誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    横山秀夫

横山秀夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「横山秀夫」のブログを一覧表示!「横山秀夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「横山秀夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「横山秀夫」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

気になる・・・「第三の時効」
横山秀夫さんの「第三の時効」を読みました。この作品は、短編集です。舞台は、とある県警の捜査一課です。そこで起こる事件と、それを取り巻く新聞社や検察との関係、未解決事件との関連性、などなど、 ... » more
テーマ 横山秀夫

気になる・・・「半落ち」
横山秀夫さんの「半落ち」を読みました。このお話、まず、「警察官による殺人」が起こります。この取り調べの中で、「不明瞭な」点が出てきます。事件を早急に終了させたい「警察」。また、送検後の「検察」でも ... » more
テーマ 横山秀夫

気になる・・・「ルパンの消息」
横山秀夫さんの「ルパンの消息」を読みました。15年前の自殺事件に、「あの事件は、「殺人」だ」・・・という”タレこみ”があった。それを調べていくと、その事件の7年前に起こった「3億円事件」へと繋がってい ... » more
テーマ 横山秀夫

「ルパンの消息」を読んで 「ルパンの消息」を読んで今をときめく、「警察小説」の雄「横山秀夫」さんが「サントリーミステリー大賞」に書いた処女作で、その時は「佳作」だったのだが、なかなか日の目を見なかった作品。私は、小説を読む前に「WOW ... » more

クライマーズハイ その2 横山秀夫さんの「クライマーズ・ハイ」を読み終わりました。(あくまで私はですが・・・)ドラマや、映画では分かりかねるディテールがよく分かり、原作を読んでよかったと思います。「人の死の重み」を問い、社長と ... » more
テーマ 横山秀夫

気になる・・・クライマーズハイ
横山秀夫さんのクライマーズハイを読み始めました。私は、これをNHKのドラマ化から知りました。それから、映画化されて、それを観ました。完全に、逆走状態で、原作にたどり着きました。原作を読み始めて、映 ... » more
テーマ 横山秀夫 映画

出口のない海 出口のない海は横山秀夫の作品で、警察ものではありません。特攻隊の話です。特攻隊と言えば、空の方がイメージが強いですが、出口のない海は海の特攻隊の話です。おじいさんたちが、昔を思い出すというような話で、青春ストーリー?で読んでいても薄暗い ... » more
テーマ 本紹介(自分で読書した本) 横山秀夫

2回目は 余裕を持って 確実に A・F・Tの色彩検定の合否通知が届きましたどっちも無事に、合格です。東商の反省を生かして、計画的に勉強 ... » more

4年前本を好きになったきっかけの本 職場の後輩が本ばっかり読んでいたので、何が面白いのと聞いた。本が嫌いではなかったが、あまり好きではなかったので、よく読む人に聞けば面白い本を知っているかなと思ったのがきっかけです。そしたら、「横山秀夫」最高ですよ。映画化されましたが、映画は ... » more
テーマ 本紹介(自分で読書した本) 横山秀夫

書道楽ブログ『顔 FACE』 横山秀夫
『顔 FACE』 横山秀夫 2003年にテレビドラマ化された『顔』(仲間由紀恵・オダギリジョー主演)の原作本です。残念ながら、テレビドラマは観ていません。ちょこっとだけ観た記憶があるのですが、なんだかシリアスで暗い印象を覚えたので、観なかったん ... » more

書道楽ブログ『臨場』 横山秀夫
『臨場』 横山秀夫 引き続き横山作品に手が伸びました。現在TVで放映中の『臨場』の原作本です。臨場 (光文社文庫)光文社 横山 秀夫 ユーザレビュー:大人のミステリ孤高の ...孤高で卓越した実力者 ...終身検視官・倉石義男 ...Amazo ... » more
テーマ 読書 横山秀夫

『第三の時効』 横山秀夫 私!勘違いしていました。横山秀夫さんの作品は、既に読んでいるものとばかり思ってました。ですが、コレが初読だったんです。第三の時効 (集英社文庫)集英社 横山 秀夫 ユーザレビュー:読みやすい短編 ... » more

半落ち [横山秀夫] 半落ち横山秀夫映画化された横山秀夫の代表作。アルツハイマーの妻を自らの手で殺した警察官が、かたくなに隠し続ける犯行から二日間の謎の行動を求め、同僚の警察官から検察、記者、裁判官、弁護士に至るまで、事件を担当した人間達の心 ... » more

動機 [横山秀夫] 動機横山秀夫力作4話による短編集。それぞれどんでん返しといえるが、2話目の「逆転の夏」はなかなかの結末。殺人を犯して釈放された主人公が、正体不明の男から殺人を依頼される。主人公を取り巻く人間関係や依頼者の真の目的など、複 ... » more
テーマ 横山秀夫

自由の森学園図書館の本棚半落ち
★★★著者:横山秀夫出版社:講談社県警捜査一課強行犯係指導官である志木和正は、ある連続少女暴行事件の捜査をおこなっていました。しかし、突如として警察官による妻の絞殺事件の取調べを依頼されることとなります。妻を殺した犯人と ... » more

隙間式本棚クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ/横山秀夫/文春文庫映画を見てから読もうか、読んでから映画見に行こうか悩み…結局読まずに映画を先に見に行きました。だって基本的に原作を先に読むと映画に色々ツッコミたくなるんですもん…逆に映画を先 ... » more
テーマ 文芸春秋 エンタテインメント 横山秀夫

「落ちが落ちるかどうかはあなた次第(苦笑)?」 横山秀夫/半落ち 今さらながら、横山秀夫の『半落ち』についてである。そして、毎度のことながら映画の方は見てないので、今回も原作についての話である(笑)。『半落ち』と言えば、審査員のコメントと言うか、対応に堪忍袋の緒を切らせた横山秀夫が、直木賞に絶 ... » more

映画日記「クライマーズ・ハイ」 原作を読んで程よく時間が経ったのがよかったかな 佐藤浩市好きの友人に「クライマーズ・ハイ」の主役は佐藤浩市と言いました。間違いでした、堤真一でした。佐藤浩市はNHKのドラマでやった「クライマーズ・ハイ」の主役でしたね。区別がつかないのかなぁ・・・でも、2人、似ていない?基本的 ... » more

横山秀夫著「看守眼」読みました。あらすじ≪わかるんだよ。刑事にはわからなくてもな-。29年間、留置場の看守として警察人生を歩んできたF署の近藤宮男。死体無き殺人事件に元看守が迫る表題作ほか、「人生の瞬間」を緊迫の筆致で描く6編の ... » more

読んで時間が経ったので、少し忘れてきた。。クライマーズ・ハイAmazon.co.jp 硬派の警察小説や社会派ミステリーの分野で当代一の横山秀夫が、上毛新聞記者時代に遭遇した御巣鷹山日航機墜落事故取材の体験を、本格長編小説 ... » more

おっちゃんの備忘録出口のない海
映画化もされている(らしい)半落ちを読んで以来なので、5年ぶりくらいの横山秀夫。クライマーズハイを読んでみようと思う。内容はタイムリーかつベタ。下の解説を読むだけでも十分へこめる。出口のない海出版社/著者からの内容紹 ... » more

PAOの本読み日記クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ 横山秀夫「クライマーズ・ハイ」を読みました。40歳になる群馬の地元紙記者、悠木が直面する様々な問題。ギクシャクした家族との絆。果たせなかった友人との山登りの約束と、その友人の行動の謎。会社の一部としての立場と記者の使命感 ... » more
テーマ 横山秀夫

『出口のない海』 by 横山秀夫 神風特攻隊や人間魚雷というコトバは知られているが、『回天』という名称は意外と知られていない。特攻隊が(大変失礼な言い方に当るのは承知で言わせて貰うと)華々しく、その名の通り「散って」行くのに対し、人間魚雷『回天』の乗組員は爆破するか、沈 ... » more
テーマ 横山秀夫 小説

夢幻U真相/横山秀夫
結末を読み終えるたびに、思わずホーッとため息が出てしまうような短編集でした。五編の短編が収録されているが、どれもが重い。面白いというのではない息詰まる緊張でページを繰る感じだ。「ルパンの消息」のような面白さではなく、「震度0」の ... » more
テーマ 横山秀夫

夢幻U震度0/横山秀夫
N県警で起きた警務課長・不破の失踪。ノンキャリアの不破は仕事が出来、人の気持ちを思いやる実直な人柄で、キャリアからも頼りにされていた。その不破が、人事案を作成して警務部長に提出した翌日、無断欠勤をして所在が知れない。手帳も署に預けている ... » more
テーマ 横山秀夫

「出口のない海」 横山秀夫 小説ミニレビュー。「出口のない海」横山秀夫講談社文庫点数:魚魚魚魚(感想)面白かったです。読む前は戦争・軍隊ものなので読みにくいのでは?と言うイメージがあったのですが、そんなことは全く無く、逆に非常に読み ... » more
テーマ 読書 横山秀夫 4点

風のない場所第三の時効
第三の時効 著:横山秀夫出版:集英社初版:2003/02/10本体価格:1700P324ISBN:4-08-774630-5□あらすじ□殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「 ... » more

G's Bar横山秀夫 「出口のない海」
横山秀夫 「出口のない海」 横山秀夫著 『出口のない海』 (講談社文庫)あらすじ:甲子園優勝投手・並木浩二は、ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振っていた。完全復活への絶望とともに、「魔球」を完成させるという一縷の希望をもって黙々と練習を ... » more
テーマ 横山秀夫 小説

横山秀夫の新しい警察小説の登場と賞賛された短編集。刑事ではなく、巡査でもなく、警察の管理部門で働く職員を主人公にしたので、目新しい。そこには、何事件を解決する人ではなく、組織の維持や、自分の出世や、天下り先の確保や、体面やそういうも ... » more
テーマ 読書 横山秀夫 警察組織

今日の本です。引き続き横山秀夫作品です。前記事の「陰の季節」と合わせて累計100万部を超えたらしいです。僕としては、「陰の季節」よりもおススメです。動機横山秀夫(著)、文春文庫内容(「BOOK」データベースより)署内で一 ... » more
テーマ 横山秀夫 小説

 

最終更新日: 2016/11/19 16:55

「横山秀夫」のブログ関連商品

» 「横山秀夫」のブログレビュー をもっと探す

「横山秀夫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る