誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    解説

解説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「解説」のブログを一覧表示!「解説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「解説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「解説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「ものつくり敗戦」木村英紀著(2009年3月、日本経済新聞出版社、日経プレミアシリーズ)日本の製造業が危機である。工場の海外流出は止まらず、町工場は後継者難にあえいでいる。振り返れば、中韓が猛烈に追い上げている。最近のマスコ ... » more
テーマ 書評 解説

「消費税の政治経済学」石弘光著 「消費税の政治経済学」石弘光著(2009年11月、日本経済新聞出版社)政治の混乱は収拾がつかない状況だが、いくら混乱しようと、金は天下の回りものであり、出費が止まることはない。税収が無ければ国は回らなくなる。混乱に隠れて、忘 ... » more
テーマ 書評 解説

「国家の品格」藤原正彦著(2005年11月、新潮社、新潮文庫)5年ほど前の大ベストセラーである。著者は作家新田次郎氏、藤原てい氏の二男であり、文筆一家といえる。本職は数学者である。数学というと、論理的思考の最たる学問に思えるが、 ... » more
テーマ 書評 解説

Windows Media Encoderを使っての 音声だけの配信や映像配信ができます。下記の設定でADSLでもFTTHでも同じ設定で出来ます。(バッファローのルーターで確認) まずエンコーダーを出して自分はユーザー設定のセッションをクリックしてます そして まずソース設定のビデオ(O):の ... » more
テーマ Server 解説  トラックバック(1)

「コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 基本編 第3版」 「コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント基本編第3版」フィリップ・コトラー、ケビン・レーン・ケラー著、恩蔵直人監修、月谷真紀訳(2008年12月、ピアソン・エデュケーション)マーケティングの第1人者として知られる ... » more
テーマ 書評 解説

「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」W・チャン・キム、レネ・モボルニュ著 「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」W・チャン・キム、レネ・モボルニュ著、有賀 裕子訳(2005年6月、ランダムハウス講談社、Harvard business school press)神保町のビジネス書 ... » more
テーマ 書評 解説

「平成22年版 経済財政白書」内閣府編 「平成22年版経済財政白書」内閣府編(2010年8月、日経印刷)かつては経済白書といい、今もその名のほうが通りがいいが、10年ほど前から現在の名前となっている。今年は、現在の経済状況の分析、景気回復における家計の役割、豊 ... » more
テーマ 書評 解説

「究極の思考術 あなたの論理力がアップする「二項対立」の視点15」木山泰嗣著 「究極の思考術あなたの論理力がアップする「二項対立」の視点15」木山泰嗣著(2009年10月、法学書院)サスペンスドラマの見過ぎのせいかもしれないが、弁護士というと、その名の通り弁が立つ人の代表という印象がある。最近の管理人(一 ... » more
テーマ 書評 解説

「日本の農林水産業」八田達夫・高田眞著 「日本の農林水産業」八田達夫・高田眞著(2010年11月、日本経済新聞出版社)今年の我が国の政治経済の大きなテーマの一つが、農業である。TPP参加の是非を巡る議論で注目度が増したが、そうでなくとも高齢化による農林水産業の衰退は著 ... » more
テーマ 書評 解説

「経済学的思考のすすめ」岩田規久男著 「経済学的思考のすすめ」岩田規久男著(2011年1月、筑摩書房、筑摩選書)本著においても書かれているが、経済学に関連する問題は経済学者以外が論じていることが多い。このため、経済学的見地から見ると意味不明の主張が、マスコミなどにお ... » more
テーマ 書評 解説

「危険不可視社会」畑村洋太郎著 「危険不可視社会」畑村洋太郎著(2010年4月、講談社)人間は活動している限り、常に何らかの危険にさらされる。何事においても危険は必ず存在するのである。しかし、危険が目に見えるということは少ない。著者は「失敗学のすすめ」で知られ ... » more
テーマ 書評 解説

今朝の朝刊より。菅首相と自民党・谷垣総裁の党首討論が初めて開かれました。。。正直、「まだやってなかったの?」ってカンジですしかもその内容が…あれは討論というの?ものすごく不毛な時間だったなぁ。。 ... » more
テーマ ニュース 解説

「航空機は誰が飛ばしているのか」轟木一博著 「航空機は誰が飛ばしているのか」轟木一博著(2009年10月、日本経済新聞社、日経プレミアシリーズ)羽田空港の国際定期便の復活から3か月余りが経った。国際化は4本目の滑走路の建設で実現したが、それについてよく話題となるのは「発着 ... » more
テーマ 書評 解説

「なぜ若者は保守化するのか」山田昌弘著 「なぜ若者は保守化するのか」山田昌弘著(2009年12月、東洋経済新報社)まだまだ寒い日が続くが、立春は過ぎた。暖かくなる時期が迫っている。しかし、マスコミでしばしば取り上げられているように、春が来るか定かではない大学生が多いら ... » more
テーマ 書評 解説

「あした咲く蕾」朱川湊人著 「あした咲く蕾」朱川湊人著(2009年8月、文藝春秋)昨年の日経の夕刊で、コラムを週刊で連載されていた。気になったので、図書館で借りることにした。タイトルとなった「あした咲く蕾」など、7本の短編小説が収められており、気軽に読める ... » more
テーマ 書評 解説

「ニホン語日記」井上ひさし著 「ニホン語日記」井上ひさし著(1996年7月、文藝春秋、文春文庫)昨年、亡くなった井上ひさし氏の短編コラム集である。少し前の時期の本だが、ことばを中心に、著者が日頃、気付いたことについて、主張や雑感を述べている。氏らしく、皮肉を ... » more
テーマ 書評 解説

「論文の教室 レポートから卒論まで」戸田山和久著 「論文の教室レポートから卒論まで」戸田山和久著(2001年11月、日本放送出版協会、NHKブックス)「論文」大学生・大学院生にとっては、聞くだけで憂鬱になりそうな言葉である。論文の課題がなければ、大学生の大多数は遊び通しで大 ... » more

「海峡の光」辻仁成著 「海峡の光」辻仁成著(2000年3月、新潮社、新潮文庫)青函トンネルの開業により、1988年に青函連絡船が消えてから、今年で23年になる。青函連絡船の廃止、それに先立つ旧国鉄の民営化とともに、多くの船乗りたちが新たな仕事を求めて ... » more
テーマ 書評 解説

「数学力は国語力」斎藤孝著 「数学力は国語力」斎藤孝著(2010年1月、集英社)著者は「声に出して読みたい日本語」の著者として知られる。国語の先生と思いがちだが、学生の頃から数学にも慣れ親しんでいるらしい。本著では、国語だけではなく、数学的な思考の重要 ... » more
テーマ 書評 解説

「KAGEROU」齋藤智裕著 「KAGEROU」齋藤智裕著(2010年12月、ポプラ社) 文芸の新刊のベストセラーを買うことはほとんどない。たいていのベストセラーは、発売から数ヵ月後には古本屋に積み上げられている。今回も会社の同僚から借りた。予算に制 ... » more
テーマ 書評 解説

「かばんはハンカチの上に置きなさい」川田修著 「かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール」川田修著(2009年8月、ダイヤモンド社)しばらく前に、本屋のビジネス書のコーナーに平積みされていた。タイトルを見ると、マニュアルやテクニックの類を ... » more
テーマ 書評 解説

「死者の奢り・飼育」大江健三郎著 「死者の奢り・飼育」大江健三郎著(1959年9月、新潮社、新潮文庫)説明するまでもなく、ノーベル文学賞作家である。このため、詳細な説明は省略するが、本書に収められている作品は、主に戦後の混乱期を題材としている。読み終わっ ... » more
テーマ 書評 解説

「ゴールデン・スタンダード ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー」ジョゼフ・ミケーリ著 「ゴールデン・スタンダードザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー世界最高のお客様経験を作りだす5つのリーダーシップ法」ジョゼフ・ミケーリ著(2009年4月、ブックマン社)The New Golden StandardJose ... » more
テーマ 書評 解説

「経済学思考の技術 論理・経済理論・データを使って考える」飯田泰之著 「経済学思考の技術論理・経済理論・データを使って考える」飯田泰之著(2003年12月、ダイヤモンド社)経済学に対しては、「現実離れしている」という批判が常に付きまとう。日本経済低迷化において、社会からの八つ当たりの対象となってい ... » more
テーマ 書評 解説

「監査法人を叱る男―トーマツ創業者・富田岩芳の経営思想」早房長治著 「監査法人を叱る男―トーマツ創業者・富田岩芳の経営思想」早房長治著(2010年12月、プレジデント社)監査業界が揺れている。景気の悪化、不正会計、公認会計士試験合格者の未就職問題、IFRSの導入と、課題の枚挙に暇が無い。世間一般 ... » more
テーマ 書評 解説

「生物多様性とは何か」井田徹治著(2010年6月、岩波書店、岩波新書)2010年に話題となったものとして、10月に名古屋で開かれた「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」がある。http://www.cop10 ... » more
テーマ 書評 解説

「政治の精神」佐々木毅著(2009年6月、岩波書店、岩波新書)著者は政治学の第一人者であるが、世間的には東京大学元総長として知られる。本著での最初の大きなテーマは、民主化と政治的統合である。民主化により政治における参加者 ... » more
テーマ 書評 解説

「庄内パラディーゾ アル・ケッチャーノと美味なる男たち」一志治夫著 「庄内パラディーゾアル・ケッチャーノと美味なる男たち」一志治夫著(2009年4月、文藝春秋)本著は、山形県庄内地方において、料理から地域の再生をはかるこという志のもと、地元の素材を使った西洋料理店を立ち上げたシェフと、それを取り ... » more
テーマ 書評 解説

「エコノミスト増刊 弁護士・会計士たちの憂鬱 2010年 12/20号」毎日新聞社 「エコノミスト増刊 弁護士・会計士たちの憂鬱 2010年 12/20号」週刊エコノミスト増刊(2010年12月、毎日新聞社)最近、弁護士と公認会計士の就職難が盛んに報道されているが、ついに雑誌の別冊特集号まで出るに至った。買って ... » more
テーマ 書評 解説

「星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?」中沢康彦著 「星野リゾートの事件簿なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?」中沢康彦著(2009年6月、日経BP社)観光産業が注目されている。円高という逆風が吹いているとはいえ、訪日観光客の増加策の強化は、国全体の課題である。2000年前後に ... » more
テーマ 書評 解説

 

最終更新日: 2016/11/19 16:06

「解説」のブログ関連商品

» 「解説」のブログレビュー をもっと探す

「解説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る