誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    横山秀夫

横山秀夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「横山秀夫」のブログを一覧表示!「横山秀夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「横山秀夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「横山秀夫」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

今日の本です。 前記事にあるように、「出口のない海」に感動したので、他の横山秀夫作品も読んでみることにしました。4編からなる短編小説です。陰の季節横山秀夫(著)、文春文庫内容(「BOOK」データベースより)息詰まる攻防。 ... » more
テーマ 横山秀夫 小説

横山秀夫は組織の中の男たちの鬱屈、友情、誇りなどを描くのがうまいのかもしれない。群馬県の地方新聞社の記者で、挫折を抱えている男が、谷川だけの衝立岩で17年前になくなった同僚の慰霊登山をする場面と、同僚が倒れた日に起きた日光ジャンボ機 ... » more

今日の本です。戦争青春小説です。今年の9月16日から映画が公開されます。出口のない海横山秀夫(著)、講談社文庫内容(「BOOK」データベースより)人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終 ... » more

横山秀夫:「第三の時効」は、今から約3年程前にハードカバーで出版された。読みたいのをずっと我慢して図書館にも行かず、ひたすら文庫本になるのを待っていた。そして遂に今年の3月の終りに第1刷が発売された。ゆっくりと時間をかけて楽しもうと思ってい ... » more

第5回松本清張賞を受賞した横山秀夫は、全く新しい分野の警察小説を確立した。それは捜査畑から事件を描くのではなく、警察内部の、それも管理職側からの人間に主役を張らせたことだ。陰の季節陰の季節:警務課調査官、二渡真治警視地の声: ... » more
テーマ サスペンス 陰の季節 横山秀夫

『戦争なんて勇ましくも男らしくもない。ただ、悲しいだけだ――』横山秀夫著、「出口のない海」を読みました。あらすじ≪甲子園の優勝投手・並木浩二は大学入学後、ヒジを故障。新しい変化球の完成に復活をかけていたが、日米開戦を機に ... » more
テーマ 読書 横山秀夫

NHKドラマ『クライマーズハイ』この緊迫感を堪能する 横山秀夫原作の『クライマーズハイ』が二夜連続のテレビドラマ化されその前編が12月10日に放映された。NHKのドラマだから期待はしなかったが、これは凄かったですね。17日の後編は見逃せません。原作をかなり忠実にたどっているようです。原作を ... » more

PAOの本読み日記顔-FACE-
顔-FACE- 横山秀夫の「顔」この人の本は「半落ち」しか読んでいないのですが、このD県警というのはシリーズになっているんですね。最新作から読んでしまった・・・。今回の主人公、平野瑞穂が壁にぶつかりながら、葛藤しながら、自分の道を切り開いていく ... » more
テーマ 横山秀夫

「半落ち」 横山秀夫 小説ミニレビュー。「半落ち」横山秀夫講談社文庫点数:魚魚魚(感想)映画化される前からすでにベストセラーの話題作だったので、前から一度読んでみたかった本。文庫化されて本屋に平積みされていたのを見て購入しました。実は映画 ... » more

映画にもなった(見ていないけど)有名な小説である。しかも、直木賞選考について揉めたというオプション付き、文庫化されたので読んでみた。空白の2日間の謎の提示や、組織の内外でのぶつかり合いや駆け引きなど、特に最初の志木や佐瀬の章など、読 ... » more

「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。殺害の動機も経過も素直に明かす梶だったが、殺害から自首までの二日間の行動だけはなぜか語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか・・・。 ... » more
テーマ 横山秀夫

横山秀夫著「震度0」を読みました。あらすじ≪阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義仁が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか?本部長の椎野をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬 ... » more

横山秀夫 『震度0』 警察小説の進化?退行ではないのか 県警本部のトップクラスがここまでノワールな人間の寄せ集まりではないだろう。だが、現に神奈川県警の不祥事もみ消しが頻発しているところ、道路公団の官製談合などを毎日聞かされるとやはり役人たちは腐敗しているのかなと。大震災の朝、一人の県警 ... » more

03/10/07横山秀夫『クライマーズ・ハイ」君の人生には熱く語れるものがあったか? 君の人生には熱く語ることのできるなにかがあったか………と厳しく問いかける男がいる。まもなく退職年齢を迎える悠木和雅、私より2歳年下の57歳。群馬県の地方紙「北関東新聞」のベテラン記者であった彼は17年前に左遷されたまま山奥の草津通信 ... » more

03/04/05 横山秀夫『半落ち』はなぜ直木賞を受賞できなかったかー2 『半落ち』とこの『動機』を読んで、さらに『半落ち』が直木賞を受賞できなかったことを思い合わせて、横山秀夫のこれまでの作風で気がついたことがあります。第一に推理小説ではあるものの単なる謎解きパズルをこえて人間の心理や物語性、社会・ ... » more

03/04/05 横山秀夫『半落ち』はなぜ直木賞を受賞できなかったのかー1 横山秀夫の作品は『半落ち』を最初に読んだだけでしたので日本推理作家協会賞受賞の『動機』を読んで、その作風にある共通の個性的魅力が感じられました。署内で一括保管した警察手帳が紛失、スキャンダルに発展する恐れある事件が発生し、内部犯 ... » more

映画「半落ち」がテレビ放映される。まだ見ていないので楽しみです。 この作品が発表された当時、傑作に出くわした感激を次のように記してある。いまでもその感動は変わらない。平成14年9月16日 月曜日 横山秀夫『半落ち』 本年最高傑作のミステリーに出会いました。組織の論理として組み込まれてい ... » more

新聞記者悠木は中堅記者であるにも拘らず、いまだにフリーの記者である。能力が足りないのではなく、過去の負い目から自ら昇進を拒んでいるのだ。そんな彼は、販売局に勤める安西とともに衝立山へ登る約束を交わす。しかし、約束の日――1985年8月1 ... » more
テーマ 読書 横山秀夫

 

最終更新日: 2016/11/19 16:55

「横山秀夫」のブログ関連商品

» 「横山秀夫」のブログレビュー をもっと探す

「横山秀夫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る