誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、九州攻めに関して、天正15年(1587)2月17日付の筑前国上座郡の土豪の宝珠山隆倍に宛てた三成書状が取り上げられ、その現代語訳が掲載されています。「仰っしゃるように、これまで書状をやりとりす ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正14年12月3日付の多賀谷重経宛の秀吉書状の内容が記されていますが、次のようなものです。「石田三成に対する書状を披見した。関東・奥羽の惣無事のことをこのたび家康に指示したので、異議を差し ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、織 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、天正14年(1586)5月16日付の直江兼続宛木村吉清・石田三成・増田長盛連署状が取り上げられ、現代語訳も掲載されて、その書状の内容について次のようにまとめられています。すなわち、「三成らは秀 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、石 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成」(吉川弘文館)の中で、三成が小西立佐とともに堺奉行に就任したのは、天正14年6月であり、その先行研究として、朝尾直弘氏の論考「織豊期の堺代官」が挙げられています。三成を堺奉行に任命した秀吉の意図として、中野氏の同書 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1843 旅行記86 有馬温泉4 伏見城から移築された瑞宝寺の山門・「有馬山」の歌碑 写真は有馬温泉にある瑞宝寺の山門を3日に撮ったものです。この山門は伏見城の門を移築したものだといわれています。われわれは有馬籠の店「くつわ」を見た後、坂を上ったところにある炭酸泉源を訪ねました。ここは公園になっており、蛇口をひねると、水 ... » more
テーマ 旅行記 古典文学探訪 石田三成

石田三成の実像1842 旅行記85 有馬温泉3 石垣、帯曲輪跡・秀吉の湯殿御殿跡・ねね邸跡・有馬籠 写真は温泉寺の近く、極楽寺の「太閤の湯殿館」のそばの「石垣・帯曲輪跡」を3日に撮ったものです。その説明掲示板には次のように記されています。「石垣は、自然石(割ったり削ったりしない石材)だけを用いる野面積(のづらづみ)と呼ばれる石積みで秀 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

 旅行記84  有馬温泉2 親水公園・天神泉源・御所泉源・温泉寺・湯泉神社 。写真は有馬川の河川敷の親水公園を2月3日に撮ったものです。有馬川は滝川と六甲川がこの地点で合流しています。親水公園は阪神・淡路大震災があった1995年に作られました。写真に写っている赤い橋がねね橋です。親水公園は下に降りて歩くのがお勧めで ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

石田三成の実像1841 旅行記83  有馬温泉1 ねね像から太閤像へ 天正13年の湯治 写真は有馬温泉の太閤橋の近くのゆけむり広場に建つ「茶人太閤像」を2月3日に撮ったものです。妻と有馬温泉に一泊してきました。妻は初めて、私は前に行ったことはありますが、三十数年ぶりのことで、その時は同僚たちと車で行き、一泊した後、次の日 ... » more
テーマ 旅行記 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正13年(1585)12月28日付の上杉景勝宛の三成書状が取り上げられています。秀吉書状の副状(そえじょう)であり、それまでの「三也」という署名ではなく、「三成」と記して実名を改めたと指摘されて ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、石 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、石 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中で、石 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1836 「長浜城跡・城下町跡」現地見学会3 知善院・外堀・山内屋敷・天守跡 写真は長浜の知善院の表門を、22日の「長浜城跡・城下町跡」の現地見学会の際に撮ったものです。長浜城の搦手(からめて)門を移築したと云われています。知善院自体は、浅井氏の小谷城から移した寺であり、長浜城の鬼門(北東)を守護する位置にありました ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

三成が長浜町に人夫調達を命じた須藤通光書状ですが、太田浩司氏の「近江が生んだ知将石田三成」(サンライズ出版)には、この書状について解説が加えられ、追而書(おってがき)に記されていることについて次のように記されています。「長浜町は秀吉の城 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1834「長浜城跡・城下町跡」現地見学会2 境界石碑・須藤通光書状 長浜城跡・城下町跡の現地見学会では、「大手門通り」の東の端を北に進み、大通寺の参道をさらに北上して、大通寺の山門のところに出ました。大通寺は長浜城下町の北東に位置しています。山門の前を左折して、長浜城の大手門を移築したとされる台所門に出まし ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

22日に長浜で行われた、松下浩氏による講義「信長・秀吉の近江支配」の中で、秀吉による天正19年(1591)国割について次のように説明されていました。小田原合戦後、徳川家康を関東に移封し、東海道・東山道に豊臣系大名を配置し、それまで近江に ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

22日に長浜で行われた、松下浩氏による講義「信長・秀吉の近江支配」の中で、信長と近江との関係は、「元亀騒乱」によって大きく変わり、信長の近江掌握構想は破綻したと説明されていました。その発端は、元亀元年(1570)4月、浅井氏が離反したことで ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1831 曳山祭りと羽柴秀勝の墓・ 松下浩氏の講義「信長・秀吉の近江支配」1 写真は22日、松下浩氏による講義「信長・秀吉の近江支配」が行われた長浜の曳山博物館(講義は伝承スタジオにおいてでした)の看板を撮ったものです。講義の後、太田浩司氏による「長浜城跡・城下町跡」の現地見学会がありました。これは連続講座「近江 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中の、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)には、「左吉」から「治部少輔」に変わったのが確認できるのは、「宇野主水日記」の天正13年(1585)9月10日の記述であり、14日の条にも、秀吉の有馬湯治に従った面々の中に、「石田治部少輔」の名があるこ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正12年の三成について、「小牧の陣の前半は、秀吉の陣中に近侍していたようだ」が、「10月の後半以降は、秀吉自身が北伊勢の各地を移動しており、三成は必ずしも行動を共にしていたわけではなさそうであ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成が一次史料として出てくるのは天正11年のことだと記されていることは前述しましたが、1月23日付の淡路の広田蔵丞宛の書状、2月7日付の越後西雲寺宛の木村吉清・増田長盛との連署状、3月13日付の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1826 堺めぐり5 千利休屋敷跡の記念碑・利休が暴利をむさぼっていた説への批判 写真は千利休屋敷内に建つ、利休の事績を記した石碑を6日に撮ったものです。利休切腹事件の時に、三成は京に戻っていなかったことが、白川亨氏の「真説石田三成の生涯」(新人物往来社)で指摘されています。これも以前に拙ブログで紹介したことがありま ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、昌幸と三成の相婿説が主張されていますが、昌幸と三成の結婚した年に15年程の大きな開きがあります。両方の妻とも、宇多頼忠の娘であれば、姉妹の間に大きな年齢差があります。この点を指して、笹本正治氏の「 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、真田昌幸と三成は、共に宇多頼忠の娘であり、二人は相婿説であったという説を唱えられ、宇多氏の本来の姓である尾藤氏は「信州中野郷を本貫とする」と述べられていますこの点について、白川亨氏の「石田三成と ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「『十六・七世紀イエズス会日本報告集』における関ヶ原の戦い関連の記載についての考察ー関ヶ原の戦いに至る政治状況と関ヶ原戦い当日の実戦の状況ー」(『別府大学大学院紀要』第17号・別府大学史学研究会『史学論叢』第45号所載)の中の、 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2017/02/16 10:35

楽天市場のおすすめ商品

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

「石田三成」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

美術展ぴあ2017 (ぴあMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 美術展ぴあ2017 (ぴあMOOK)
ぴあ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る