったものです。津軽藩二代藩主の信枚が寛永6年(1629)年に建立しました。奥に見えているのが本堂ですが、本堂も信枚が慶長16年(1620)に造営しました。書院造の建物です。向かって右側に小さく嘉元鐘が写って ... » more

石田三成の実像1737 旅行記79東北10 長勝寺の満天姫の御霊屋・満天姫の事績と三成一族との因縁 写真は弘前の長勝寺にある、家康の養女で津軽信枚の正室として嫁いだ満天姫の御霊屋を18日に撮ったものです。杉山家当主、息子さんと最勝院・弘前八幡神社で別れてから、訪ねました。長勝寺には、御霊屋が五つ並んでおり、津軽為信らの藩主に交じって、 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1736 昌幸の田んぼアート 大河ドラマ探訪433「真田丸」100 清正は暗殺か? 写真は「真田丸」の草刈正雄さん演じる真田昌幸を表した「田んぼアート」を19日に撮ったものです。写真に向かって左側に、山本耕史さん演じる石田三成の「田んぼアート」があります。むろん、われわれは上の展望台から見下ろしているのですが、上から見てき ... » more

石田三成の実像1735 旅行記78東北9 信義が寄進した最勝院の五重塔・杉山家の顕彰碑・信義の事績 写真は弘前の金剛山最勝院の五重塔を、隣りの弘前八坂神社の境内から18日に撮ったものです。写真を撮っている後ろには、杉山家12代龍江の顕彰碑が建っています。ここへは、杉山家当主と息子さんの案内で訪ねました。菩提寺である宗徳寺でお会いして、 ... » more

石田三成の実像1734 旅行記77東北9 三成の孫の杉山吉成の墓・吉成の事績 写真は弘前の宗徳寺にある、三成の次男・杉山源吾の息子である吉成の墓を撮ったものです。杉山家当主の杉山丕氏や息子さんの案内で訪れました。残念ながら、杉山源吾自身の墓は境内にはありません。吉成の墓は、杉山家代々の墓とは少し離れたところにありま ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1733 旅行記76東北8 三成の三女・辰姫の貞昌寺の墓・23年後に大舘から移送 写真は弘前の貞昌寺にある、三成の三女・辰姫の墓を18日に撮ったものです。辰姫のことについては、オンライン三成会編「三成伝説」(サンライズ出版)の「辰姫」の章で詳しく記されていんますし、この墓も写真入りで紹介されています。私も一度お参りし ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

Cantabileここが嫌い「真田丸」その10
第37話「信之」で、やっと三成(吉継も)はこのゴミ大河から退場となったことですし、この愚痴駄文もこれで終わりとなります。多分。(自分にとっては)最後の回にふさわしく、今回もしょうもなかった。タイトル関連の事についてはともかく、そ ... » more

石田三成の実像1732 旅行記75東北7 革秀寺の津軽為信の御霊屋・為信の事績 と三成 写真は弘前の革秀寺にある津軽為信の御霊屋を18日に撮ったものです。弘前城を見学した後に訪ねましたが、この御霊屋も本堂も修理中でした。この御霊屋に、三成の次男である重成(杉山源吾)が大坂城から持参した秀吉の木像が安置されています。為信の御 ... » more

石田三成の実像1731 旅行記74東北6 石田重成が運んだ秀吉の木像が祀られていた弘前城の館神 写真は弘前城の館神(たてがみ)跡を18日に撮ったものです。秀吉の木像を安置していた場所であり、弘前城のパンフレットには、「ごく限られた人だけが出入りできる場所でした」と記されています。写真の手前、左右に見えるのが、鳥居の礎石であり、奥 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2017/02/23 21:43

楽天市場のおすすめ商品

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る