誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

白峰旬氏の「慶長5年10月20日の江上合戦についての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察」(『別府大学大学院紀要』第19号所載)は、拙ブログ記事で以前に紹介した「慶長5年9月13日の大津城攻めについての立花宗茂発給の感 ... » more
テーマ 石田三成

4月4日付の朝日新聞記事に掲載されていた、「古田織部美術館」の展覧会「織部はキリシタンか?」ですが、展示されていた新発見の高山右近の書状は、次のような内容です。「書状は、1614年に江戸幕府による禁教令でマニラへ追放される直前に、お灸の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

京都の「古田織部美術館」は訪ねたことがあり、拙ブログ記事でも触れたことがありますが、13日まで「織部はキリシタンか?」という展覧会が開かれていたものの、残念ながら行けませんでした。4月4日付の朝日新聞記事にこの展覧会の紹介記事が掲載されて ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の註の中で、細川家の首注文との比較もされています。すなわち、「細川家の首注文では、細川家(正確には細川忠隆の軍勢)全体での討ち取った首の合計に関する ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「慶長19年の大坂冬の陣に出陣した福島忠勝(正則の養子)の備の人数帳(『備後守様大坂御陣への御陣候人数之帳』)」の内容が検討されていますが、その ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「慶長19年の大坂冬の陣に出陣した福島忠勝(正則の養子)の備の人数帳(『備後守様大坂御陣への御陣候人数之帳』)」の内容が検討されていますが、その ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「慶長19年の大坂冬の陣に出陣した福島忠勝(正則の養子)の備の人数帳(『備後守様大坂御陣への御陣候人数之帳』)」の内容が検討されていますが、「関 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

14日付の朝日新聞朝刊の「文化の扉歴史編」に「異説あり千利休切腹してない?」という記事が掲載され、利休は切腹しておらず、九州まで逃げ延びていたという中村修也氏の見解が紹介されていました。その根拠の一つとして細川三斎が利休の息子の道安に豊前国 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

14日付の朝日新聞朝刊の「文化の扉歴史編」に「異説あり千利休切腹してない?」という記事が掲載され、利休は切腹しておらず、九州まで逃げ延びていたという中村修也氏の見解が紹介されていましたが、その続きです。利休が生きていたことを示す史料とし ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

14日付の朝日新聞朝刊の「文化の扉歴史編」に「異説あり千利休切腹してない?」という記事が掲載され、利休は切腹しておらず、九州まで逃げ延びていたという中村修也氏の見解が紹介されていました。それによると、「切腹させられたという従来説の根拠に ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「関原首帳」には「組頭自らが敵の首を討ち取ったケースが11例あ」り、「組頭が討死したケースが1例あること」から、「組頭も白兵戦において最前線で戦っ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「関原首帳」には各組頭の名前と、各組別に首を取った人物名と首の数が記されており、「組頭になるのは福島家の大身家臣が多かったということになろう」と指 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰氏の「『関原首帳(福嶋家)』について」 (別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、「関原首帳」の作成の経緯について、次のように説明されています。「首帳の末尾に、筆者は金森安衛門であり、(9月)15日の合戦について、(9月)1 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像2270 通説の福島正則陣跡 白峰旬氏「『関原首帳(福嶋家)』について」1 写真は関ヶ原の戦いの際に、福島正則の本陣が置かれたとされる場所を4月に撮ったものです。松尾の春日神社のそばにあります。通説によると、福島隊は、宇喜多秀家隊と戦ったとされています。もっとも、現在、大半の関ヶ原本に掲載されている戦いの際の布陣 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、桃山町正宗で行われた2箇所の発掘調査について、次のように説明されています。「伊達政宗の伏見城上屋敷及び北に築かれた伏見城 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、発掘調査された島津の北にある、桃山町永井久太郎において行われた発掘調査について、次のように説明されていました。「山内一豊 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

伏見城下の三成上屋敷や下屋敷の発掘調査もしてほしいところですが、私有地などの問題もあって、なかなか難しいのかもしれません。伏見城内にあった治部少輔丸は、現在は桃山御陵内にあるので発掘調査は無理でしょうが、それでも本丸跡にある明治天皇陵とは距 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、今まで行われた発掘調査の概要について説明されていましたが、指月伏見城のすぐ外側の地点の調査結果も説明されていました。指月 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、今まで行われた発掘調査の概要について説明されていましたが、私が2015年に行われた現地説明会に参加した発掘調査についても、説 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、伏見城の概要について四つの画期に分けて説明されていましたが、3期の木幡山伏見城は、関ヶ原の戦いの前哨戦で、焼失します。この点 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、伏見城の再建(木幡山伏見城の築造)に関する、慶長2年のものと推定される9月25日付の真田信幸宛三成書状が取り上げられ、次のように現代語訳されています。「わざわざ申し入れます。貴所が御下国され ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、慶長2年3月7日付で長盛・正家・三成・玄以、宮部継潤の連署状が取り上げられていることを拙ブログで前述しましたが、この指示に応じた3月10日付の徳川秀忠書状も取り上げられています。この書状は、次の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、伏見城の概要について四つの画期に分けて説明されていましたが、慶長の大地震によって、指月伏見城は崩壊し、2期が終わりました。 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

3月に行われた「織豊期城郭研究会in佐和山特別研究集会」の奥井智子氏の報告「近年の伏見城跡調査成果について」の中で、伏見城の概要について四つの画期に分けて説明されていました。まずは一期は文禄元年(1592)からで、豊臣秀吉が甥の秀次に関 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2259 「特別研究集会」40 乗岡氏「宇喜多秀家の備前岡山城」10 瓦の同笵関係2 写真は岡山城の鉄門跡の階段のところから下の段を2014年9月に撮ったものです。鉄門は復元されていませんが、不明門のすぐ南にあった門です。鉄門は秀家の時代はありませんでした。江戸時代は、下の段から階段を上り、鉄門をくぐって表書院に出ました。さ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2258 「特別研究集会」39 乗岡氏「宇喜多秀家の備前岡山城」9 瓦の同笵関係 写真は岡山城の不明門を2014年9月に撮ったものです。中の段の表書院から本段に入る入口に設けられた大型の城門で、普段はこの門は閉じられていたため、「不明門」と呼ばれました。宇喜多秀家期の岡山城本丸の図(特別研究集会資料集)を見ると、「初期不 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2257 伏見城から移築された福山城の伏見櫓・伏見城の焼けた石垣発見 写真は福山城の伏見櫓を4日に撮ったものです。フェイスブック(https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7)にも記しましたが、3日から一泊で福山に住む、大学時代からの友人で寺の住職をしている ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2256 「特別研究集会」38 乗岡氏「宇喜多秀家の備前岡山城」8 軒平瓦・軒丸瓦 写真は岡山城の中の段の表書院跡を撮ったものです。天守がある本殿御殿の西側にあり、その北西の隅に月見櫓が建っています。表書院は中の段を拡張して、江戸時代に作られたもので、宇喜多秀家期の石垣も二ヶ所、この下(階段を下りたところ) に展示されてい ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2255 「特別研究集会」37 乗岡氏「宇喜多秀家の備前岡山城」7 瓦生産 写真は岡山城の中の段の北西の隅に建っている月見櫓を2014年9月に撮ったものです。廊下門から中の段に入ると、すぐに見えます。廊下門は再建ですが、月見櫓は、江戸時代の池田忠雄が建てた当時のものです。この3月に行われた「織豊期城郭研究会in ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成の実像2254 「特別研究集会」36 乗岡氏「宇喜多秀家の備前岡山城」6 城下町の変遷 写真は岡山城の搦手門である廊下門を2014年9月に撮ったものです。岡山城へはここから入りましたが、本丸の北西にあり、南にある中の段に出ます。廊下門は門扉の上に敵を迎え撃つための部屋を備えており、部屋は本段と中の段を結ぶ城主専用の廊下としても ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2018/05/27 00:35

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る