誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    泉鏡花

泉鏡花

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「泉鏡花」のブログを一覧表示!「泉鏡花」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「泉鏡花」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「泉鏡花」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「河童のお弟子」(ちくま文庫)泉鏡花, 柳田国男,芥川龍之介著,東雅夫編(筑摩書房 1296円税込) 「河童のお弟子」(ちくま文庫)泉鏡花, 柳田国男,芥川龍之介著,東雅夫編(筑摩書房1,296円税込)柳花叢書 河童のお弟子 (ちくま文庫)筑摩書房 泉 鏡花 Amazonアソシエイト by 河童のお弟子 ... » more
テーマ 河童のお弟子 泉鏡花 東雅夫

「河童のお弟子」泉鏡花ほか著、東雅夫編(筑摩書房 1200円+税) 「河童のお弟子」泉鏡花ほか著、東雅夫編(筑摩書房 1200円+税)日刊ゲンダイ2015年3月4日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/157707「河童の ... » more
テーマ 河童のお弟子 泉鏡花 東雅夫

昨日,以下のエントリが話題となっていた:スズメたちの会話が聞こえてきそう!スイスの郵便配達員のおじさんが庭で撮影した対話するスズメたちhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52075488. ... » more
テーマ 泉鏡花 小説

「天守物語」@吉祥寺シアター 吉祥寺シアターへは何度か自転車で行っているのですが、毎回井の頭通りのどこで曲がるかを迷ってしまいます。理由というほどのことでもないですが、目印にしていたつもりの東進ハイスクールの看板が二ヶ所にあることに気づきました。前回、最初のところで曲が ... » more
テーマ 観劇記 吉祥寺シアター 泉鏡花  トラックバック(1)

小説(アンソロジー)「変身のロマン」1972年澁澤龍彦編立風書房1972年9月5日第1刷発行2010年7月26日(月)購入BOOK・OFFパサージオ西新井店価格105円2010年10月10日(日)読了澁澤龍彦編によるメタモル ... » more

一日一編「女客」 泉鏡花
「女客」 泉鏡花 会話が主体となり話が展開するのですが、その展開のしかたが実に鮮やかです。謹さんという家の主と、この家にしばらく逗留している、謹さんとは縁続きのお民という人妻が会話の主です。謹さんは独り身です。話のかじ取りをするの ... » more

MIWOのレタスなLOGBOOK「草迷宮」の旅
「草迷宮」の旅 昨年の6月から配信を始めた「草迷宮」シリーズがようやく完結しました。はじめは、文章の構造になれるのに手こずり、さんざんでしたが。そして、「余地のある読み方」を見なおす屈曲点ともなりました。押し付ける、というのがい ... » more

「草迷宮」 あと二夜・・・ 未編集が一話。未収録が一話。最終話は、部屋が取れるかどうかでまだめどが立ちません。シミュレーションをかさねてつみあげてきて現実になった時点で、思うことはさまざま。流すところもあれば、声になって知ること ... » more

MIWOのレタスなLOGBOOK日のあるうちに
いつも曲をつくってくれる相方は取り組む文学作品に対する明確なポリシーがあって、怖いのはイヤ。哀しいのはイヤ。つらいのも、イヤ。表面的にはそういうことになってるのでフィールドのすりあわせにはちょい、テクがいりま ... » more

鏡花 の 「 外科室 」 が 吉永小百合さん 主演で映画化になった時は、正直言ってちょっと驚きました。あの小説、どのように絵にするの・・・とまず思いました。しかし監督が玉三郎さん だと分かって、いくらかは納得したのですが・・・平成の始め頃か ... » more
テーマ 文学 高野聖 泉鏡花  コメント(2)

草迷宮という迷宮・・・ すこしまえ。すゞはらひでリクエストをいただいたのですが、イメージでのご希望だったので、あれこれ思いうかべていました。条件はクリアしていると思われてももうすでにじぶんのなかで薹(とう)が立ってしまった(わたしが経っちゃ ... » more

友人・秋葉陽司がいる劇団花組芝居の『日本橋』を観に行った。泉鏡花さんの原作で、今回花組はこの『日本橋』と『草迷宮』の二本立て。秋葉も両作品出ているのだが、『草迷宮』は、「顔が見えない」(!?)と、いうので、『日本橋』のみ ... » more
テーマ 芝居 舞台 泉鏡花

03/07/14幻想文学・泉鏡花 『高野聖』 ホリエモンに読ませてみたい「合理主義の忌避」 ?京極夏彦『覘き小平次』と丸谷才一『輝く日の宮』と間に泉鏡花『高野聖』を読む。丸谷才一の話題作『輝く日の宮』は冒頭、泉鏡花の『高野聖』を本歌取りした現代怪異譚で読者は思いもかけないこの小説の凝った趣向に驚くことになるのだが、少し読み ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 15:48

「泉鏡花」のブログ関連商品

» 「泉鏡花」のブログレビュー をもっと探す

「泉鏡花」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る