誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「真田丸」では、真田信繁は秀次の娘を側室にしたものの、ルソン助左衛門を通じてルソンに逃すという描き方がされ、その後の姿については今のところ描かれていません。実際は、信繁と秀次の娘の間には「おたあ」という女子が生まれ、彼女は後に佐竹義宣の ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

石田三成の実像1739 旅行記81東北12 石田重成が落ち延びて暮らした津軽の深味・八幡宮・屋敷跡 写真は津軽の深味八幡宮の鳥居を9月18日に撮ったものです。奥に拝殿があり、三成の次男の子孫である杉山家関係のものがいろいろと展示されていました。前にも拙ブログ記事で述べたように、三成の孫に当たる吉成が、蝦夷地出陣の時に使ったと思われる陣幕 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

愚痴駄文は終わりと前回言っておきながら何ですが、もう一回だけ。ほとんど単なる繰り返しですが。「真田丸」嫌いが高じて、終いには今作を好きな人攻撃みたいな感じになってしまって、それは良くない、とは分かってはいるのです。好きな人は ... » more

石田三成の実像1738 旅行記80東北11 長勝寺の三門・強力なリーダーシップを発揮した津軽信義 写真は長勝寺の三門を18日に撮ったものです。津軽藩二代藩主の信枚が寛永6年(1629)年に建立しました。奥に見えているのが本堂ですが、本堂も信枚が慶長16年(1620)に造営しました。書院造の建物です。向かって右側に小さく嘉元鐘が写って ... » more

石田三成の実像1737 旅行記79東北10 長勝寺の満天姫の御霊屋・満天姫の事績と三成一族との因縁 写真は弘前の長勝寺にある、家康の養女で津軽信枚の正室として嫁いだ満天姫の御霊屋を18日に撮ったものです。杉山家当主、息子さんと最勝院・弘前八幡神社で別れてから、訪ねました。長勝寺には、御霊屋が五つ並んでおり、津軽為信らの藩主に交じって、 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1736 昌幸の田んぼアート 大河ドラマ探訪433「真田丸」100 清正は暗殺か? 写真は「真田丸」の草刈正雄さん演じる真田昌幸を表した「田んぼアート」を19日に撮ったものです。写真に向かって左側に、山本耕史さん演じる石田三成の「田んぼアート」があります。むろん、われわれは上の展望台から見下ろしているのですが、上から見てき ... » more

石田三成の実像1735 旅行記78東北9 信義が寄進した最勝院の五重塔・杉山家の顕彰碑・信義の事績 写真は弘前の金剛山最勝院の五重塔を、隣りの弘前八坂神社の境内から18日に撮ったものです。写真を撮っている後ろには、杉山家12代龍江の顕彰碑が建っています。ここへは、杉山家当主と息子さんの案内で訪ねました。菩提寺である宗徳寺でお会いして、 ... » more

石田三成の実像1734 旅行記77東北9 三成の孫の杉山吉成の墓・吉成の事績 写真は弘前の宗徳寺にある、三成の次男・杉山源吾の息子である吉成の墓を撮ったものです。杉山家当主の杉山丕氏や息子さんの案内で訪れました。残念ながら、杉山源吾自身の墓は境内にはありません。吉成の墓は、杉山家代々の墓とは少し離れたところにありま ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1733 旅行記76東北8 三成の三女・辰姫の貞昌寺の墓・23年後に大舘から移送 写真は弘前の貞昌寺にある、三成の三女・辰姫の墓を18日に撮ったものです。辰姫のことについては、オンライン三成会編「三成伝説」(サンライズ出版)の「辰姫」の章で詳しく記されていんますし、この墓も写真入りで紹介されています。私も一度お参りし ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

Cantabileここが嫌い「真田丸」その10
第37話「信之」で、やっと三成(吉継も)はこのゴミ大河から退場となったことですし、この愚痴駄文もこれで終わりとなります。多分。(自分にとっては)最後の回にふさわしく、今回もしょうもなかった。タイトル関連の事についてはともかく、そ ... » more

石田三成の実像1732 旅行記75東北7 革秀寺の津軽為信の御霊屋・為信の事績 と三成 写真は弘前の革秀寺にある津軽為信の御霊屋を18日に撮ったものです。弘前城を見学した後に訪ねましたが、この御霊屋も本堂も修理中でした。この御霊屋に、三成の次男である重成(杉山源吾)が大坂城から持参した秀吉の木像が安置されています。為信の御 ... » more

石田三成の実像1731 旅行記74東北6 石田重成が運んだ秀吉の木像が祀られていた弘前城の館神 写真は弘前城の館神(たてがみ)跡を18日に撮ったものです。秀吉の木像を安置していた場所であり、弘前城のパンフレットには、「ごく限られた人だけが出入りできる場所でした」と記されています。写真の手前、左右に見えるのが、鳥居の礎石であり、奥 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1730 旅行記73東北5 弘前城・三成の子の辰姫の墓、杉山家代々の墓にお参り 写真は弘前城を18日に撮ったものです。城の向かって左側の奥の方に、岩木山が見えています。弘前城を訪ねるのは、三十数年ぶりです。独身時代に、勤務していた高校の国語科のやはり独身の同僚と二人で夏休みを利用して訪ねました。あの時は、文学を訪ね ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1729 旅行記72東北4 三成のものと伝わる、秋田の帰命寺の墓 写真は秋田の帰命寺にある、三成のものと伝わる墓を17日に撮ったものです。この墓のことは、オンライン三成会編「三成伝説」(サンライズ出版)の「羽後・秋田」の章に詳しく書かれています。この章及び「大谷吉継」の章を担当した佐藤誠氏に、今回の東北旅 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1728 旅行記71東北3 田んぼアート 大河ドラマ探訪432「真田丸」99 三成最期 写真は青森県南津軽郡田舎館村で開かれている、大河ドラマ「真田丸」で山本耕史さん演じる三成の姿を表した「田んぼアート」を昨日撮ったものです。真田昌幸の「田んぼアート」も隣に作られていました。オンライン三成会の有志の人々と17日に秋田、1 ... » more

石田三成の実像1727 カラー版「決定版 三成伝説」発行・担当部分で加筆訂正したところ 写真はこの9月15日に新たに出版された、オンライン三成会編「決定版三成伝説」(サンライズ出版)を昨日撮ったものです。これは2009年に出した「三成伝説」と同様、カラー版のものです。モノクロ版で、サイズを少し小さくした「改装版三成伝説」を20 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1726 旅行記70東北旅行2 佐竹義宣夫人の墓? 久保田城跡2 天守も石垣も作らず 写真は秋田の佐竹義宣夫人であった正洞院と思われる墓を16日に撮ったものです。「思われる」と記したのは、これがはっきり義宣夫人の墓だとはそばに書かれていませんし、墓に書かれた文字も消えかかっており、よく読めないからです。ただ、「佐竹義宣夫人( ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

Cantabile「センゴク 天正記」13巻
「センゴク 天正記」13巻 センゴク天正記(13) (ヤンマガKCスペシャル)講談社 2012-02-06 宮下 英樹 Amazonアソシエイト by 第二部にあたる、この「センゴク天正記」13巻で、石田三成初登場、だと思う。まだ佐吉ですけどね。 ... » more
テーマ 漫画の感想 石田三成  コメント(2)

その前に、「真田丸」第36回における超高速関ヶ原は、大きな反響を呼んだようですね。大谷吉継役の、片岡愛之助さんもがっかりした様子。http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e3%8 ... » more

石田三成の実像1725 旅行記69東北旅行1 久保田城跡1 三成の盟友、佐竹義宣に贈られた手水鉢 写真は秋田の千秋公園にある茶室の手水鉢を昨日撮ったものです。一昨日から秋田に来ています。明日から三連休を利用して、オンライン三成会の有志の人々と秋田や弘前の三成ゆかりの場所を回ることになっていますが、自分は先に飛行機で秋田入りしました。 ... » more

江宮隆之氏の「三成と家臣団の絆」(『歴史人』9月号所収)の「島左近」で、新しく発見された天正18年7月付の嶋左近書状についても触れられ、「左近は三成の『外交官』として重用されていた一面が窺えるという」と記されています。また「島左近」のタイト ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

大河ドラマ 「真田丸」では、本当は信繁の妻の一人であった「きり」をいろいろな人物と絡ませていますが、少々やり過ぎの感があります。秀次も出奔する時に、きりの様子を見に来ていましたし(秀次はきりを側室にする意思を示していました)、きりは細川ガラ ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

江宮隆之氏の「三成と家臣団の絆」(『歴史人』9月号所収)で、「豊臣秀吉に仕えた際の『自分一人(ゼロからの出発)』に始まった石田家臣団が、関ヶ原の時点では5000人以上になり、しかもすべてが三成の『義』のために奮戦した」と記されています。 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

大河ドラマ「真田丸」第36回「勝負」は、第二次上田合戦を中心に描かれていましたが、びっくりしたのは、関ヶ原に家康と三成・吉継が布陣する場面が少しあっただけで、佐助が真田昌幸・信繁や家臣たちの前で関ヶ原の戦いの結果を報告するという流れになって ... » more

NHKで放送された「ブラタモリ伏見」では、木幡山伏見城跡をタモリさんらは梅林秀行氏の案内によって歩いていましたが、梅林氏の「京都の凸凹を歩く」(青幻舎)では、残念ながら木幡山伏見城は取り上げられていません。「巨椋池」の章で、秀吉がすべて ... » more
テーマ 戦国史 京都探訪 石田三成

大河ドラマ「真田丸」第35回「犬伏」では、前回の最後から時間を少し遡って、三成が家康に対して挙兵することを吉継に呼びかける場面が描かれていました。もっとも、「真田丸」では通説とは違って、三成が垂井まで吉継を訪ねたものの、吉継が返事を保留し ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

小和田哲男氏「武断派はなぜ三成を憎んだのか?」(『歴史人』9月号所収)の中で、「家康は、秀吉によって罰せられた武断派武将を取りなすことで、自己の人脈をふやしていった」と記され、三成襲撃事件のことにも触れられています。小和田氏の同書では、 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

Cantabileここが嫌い「真田丸」その9
毎度の事ですが、「真田丸」がお好きな方はスルーでお願いします。「史実ガー」ではなく、改悪が嫌いとは言っても、好きな人は改悪と思ってないから好きなわけで、そういう方に、改悪だからと言っても仕方なく、来ないで下さいと言うしかない。もちろ ... » more

「歴史人」9月号に渡邊大門氏の「三成『黒幕説』の真偽を検証する」が掲載されています。三成が策謀したとされる数々の事件に、それが事実であるかどうかを検証したものですが、千利休切腹事件、豊臣秀次一族抹殺事件、加藤光泰怪死事件、蒲生氏郷毒殺疑惑、 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

「歴史人」の童門冬二氏の「石田三成の『義』とは何か?」の中で、徳川家康への嫌悪感が三成の行動原理となったと述べられています。同書には、死の直前の秀吉と三成との間に次のような会話があったのではないかと想像されています。「佐吉(三成の幼 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

 

最終更新日: 2016/12/01 10:58

楽天市場のおすすめ商品

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

「石田三成」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

セキガハラ 6 (SPコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル セキガハラ 6 (SPコミックス)
リイド社 長谷川哲也

センゴク権兵衛(1) (ヤンマガKCスペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル センゴク権兵衛(1) (ヤンマガKCスペシャル)
講談社 宮下 英樹

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る