誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    同性愛

同性愛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「同性愛」のブログを一覧表示!「同性愛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「同性愛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「同性愛」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

きゃろるのブログ‡第2章‡
それでもアリスはうさぎさんを想っていました。学園でもずっとうさぎさんと一緒にいましたし、休日をうさぎさんとすごすこともありました。アリスは幸せでした。そんな時、ふと ... » more
テーマ 同性愛 アリス

きゃろるのブログ‡第1章‡
アリスは思いました。うさぎさんの事をもっと知りたいと。うさぎさんの好きな物うさぎさんの好きな歌うさぎさんの好きな本知れば知るほどうさぎさんが好きになりました。 ... » more
テーマ 同性愛 アリス

きゃろるのブログ‡序章‡
これは女学園に通うアリスの物語です。ある日アリスは気付いてしまいました。アリスはお友達のうさぎさんに「恋」をしてしまったのです。でも…アリスとうさぎさん ... » more
テーマ 同性愛 アリス

先日から、色んなものを処分しにかかっている。その中に、今は聴くこともままならなくなったカセットテープがある。いずれ、ビデオテープの同じ運命をたどるのだろうなぁ。テープの中に入っているのは、80年代・90年代に聴き倒していた洋 ... » more
テーマ DER ZIBET 音楽 同性愛  トラックバック(2)

傍若無人な天才少年を見事演じきったレオ。 久々に映画を見たいなぁ、と思い立ち、ゲイ映画コレクションのビデオを物色、まず「モーリス」を見て、「太陽と月に背いて」を見た。童顔で、無精ひげ面がイマイチ似合わない大人の俳優になってしまった昨今のレオナルド・ディカプリオだが、 ... » more

まず、初めに言っておきます。ておはパレードにもイベントにも参加しなかったので、これはレポではありません。ちょっと頭をよぎるgdgdな思いを書いてるだけですので(汗え〜はい、ゲイプライドパレードが本日バンクーバーで開催されました。 ... » more
テーマ 生息記録 同性愛

翔ちゃんと二人きりの初めての旅行に行ってきたよ特急電車の座席に並んですわりもちろん私は窓側・・約3時間の列車旅行二人の旅の始まりだ電車に揺れながら・・時折触 ... » more
テーマ 恋愛 恋愛スタイル 同性愛  コメント(7)

ラストフレンズ 何気なく偶然写っていたドラマを見てビックリボーイッシュな女の子が女の子にキスしてる・・ルカとミチルの「ラストフレンズ」のドラマだった性同一性障害で悩むルカとなぜだか翔ちゃんが重なった翔ちゃんも ... » more
テーマ 恋愛 恋愛スタイル 同性愛  コメント(2)

2周年目に突入! お久しぶりです・・本当にご無沙汰しちゃって・・気がついたら・・2周年を迎えようとしています短いような・・永いような・・この2年間いろんな事があったな〜〜まだ翔ちゃんとは続いてい ... » more
テーマ 恋愛スタイル 同性愛  コメント(2)

ことぶき猫玉日記腐女子待望(笑)
毎号買っている雑誌はあまり多くはないが、ヤミつきにやめられないのが映画雑誌の「この映画がすごい」だ。この雑誌のいい所の最たるものは、「萌え」に対して忠実で、ゴシップに対して貪欲であり、読者の「知りたい心」を代弁者的に紙面上で ... » more

ジョディ・フォスター、同性愛の恋人と破局? ジョディ・フォスター、同性愛の恋人と破局?ジョディ・フォスターが、14年間連れ添った同性愛の恋人と破局したと報じられた。フォスターは昨年12月、映画プロデューサーのシドニー・バーナードさんとの長年の同性愛関係を初めて告白。ロザンゼル ... » more

アイちゃんとアーさん 「アーさんの友達イッちゃん」A男はイッちゃんの唇を吸うとき、付き合っていた爺の香りとはまた違う、やわらかな髪に漂う仄かな甘い香りに、何か胸の奥で新しい扉が開いた気がした。「風呂に行くか。」 ... » more

アイちゃんとアーさん 「アーさんの友達イッちゃん」@ *(フケ専スナック【たまゆら】からの続きです) ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ アーさんが【たまゆら】で出来た唯一の友達が、「イッちゃ ... » more

罠にはまった守衛さん(後編) カーテンで締め切られた部屋の中なのに、不思議と息苦しさは感じなかった。いや、息苦しさを感じてもそれは、どこか、雨上がりの五月の森に居るような...そんな木々の、若葉や花の香りにむせかえるような感じだったろう。切なくて...愛しくて. ... » more

罠にはまった守衛さん(中篇) どこにでもあるような町のどこにでもある市の会館。カーテン越しに一つだけ灯りの漏れてる部屋。傍を歩いていて、気づいた人がいたとしても、「今日は遅くまで電気が点いてるわ」と思う人はまれで何疑うことなく、いつもと変わらぬ平和な風景にすぎな ... » more

罠にはまった守衛さん(前編) 〇×市にある会館だ。《五代夏子コンサート》も大入り満員のうちに無事終わり、客も関係者も、舞台スタッフも職員もみな引き上げて、ガランとした午後十一時...。消し忘れか、それとも何かの点検か、館長室だけに灯りがまだともっていた。 ... » more

町工場の社長さん 様々な金属加工の工場を経営する、中小企業の社長さんの、ある休日のお話です。{%ゴルフw ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様W 「愛の小窓」キイちゃんは、本名は違いますねん。けど、お元気だったころの宮沢喜一に似てはるところから、「キイちゃん」といつの間にか誰かれなく呼ばはるようにならはったんや。この方もこの道を覚えたんは、わりと最 ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様V 「タチのアイちゃん(後編)そのとき、アーさんの幸せを壊すかのように、アイちゃんとの仲を引き裂くかのような、ゆっくりとしたドアの動きをさせて、人の陰口ばかり言う、嫌われもんの米屋の主人、ホーさんが入って ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様V 「タチのアイちゃん(中篇)」君に逢ううれしさの胸にふかく水色のハンカチをひそめる習慣がいつのまにか身にしみたのよ涙のあとをそっと隠したいのよ月影の細路を歩きながら水色のハンカチに包んだ囁きがい ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様V 「タチのアイちゃん」(前編)アーさん(青山さん)とアイちゃん(野村っていいますんやけど、ノーさんと呼ぶのはどうかと思うし、ノムさんと呼ぶのも監督みたいでっしゃろ。それで、下の名の愛一郎から、こう呼んでますねん。) ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様U ごめんヨかんべんナ66歳のヨーさん(吉田さん)は町のお医者さんです。でももう、息子にあとを継いでもらって、まかせているんです。三年前に引退しました。それから、堰を切ったように、スナックへ毎晩のように出かけるように ... » more

フケ専スナック【たまゆら】男色歌謡模様T いらっしゃい。フケ専スナック【たまゆら】へようこそ。お店には様々なお客さんが来はります。そんなお客さんのお話です。まあ、マスターのひとり言と思って、聞いとくんなはれ。そうどすなあ...お客はんは、60 ... » more

おじいさんと大工の棟梁 四月ももう終わりの夕方だった。学校から帰って、おやつを食べ終えると、もうだいぶ出来上がってる、建てかけの家を見に行ったときのことだ。大工さんたちはもう帰ってしまったあとなのか、誰もいない。閉まってる門を開けて、シーンと静 ... » more

魚屋の親父の金玉(ポエムシリーズF) 五月の、夏みたいな暑い日シーンとした昼下がり母から頼まれて魚屋に回覧板を持って行った。店は開いているのに誰もいない...『のら猫が来るぞ』そう思いながら、呼んだ。「こんにちは―」 ... » more

桜は魔物F(重蔵との別れ) ―あれから一年、また桜の季節が来た。一つ進級して、私は中学三年生になっていた。そんな、桜のもう散る頃、重蔵との別れがやって来た...。重蔵の母親が、一人暮らしの生活に、日に日に不自由をきたし始 ... » more

重蔵と校長V(桜は魔物E) まるで、重蔵は桜の精を無意識のうちに、校長の体内に注入していたような、....そんな気がします。校長の白い肌が、いつの間にかもう、すっかりと桜色に変わっていたのでした....。積まれてる箱や木々、 ... » more

重蔵と校長U(桜は魔物D) 一つだけある小さな窓からも、飛んでくる桜の花びらが見えました。音もなく、ガラスに当たっては当たってはしていました...。「痛えか。」と見下ろす重蔵に、顔をしかめたまま辛抱して、声を出さない校長だった。 ... » more

重蔵と校長(桜は魔物C) 桜の持つ色が、仄かな香りが、気づかずに男を変えてしまうのか。男の胸深く、入り込んでしまうのか...。「おまえ、ケツに入れたことあんのかや」重蔵はベロベロと、校長の顔をしつこく舐め回すようにキス ... » more

重蔵という男(桜は魔物B) 明日の日曜日に重蔵たちの花見があると教頭先生から聞いた私は、興味を引かれ、行って見たくて行ってみたくて、いそいそする胸を押さえられなかった。「じゅうさん..」と、教頭先生が呼んでいた男は、重蔵と言った ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 19:41

「同性愛」のブログ関連商品

» 「同性愛」のブログレビュー をもっと探す

「同性愛」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る