誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    解説

解説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「解説」のブログを一覧表示!「解説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「解説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「解説」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「ゴールデン・スタンダード ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー」ジョゼフ・ミケーリ著 「ゴールデン・スタンダードザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー世界最高のお客様経験を作りだす5つのリーダーシップ法」ジョゼフ・ミケーリ著(2009年4月、ブックマン社)The New Golden StandardJose ... » more
テーマ 書評 解説

「経済学思考の技術 論理・経済理論・データを使って考える」飯田泰之著 「経済学思考の技術論理・経済理論・データを使って考える」飯田泰之著(2003年12月、ダイヤモンド社)経済学に対しては、「現実離れしている」という批判が常に付きまとう。日本経済低迷化において、社会からの八つ当たりの対象となってい ... » more
テーマ 書評 解説

「監査法人を叱る男―トーマツ創業者・富田岩芳の経営思想」早房長治著 「監査法人を叱る男―トーマツ創業者・富田岩芳の経営思想」早房長治著(2010年12月、プレジデント社)監査業界が揺れている。景気の悪化、不正会計、公認会計士試験合格者の未就職問題、IFRSの導入と、課題の枚挙に暇が無い。世間一般 ... » more
テーマ 書評 解説

「生物多様性とは何か」井田徹治著(2010年6月、岩波書店、岩波新書)2010年に話題となったものとして、10月に名古屋で開かれた「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」がある。http://www.cop10 ... » more
テーマ 書評 解説

「政治の精神」佐々木毅著(2009年6月、岩波書店、岩波新書)著者は政治学の第一人者であるが、世間的には東京大学元総長として知られる。本著での最初の大きなテーマは、民主化と政治的統合である。民主化により政治における参加者 ... » more
テーマ 書評 解説

「庄内パラディーゾ アル・ケッチャーノと美味なる男たち」一志治夫著 「庄内パラディーゾアル・ケッチャーノと美味なる男たち」一志治夫著(2009年4月、文藝春秋)本著は、山形県庄内地方において、料理から地域の再生をはかるこという志のもと、地元の素材を使った西洋料理店を立ち上げたシェフと、それを取り ... » more
テーマ 書評 解説

「エコノミスト増刊 弁護士・会計士たちの憂鬱 2010年 12/20号」毎日新聞社 「エコノミスト増刊 弁護士・会計士たちの憂鬱 2010年 12/20号」週刊エコノミスト増刊(2010年12月、毎日新聞社)最近、弁護士と公認会計士の就職難が盛んに報道されているが、ついに雑誌の別冊特集号まで出るに至った。買って ... » more
テーマ 書評 解説

「星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?」中沢康彦著 「星野リゾートの事件簿なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?」中沢康彦著(2009年6月、日経BP社)観光産業が注目されている。円高という逆風が吹いているとはいえ、訪日観光客の増加策の強化は、国全体の課題である。2000年前後に ... » more
テーマ 書評 解説

「新しい高校地学の教科書 現代人のための高校理科」講談社ブルーバックス 「新しい高校地学の教科書現代人のための高校理科」杵島正洋、松本直記、左巻健男編著(2006年2月、講談社、講談社ブルーバックス)先日はこのシリーズの物理を読んだが、地学も高校で選択しなかったので、読むことにする。地学とい ... » more
テーマ 書評 解説

「バッテリー」あさのあつこ著 「バッテリー」あさのあつこ著(2003年12月、角川書店、角川文庫)野球小説である。主人公は少年野球の天才ピッチャーであるが、父親の仕事の関係で、岡山の山奥に転校になった。中学校入学直前、反抗期の真っただ中である。両親を ... » more
テーマ 書評 解説

「帝国ホテル 伝統のおもてなし」川名幸夫著 「帝国ホテル伝統のおもてなし」川名幸夫著、帝国ホテルホテル事業統括部監修(2006年4月、日本能率協会マネジメントセンター)「帝国ホテル」1890年創業、今年で創業120周年。名前を聞いただけでも高級感が漂っている。名前 ... » more
テーマ 書評 解説

「女性の品格装いから生き方まで」坂東眞理子著(2006年10月、PHP研究所、PHP新書)世田谷三軒茶屋に女子大がある。「昭和女子大学」著者は現在、その大学の学長である。http://swu.ac.jp/女性 ... » more
テーマ 書評 解説

「奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録」石川拓治著 「奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録」石川拓治著(2008年7月、幻冬舎)新幹線が青森まで開業し、JRの駅のポスターやマスコミにも青森についての特集がよく出るようになったが、その際に欠かせないのがリンゴである。 ... » more
テーマ 書評 解説

「組織力―宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ」高橋伸夫著 「組織力―宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ」高橋伸夫著(2010年5月、筑摩書房、ちくま新書)人間が一人で生きていけない以上、組織の存在は社会に不可欠となる。大きいものでは国も組織であるが、本著は会社を中心に、組織力について書かれた本であ ... » more
テーマ 書評 解説

「約束」石田衣良著 「約束」石田衣良著(2007年6月、角川書店、角川文庫)短編集である。最初の「約束」を筆頭に、収められている作品は、いずれも事件や事故、難病など、先が真っ暗になるような重い問題に悩まされながら、最後には前向きに生きていくための希 ... » more
テーマ 書評 解説

「美容院と1,000円カットでは、どちらが儲かるか?」林總著 「美容院と1,000円カットでは、どちらが儲かるか?」林總(あつむ)著(2008年1月、ダイヤモンド社)「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」の続編である。前編で見事に再建されたはずのアパレル会社であったが、ITシステ ... » more
テーマ 書評 解説

「蹴りたい背中」綿矢りさ著 「蹴りたい背中」綿矢りさ著(2007年4月、河出書房新社、河出文庫)作者は高校時代に天才少女作家として話題となった。この作品も芥川賞を受賞している。主人公の女子高生初実は、クラスになじめず、一人浮いている存在である。クラ ... » more
テーマ 書評 解説

「裸でも生きる〜25歳女性企業家の号泣戦記」山口絵理子著 「裸でも生きる〜25歳女性企業家の号泣戦記」山口絵理子著(2007年9月、講談社、講談社BIZ)先日、バングラディシュの首相が来日したと、新聞に載っていた。バングラディシュというと、国旗の形が日本に似ているというのが、真っ先に思 ... » more
テーマ 書評 解説

「博士の愛した数式」小川洋子著 「博士の愛した数式」小川洋子著(2005年12月、新潮社、新潮文庫)映画化された注目作である。出てくる博士は交通事故の後遺症で記憶が80分しか持たない。その家に勤めることになった家政婦の視点から描かれている。タイトルを見 ... » more
テーマ 書評 解説

「新人OL、つぶれかけの会社をまかされる」佐藤義典著(2010年10月、青春出版社、青春新書)「もしドラ」がはやりである。それに刺激されたかのように、ストーリー仕立ての経営理論やマーケティングの書籍が並び始めた。本書もそのうちの ... » more
テーマ 書評 解説

「あかね空」山本一力著 「あかね空」山本一力著(2004年9月、文藝春秋、文春文庫)新幹線「のぞみ」で2時間半で結ばれる時代とはいえ、関東と関西の文化には今も多くの違いがある。食に関しても細かい点も含め、違いがあり、例としてうどん・そばのつゆの濃さなど ... » more
テーマ 書評 解説

「若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来」城繁幸著(2006年9月、光文社、光文社新書)マスコミでも連日のように報道されるが、就職超氷河期である。入口でつまづくと一生に響くのが、現在の日本社会である。しかし、せ ... » more
テーマ 書評 解説

街めぐり 青森(青森県青森市) 東北新幹線が新青森まで全線開業した。これで、東北6県の全ての県庁所在地に新幹線の駅が出来る。今回は、青森市について、主に交通面から考察する。その終点、新青森駅がある青森市は人口約29万人の街である。青森市が東北の他の県庁所在地と ... » more
テーマ 街めぐり 日常 解説

「会社は誰のために」御手洗冨士夫・丹羽宇一郎著 「会社は誰のために」御手洗冨士夫・丹羽宇一郎著(2006年7月、文藝春秋)お二方とも、日本有数の企業の元社長、一方は日本経団連前会長、もう一方は現中国大使と、経済界の大物である。米国に長期間駐在し、国際競争の先端にたったという点 ... » more
テーマ 書評 日常 解説

「そうか、君は課長になったのか。」佐々木常夫著 「そうか、君は課長になったのか。」佐々木常夫著(2010年3月、WAVE出版)課長受難といわれる時代である。先日もたしかNHKだったと思うが、世の課長の悩みや抱えている問題についての特集を行っていた。課長というより、中間管理職に ... » more

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」林總著 「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」林總(あつむ)著(2006年9月、ダイヤモンド社)一時期、ビジネス・会計で話題となった本である。コミック版も出ているが、原版を読むこととした。タイトルを見ると外食業界の本かと思って ... » more
テーマ 書評 日常 解説

「新しい高校物理の教科書 現代人のための高校理科」講談社ブルーバックス 「新しい高校物理の教科書現代人のための高校理科」山本明利・左巻健男 編(2006年2月、講談社、ブルーバックス)高校物理を習ったことがない。高校時代の理科は、化学、生物、物理、地学に分かれていたが、高校1年生では化学と生物、高校 ... » more
テーマ 書評 日常 解説

「部下がついてくる人―体験で語るリーダーシップ」福原義春著 「部下がついてくる人―体験で語るリーダーシップ」福原義春著(1998年10月、日本経済新聞社)資生堂の会長を務めた方の本である。資生堂というと、男性にはあまり縁が無いが、著者は社長在任中に過剰在庫の削減などを一気に行い、業績のV ... » more
テーマ 書評 日常 解説

「父の詫び状」向田邦子著 「父の詫び状」向田邦子著(2006年2月、文藝春秋、文春文庫)元はテレビドラマの放送作家だった方である。その後、作家に転向されている。本作は昭和の家族の情景を中心に、日常に起こった出来事のエッセイ集である。頑固な父親、夫 ... » more
テーマ 書評 日常 解説

街めぐり 鷺沼(川崎市宮前区) かつて好評を博した漫画「いいひと」の主人公は、北海道から上京したのち、部長の家に居候で転がり込むことになった。その部長の家があるのは鷺沼という設定だった。隣のたまプラーザに知名度ではかなわないが、鷺沼は東急田園都市線の急行停車駅、渋谷から東 ... » more
テーマ 街めぐり 日常 解説

 

最終更新日: 2017/07/09 13:11

「解説」のブログ関連商品

» 「解説」のブログレビュー をもっと探す

「解説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る