誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人類学

人類学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人類学」のブログを一覧表示!「人類学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人類学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人類学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『(日本人)』2 <『(日本人)』2>図書館で『(日本人)』という本を、手にしたのです。目次を見てみると、興味深い項目が並んでいて、切り口の鋭さが表れているようで・・・ええでえぇ♪【(日本人)】橘玲著、幻冬舎、2012年刊 ... » more
テーマ 歴史 人類学

『(日本人)』1 <『(日本人)』1>図書館で『(日本人)』という本を、手にしたのです。目次を見てみると、興味深い項目が並んでいて、切り口の鋭さが表れているようで・・・ええでえぇ♪【(日本人)】橘玲著、幻冬舎、2012年刊 ... » more
テーマ 歴史 人類学

『関東人と関西人』2 <『関東人と関西人』2>図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪【関東人と関西人】樋口清之著、PHP ... » more
テーマ 京阪神 人類学

関西あれこれ2-R1  B <関西あれこれ2-R1>関西と言っても漠然としたくくりであり、十人十色の関西かも知れないが・・・反権威で、実質本意で、おもろいetc.の関西を集めてみました。・関東人と関西人・昨夜のシンデレラ・大阪名物・大阪の優 ... » more
テーマ 京阪神 人類学

『食の人類史』5 <『食の人類史』5>図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょう ... » more
テーマ 歴史 人類学

カツラの葉っぱ 大好き!『飯場へ』5
『飯場へ』5 <『飯場へ』5>図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワーク ... » more
テーマ 人類学

『食の人類史』4 <『食の人類史』4>図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょう ... » more
テーマ 歴史 人類学

カツラの葉っぱ 大好き!『飯場へ』4
『飯場へ』4 <『飯場へ』4>図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワーク ... » more
テーマ 人類学

カツラの葉っぱ 大好き!『飯場へ』3
『飯場へ』3 <『飯場へ』3>図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワーク ... » more
テーマ 人類学

『食の人類史』3 <『食の人類史』3>図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょう ... » more
テーマ 歴史 人類学

『関東人と関西人』1 <『関東人と関西人』1>図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪【関東人と関西人】樋口清之著、PHP ... » more
テーマ 歴史 人類学

『食の人類史』2 <『食の人類史』2>図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょう ... » more
テーマ 歴史 人類学

『食の人類史』1 <『食の人類史』1>図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょう ... » more
テーマ 歴史 人類学

カツラの葉っぱ 大好き!『飯場へ』2
『飯場へ』2 <『飯場へ』2>図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワーク ... » more

カツラの葉っぱ 大好き!『飯場へ』1
『飯場へ』1 <『飯場へ』1>図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワーク ... » more

『くらしの昭和史』3 <『くらしの昭和史』3>図書館で『くらしの昭和史』という本を、手にしたのです。昭和30年代といえば、『オールウェイズ3丁目の夕日』という映画が目に浮かぶのだが・・・今日よりも明日と、貧しくても希望にあふれた時代やったなあ。 ... » more
テーマ 歴史 人類学

人類学的紀行のお奨め本R1     B <人類学的紀行のお奨め本R1>慶大渡辺教授が古い紀行文の魅力を、いみじくも「リアルに追体験」と表現している。うまい♪・・・大使がイザベラ・バードの「日本奥地紀行」読んだときの感想が、まさにそのとおりだった。昔の、はたまた現代 ... » more
テーマ 人類学

『二十一世紀の人類像』 <『二十一世紀の人類像』>図書館で『二十一世紀の人類像』という本を手にしたのです。晩年の梅棹さんは見えない目でというか透徹な目で、テロや難民が頻出する21世紀を予想していたのか・・・興味深いのです。【二十一世紀の人類像】 ... » more
テーマ 人類学

『「おバカ大国」オーストラリア』4 <『「おバカ大国」オーストラリア』4>図書館に予約していた『「おバカ大国」オーストラリア』という本をゲットしたのです。オーストラリアには個人的に好感を持っているし、ミニブームの感があるのです。【「おバカ大国」オーストラリ ... » more
テーマ 人類学

人類学あれこれR1      B <人類学あれこれR1>人類学と民俗学との違いがおぼつかない大使であるが(笑)・・・・人類学について、書籍とかネット情報についてあれこれ集めてみます。・二十一世紀の人類像・「おバカ大国」オーストラリア・高野秀行の巻頭イ ... » more
テーマ 人類学

『「おバカ大国」オーストラリア』3 <『「おバカ大国」オーストラリア』3>図書館に予約していた『「おバカ大国」オーストラリア』という本をゲットしたのです。オーストラリアには個人的に好感を持っているし、ミニブームの感があるのです。【「おバカ大国」オーストラリ ... » more
テーマ 人類学

『「おバカ大国」オーストラリア』2 <『「おバカ大国」オーストラリア』2>図書館に予約していた『「おバカ大国」オーストラリア』という本をゲットしたのです。オーストラリアには個人的に好感を持っているし、ミニブームの感があるのです。【「おバカ大国」オーストラリ ... » more
テーマ 人類学

『「おバカ大国」オーストラリア』 <『「おバカ大国」オーストラリア』>図書館に予約していた『「おバカ大国」オーストラリア』という本をゲットしたのです。オーストラリアには個人的に好感を持っているし、ミニブームの感があるのです。【「おバカ大国」オーストラリア ... » more
テーマ 人類学

気分はオーストラリアR3     B <気分はオーストラリアR3>先日、『奇跡の2000マイル』という映画を観たのだが、オーストラリア映画を観たのはこれが最初であるが・・・ええでぇ♪ショーン・タンというオーストラリア国籍の絵本作家にぞっこんの大使であるが“気分はオース ... » more
テーマ アート 人類学

探検本あれこれ(その7)     B <探検本あれこれ(その7)>『世界の辺境とハードボイルド室町時代』という本を図書館に予約しているんだけど・・・副本4冊で17番の順番待ちでは、受取りはたぶん3ヶ月後くらいになるかな。読書の秋ということで・・・文学関連の新 ... » more
テーマ 人類学

『日本人はどこから来たのか?』3 <『日本人はどこから来たのか?』3>図書館に予約していた『日本人はどこから来たのか?』という本をゲットしたのです。2016年夏の航海の再現実験の失敗にはガッカリしたのです。・・・でも、この一見アホな実験を企てた人は賞賛に値すると思う ... » more
テーマ 歴史 人類学

『日本人はどこから来たのか?』2 <『日本人はどこから来たのか?』2>図書館に予約していた『日本人はどこから来たのか?』という本をゲットしたのです。2016年夏の航海の再現実験の失敗にはガッカリしたのです。・・・でも、この一見アホな実験を企てた人は賞賛に値すると思う ... » more
テーマ 歴史 人類学

『極限の民族』2 <『極限の民族』2>図書館で『極限の民族』という本を手にしたのです。著者の芳名は知っているが、その著書を読むのは初めてかな。極限の3ヶ所がルポルタージュされているが、大使の個人的な関心はサバクに向かうわけです。【極限 ... » more
テーマ 人類学 自然

『ぶらっと楼蘭シルクロードの旅』3 <『ぶらっと楼蘭シルクロードの旅』3>図書館で『ぶらっと楼蘭シルクロードの旅』という本を手にしたのです。楼蘭、トルファンはもちろん載っているが、ウラジオストックやリガまでカバーした著者のパースペクチブがええでぇ♪【ぶらっ ... » more
テーマ 人類学

『アマゾン、シングーへ続く森の道』2 <『アマゾン、シングーへ続く森の道』2>図書館で『アマゾン、シングーへ続く森の道』という本を手にしたのです。先頃、『ワイルド・ソウル』を読んで余韻も覚めやらぬなか、インディオの暮らすアマゾンが気になったのです。ある意味、人類学的 ... » more
テーマ 人類学

 

最終更新日: 2018/03/10 01:48

「人類学」のブログ関連商品

» 「人類学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る