誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    石田三成

石田三成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「石田三成」のブログを一覧表示!「石田三成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「石田三成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「石田三成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意見ー小早 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意見ー小早 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意見ー小早 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

日本史の「付録」04 頂上決戦は伝統の原っぱで 現在の行政単位では、その東西十数Kmに渡るエリアを、西から「岐阜県不破郡関ケ原町」、中央部が「同県不破郡垂井町」、そして、東域を「同県大垣市」というように厳密な区分けをしていますが、おそらく昔はこのあたり一帯は丸ごと「広い広い一 ... » more
テーマ 弘文天皇 関ヶ原の戦い 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意見ー小早 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意見ー小早 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介氏の御批判に接してー」(渡辺大門氏編『戦国・織豊期の諸問題』【歴史と文化の研究所】所載)の中で、高橋研究ノート(高橋氏の「研究ノート白峰氏による高橋説検証への意 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏より渡邊大門氏編「戦国・織豊期の諸問題」(歴史と文化の研究所)をご恵贈賜りましてありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げます。この書には白峰氏の「慶長5年9月15日の関ヶ原の戦いの状況についてー拙論に対する高橋陽介 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月13日の大津城攻めについての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察」(別府大学史学研究会『史学論叢』第47号所載)の中で、「大津城攻めの諸将」が表として掲載されています。その表は「関ヶ原御合戦之時 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、文禄2年8月22日付の大谷吉継・石田三成連署状が取り上げられていますが、その連署状について次のように解説されています。「充所とされる島津義弘・長宗我部元親(羽柴土佐守)・戸田勝隆(民部少輔)・ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、前述したように、文禄2年8月6日付で浅野長吉や三成ら三奉行に充てて出した秀吉朱印状が取り上げられていますが、同日付で上杉景勝や大谷吉継、小西行長、三成らに充てた秀吉朱印状も取り上げられ、次のように ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、文禄2年(1593)8月16日付で島津義弘・久保(ひさやす)に充てて、三成家臣の安宅秀安が出した書状の内容及び解説が次のように記されています。「三成が帰国後すみやかに上洛して秀吉に義久隠居の件 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、前述したように、文禄2年7月22日付で相良頼房に充てて、三成家臣の安宅秀安が出した書状が取り上げられていますが、その中に次のような中野氏の解説があります。「相良頼房は、加藤清正(賀主)と同陣す ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、7月22日付で相良頼房に充てて、三成家臣の安宅秀安が出した書状が取り上げられていますが、その中に三成の居所に関する次のような記述があります。「遥々、石田三成(治部少)へ御手紙いただき、尤もに存 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

4日から2泊3日で伊勢志摩への家族旅行に行ってきました。1日かけて伊勢神宮の外宮・内宮に参拝し、3日目に鳥羽水族館を見学しました。この旅行のことは、フェイスブックの方で順次、紹介していますので、興味がある方はご覧くださればと思います。h ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、文禄2年「7月8日に宇喜多秀家が慶尚道(キョンサンド)の昌原(チャンウォン)に入り、ここで石田三成・大谷吉継・増田長盛らと朝鮮支配の全般について談合を持つことになる(大日本古文書『島津家文書』17 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、7月18日、「三成は大谷吉継・小西行長らとともに明国勅使を伴って、半島南岸の巡検を行なっている」と記されている書状が取り上げられていることを前述しましたが、この書状は同日付で島津義弘に宛てた太田久 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、前述したように、「秀吉の明使節への引見は、5月23日に行われた。明の使節は、その後しばらく名護屋城に留め置かれるが、石田三成・増田長盛・大谷吉継らは5月24日、慌ただしく朝鮮に戻っていく(『大和田 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、前述したように、文禄2年(1593)5月6日までに漢城から釜山に到着していると述べられていますが、その後の三成らの動きについて、次のように記されています。「三成らの一行は偽りの勅使を伴い、5月 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、文禄2年(1593)4月26日付で黒田長政・加藤清正ら諸将に宛てた三成ら三奉行連署状が取り上げられ、その最初の方は前述しましたが、後半には次のように記されています。「浅野長吉(弾正少弼)や黒田 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、文禄2年(1593)4月18日付で、増田長盛・大谷吉継・石田三成の三奉行が島津義弘・中川秀成・福島正則ら21名の諸将に宛てた書状が取り上げられていますが、その第一条に次のようなことが記されています ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、幸州山城での敗戦の後、「戦線は漢城の北で膠着」し、「漢城以北に展開していた多くの軍勢が漢城に籠城するということで、兵粮事情も一挙に悪化した」と記されています。3月22日付の相良頼房宛の三成書状 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。いつもの通り、今年の干支をあしらった「いぬのとし」の折句歌を紹介します。い(生)くる身のぬくもり大事にのびのびととまど(戸惑)ふことなくしん(信)ず ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

白峰旬氏の「慶長5年9月13日の大津城攻めについての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察」(別府大学史学研究会『史学論叢』第47号所載)の中で、立花宗茂発給の感状と、大津城攻めについての他の武将が発給された感状との比較 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成  コメント(2)

白峰旬氏の「慶長5年9月13日の大津城攻めについての立花宗茂発給の感状と軍忠一見状(合戦手負注文)に関する考察」(別府大学史学研究会『史学論叢』第47号所載)の中で、「立花宗茂発給の軍忠一見状(合戦手負注文)は」、「感状とは別に、立花宗茂が ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

「歴史秘話ヒストリア国宝美と日本人の物語」の中で、いくつかの国宝が紹介されました。これは京都国立博物館で開かれていた「国宝展」に合わせた番組ですが、入館者が一杯で長い時間待たねばならず、行くのをあきらめました。大阪のあべのハルカス美術館で開 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

大西泰正氏の「シリーズ【実像に迫る】宇喜多秀家」(戎光祥出版)の中で、第一次朝鮮出兵(文禄の役)の際、「明・朝鮮方の反撃によって戦局が悪化すると、漢城守備の秀家が日本軍の惣大将に就き、戦線の立て直しが図られた(中野2006等)。この秀吉の指 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

黒田慶一氏・笠谷和比古氏の「秀吉の野望と誤算」(文英堂)の「碧蹄館の戦い」(笠谷氏の担当)の中で、奉行衆のことについて次のような記載があります。まず「立花隊の出発に際しては、奉行衆や諸将たちから明軍との交戦は極力避けるようにと注意を受け ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)で、文禄2年1月23日付の増田長盛・大谷吉継・石田三成・加藤光泰・前野長泰の連署状が出されてわずか三日後に、碧蹄館の戦いが起こり、日本軍が勝利します。碧蹄館の戦いが行われた場所へは、15年前にオンライン三 ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)で、文禄2年1月23日付で漢城にいる奉行の増田長盛・大谷吉継・石田三成・加藤光泰・前野長泰が名護屋の長束正家・山中橘内に充てた注進状が取り上げられていますが、これも長い書状であり、その第二条で次のようなこ ... » more
テーマ 戦国史 石田三成

 

最終更新日: 2018/01/22 11:58

「石田三成」のブログ関連商品

» 「石田三成」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る