誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の7月18日条 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、その続きです。「義演准后日 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「海北友松展」の「第四章友松の晴れ舞台ー建仁寺大方丈障壁画」には、建仁寺大方丈に描かれた「雲龍図」「花鳥図」「竹林七賢図」などが展示されていました。方丈の復興の経緯については、図録に次のように記されています。「天文21年(1552 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

「海北友松」展の「第三章飛躍の第一歩ー建仁寺の塔頭に描くー」では、建仁寺の塔頭である大中院、霊洞院、禅居庵に描かれた絵が展示されていましたが、友松と建仁寺との関係について、図録には次のように記されています。「60歳を過ぎた文禄・慶長の初 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

「海北友松」展の第二章「交流の軌跡」に、「歴代年譜景勝公」が展示されていましたが、図録の解説によれば、「文禄3年(1594)10月28日、景勝が秀吉を聚楽城下の自邸に招待したときの様子を克明に伝えた」ところが示されていました。図録には、 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

ヨシオ山石田三成
石田三成 232 石田三成石田三成は何と意味シンな名前。田の石は三から成る・・・ユダ族のイエスは三人の神から彼らの子孫の石田会館には日吉神社石田山にも日吉神社あり・・日吉ひよしにヨシオ山が石はイエスの仕事の石工・・日吉は申 ... » more
テーマ 石田三成

「海北友松」展の「第二章交流の軌跡ー前半生の謎に迫るー」で展示されていた「兼如筑紫道中記」には、石三成が海北友松と共に、九州に行ったことが記されていますが、その作者について、図録の解説では、次のように解説されています。三成の九州下 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

「海北友松」展の「第二章交流の軌跡ー前半生の謎に迫るー」では、友松の長男である友雪が描いた「海北友松夫妻像」や、友松の出自などを記した、孫である友竹の手になる「海北家由緒記」、友松との交流を語る史料などが展示されていましたが、一番興味が惹 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、北条攻めの際における三成の行動が書状などを通じて明らかにされていますが、5月25日付の東義久宛の三成書状の最後に、「嶋清興」の名が出て来ます。すなわち、「なお、使者の嶋清興(左近)に詳細は申し ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

昨日、国立京都博物館で開催中の「海北友松」展を見に行ってきました。かなりの混雑ぶりで入館するまで20分程待ちましたが、作品や関連史料を時代別、テーマ別に展示することによって、友松の人生や作風の変遷などがわかるように配慮されていました。先 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、その続きです。7月18日付 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

5月6日、嵯峨美術大学での講演会「海北友松の絵画を解析する」を聴きに行ってきました。地下鉄で太秦天神川駅へ出、嵐電に乗り換え、車折神社駅から歩きました。歩いて10分足らずでした。講演会はユニークなもので、美術史的見地から佐々木正子嵯峨 ... » more
テーマ 美術探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていることを拙ブログ記事で前述しました。 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、北条攻めの際の三成の動向について触れられていますが、天正18年(1590)2月28日に島津久保らとともに京を発ち、「4月3日に小田原付近に到着」しています。一方の秀吉は、藤井讓治氏の「豊臣秀吉 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」がまとめられていることは拙ブログ記事で前述しましたが、考察すべき記載がいろいろとあ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、北条攻めに関して、天正17年12月26日付の直江兼続・木戸寿三(元斎)充ての佐竹義宣書状が取り上げられています。その中で、三成のことも出てくるのですが、その書状について次のように解説されています。 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」がまとめられ、30ページに及ぶ表として掲載されています。労作であり、「在京公家・僧 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

京都国立博物館で開催中の「海北友松」展へ行ってきました。桃山の絵師というと、狩野永徳や長谷川等伯が有名で、知名度の点では若干落ちるかもしれませんが、当時高い評価を得ていた絵師のようです。北近江出身、浅井に仕えた武家の出で、当時と ... » more

当方のフェイスブックのアドレスです。https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7さて、中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、北条攻めの前後の三成の動向についても論じられていま ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

昨日もお知らせしましたが、最近は、フェイスブックの方にも連日、記事を書いていますので、興味ある方はご一読くださればと思います。フェイスブックの方は本名で行なっています。アドレスは次の通りです。https://www.facebook.c ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

最近は、フェイスブックの方にも連日、記事を書いていますので、興味ある方はご一読くださればと思います。フェイスブックの方は本名で行なっています。アドレスは次の通りです。 https://www.facebook.com/toshiyuki ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における軍役人数(兵力数)の記載について」(『別府大学大学院紀要』第18号所載)の中で、まとめとして、「諸大名の具体的な軍役人数(兵力数)について、日本側の史料以外からわかるのは貴重であり、今 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における軍役人数(兵力数)の記載について」(『別府大学大学院紀要』第18号所載)の中で、関ヶ原の戦いの前後における軍役人数についても記され、考察が加えられていますが、その続きです。白峰氏の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正17年(1589)のものと推定される10月16日付の江州伊香郡富長庄の百姓に充てた三成・増田長盛連署状が取り上げられています。これは「裁許状」であり、その最初に「富永郷の給人の年貢の納め様に ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)には、天正17年(1589)10月1日付で秀吉が三成と大谷吉継に充てた「検地御掟条々」が取り上げられ、「美濃国での検地実施に関わるものだ」と推定されています。その根拠として、「この年には山城国と美濃国 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における軍役人数(兵力数)の記載について」(『別府大学大学院紀要』第18号所載)の中で、関ヶ原の戦いの前後における軍役人数についても記され、考察が加えられていますが、その続きです。関ヶ原の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正17年の伊達政宗の会津蘆名領侵攻に関して、三成が蘆名家家臣の金上兼実に書状を送るなど、対応に追われていることが記されています。政宗は秀吉に使者を送りながらも、攻勢はやめませんでしたが、その背景 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、伊達政宗の会津蘆名領侵攻に関して、三成が蘆名家のために尽力してきたことが記されていますが、結局、これは実を結びませんでした。そのことについて、その経緯も含めて、中野氏の同書には次のように記され ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における軍役人数(兵力数)の記載について」(『別府大学大学院紀要』第18号所載)の中で、朝鮮出兵に関して、小西行長は1万5000人の兵力数と記されているのに対して、「3月13日付の『陣立書』の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正17年(1589)5月に伊達政宗が会津蘆名領に侵攻した時点における三成の動向についても触れられていますが、その続きです。 中野氏の同論考では、7月26日付の蘆名義広の家臣である金上盛実 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2017/09/21 11:35

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る