誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で取り上げられている「(慶長5年)8月朔日付島津忠恒宛毛利輝元・宇喜多秀家連署状」ですが、白峰氏が作成された「石田・毛利連合政権の発給書状について ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

日本史の「女性」22 手抜かり!戦国人質作戦 官僚的能力には抜きん出たものを持ちながら、武勇面ではイマイチの評価だったのが、豊臣秀吉(1537-1598年)の腹心・石田三成(1560-1600年)です。それを案じたものか、秀吉は「忍城」※の攻略(1590年)をこの三成に ... » more
テーマ 細川ガラシャ 戦国時代 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)の中で、布谷陽子氏の二大老・四奉行の役割分担に関する見解についても、検討が加えられ、独自の見解が示されています。まず布谷氏の見解について、「@二大 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

太田浩司氏の「『真田丸』を三倍楽しむ講座」第三回で、「真田家が東西両軍に分かれた場所は犬伏か?」ということについても触れられ、上野板鼻・下野天明という記述もあることが述べられていました。そのことを示すものとして、「落穂集」に、真田昌幸は ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

山田喜雄氏から関ヶ原町歴史民俗資料館元館長の高木優榮氏の「三成の関ヶ原転進は予定の作戦」(『新・歴史群像シリーズ@』【学研】所収)のコピーをお送りいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。山田氏とは、今年の三成祭でお会いしました。 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

太田浩司氏の「『真田丸』を3倍楽しむ講座第三回」で、「石田三成の家康襲撃計画はあったのか?」ということについても、触れられていました。この襲撃計画については、「真田丸」でまるまる一回分を使って描かれていましたが、拙ブログ記事で以前、否定的な ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

石田三成の実像1780 旅行記81 湖東の西明寺の紅葉 奉納絵馬は佐和山合戦を描いたものではない 写真は湖東三山のひとつ、紅葉が見ごろの西明寺の五重塔を22日に撮ったものです。23日の佐和山での琵琶湖一周のろし駅伝に参加するために彦根に一泊しました。前日は昼前に彦根駅に着き、荷物をホテルに預け、昼食を取ってから、シャトルバスで西明寺 ... » more

太田浩司氏の「『真田丸』を三倍楽しむ講座」の中で、「豊臣秀吉の遺言状は存在したのか?」という話題に対して、「浅野家文書」「早稲田大学所蔵文書」「毛利家文書」に遺言状が残っており、矢部健太郎氏の「関ヶ原合戦と石田三成」(吉川弘文館)の記述が取 ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、石田・毛利連合政権の発給文書について、時系列別に検討されていますが、慶長5年9月には、「9月13日付多賀秀種宛増田長盛・毛利輝元連署状」が発行 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、慶長5年7月の三成挙兵後、毛利輝元と宇喜多秀家の二大老と長束正家・増田長盛・前田玄以・石田三成の四奉行が発給した連署状は、8月1日付の木下利房宛 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、毛利輝元が国元を出発する7月15日より前に「輝元が反家康の中核になることを決断した」と指摘されています。その根拠として、7月15日付上杉景勝 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「豊臣公儀としての石田・毛利連合政権」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号)では、布谷陽子氏は「『西軍』としての二大老・四奉行体制というとらえ方をしているが」、白峰氏は「政権(豊臣公儀)の枠組みというとらえ方をしており、この中 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

大河ドラマ「真田丸」では、秀吉の死後、関ヶ原の戦いに至るまで、三成対家康という構図でした。三成を嫌う人々が家康につくという展開でしたから、「人望がない」三成に従う武将が少ないという描き方であり、そういう点に不満を覚えました。むろん、吉継は ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

宇喜多秀家が7月5日に豊国社に参詣することで反家康の決起表明をしたかどうかについてですが、7月12日付の永井長勝宛の増田長盛書状が本物であるかという問題にも関わっています。大西泰正氏の「豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家」(岩田書院)にその書状が ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、関ヶ原の戦いに向けての動きについて、慶長5年6月16日、家康が上杉征討軍を率い、大坂を出発した後、三成が挙兵に向けて動き出し、大谷吉継、真田昌幸、上杉景勝は挙兵計画が出来上がってか ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、家康暗殺計画事件の処分について、述べられていました。すなわち、前田利長は牽制軍を派遣され、征討軍を組織され、結局母の芳春院(まつ)を人質に出したこと。浅野長政は武蔵に蟄居し、三男の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

しろやま日記長浜  -1680
長浜  -1680 長浜というと「黒壁スクエア」という洒落た界隈があるとかで、関東の方からのツアーのコースに入っていることもあります。台風が、この日に接近するのは確実・・との情報があり、彦根のホテルを早めに出て長浜に行きました。とりあえず傘をさして ... » more
テーマ 長浜 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、慶長5年の家康の上杉攻めは、三成を誘うためだったという従来の説が否定されていました。その説とは、家康が上方を留守にすれば、三成が挙兵するから、この際、敵対勢力をまとめて掃討するとい ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、武断派七将による石田三成襲撃事件に関して、「三河物語」には、「最後には石田治部少輔(三成)一人に責任をかけて、寄り合って治部(三成)に腹を切らせようとした」という記述があることが取 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

石田会館で行われた水野伍貴氏の講演会「関ヶ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、七将による石田三成襲撃事件についても言及されていました。七将は、「細川忠興、蜂須賀家政、福島正則、藤堂高虎、黒田長政、加藤清正、浅野幸長」であり、彼らは慶長の役の ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田会館で行われた水野伍貴氏の講演会「関ケ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、秀吉死後の勢力関係について、三つの勢力に分けて説明されていました。まず、一つ目の勢力として、石田三成・増田長盛・長束正家・前田玄以の四奉行と毛利輝元の勢力、 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

三成祭の際、石田会館で行われた水野伍貴氏の講演会「関ケ原合戦に至る石田三成の動向」の中で、秀吉の意図した五大老・五奉行制とは、「秀頼の意向を代表する役割は、五奉行の側にあり、五大老は諸大名の代表として、その施策を承認し、支えてゆく」ことだっ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田会館で行われた水野伍貴氏の講演会「関ケ原合戦に至る石田三成の動向」ですが、水野氏の講演を拝聴するのは初めてでした。もっとも、以前に拙ブログ記事で取り上げたように、水野氏の「石田正澄と石田三成」(『歴史読本』2011年12月号所載)の中で ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

石田三成の実像1765 太田浩司氏の「真田丸」講座・妙源寺の法要・石田三成祭・水野伍貴氏の講演 写真は長浜市石田町で行われた三成の法要の直前の様子を撮ったものです。写真に向かって右側に石田一族供養塔がありますが、そばの紅葉が鮮やかでした。 4日から彦根に2泊して、三成の法要や関連イベントに参加してきました。当初は4日の昼頃に彦根 ... » more
テーマ 戦国史 大河ドラマ 石田三成

白峰旬氏は三成が挙兵し、「内府ちかひの条々」が出されて以降、関ヶ原の戦いまで石田・毛利連合政権が成立していたと主張されており、その見解については「新解釈関ヶ原合戦の真実」(宮帯出版社)で初めて知り、拙ブログ記事でも紹介しましたが、白峰氏の「 ... » more

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い当日の戦闘経過・戦闘状況についてー島津家家臣史料の検討ー」(愛知中世城郭研究会発行『愛城研報告』所載)の最後に次のように締めくくられています。「今後は、『旧記雑録後編三』収載の関ヶ原の戦いに関する島津家家臣の史料 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い当日の戦闘経過・戦闘状況についてー島津家家臣史料の検討ー」(愛知中世城郭研究会発行『愛城研報告』所載)の中で、島津家家臣史料の検討によって、白兵戦の実態についてわかることとして、次のようにまとめられています。「 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い当日の戦闘経過・戦闘状況についてー島津家家臣史料の検討ー」(愛知中世城郭研究会発行『愛城研報告』所載)の中で、島津家臣史料の成立年代がわかるのは、寛文3年(1663)、寛文4年、寛文元年、万治2年(1659)、明暦 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「関ヶ原の戦い当日の戦闘経過・戦闘状況についてー島津家家臣史料の検討ー」(愛知中世城郭研究会発行『愛城研報告』所載)では、「勝敗が決するまでの戦闘時間の経過」について、「15日早朝の戦い(家康方軍勢と小早川秀秋の軍勢による挟撃) ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

朝日新聞に連載されている「三谷幸喜のありふれた生活」の「799人間ドラマは細部に潜む」の中で、「方広寺鐘銘事件」のことが取り上げられています。昔から「都合のよい四文字があったものだな」という疑問を三谷氏は持っていたが、今回「真田丸」で「 ... » more
テーマ 大河ドラマ探訪 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2016/12/01 10:58

楽天市場のおすすめ商品

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

「石田三成」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

セキガハラ 6 (SPコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル セキガハラ 6 (SPコミックス)
リイド社 長谷川哲也

センゴク権兵衛(1) (ヤンマガKCスペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル センゴク権兵衛(1) (ヤンマガKCスペシャル)
講談社 宮下 英樹

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る