誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

松下浩氏の講演「大津籠城戦と佐和山城掃討戦」の中で、関ヶ原合戦の経緯が述べられていましたが、昨日付拙ブログ記事の続きです。佐和山城攻撃は16日から始まりますが、籠城衆は石田正継・正澄らであり、攻撃軍は大手が小早川秀秋、水の手(搦め手)は ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

松下浩氏の講演「大津籠城戦と佐和山城掃討戦」の中で、関ヶ原の合戦の経緯について述べられていました。家康が会津攻めのため大坂を出陣したのが慶長5年6月16日、石田三成と大谷吉継挙兵の噂が広まり、奉行衆が徳川家康、毛利輝元に書状で報告し、鎮 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

一昨日に行われた、松下浩氏による講演会「大津籠城戦と佐和山城掃討戦近江にとっての関ヶ原合戦」の中で、関ヶ原合戦の対立軸の形成として、唐入りに際して、「朝鮮在陣諸将と国内強硬派との対立」があったこと、「前田利家死後の大老衆の主導権争い」があり ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

昨日、鳥居本地区公民館で行われた、滋賀県教育委員会文化財保護課の松下浩氏による講演会「大津籠城戦と佐和山城掃討戦近江にとっての関ヶ原合戦」ですが、まず関ヶ原合戦に対する従来の見方が示されています。従来の見方とは、関ヶ原合戦は「秀吉死後の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1792旅行記82 近江八幡散策 豊臣秀次公像 家臣の策略で切腹?ヴォーリズの建築 写真は近江八幡の八幡公園に建つ豊臣秀次公像を昨日撮ったものです。今日、鳥居本地区公民館で行われた、滋賀県教育委員会文化財保護課の松下浩氏による講演会「大津籠城戦と佐和山城掃討戦」、及びその後、同文化財課の下高大輔氏の案内・説明による佐和山城 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、連合政権側から上杉氏に託された役割として、阿部哲人氏の次のような見解が紹介されています。すなわち、「西軍の一翼を担うことになった景勝には大 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、(慶長5年)9月3日付本庄繁長宛直江兼続書状のうち、「天下」や「御公儀」の文言が出ている最初の箇条が引用され、この書状やこれらの文言についての ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1789大河ドラマ探訪461 「真田丸」128 「MEET三成展」のドラマの小道具類 写真は彦根城の開国記念館の紅葉を11月23日に撮ったものです。佐和山でののろし駅伝に参加した後、開国記念館で開催中の「MEET三成展」を見に行きました。「MEET三成展」を見学するのは三度目でしたが、二回目は11月5日でしたから、内容は全 ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、大谷吉継の政治的役割が論じられていますが、それに関して、水野伍貴氏と石畑匡基氏の見解が取り上げられています。まず水野氏については、「すでに ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

太田浩司氏の「『真田丸』講座」第三回の中で、「片桐且元はどうして徳川方に協力せざるを得なかったのか?」ということについても取り上げられ、秀頼から且元の大坂城退去が命じられたことが大きいと指摘されていました。拙ブログでも触れたように、本多 ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、大谷吉継の政治的役割について、考察されています。「大谷吉継が豊臣公儀(石田・毛利連合政権)の構成員であった一人であったことを明確に示してい ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、(慶長5年)7月29日に発給された、いずれも真田昌幸宛の3通の書状について、考察が加えられていますが、興味深いものです。その書状は宇喜多秀家書 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1785 琵琶湖一周のろし駅伝 参加者全員で「えいえいおー」・手作り弁当をいただく 写真は11月23日、佐和山で琵琶湖一周のろし駅伝ののろしが上がった時に撮ったものです。のろし駅伝は今年で15回を数え、今年は33箇所の中世城跡をのろしでつなぎました。近江八幡の瓶割山から10時にスタートし、時計回りに次々とのろしが上げられ ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で取り上げられている「(慶長5年)8月朔日付島津忠恒宛毛利輝元・宇喜多秀家連署状」ですが、白峰氏が作成された「石田・毛利連合政権の発給書状について ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

日本史の「女性」22 手抜かり!戦国人質作戦 官僚的能力には抜きん出たものを持ちながら、武勇面ではイマイチの評価だったのが、豊臣秀吉(1537-1598年)の腹心・石田三成(1560-1600年)です。それを案じたものか、秀吉は「忍城」※の攻略(1590年)をこの三成に ... » more
テーマ 細川ガラシャ 戦国時代 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、布谷陽子氏の二大老・四奉行の役割分担に関する見解についても、検討が加えられ、独自の見解が示されています。まず布谷氏の見解について、「@二大 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

太田浩司氏の「『真田丸』を三倍楽しむ講座」第三回で、「真田家が東西両軍に分かれた場所は犬伏か?」ということについても触れられ、上野板鼻・下野天明という記述もあることが述べられていました。そのことを示すものとして、「落穂集」に、真田昌幸は ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

山田喜雄氏から関ヶ原町歴史民俗資料館元館長の高木優榮氏の「三成の関ヶ原転進は予定の作戦」(『新・歴史群像シリーズ@』【学研】所収)のコピーをお送りいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。山田氏とは、今年の三成祭でお会いしました。 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

太田浩司氏の「『真田丸』を3倍楽しむ講座第三回」で、「石田三成の家康襲撃計画はあったのか?」ということについても、触れられていました。この襲撃計画については、「真田丸」でまるまる一回分を使って描かれていましたが、拙ブログ記事で以前、否定的な ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

石田三成の実像1780 旅行記81 湖東の西明寺の紅葉 奉納絵馬は佐和山合戦を描いたものではない 写真は湖東三山のひとつ、紅葉が見ごろの西明寺の五重塔を22日に撮ったものです。23日の佐和山での琵琶湖一周のろし駅伝に参加するために彦根に一泊しました。前日は昼前に彦根駅に着き、荷物をホテルに預け、昼食を取ってから、シャトルバスで西明寺 ... » more

太田浩司氏の「『真田丸』を三倍楽しむ講座」の中で、「豊臣秀吉の遺言状は存在したのか?」という話題に対して、「浅野家文書」「早稲田大学所蔵文書」「毛利家文書」に遺言状が残っており、矢部健太郎氏の「関ヶ原合戦と石田三成」(吉川弘文館)の記述が取 ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、石田・毛利連合政権の発給文書について、時系列別に検討されていますが、慶長5年9月には、「9月13日付多賀秀種宛増田長盛・毛利輝元連署状」が発行 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、慶長5年7月の三成挙兵後、毛利輝元と宇喜多秀家の二大老と長束正家・増田長盛・前田玄以・石田三成の四奉行が発給した連署状は、8月1日付の木下利房宛 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、毛利輝元が国元を出発する7月15日より前に「輝元が反家康の中核になることを決断した」と指摘されています。その根拠として、7月15日付上杉景勝 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、布谷陽子氏は「『西軍』としての二大老・四奉行体制というとらえ方をしているが」、白峰氏は「政権(豊臣公儀)の枠組みというとらえ方をしており、この中 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

大河ドラマ「真田丸」では、秀吉の死後、関ヶ原の戦いに至るまで、三成対家康という構図でした。三成を嫌う人々が家康につくという展開でしたから、「人望がない」三成に従う武将が少ないという描き方であり、そういう点に不満を覚えました。むろん、吉継は ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

宇喜多秀家が7月5日に豊国社に参詣することで反家康の決起表明をしたかどうかについてですが、7月12日付の永井長勝宛の増田長盛書状が本物であるかという問題にも関わっています。大西泰正氏の「豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家」(岩田書院)にその書状が ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、関ヶ原の戦いに向けての動きについて、慶長5年6月16日、家康が上杉征討軍を率い、大坂を出発した後、三成が挙兵に向けて動き出し、大谷吉継、真田昌幸、上杉景勝は挙兵計画が出来上がってか ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、家康暗殺計画事件の処分について、述べられていました。すなわち、前田利長は牽制軍を派遣され、征討軍を組織され、結局母の芳春院(まつ)を人質に出したこと。浅野長政は武蔵に蟄居し、三男の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

しろやま日記長浜  -1680
長浜  -1680 長浜というと「黒壁スクエア」という洒落た界隈があるとかで、関東の方からのツアーのコースに入っていることもあります。台風が、この日に接近するのは確実・・との情報があり、彦根のホテルを早めに出て長浜に行きました。とりあえず傘をさして ... » more
テーマ 長浜 石田三成

 

最終更新日: 2017/02/16 10:35

楽天市場のおすすめ商品

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

「石田三成」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

美術展ぴあ2017 (ぴあMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 美術展ぴあ2017 (ぴあMOOK)
ぴあ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る