誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の中での、中井均氏の報告「佐和山城と城下町の構造」の続きですが、佐和山城下町の発掘調査についての成果、それについての考察が加えられています。東麓の北側にある「奥ノ谷」の調査では、溝によって区画さ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の中での、中井均氏の報告「佐和山城と城下町の構造」の続きですが、佐和山城の瓦については、コビキA手法と呼ばれる糸引痕を残す古い製作技法の瓦と、コビキB手法と呼ばれる鉄線引痕を残す新しい技法の瓦が出土 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の中での、中井均氏の報告「佐和山城と城下町の構造」の続きですが、戦国時代の佐和山は、山城のみで機能していた可能性が高く、居住空間も山頂部に構えられていたのではないかと指摘されています。普通の山城は、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の中での、中井均氏の報告「佐和山城と城下町の構造」の続きですが、佐和山城の構築年代について、四つの時期に分けて説明されていました。このことは、今は定説になっており、拙ブログでも今まで取り上げてきまし ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3日、4日に「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」が鳥居本地区公民館で行われましたが、まず3日の午後は「佐和山城の研究」と題して中井均氏の報告「佐和山城と城下町の構造」、太田浩司氏の報告「佐和山城下町の復元」、下高大輔氏の報告「豊臣期佐 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、「島津退き口」について、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、西軍(三成方)諸隊布陣地 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、西軍(三成方)諸隊布陣地 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、西軍(三成方)諸隊布陣地 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、西軍(三成方)諸隊布陣地 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、西軍(三成方)諸隊布陣地 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告(縄張り図作成石田章氏)」【東海古城研究会発行の「城」224号所載】の中で、前述したように、石田三成 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

東海古城研究会発行の「城」224号に、高橋陽介氏の「関ヶ原新説(西軍は松尾山を攻撃するために関ヶ原へ向かったとする説)に基づく石田三成藤下本陣比定地『自害峰』遺構に関する調査報告」(縄張り図作成石田章氏)が掲載されています。関ヶ原の戦 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、三成の失脚及びその後の家康暗殺計画を通じて、家康は豊臣系武将の取り込みに成功したことが指摘され、次のように記され ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、「対立構造に変化をもたらしたターニングポイントは、慶長4年閏3月の三成の失脚であろう」と指摘されています。具 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、三成が失脚して、約半年経って起こった、家康暗殺計画をめぐる事件について、「慶長年中ト斎記」とカンハンの「看羊録」 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

2月は和歌山県の湯浅に一泊、石川県の山中温泉に二泊してきましたが、その時のことはフェイスブックの方で写真入りで紹介しています。 https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7またこの土日 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、七将による石田三成襲撃事件で、三成が佐和山に引退した後、「家康は閏3月21日に毛利輝元と誓紙を交わしているが」、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、七将による石田三成襲撃事件の際、三成が対抗したことについて次のように記されています。「三成は、毛利輝元・上杉 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、七将による石田三成襲撃事件の責任を取って、三成が佐和山に引退する2日前の慶長4年(1599)閏3月8日付で、三成 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、前田利家の死の直後に起こった、七将による石田三成襲撃事件について、次のような見解が示されています。すなわち、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、島津領における庄内の乱に関して、「家康は乱の収拾を通じて、九州の諸大名への影響力を高めていく」と指摘され、それを ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、島津忠恒による宿老の伊集院幸侃殺害に関する、三成の対応について、次のように記されています。「報せを聞いて激怒した三成は、3月15日付で領国にいた島津義久に充てて、詳細を告げている。結局、幸侃の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、家康の縁辺問題の終結に関して、次のように記されています。「慶長4年2月5日に家康と四大老・五奉行の間で誓紙が ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、家康の縁辺問題に関する、村井長明の「利家夜話」の記述が引用され、次のように内容が要約されています。「奉行衆ら ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、慶長4年(1599)1月中旬に、家康と伊達政宗の間で結ぼうとした婚姻関係が問題となったことが取り上げられています ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、小早川旧臣を三成が召し抱えたことを示すものとして、慶長3年(1598)9月8日付で毛利輝元が三成に充てた書状が取り上げられ、次のように現代語訳されています。「隆景の旧臣たちは小早川秀秋が引き継 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で取り上げられている、秀吉の死後の9月2日付で毛利家臣の内藤周竹(隆春)が内藤元家へ宛てた書状の中に、「五人之奉行と ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、秀吉の死の10日後の8月28日付で、毛利輝元が石田三成・増田長盛・長束正家・前田玄以の四奉行に宛てた起請文前書 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の「秀吉死後における家臣間の対立構造と推移」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中に、秀吉の死の前日の8月17日付で真田信幸に宛てた五奉行連署状が取り上げられています。その書状について、次のよう ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2018/04/19 10:35

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る